La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

プラハ城

2010-08-16 19:59:35 | BCL - QSLカード
このQSLカード、1987年か88年にRadio Prahaからいただいたものです。

当時はまだチェコスロバキアでしたし、共産党が政権を握っていました。
外から見る限り…当時19歳の若造の目では…生活水準が高いだけ、チェコスロバキアは「安定」した国でした(戒厳令が敷かれたポーランド、独裁政権が飢餓輸出を行っていたルーマニアと比べて、という意味です)。

このQSLカードに写っているのはプラハ城とヴァルドシュテイン宮殿の中庭だと思います。
今回の旅行撮った写真の中に、ヴァルドシュテイン宮殿が写っているものがありました。

20年ちょっと前と現在、同じ建物のはずですが随分雰囲気が違いますね。今の方が明るい雰囲気です(屋根も綺麗になってるし)。






コメント

8月16日の受信

2010-08-16 07:02:39 | BCL
時差ぼけか、早朝に目が覚めました。

Station: Medi 1
Language: Arabic / French
Frequency: 9,575kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:24
SINPO: 24332
エアコンノイズがほとんどないせいか、信号は弱くても良く聞こえてます。


Station: Radio Romania Int'l
Language: English
Frequency: 9,690kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:30
SINPO: 24332
いつも受信状態の良いルーマニア、今日も聞こえてます。
ラジオと関係ありませんが、今回のプラハ旅行ではイスタンブールからプラハに飛んだのですが、トルコ、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーそしてチェコと上空を飛びました。
窓から見たルーマニア…大平原でした。


Station: Africa No. 1
Language: French
Frequency: 9,580kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:31
SINPO: 24322
久々にAfrica No. 1を聞きました。ちょっと音がモコモコしています。


Station: Radio Algerienne
Language: Arabic
Frequency: 7,495kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:33
SINPO: 24442
この局も久しぶりに聞きました。フランス中継のアルジェリア、コーラン放送です。


Station: Radio Cairo
Language: French
Frequency: 9,280kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:35
SINPO: 34422
相変わらずひどい音質です。耳障りなぐらい。


Station: Nile Valley Radio 'Wadi El Nile'
Language: Arabic
Frequency: 9,250kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 05:37
SINPO: 23322
RTTYでしょうか?規則的な音が邪魔をしていますが、裏で女性の声が聞こえます。


Station: Radio Romania Int'l
Language: Spanish
Frequency: 9,755kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 06:01
SINPO: 44444
いつもの如く良好ですが…日本向けかと思うぐらいです。


Station: Voice of Greece
Language: Greek
Frequency: 9,420kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 06:08
SINPO: 24332
この局も久々に聞きました。経済危機の伝えられるギリシャです。


Station: Radio Romania Int'l
Language: English
Frequency: 9,790kHz
Date : August 16th, 2010
Time : JST 07:00
SINPO: 34433
日本向け英語放送、どうもスペイン語放送の方が受信状態が良かったようです。



コメント

8月15日の受信

2010-08-15 17:29:27 | BCL
プラハ・イスタンブールにはICF-7600GRを持って行きましたが、結局一度もスイッチを入れず仕舞でした。何のために持って行ったんだか…。

Station: Medi 1
Language: Arabic / French
Frequency: 9,575kHz
Date : August 15th, 2010
Time : JST 17:18
SINPO: 13311
Medi 1が弱くですが受信できています。この局が受信出来るようになると、秋が近づいていることを実感します。
この前のアメリカ出張の時、タクシーの運転手がモロッコ出身でした。Medi 1の話を持ち出すと、「あの局は正式にはRadio Mediterrene Internationaleと言うんだ」と言われました。短波ラジオは時々、海外の人との話のネタになります。


Station: Radio Habana Cuba
Language: Spanish
Frequency: 5,970kHz
Date : August 15th, 2010
Time : JST 17:28
SINPO: 13221
エアコンノイズがかなりうるさいですが、Cubaも聞こえ出しました。


コメント

夏休みの旅行から帰ってきました。

2010-08-15 15:38:53 | トラベル
8月9日から14日まで、海外旅行に行ってきました。行き先はチェコ共和国のプラハとトルコのイスタンブールです。
3泊6日(!)という強行スケジュール、8日夜にアメリカから戻ってきて次の日から出発と言うことで、体力的にはとてもきつい旅行でした。プラハでは2泊とも夕食も採らずに寝てしまいましたし、お腹の調子も悪くなりました。おかげでプラハではあまりいいものは食べてませんし、ビールも最終日にジョッキ1杯だけでした。
イスタンブールは日本並みの蒸し暑さの中で、定番の観光コースを巡ってきました。
ラマダンの最中だったので、街の中ではお酒が飲めませんでした(食事はできた)。

さて、イスタンブールは初めてだったのですが、実はプラハは2度目でした。
1度目の訪問は1991年2月の卒業旅行の時、当時はまだ「チェコスロバキア」でした。
当時と比べてみると、プラハの街は見違えるように明るくなっていました。
旧市街はお土産屋やブランド品のお店などが建ち並び、91年にはまだ無かったマクドナルドやKFCなどのファストフードのお店も少なくなく、レストランも増えました。

91年当時はまだ店の前に行列ができていましたが、多分今はそんなもの無いでしょう。
それに一番変わったのは、英語の表記が増えたことです。91年当時は英語なんてどこにも見あたらず、唯一英語が通じたのがCedok(国営旅行会社)でした。今はどこでも英語が使えます。

一言で言って「プラハは垢抜けた街」になっていました。
でもまだまだ食費や観光などのコストも安く(イスタンブールの方が高くついた)、とても過ごしやすい街だったと思います。

ああそうそう、プラハは気温も少々低めで湿度も低め。とても過ごしやすかったですよ。
コメント

スマートフォン

2010-08-09 08:39:28 | トラベル
8月2日から8日まで、アメリカに出張してました。
アメリカも暑い!Louisville, KY、Charlotte, NCと回りましたが、どちらも気温は30℃以上でした。激しい雷雨も降りましたし。

アメリカで気がついたこと…。スマートフォンを使う人がとても多いです。Blackberry、iPhoneをはじめ、韓国・台湾など色々なスマートフォンを見かけました。特に飛行機の中ではスマートフォンを使う人の比率が高かった様に思います。

日本では…iPhoneがやはり売れているようですし、少しずつスマートフォンを持っている人が増えているようです(ただ、圧倒的にiPhoneが多いようですが)。
私はまだ、普通の携帯を使っています。日本の場合、スマートフォンにおサイフケータイがないので、今ひとつ普及に弾みがついていないようです。
遅かれ早かれ新機種が出るでしょうから、その時に検討してみます。




コメント

Radio St. HelenaのQSLカード

2010-08-01 17:58:18 | BCL - QSLカード
やっと来ました。昨年11月のRadio St. HelenaのQSLカード。
私にとっては2枚目のQSLカードです。
このときの放送では、私がリクエストした曲がかかったのでとても感動しました。

また、影山さんのBBSで多くの方々と情報を交換しながらの受信でした。

追伸: No. 24でした。
コメント (4)