La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

悪魔に魂を売る事

2006-05-25 22:49:56 | 感じたこと、言いたいこと
ヨーロッパの昔話を読むと、悪魔と契約した、悪魔に魂を売った、と言う話がたまにあります。魂を売り渡すと大金が手に入るものの、死後は悪魔が魂を手に入れ、その人は永遠の苦しみの下に置かれる…という様な話です。

これは「世の中はお金よりも大切なものがある」、「お金では決して売り買いできないものがある」という事を示すお話でしょう。

さて、最近の日本と中国・韓国との外交関係の話です。小泉首相の靖国参拝が中国、韓国との関係を悪化させた、というのはある意味事実です。それに伴い経済交流(=商売)に影響が出るかもしれない、ついては首相の靖国参拝は控えるべきだ、という意見があります。つい最近も、経済同友会がこのような主旨の発言をしていました。

私は、中国・韓国にとっての靖国問題は、単なるカードの一枚に過ぎないと思っています。日本にとっては「心の問題」ですが。中国・韓国の目標は「日本を従属させる事」です。その一番使いやすく、効果が大きく、自分たちに損がないカードが靖国問題です。
しかし、日本にとっては「心の問題」であるだけに、かなり大きな影響が出る問題です。

日本人の中から「経済交流に影響が出るから靖国参拝は止めるべき」という意見が出るのは、「商売=お金のためなら、心を売り渡せ」というようなニュアンスが感じられます。
果たして首相が靖国参拝を止めた時、日本の、日本人の評価はどうなるでしょうか?金のためなら魂を売り渡す、という様な評価になるのではないでしょうか。

またどの国でも尊敬されるのは、容易に妥協する人ではなく”Tough Negotiator”です。外交の場でも然り。激論を交わす人の方が丁寧に扱われ、尊敬の念を受ける事のほうが多いと思います。簡単に妥協する国はなめられるだけでしょう。

日本も…小泉首相も次の首相も…他国から舐められるのではなく、尊敬される国になるには、靖国問題では簡単に妥協すべきではないでしょう。
コメント (2)

しおかぜとジャミング その2

2006-05-14 19:59:34 | BCL
ゴールデンウィーク明け、結構忙しくて禄にラジオも聴けていません。
その割にはBlogはチェックしていますが…。

さて、「しおかぜ」にかかるジャミングの件、あちこちのBlogで取り上げられていますし、政府からもコメントが出ました。

日本にいる限り、例えばUSBにするとかで何とか聴ける場合もあるようですが、問題は北朝鮮ではどのような状態なのか、です。北朝鮮政府としては、自国民が「しおかぜ」を聴く事が問題なのでしょうから、ジャミングも北朝鮮で最大限効果が出るようにしていると考えるべきでしょう。

オールウェーブ対応っ!さんのBlogでも書かれていますが、ジャミングは3波ほどかかっているとの事。となると、北朝鮮ではほとんど「しおかぜ」は潰されているのではないでしょうか?

しかし、これで北朝鮮が「しおかぜ」を恐れている事…「しおかぜ」を聴いた人々が北朝鮮政府のやり方に疑念を抱く事を恐れている事…が判明しました。

どうやったら確実に北朝鮮に「しおかぜ」を届ける事ができるでしょうか?送信所を変更する、周波数を変更する、なども一つの手段でしょう。何かいい手はないのでしょうか。
コメント (1)

しおかぜとジャミング

2006-05-08 00:13:50 | BCL
すでにいくつかのBlogで指摘されていますが、北朝鮮拉致被害者向け放送「しおかぜ」にジャミングがかけられています。私も、5月7日PM11:53頃、5890kHzで確認しました(ちょっと遅きに失したところはありますが)。

残念ながら「しおかぜ」の放送内容がほとんど判別できないぐらいの状態でした。
中国の京劇ジャミングとは違い、どちらかと言うと伝統的な雑音を使ったジャミングでした(ベトナムがFEBCなどにかけている、電子音系ジャミングとも違います)。

北朝鮮国内では、短波ラジオの所持は禁止されているはず。それなのに短波放送にジャミングをかけるという事は、裏で短波ラジオが流通している事、短波放送が聴かれている事、それを北朝鮮政府が認識している事の裏返しでしょう。

また基本的にジャミングと言うものは、自分たちに都合の良くない情報を流す放送に対して行われるものですから、「しおかぜ」の放送内容が北朝鮮政府にとって都合の悪い事がある事は間違いありません。北朝鮮政府は「拉致問題は解決済み」と言っていますが、このジャミングの事実だけでも、北朝鮮政府が「拉致問題は解決していない」と認識している事を物語っているようです。

なんとか「しおかぜ」の放送がジャミングをかいくぐって北朝鮮に届くようにする方法はないものでしょうか?

