La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

二階建て飛行機・A380

2008-07-26 07:12:59 | トラベル
今週は日曜から水曜までシンガポール出張でした。

いつもの如く、シンガポール航空を使ったのですが、成田-シンガポールのフライトはA380でした。

総二階建て(?)の構造もさることながら、シンガポール航空が力を入れて宣伝するだけのことはあります。
エコノミークラスでもちょっと幅が広い席と、充実したエンターテインメントで、とても快適なフライトでした。
コメント

RTIのQSLカード

2008-07-19 05:10:08 | BCL
本当にQSLカードの返信に波があるRTIですが…。
6月は2通、QSLカードが届きました。同じ月なので同じカードかな?と思ったら、ちゃんと別デザインでした。

受信日: 2008年6月21日
時間 : 17:00~17:45
周波数: 11,605kHz

また、台湾の鳥シリーズに戻ってます。
コメント (2)

領土問題

2008-07-19 05:06:47 | 感じたこと、言いたいこと
新学習指導要領解説書に「竹島が日本領である事」を記述する事が決まって以来、また韓国が色々騒いでいます。

まぁ、韓国人は何かあると大声で騒ぎ立てて抗議する事が多いのですが、日本政府はそんな事にはかまわず、絶対に譲歩をするべきではありません。
今までの日本政府は、外国が声高に反対すると譲歩を繰り返してきました。一番悪い例が教科書問題、従軍慰安婦問題の様に「事実と反する」非難に対して譲歩することです。実際に譲歩をしたために後々色々な禍根が残っています。

竹島問題では、韓国が不法占拠・実効支配しているという事実があり、日本は武力で奪回する意志はありません。残念ながらこれでは交渉では決して竹島は帰ってこないでしょう。
しかし、だからといって何もしないでいいわけではありません。「日本は竹島を諦める事はない」という明確な意志を示す必要があります。事あるごとに韓国に対して「日本は竹島を諦めない、領土問題では譲歩しない」というメッセージを伝え続けるべきでしょう。

ここで譲歩すると、尖閣諸島、北方領土問題にも悪影響を与えますし、既成事実を元に韓国が次は何を要求してくる物かわかったものではありません。
「日本は大声を出せば譲歩する」と思われるのは最悪です。

今回の件、日本が譲歩すればそれは日本にとっての損失になりますが、韓国には何の損も徳もありません。日本だけが一方的に不利な戦いをしているのです。韓国が黙ったところで竹島の不法占領をやめるわけではないでしょうから。
だからこそ、日本は原則を堅持し、譲歩すべきではないのです。どんなに時間がかかっても韓国側の行動が沈静化のを待つべきでしょう。

福田首相以下、政府、政治家は「領土問題」の意味を十分理解して、決して譲歩をしないでもらいたい物です。
コメント

Popular Communication

2008-07-13 14:06:23 | BCL
今回の出張中、たまたま夕食前に立ち寄った本屋で見つけました。
久しぶりに買いましたが、昔に比べると値段がかなり高くなっているのに驚きました。US$5.99だったのですが、20年前はUS$3.00しなかったはずですから、倍以上の値段になってます。
まぁ、廃刊になってないだけましかもしれませんが…。

内容は、米国Coast Guard、海賊局、周波数表などなど。
昔と大きく内容は変化してませんが、地下局動向(Clandestine Communique)がなくなってますね。

しかし昔から変わらず、おたくな表紙だ…。
コメント

Radio Taiwan InternationalのQSLカード

2008-07-13 13:48:06 | BCL - QSLカード
出張に出る直前に届いた台湾国際放送・RTIのQSLカードです。

台湾の鳥シリーズは終わったのかな?と考えてしまいました。

受信日: 2008年6月7日
時間 : 16:57 - 18:00 (JST)
周波数: 11,605kHz

この日は土曜日だったせいか、1時間みっちりと受信してました。
コメント

荷物の行方

2008-07-13 10:27:17 | トラベル
さてさて、飛行機会社に預けたまま、一緒に届かなかった荷物ですが…。

アシアナ航空に調べてもらったら、やっぱりSFO (San Francisco)ではぐれてました。SFO-SEL便もかなり乗り継ぎ時間が短かったので、結局荷物だけ置き去りにされてしまったようです。

まぁ、無事見つかったし、明日には届くからいいか。

結局今日は時差ぼけで、4時間ぐらいしか寝てません。眠い…。
コメント

出張帰り

2008-07-13 02:46:36 | トラベル
一週間のアメリカ出張から戻って来ました。
まぁ、仕事はそこそこかな?という感じだったのですが、問題は飛行機です。

今回は2回、フライト変更に見舞われました。
1回目は7/9のORD-EWR (シカゴ-Newark, NJ)。早朝の便で別の町からシカゴに到着したら…いきなりフライトキャンセル。すぐにカスタマーサービスデスクに行ってフライトを替えてもらいましたが、UAからAAに振り替えでした。
AAは実は、10数年ぶりに乗りましたが、昔と全然印象が変わらない…。良くも悪くも全く変わりませんでした。

で、大問題だったのが帰国便。
元々はEWR-SFO-KIXというルートだったのですが、

1) まず、EWR-SFO便が1時間遅れ。そのせいで、SFO到着も1時間遅れ。
2) SFOに到着したのがKIX行きが出た後(-.-,,,)。
3) カスタマーサービスデスクで代替フライトを探してもらうと、SFO-SEL-KIXと言われる。KIX(関空)到着が、当初予定より5時間半遅れになるけど、まぁ当日中に到着するならいいか、とOKする。
4) SFO-KIX便がエンジンの調整に手間取り、これまた1時間遅れ。遅れたのも問題だけど、エンジン大丈夫か?と離陸時には不安になった(まぁ、無事でしたけど)。
5) で、この1時間遅れのため、SELでの乗り継ぎ時間が30分を切る!仁川空港でターミナルを走る走る!。案内のお兄ちゃん、かなり親切に世話してくれてありがとう。
6) で、とりあえずSEL-KIX便(アシアナ航空)には乗れたけど、結局預けた荷物が間に合わず。

結局、元々のスケジュールならPM3:30には関空に着く予定だったのが、PM9:00到着。荷物の手続き、はるかの時間などの関係で、家に着いたのが夜中の12時過ぎだったとさ…。

しかも時差ぼけで目が冴えてるし。

あ、意外とアシアナ航空は印象よかったですよ。これはめっけものでした。
コメント