私のお庭

2014年7月31日、旧みん花に名前教えてで始めて投稿。
山野草が大好き、最近は木物盆栽にも挑戦しています。

ノコンギク・ヨメナ・遅れて咲いたナンバンキセル

2019-09-20 06:13:34 | みんなの花図鑑
ノコンギク
キク科
シオン属
本州から九州にかけて分布する。
生育範囲は幅広く、人為環境からより自然な環境にまで出現する。道ばたや道路脇、畑の周辺にもよく出現するが、山道や渓流沿いにも普通に見かけられる。
各地でごく普通で、何しろ図鑑の記述にもわざわざ「最も普通な」と書かれているくらいである。
なお、伊藤左千夫の小説『野菊の墓』の野菊がこれではないかとの説がある。


       


               

ヨメナとの見分け方で私が一番覚えやすかったのが、ノコンギクの葉に毛が有ってざらついているのに対してヨメナにはざらつきが無いという事です。

ヨメナ(嫁菜)
キク科
シオン属 ; (ヨメナ属)
農耕地のあぜ道などに普通な野菊。中部地方以西の本州・四国・九州に分布する。
名の由来、春の若芽は食用となり、 おいしくてしかも優しく美しいこと


      



      


ナンバンキセル
ハマウツボ科
ナンバンキセル属
日本を含むアジア東部、アジア南部の温帯から熱帯にかけて生育する
イネ科の単子葉植物の根に寄生する。葉緑素が無く、寄主の根から吸収した栄養分に依存して生育するため、寄主の生長は阻害され、死に至ることもある。
花期は7-8月、となっていますが10月くらいまで咲くことも有ります。


糸ススキ
イネ科
ススキ属
葉が幅5㎜前後と大変細いススキの品種。草丈は標準的なススキの半分~2/3程。
各地の痩せた尾根などにみられる



                                    


今年は成績が良くなかった屋久島ススキと、
イネ科
ススキ属
屋久島産と言われる糸ススキで、草丈1m前後と背が低く葉の幅も3㎜程、
鉢で育てるとさらに小さく草丈30㎝以内に収まる。

ナンバンキセルは終わりかけですが・・。

        

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« やっと咲きました、ツリフネ... | トップ | 今年もありがとう…また来年宜... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (natumkn)
2019-09-20 06:58:52
しいちゃん、おはようございます。
野菊が咲き始めると、本格的に秋やなあとと思いますね。
なるほど、葉のざらつきの有無ですか。
今度見たら確認してみます(^-^)/

ナンバンギセル、しいちゃんちのは色が濃くて綺麗ですね〜
寄生されたススキが、枯れることがあると言うのに、華奢な屋久島ススキに寄生して大丈夫なのかしら‥
とそちらが心配(^◇^;)
風情ありますね。 (fukurou)
2019-09-20 08:44:44
しいちゃん様
おはようございます。
思ひ草は風情がありますね。
万葉人の心を動かすのも分かります。
ヨメナとノコンギク、葉のざらつきで見分けるのですね。
私は花をひとつ割って見て冠毛のあるなしで見分けています。
「嫁に毛はない」と覚えています。
どんな嫁や?と思いますが?!
なつみかんさん、おはようございます。 (しいちゃん)
2019-09-20 09:07:51
野菊が咲き始めると、本格的に秋やなぁ・・・まさにそう思いますね。
ホトトギスや、サワフジバカマの蕾も膨らみ始めました♪
寒いのはイヤやな~・・。
葉のざらつきの有無の事は、みん花でRanndeypapaさん(スペル間違ってるかも‥)に教えて頂きました。
解りやすいなって思いましたが(↓)
fukurouさんのコメントも解りやすいですね。
後でお花を割ってみよう♪
両方確認してね。

ナンバンギセル、ここの所ちょこちょこ草引きしてたら、薄い色の方見つけました(^O^)/
もうすっかりくたびれてるので、種ちゃんと確保しとこ・・。
ナンバンキセルは種だけ妹が送ってくれて、近くの山野草のお店で屋久島ススキ買ったのです。
そしたらそこにも種が飛び込んでたみたい。
ラッキーでした。
そう言えば少し貧弱になってきましたね。
屋久島ちゃんしっかり充実させないと・・。
大丈夫(^^♪丈夫な子だから、元気にします!!
思い草風情ある名前素敵ですね。 (しいちゃん)
2019-09-20 09:25:22
fukurouさん、おはようございます。

思ひ草・・・
野菊の事かと勘違いしていましたので調べてきました。
ナンバンキセルの別名で合ってますよね?
なんて素敵な名前素敵な日本語なのでしょう(^^♪
メモっときますね。
ありがとうございます。