コメント (4)

星星広播電台

2006-05-06 19:54:19 | BCL
今日は少々体調が悪くてあまり何もしない一日でした。

ちょっとだけラジオをつけたら…ジャミングとは違う中国音楽が。しばらくすると女性の声で「這裏是星星広播電台 第二台」と局名アナウンスが。

この局、ご存知の方も多いと思いますが、台湾から大陸への乱数放送です。ずいぶん昔からあるようですが、今でもやってるんですね。
しかし真昼間からこんなスパイ向けの放送をするのも、なんか不思議な気がします。

周波数は15390kHz、PM1:00からの放送で、SINPO=24232ぐらいでした。かなり弱い電波でしたが、それ以上に弱い電波で中国側のジャミングがかかっていました。

そういえば、25年ほど前は夜中の0時から、6400kHzで北朝鮮が乱数放送をやっていましたが、いまはどうなったのでしょうか?
コメント (8)

今日のログ

2006-05-04 23:14:05 | BCL
今日もてきとーな受信ログにしようかな・・・と思っていたら、意外と充実してしまいました(私にしては・・・ですよ)。しかも午後7時から2時間半ぶっ続けで聞き続け、受信報告書も3通書いてしまいましたし。

5月4日
16:00前後
17730kHz RFE / RL 44343
17780kHz VOA (Chinese) 43443 中国のジャミングあり。
17895kHz BSKSA (コーラン) 33333
18180kHz CNR (Jamming) 55555 希望の声は全く聞こえず
15240kHz R. Australia 44444
15295kHz V.O. Malaysia (?) 34333
15415kHz R. Australia 44444
15450kHz FEBC (Chinese) 44444
11655kHz Voz Cristiana 33333
15110kHz R. Kuwait (?) 24222 本当にかすかに聞こえる程度
17830kHz CVC (Voice) 44444
9725kHz Univ. Network (?) 33333 う~ん、ID取れず。ILGのデータが頼り
9745kHz V.O. Han 54444 今迄で一番状態が良かった。ただし一瞬だけ

19:00-20:00
6060kHz RAE (Japanese) 22222
RAEの信号自身が弱いので仕方ないけど、今日ほど6055kHzのラジオ日経が邪魔+憎かったことはなかった。RAEに干渉しまくり。

20:00-21:00
11605kHz R. Taiwan Int'l 44444 楊丞琳の歌はかわいい

21:00-21:30
9465kHz KTWR (Japanese) 54444

21:30-22:00
9455kHz RFA (Burmese) 54444

RAE、RTI、KTWRと3局連続で報告書作成。RFAは途中で聞くのをやめました。
最近はあまり英語局の受信報告を書いてないなぁ…。まだまだ気合が足らないか?

コメント (3)

なんか適当なログ

2006-05-02 21:58:15 | BCL
せっかくのお休みなので、気合入れてラジオでも…と思っていたら全然気合入らず。いかんなぁ…。

てきとーな今日の受信でした。

13:57 15110kHz IDとれず。ロシア語。 34343
14:22 13361.8kHz USB AFRTS-Los Angeles 44444
15:57 15460kHz Radio Sloval Int'l 34232
9575kHz Medi 1 34333
11530KHz Family Radio フランス語 23232
15335kHz CVC (Voice) 54444
17875kHz All India Radio 33333
18:20 5980kHz Radio Marti 33232

AFRTS-Los Angelesがとても強力+好調でした。いつぞや受信したAFRTS-Pearl Harborより好調。

11530kHzのFamily Radioはアフリカ向け。
R. SlovakはSINPO=34232としましたが、Sは2に近い。

最近は、中南米局ともなかなかお近づきになれません…。

昨日は、RTIのQSLカードが届きました。今年まだ2通目のQSL。もっと気合入れなきゃ…。

-------------
(追記 5/4)
Area51さんからご指摘ありましたが、AFRTSはGuam送信でした。なるほど、受信状態がいいわけです。Area51さん、ありがとうございました。
コメント (5)