ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記

たわいのない日常事をしたためております。

奈良を歩く

2020年06月23日 17時06分03秒 | 日記
6月20日の土曜日に久しぶりに奈良公園へ行ってきました。

本当何カ月ぶりでしょう。

テレビで見ている奈良の鹿は中国人から鹿せんべいももらえず、なにか寂しげにみえました。

人影もまばらで・・・

ところが、この日から他府県の移動制限がなくなり、国内観光客も増えつつあり、寂しげな閑散としている奈良ではありませんでした。

タイ人、白人などちらほらおられました。

鹿せんべいをあげると鹿がよってくると思っていましたが、栄養状態がいいのか、それほどがっついていませんでした。

中国人がたくさん鹿せんべいを買って食べさせていたころには考えられないほど鹿の健康状況はいいそうです。

観光客もまばらとなっていたので、鹿の管理団体が保護していたでしょうし、おからを朝あげているテレビを見たこともあるので、特に中国人からのせんべいをもらっていなくても鹿は元気でした。

後ろに隠したり、鹿が服を引っ張っても上げなかったり、4分の1に割って食べさせたり、せこさが目立つ観光客からもらわなくてもこの日の鹿は品がよかったです。

Comment   この記事についてブログを書く
« 後宮の涙 | TOP | 大草原の小さな家 »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記