安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1342 たかが1円、されど1円

2018-12-01 10:06:36 | 日記
      平和への希い1342 戦後74年  
   たかが1円、されど1円   2018.12.1.

何十年も前の話です。会社帰りの、飲み屋での。
給料が出れば、飲み屋に飛び込んで、バカバカしい話に興じた独身時代。
「1円をくださいと言ったら、1円位ならと、くれるよね。」
「日本中の人から、1円ずつもらえば、赤ちゃんを別にしても、1億円近くは貰えることになる」
「問題は、どうやって、1億人近い人から、貰うかだ。1億人の人に会いに行く?他人に頼む?・・・」
「ものすごい、コストが掛かる。1億円のために、膨大なコスト・時間が掛かる。まあ無理だね」

今日、12月Ⅰ日は、69年前の1949年に、初のお年玉付き年賀はがき発行。(今日は何の日カレンダー)
2円と2円+1円(寄付金付き)の2種類。賞品は特等高級ミシン、1等純毛洋服地、2等革のグローブ。
1円の寄付金を、あっという間に、全国から集め、総額は???億円。今は、5円の寄付金。大きい。
社会福祉協議会など経由で、社会福祉のために使われているのです。

たかが1円、されど1円。
お金を、集める国の仕組みが「税金」、財務省以下、各地の税務署、従事する人は膨大な数、膨大なコスト。
「1円」の寄付金つき年賀状から、昔のバカ話を思い出しました。
そして、税金のことから、
森友学園に対する、国有財産を8億円値引きして売却した問題を思い出し、税金の無駄使いに、またまた、
憤りを感じた次第です。

去年の今頃は、「安倍夫妻は、森友疑惑の確信犯だ」と怒り心頭のブログをアップしていました。
ウォーキング中に出会った花です。夕焼けも。

12月1日、「今日は何の日カレンダー」より
映画の日(1956)、鉄の記念日(1958)、世界エイズデー(1988)、家庭塗料の日省エネ総点検の日(1980)、
歳末助け合い運動(厚生省 ~31)
▲医者ギヨタンがギロチンを提唱(1789)▲郵便ハガキの発売開始(1873)▲岩手県釜石で日本初の洋式高炉の
操業を開始(1875)▲シャーロック・ホームズ第1作刊行(1887)▲日本で初めて映画の一般公開(1896)
▲日本最初の労働組合、鉄工組合結成(1897)▲第一回全日本ホッケー選手権大会(1923)▲ロカルノ条約(1925)
▲初の年賀郵便切手発行。1枚1銭5厘(1935)▲カイロ宣言(1943)▲初のお年玉付き年賀はがき発行。2円と
2円+1円(寄付金付き)の2種類。賞品は特等高級ミシン、1等純毛洋服地、2等革のグローブ(1949)
▲国立近代美術館開館(1952)▲日本初の有料道路開通。松阪市~宇治山田市(1953)▲アメリカで黒人人種差別
撤廃のため黒人が市営バスボイコット(1955)▲1万円札に聖徳太子登場(1958)▲皇太子夫妻に長女、
敬宮(としのみや)愛子さまご誕生(2001)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平和への希い1341 被爆地・... | トップ | 平和への希い1343 乾通り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事