ヨメナとノコンギク、葉のざらつきで見分ける事はみん花で教わりました。

fukurouさんの花をひとつ割って見てる方法、早速これから庭に出ますので試してみますね。

「嫁に毛はない」と覚えています。
「嫁はスベスベしてる」も素敵ですよね。

どんな嫁や?と思いますが?!

fukurouさん、面白い・・・
さてどんな嫁なのでしょう(笑)
しいちゃん、おはようございます (さざんか)
2019-09-20 10:58:36
ノコンギクが咲くと秋ですね。
やっと涼しくなりましたね。
ヨメナとの違い、うちにはコンギクしかないので比べられないけど、葉の付き方がかなり違いますね。
どちらもすっきり綺麗に咲いて、素敵で
す。
「嫁に毛は無い」とは可哀想!(≧▽≦)

ナンバンギセルは種類の違うススキに寄生させているんですね。
ナンバンギセル綺麗な色だけど、馬の横顔みたい。
しいちゃん園の入場料、高くても行ってみたいです。(^^♪
野菊、うつくしいなまえ (ショカ)
2019-09-20 12:28:36
しいちゃん、おはよ~。
ピーカン、気温上がりそう💦
17号、そちらへの影響はなさそう。
山口は東側に入るからちょっと心配。

ウチのキクは二種だけ。
どこからともなく飛来した野菊と年中咲いてるゲンペイちゃん。
ノコンギクは、いつもみかけるとこで、まだ咲いていない。
菊は秋の日本の象徴的な花だね♪

ナンバンキセルと二種のススキ。
一瞬、間違い探し?って(笑)。
いやいや~、マニアック過ぎ~♪
さざんかさん、こんにちは。 (しいちゃん)
2019-09-20 16:33:25
ありがとうございます。

ノコンギク、そう難しいキク科が咲き始めました。
やっと涼しくなりましたね。
長かった夏も漸く落ち着きそうですね。
ヨメナとノコンギクの違い、
fukurouさんのお花を割ってを試しましたが解りづらかったです。
秘密兵器でもう一回挑戦しますね。
「嫁に毛は無い」とは可哀想!(≧▽≦)
確かに…けど笑えました。
どんな感じって?

ナンバンギセルで馬の横顔?
もう一回見直しました…ほんとだ‼‼(笑)

家はね狭いです。きっとナニコレ?ってなりますよ・・。
野菊、うつくしいなまえ・・・優しい響き(^^♪ (しいちゃん)
2019-09-20 16:49:47
ショカさん、こんにちは~。

ピーカン、気温上がりそう💦
今はどうなった?
こちらも朝は良いお天気だったので午前中陰になる場所の草引き出来たよ。
地植えに変更しようと予定してた桔梗とクリスマスローズの2世の鉢も地に降ろしたの。
またまた過密~(笑)
お昼過ぎから台風の影響も有るのかな?
雨が降り出して、丁度良かった~。

17号、そちらへの影響はなさそう。
そんな感じね、今のところは。
山口はこれからお米の収穫期になる筈なので、もう終わってると良いけど・・。
電話してみるね。

どこからともなく飛来した子は普通の菊じゃなかったっけ?
ゲンペイちゃん、今ちょっとマバラ。

いつもの所のノコンギクまもなく咲くはずだけど、家の他の菊はまだ、
種類によって長い事楽しめるよね。

ナンバンキセルと二種のススキ。
そう、間違い探しだったよ(ウソ(笑))

マニアック過ぎ~はね、盆栽の師匠の所から来た糸ススキかもね。
似てるけどちょっと細い感じ。

こんなので増えていくから、もう良いって(笑)
こんにちは^^ (attsu1)
2019-09-20 17:54:27
こんばんは^^かな?

皆さん書いていますが、ノコンギクとヨメナの見分け方、なるほどです。
伊藤左千夫の小説『野菊の墓』、百恵ちゃん思い出します^^

ナンバンギセルは、去年も書きましたが、
どうにも、苦手なので、ノーコメントです(^_^; アハハ…
attsu1さん、こんばんは^^ (しいちゃん)
2019-09-20 21:00:19
野菊の墓で百恵ちゃん、思い出せますよね。
百恵ちゃんの隠し切れない恋する姿に恋してました(*^-^*)
彼女が嫌いって人はいないかも位清楚で、芯の強い女性・・・。
潔い引退その後はしっかり、奥様を貫いて。
惜しいけどあの生き方は素敵ですよね。

は~い、覚えています。
今年は2度もアップしてごめんなさい。
ノーコメントですか…仕方ないですね(^-^;

コメントを投稿