私のお庭

2014年7月31日、旧みん花に名前教えてで始めて投稿。
山野草が大好き、最近は木物盆栽にも挑戦しています。

クリスマスホーリーと思ってましたがシナヒイラギのようです・フサスグリ・ムラサキケマン

2021-04-08 07:14:00 | みんなの花図鑑

シナヒイラギ(支那柊)

アプリルさん、kazuyoo60さんありがとうございます。

クリスマスホーリーと思っていましたがこの子はシナヒイラギのようです。

もう一度しっかりメモの方は書き換えておきますね。

    

   

高さは邪魔にならないので剪定しませんでしたら、こんなに沢山のお花。

秋の実が楽しみです♪                                去年写真撮ってなかった?そうそう10月は母の事で一杯で撮れてませんでした。

           

フサスグリ(房酸塊)

スグリ科

スグリ属

原産地のヨーロッパではつやのある小液果をジャムやゼリー、果実酒などに加工するため、ごく普通に栽培する。

赤色品種は酸味が強く、専ら加工用。白色品種は若干甘味があり、生食も可能。

小さく可憐な実であるため、ケーキやパフェなどの飾りとしてもしばしば用いられるそうです。

       

                     

                                                毎年綺麗なので少し残して食べます。甘酸っぱくて私は好きです。

この子も園の仲間(^-^;

ムラサキケマン

ケシ科

ケマン属の越年草

日本全土のやや湿ったところに生える。高さ20〜50cm。全体がやわらかく、傷つけるとやや悪臭がある。

葉は2〜3回羽状に細かく裂ける。  

花は茎の上部にびっしりと総状につき、紅紫色で長さ1.2〜1.8cm。まれに花が白いものもある。

花弁は4個で、外側の2個と内側の2個は形が異なる。 外側の花弁のうち上の花弁は後ろが袋状になってつきでる。

内側の花弁2個は先端が合着している。さく果は柄の先に下向きに曲がってつく。 長さ1.5cmほどの狭長楕円形。熟すと2つに裂け、果皮が巻き上がり、黒い種子をはじきとばす。

花期は4〜6月。(野に咲く花)    松江の花図鑑より 

      

                                         数日中に抜かれる運命なのですけど、可愛いので残しときたくて。

           


コメント (24)   この記事についてブログを書く
« ヒメリュウキンカ三種・ミヤ... | トップ | ニホンサクラソウ、最初の10種 »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ムラサキケマン (fukurou)
2021-04-08 08:16:21
しいちゃん様
おはようございます。
ムラサキケマン好きな花です。
木曽で増やしています。
ウスバシロチョウと言う蝶の餌です。
もちろん幼虫が食べるのですが、一面この花が咲くと綺麗ですよ!
おはようございます^^ (attsu1)
2021-04-08 08:18:07
柊はモクセイ属、クリスマスホーリーはモチノキ属
似ているようで微妙な違い、
私の小さいメモリーだと、覚えたようで、
忘れそうです。
こういうところも、育てているしいちゃんならではの記憶力です(@_@)
微妙なカーブの枝から、たくさんの花、
フサスグリは、どっしりした枝から咲き、秋の実が楽しみですね。
ほんと毎回言っていますが、この小さな木から、こんなに花が咲くのが不思議です。

ムラサキケマン、私も最近ホームグラウンドの緑道で見たんですけど、
見るたびに、不思議な花だなぁと
思いつつ、楽しんで写真を撮ってきます^^
ムラサキケマン (hirugao)
2021-04-08 09:28:26
我が家にもあるのですよ、一花咲いたのに写真を撮り損ねました
好きなんです~💖

