安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1317 理想の平和憲法公布

2018-11-04 09:31:36 | 日記
     平和への希い1317 戦後74年  
   理想の平和憲法公布  2018.11.4.

昨日は、文化の日。11月3日は、「晴れの特異日」の通り、快晴でした。
(晴れの特異日とは、前後の日にちより偶然とは思われない程、晴れる確率が高い日で、過去数十年の天気の
結果から決められているようですが、定義も科学的根拠はないとのこと。1/16,3/14,6/1,10/16,11/3の5日)
文化の日は、1946年(昭和21年)11月3日に、日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和
と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)の祝日法で、11月3日が「文化の日」となった。
尚、憲法の施行は半年後の5月3日であったことから、5月3日は「憲法記念日」として祝日になった。
(昭和22年までは、明治天皇の誕生日が11月3日だったので、天長節・明治節で国民の休日だった)
(公布は、成立した法律を半年間掛けて、国民に周知徹底すること。施行は、実際に法律を適用すること。)
昨年の総選挙で、野党の混乱と「小選挙区制」のお蔭で自民党が圧勝、10月2日、第4次安倍内閣が発足し、
世論調査で不評にも拘わらず、安倍総理は、悲願の「憲法改正」へのボルテージを上げています。

憲法改悪して、集団的自衛権を実行しやすくして、同盟国アメリカと一緒に戦争できるようにしたいのです
戦後73年間、戦争しなかった8か国の中の日本、平和憲法9条の「戦争放棄」「紛争解決に武力を使わない」
があったからこそ、戦争に巻き込まれずに来たのです。
戦勝国に押し付けられた「憲法」で気に食わないと言う人達もいますが、この憲法には、世界から戦争を無くす
理想が込められているのです。

世界の全ての国が、憲法9条を採り入れたら、国と国の戦争は無くなるのです。
安倍総理は、日本の憲法9条を世界各国に採用するよう、もっと真剣に働き掛けるべきなのですが、逆走。
世界平和のために、国民を戦争に巻き込まないために、憲法改悪は、絶対に許してはいけないのです。
ウォーキング中に出会った花々です。

11月4日、「今日は何の日カレンダー」より
ユネスコ憲章記念日
▲安政東海大地震発生(1854)▲明治の平民宰相原敬が東京駅で刺殺される(1921)▲東大闘争学部長軟禁(1968)
▲日中国交回復の証、パンダの贈呈式(1972)▲米のスパイ活動を非難し、イラン学生が米大使館占拠(1979)
▲米大統領選でレーガン当選(1980)▲巨人軍の王貞治選手、現役を引退(1980)
▲バラク・オバラが、第44代米大統領に。黒人初。(2008)▲松井秀樹選手、米ワールドシリーズで日本人初
MVP(2009)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平和への希い1316 ああ、「... | トップ |  平和への希い1318 困るガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事