安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1320 トロイ戦争が大使を直撃 

2018-11-07 10:19:27 | 日記
     平和への希い1320 戦後74年  
  トロイ戦争が大使を直撃  20178.11.7.

ホメロスの叙事詩「イリアス」に描かれている戦争神話「トロイ戦争」が、トルコ外務省を困惑させている。
10月末に、ウガンダトルコ大使館で開かれたトルコ建国記念日の関連行事に、トルコ駐ウガンダ女性大使が、
トルコにある世界遺産「トロイ遺跡」の観光を盛り上げるつもりで、「古代ギリシャ風の衣装」で参加した。

その姿が、インターネットの交流サイト(SNS)で拡散して、ギリシャへの反発が強いトルコ国内で拡がり
トルコ外務省がその女性大使を今月なって召還した、
ということのようです。
その衣装というのが、トロイ戦争の一因となったスパルタ王の娘「ヘレネ」に扮したもので、トルコメディア
の一部では「大変なスキャンダル」と扱っている、という背景もあるようだ

和平の贈り物として贈られたトロイの木馬の中に、 スパルタなどギリシャの兵士が隠れており、トロイヤ
城内に入ったところで、隠れていた兵士が城門の錠前を外し、ギリシャ軍が城内に侵入、トロイヤが敗北した、
という神話

そして神話に基づいて、20年前に、遺跡が発掘され、世界遺産となったのが、「トロイ遺跡」なのです。
2000年以上前の戦争が、まだ尾を引いているのです。
慰安婦問題、徴用工問題はつい7~80年の前の戦争での出来事。

戦争は、ずっと、国民の感情に影を落とし続ける。戦争は馬鹿げたことなのだ、とつくづく思います。
ウォーキング中に出会った花です。白い花、ユウガオでしょうか、アリさんがいっぱい。

11月7日、「今日は何の日カレンダー」より
◆立冬(二十四節気の一つ。初めて冬の気配が現れてくる)、知恵の日、あられ・せんべいの日(毎年立冬・全国
米菓工業会1985)、ウェルカムウィンターデー
▲源頼朝入洛(1190)▲室町幕府興る(1336)▲江戸幕府、大老職設置(1638)▲東京国立博物館開館(1931)
▲帝国議事堂(国会議事堂)落成式。18年の歳月と総事業費2579万円(当時、映画館入場料が30銭)(1936)
▲F・ルーズベルト大統領4期目に(1944)▲コスタリカが常備軍保持を禁止する憲法公布(1949)
▲現金自動支払機がどの銀行のカードでも使用可能に(1975)▲奈良県明日香村で玄武の絵発見(1983)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平和への希い1319 役割と認知症 | トップ | 平和への希い1321 「ねじれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事