クリスマスホーリーもフサスグリもよく似たお花ですね
そしてそれぞれに実がなって楽しいですね
何か実がなるのが欲しいです
クリスマスホーリー (アブリル)
2021-04-08 10:01:39
こんにちは~
すべてのセイヨウヒイラギはクリスマスホーリーですが、
逆は真ではないです。
これは シナヒイラギ(チャイニーズホーリー)ですね
(店で売ってるときから間違えてレッテル貼ってあるから仕方ないですけど、私は 日本でセイヨウヒイラギをまだ見たことはありません。)
Unknown (kazuyoo60)
2021-04-08 10:26:45
>植え替え何とか減らしたいです
お持ちのは生き続けて欲しいと思われるでしょう。(にこにこ)
クリスマスホーリー、長生きさんのようで葉に棘が見えません。素晴らしい花着きです。シナヒイラギかもですね。私もクリスマスホーリーの名前で買いました。実が光っていません。同じ品種に見えます。
http://plantidentifier.ec-net.jp/sm_shinahiiragi.html
市販のクリスマスケーキを買われたことはないと思いますが、あの造花にそっくりのをネットで見ます。あのクリスマスホーリー(イングリッシュホーリー?)に出会いたいです。
https://www.marcheaozora.com/?pid=97229502
いまいち、本物のクリスマスホーリーが、どれか分かりません。
フサスグリの名前で、昔に1本買って枯れて、次の1本も枯れて今はありません。勿論味見しましたよ。
ムラサキケマンの種は膨大な量です。引くのは簡単ですが。我が家の近所から消えたので家で残しています。
fukurouさん、おはようございます。 (しいちゃん)
2021-04-08 10:32:06
昨日の宿題残念ながら見られませんでした。
ホシノヒトミ草刈り機で綺麗になくなっていました。
まだどこかにいるはずですので又今度ということで・・。
この場所で一杯になるまでほってたことありますが、
流石に他のお花が増えて密やかに咲いています。
そして間もなく家では抜かれる(^-^;
必ず咲いてくれますので気にしていませんでしたが、
成程ウスバシロチョウという蝶々知らないのですが、そうなのですか?
確かに可愛い一風変わったお花ですよね。

木曽へお帰りになるのですね。
いいお天気でよかったです。
ショウジョウバカマやカタクリがまだ待っててくれてる筈ですね。

道中お気をつけてm(__)m
attsu1さん、おはようございます^^ (しいちゃん)
2021-04-08 10:40:53
そうそうお花と実の感じはモチノキ科で葉が真ん中みたいな感じですよね。
大丈夫です、私はもっと少ないメモリーなので、家の子だけはメモって有ります。
そこから引き出すしています(^-^;

この微妙なカーブは剪定だけで勝手にこうなりました。
針金掛けてません(笑)。
フサスグリも鉢植えだとそんなに大きくならないのでこのまま自然体なのですよ。
実が可愛くて美味しいから好きです(笑)

ムラサキケマンはこうして勝手に毎年ここで咲いてくれます。
こんな子は良いですよね。
ただ気を付けないと増えすぎます。
キケマン、頂きましたがはるかに難しくて育ちませんでした。
あまり見かけませんよね。
ムラサキケマン雑草と呼ぶのは可哀そううなお花ですよね。 (しいちゃん)
2021-04-08 10:47:42
hirugaoさん、おはようございます。
この子ほっといたら一面にこの子だらけになった年有りました。
けどこんな風にちょこっとは可愛いですよね♪
写真撮りましたので抜きます。
又ライネンも同じところで咲いてくれるので心配していません。
hirugaoさんとこもまだ咲くかも。
この子に関しては勝手生えなので気にしてませんが、
もう遅いのでしょうか?

実のなる木ってどうしてもお花より実に目が行きますよね。
ブログしてるからこそのお花かな?
hirugaoさんのお庭にはどんな子が来るのでしょうね?
有ったら楽しいですよ♪
すてきな木の花♪ (ショカ)
2021-04-08 10:51:09
しいちゃん、おはよ~。
今日も穏やかな春の日。

すてきな木の花♪
クリスマスホーリー、うん、すごい花数!
まさにモチノキ科らしく愛らしい♪

フサスグリはいまだにリストにない。
葉がブドウのように華あって、
品あるうつくしさ♪

ムラサキケマン、うつくしい野の花♪
ウチはね、カラクサケマンが猛威を振るってる。
しょっちゅう抜かないと大変。
アプリルさん、ありがとうございます。 (しいちゃん)
2021-04-08 10:53:16
こんにちは~。
何々?です。
この子は頂き物ですが、クリスマスホーリーとして頂きました。
シナヒイラギ(チャイニーズホーリー)になるのですか?
メモ書き換えとかないとですね。
ありがとうございます。

コメントを投稿