安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1386  後継者

2019-01-14 10:37:13 | 日記
     平和への希い1386 戦後74年 
   後継者  2019.1.14.

今日は、成人の日。成人になられた皆様、おめでとうございます。
昨年の成人の日では、詐欺・計画倒産の企業「はれのひ」による、「振り袖事件」で大変でした。
2022年には、民法改正で、成人が18歳からということで、成人式に、18歳・19歳・20歳の人が
参加することになる

大人になって、国を支える一員となって、国を支える「後継者」になることを祝う、成人の日(成人式)
ですが、18歳の成人式には異論もあるようです。
「大学受験真只中、1月の成人式は止めて」「酒もたばこも飲めない成人式なんて、止めて」など
成人の日を1月にしなくても良い、という考えも必要になるでしょう。5月4日はどうでしょう?
憲法記念日、成人の日、子供の日、と続くのも、なんて。
後継者と言えば、安倍総理の「後継者」は、どうなるのでしょう。
政敵になりそうな人は、潰しに掛かり、身内は、おべっか集団ばかりで、とても、困難な時代を切り開く
気慨ある人が見当たらない。政敵になりそうな後継者も潰すのが安倍流みたいです
憲法違反の集団的自衛権、治安維持法まがいの共謀罪、カジノ法、トランプ商法で買わされた膨大な兵器、
モリカケ疑惑など、大きな仕事は、「負の遺産」ばっかり。

国も政治も連続して、より良い前進を続けなければならないのです。
「自分の時だけ良ければ良い」という無責任なことで良い筈はないのです。
新成人の皆さま、政治家の二枚舌、三枚舌にゴマ化されることなく、国を支える後継者になってください
ウォーキング中に出会った花。ヒガンバナ科の「ネリネ(薄紫)」が咲いています。

1月14日、「今日は何の日カレンダー」より
愛と希望と勇気の日・タローとジローの日
大阪四天王寺どやどや、仙台どんと祭り
▲額田王、道後温泉で「熱田津に船乗りせむと月待てば 潮もかなひぬ今はこぎいでな」の名歌を詠む(661)
▲岩倉具視が赤坂喰違坂で襲われ(1874)▲史上初の長編アニメ「白雪姫」封切り(1938)
▲ルーズベルトとチャーチルがカサブランカ会談(1943)▲ホーチミンがベトナム民主共和国独立宣言(1950)
▲中国が北京のアメリカ総領事館を接収(1950)▲マリリン・モンロー、ディマジオと結婚。同年離婚(1954)
▲やむなき事情で置き去りとなった南極観測隊のカラフト犬のタロー、ジロー生存を確認(1959)
▲横浜マリンタワー、オープン(1961)▲仏ド・ゴール大統領がイギリスのEEC加盟拒否を表明(1963)
▲原子力空母エンタープライズ、太平洋で火災事故(1969)▲伊豆大島近海地震(1978) ▲官公庁、第二・第四
土曜日閉庁、完全週休2日制へ前進(1989)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平和への希い1385  ズサン... | トップ | 平和への希い1387  地政学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事