La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

Radio Slovakia InternationalのQSLカード

2006-03-26 15:22:16 | BCL - QSLカード
2006年初めてのQSLカード(もう3月だけど…)は、Radio Slovakia Internationalからでした。

2月12日の放送を受信、3月23日にQSLカードを受け取っているので、1ヶ月強で返信が来た事になります。

R. Slovakia Int.は3月末で短波放送を打ち切るそうですが、その前にQSLカードを受け取る事ができて幸いでした。

しかし、次々と短波放送が打ち切られてゆくのは、本当に淋しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

West Africa Democracy Radio

2006-03-22 17:07:48 | BCL
3/22のPM5:00から、フランス語の聞きなれない局が…。周波数は12000kHzでした。
放送開始アナウンスに"West Africa"と出ていたので、WRTHで調べてみたら、セネガル向けのWest Africa Democracy Radioという地下局でした。

個人的にはアフリカの放送はあまり聞く機会がないので(Medi 1を除く)、いきなり地下局が受信できたのは驚きでした。あ、意外と電播状態もよく、SINPO=33333ぐらいでした。

ポータブルラジオ(ICF-SW77)でも、結構受信できるものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBC - 日本優勝!

2006-03-21 16:28:04 | 感じたこと、言いたいこと
WBC決勝は、日本が10-6でキューバを下しました。

正直言って日本が勝てるとは思ってなかったので、この勝利は驚き+大きな喜びでした。

1回いきなり4点(キューバがピッチャーをさっさと3人も使ったのは驚いた)、その後も効果的に得点を重ね、6-5と1点差になった9回に4点を追加、キューバを引き離しました。

個人的には、世界最強と言われるキューバですので、5点差でもひやひやしていました(9回の裏でさえ)。でも、大塚が1点で反撃を抑えてのゲームセット。やってくれました。

準決勝で敗れた韓国は新聞などで、「4勝3敗の日本が決勝に出て、6勝1敗の韓国が出れないのはおかしい」とぐちゃぐちゃ言っていますが、1次、2次リーグと違って準決勝以降はトーナメントで一発勝負。そこで勝つのが全てです。リーグ戦が全勝だろうと関係ありません(サッカーのワールドカップも同じです)。
準決勝の韓国戦、決勝のキューバ戦をしっかりものにした日本が堂々の初代世界一です。

さて、何とかしてRadio Havana CubaかRadio Rebeldeは受信できないかな?WBC決勝の結果についてどんな報道をするでしょうか?あ、Radio Martiも聞き逃せないな。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

3/20の受信

2006-03-20 22:43:36 | BCL
今日は…会社が休み。明日も休みですが。
という事で、ラジオをつけてみました。夕方5時前の受信です。

11890kHz Egypt Radio & TV Union 43322
9745kHz 漢聲広播電台 44444
11890kHz Voz Crista (Voz Cristiana) 44444
15460kHz R. Slovakia Int'l 44444
19010kHz R. Free Afghanistan 44333
15290kHz R. Farda 44444
15110kHz R. Kuwait 24332
15720kHz R. New Zealand Int'l 55555 (絶好調!)
9470kHz R. Croatia 42332
9755kHz RDP (Portugal) 54554
11605kHz R. Taiwan Int'l 43443

11605kHzのR. Taiwan Int'lは、11615kHzのCNR(中央人民)5の強力な干渉を受けて少々聞きづらかったです。ジャンジャンうるさいジャミングや、CNRやVO Chinaを強力にあちこちの周波数で流す中国といい、半世紀前レベルのプロパガンダを垂れ流す北朝鮮といい、「人民」国家はろくなことをしません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBC 準決勝!

2006-03-19 16:18:02 | 感じたこと、言いたいこと
WBCの準決勝、日本は韓国を6-0で破り、決勝進出を決めました。

昼は出かけていて、最初にTV中継を見たのが4回の裏、0-0でした(実はスーパーマーケットで見てたりする…)。上原が息詰まる投手戦をキリリと締めていました。
スーパーを出る時には7回の表まだ0-0でした。で、家に着いてTVをつけたら3-0、すぐに4点目が入りました。

途中で降雨中断あるも、そのまま8回、9回と無失点に抑えての勝利!

予選から2回も韓国には負けるわ、準決勝進出もアメリカのまさかの敗退で、大きなボタモチ状態でしたが、同じ相手に3連敗する事もなく、ここ一番での勝利、本当にうれしい!です。一番大事な一戦を物にしたのが、日本の底力(と思いたい)。

しかし、今回のSan Diegoの球場も、韓国人の応援団の多い事多い事…。アメリカには韓国人移民、韓国系市民が多いですし、特に西海岸には多いので、仕方ない事ですが…。
鐘や太鼓をたたきながら「大韓民国!」と応援し続けてました。韓国側の攻撃だろうと日本の攻撃だろうとお構いなし…。

いつぞやのアジアカップサッカー決勝戦の中国と違って、9回最後のバッターまで、精一杯大声で応援し続けていたのは感心できます。

さて火曜日の決勝戦はCubaですね。こちらの方がよっぽど韓国より手強そうですが、勝利目指してがんばって欲しいものです。

応援しているぞ!!!  日本は祝日ですし…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の受信 (3月5日)

2006-03-05 23:11:34 | BCL
PM10:00からRTIを聞こうかと思ったら…9635kHzも7130kHzもコンディション最悪、ほとんど聞き取れませんでした。

仕方がないので適当にダイヤルを回してみました。

6349.9kHz AFRTS 23333 USB
9530kHz V.O. Vietnam (Hanoi) 33233
7145kHz R. N. Lao (?) 22222
6000kHz R. Singapore Int. 32332 北京語
6185kHz R. Singapore Int. 33333 6000kHzとパラ。
9955kHz T8BZ (?) 22222

?がついているのは確信がないので、想像です。

6349.9kHz AFRTSは、ハワイ・真珠湾から送信しているようです。
その昔は、AFRTSはSINPO=55555と言っても間違いじゃないぐらい強力な電波でしたが…。

国内向けのV.O. Viet Nam - Hanoiが、思ったよりも好調でした。RTIの日本語番組より、よっぽど明瞭に聴こえましたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加