明日も写真日和。

何気ない日常で見かけた「どこかにある どこにでもあること」を撮り続けています。

雨に濡れた真紅の薔薇

2018-06-12 23:21:34 | 女川ぐらし
台風5号がもたらした雨。
おかげで、バラ園もちょっとげんなり。

でも、雨が真紅の薔薇をしっとり包んでくれたおかげで
まるで宝石のように輝いていた。
「撮ってください」と言わんばかりに。

雨や風のせいか、花びらも結構散ってた。
花自体の重みで花自体が落ちてしまったり、
茎が折れてしまったものも見受けられた。

でもでも、よくよく目を凝らしてみると
まだまだ見映えする薔薇がそこかしこに。

いまだに蕾も見え隠れしてるから
まだまだ楽しめそうだと、ひとりほくそ笑んでるところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

語ることで見えてくるものもある

2018-06-11 21:40:11 | つれづれに・・・
異業種交流のワークショップで、隣に座った人同士でインタビューをすることになり、
そこで大きな気づきが得られた。

仕事のことや趣味の写真のことを話したんだけど、
そのお隣に座れれた方がとても聞き上手で、
いつ頃から撮っているのか、
どんなものを撮っているのか、
どういう時に撮るのか、
などと、小気味良く質問されたこともあって、
ついつい饒舌になり、多くを語ってしまった。

そして、不思議なことに、
おかげで、忘れてた想いを思い起こすことができた。

写真のことを話すときにいつも感じることは、
誰かと話すことで、思考が整理されてくるということ。
撮ってるときは、あまり深くは考えていないんだけど、
喋ることで、意味合いなどが後付けで見えてくることがあったりする。

今回のインタビュー体験は、まさにそんな感じだった。

「大切なものは いつもそばにある」との思いで
日常の何気ないシーンを撮って、
「ささやかな幸せ」を見つけ、感じていた自分。

でも、現実に、そういうものを撮れていないということは、
今の自分自身は、それなりに満たされていて、
そういったものにカメラを向けなくてもよくなっているのではないか、
…といった仮説にたどり着いてしまった。


自分では満たされてるとは思っていないのだけれど、
もしかしたら、それを認めようとしていない自分がいるのかもしれない。

なんて複雑なんだ、俺って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇に弄ばれる日々

2018-06-05 22:31:32 | つれづれに・・・
連日のように薔薇を撮影しているのですが、
なかなか思うように撮れず四苦八苦しております。

寄ったり引いたり、覗き込んだり、見上げたり、俯瞰してみたり。

まるで、薔薇に弄ばれているかのよう。

これで、お気に入りの一枚が撮れていたら言うことなしなのですが。
まだまだ精進が足りないのかもしれません。

こうやって優雅に、薔薇を眺めているだけで幸せなのかもしれません。

撮ろうと思うのが良くないのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇をモノクロで表現してみると…

2018-06-03 18:14:13 | つれづれに・・・
この季節柄、あれこれ撮ってる薔薇の花をモノクロで表現したらどうなるだろうか…
なんてことを考えながら、即、実行に移してみた。

しばし、想像の世界にお付き合い願いたい。

見る者によって、薔薇の色彩は千差万別のはず。
きっと、同じ色合いはないだろう。



でもやっぱり、モノクロの表現にしても、
撮り方がマンネリというか、ワンパターンで辟易してしまった。

精神が病んでいるのか?
上手く撮れないのをココロの問題にしてないか?
そもそも下手くそであることを自覚しないといけないのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薔薇を撮るなら曇り空がいい

2018-05-31 20:29:22 | つれづれに・・・
個人的な趣向だけど、薔薇を撮るなら曇り空がいい。
なんだかそのほうが、妖艶な感じがするんだよね。

晴天時も、それはそれで好きなんだけど、
どうしても、マンネリ、ワンパターンなものしか撮れなくて。
そう、まさに植物図鑑みたいになっちゃうんだ。

背景をちょっとアンダー気味に、
かつ、花の色彩は鮮やかに撮れたら最高だ。

これから梅雨時を迎えることになるが、
雨は、雨で、なお良い。

満開を迎えるのは、もう少し先のこと。
あれこれ、シチュエーションを楽しみながら
撮れたらと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加