ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記

たわいのない日常事をしたためております。

中宮寺  尼寺らしい優雅なお庭でした

2019年12月09日 11時27分37秒 | 日記
鋼封蔵などもありました。



正倉院のつくりと同じです。

ここで天寿国繍帳が見つかったそうです。今は奈良国立博物館に行ってしまい、実物を見ることはできません。

京都で何年か前に国宝展をしていましたが、そこで本物を見ています。



夢殿も行きました。



救世観音は開扉の時期ではなかったようですが、以前何度も見ました。

とっても聖徳太子の1万円(旧)の絵に似ている、太子等身大の像でした。




中宮寺にも久しぶりに行きました。




天寿国繍帳のレプリカを見ました。

亀の甲羅に文字があることを初めて知りました。

橘大郎女が太子がなくなってから、作ったものだそうですが・・・・

1400年以上もよく残るものだと感心しました。

本物は京都で数年前にしていた国宝展で見ています。

ボランティアガイドさんの話を聞きながら、奈良は本当に奥行きが深いと考える次第でした。




歌碑がありました。ガイドさんが説明していましたが、写真を撮るのに夢中でした。

ここでも御朱印を書いてもらいました。





Comment   この記事についてブログを書く
« 法隆寺に行ってきました。御... | TOP | 空海を旅する 奈良市内にお... »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記