La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

午後4時前後の受信 9/25

2005-09-25 16:24:30 | BCL
書く度に、私のBCLアマチュア度がばれてしまうような気もしますが、気にせず行きましょう。

時間は9月25日の午後3時55分~4時5分の約10分間。

11530kHz V.O. Mesopotamia SINPO=22332
9575kHz Medi 1 SINPO=44433
9470kHz V.O. Croatia SINPO=32332
11655kHz Voz Cristiana SINPO=43333
17675kHz R. Finland SINPO=44343
7425kHz WEWN SINPO=23332

Medi 1が非常に好調です。昨夜はRT Moroccaineも受信できたので、モロッコは意外と受信しやすい国だったんだ…と素人丸出しのことを言っています。

V.O. Mesopotamiaがこんな早くから受信できる事も知りませんでした(素人発言その2)。

ラジオ少年@BCLさんのBlogでも書いてありましたが、欧州系、アラブ系が好調です。やっぱり秋ですね。

さて、V.O. Mesopotamiaは、イラク向けの地下放送、WRTHではクルド語での放送だそうです。名前の通りメソポタミア文明が栄えたイラク、サダム・フセインも自己の権力維持のためにメソポタミア文明とのつながりを強調してたりしましたが…。

去年の冬、アメリカに行ったときに、TVのコメディー番組で現在のイラク状況を皮肉ったプログラムがありました。
題して"Mess o'Potamia"。メソポタミアと悲惨な状況を意味する"Mess"をかけあわせたタイトルですが、笑うに笑えないジョークです。
V.O. Mesopotamiaの様な地下局が出るのも、笑うに笑えない状況の一端を示してる…と思うのは私だけでしょうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの夕方受信

2005-09-24 13:55:11 | BCL
シンガポールに出張していたりしたので、しばらくラジオは聴いてなかったのですが、昨日、久々に夕方4時~5時ぐらいでラジオを聴いてみました。

9735kHz DW ← Paraguayにかぶるなぁと思ってたら、PM5:00を過ぎるとParaguayの方が良好でした(DWはPM5:00以降は送信してないか?)。
9575kHz Medi 1 ← これがSINPO=44444ぐらいと良好。アラブ語とフランス語を堪能しました。何言ってるか全然分からないけど。
11600kHz ← 変調が浅くて何を言ってるか分からない…。もしかしてBulgaria?
11605kHz ← PM5:00からの台湾国際放送の日本語番組。かなり受信状態悪い。

9月も終わりになって、エアコンのノイズがほとんどなくなったのはありがたい事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメバチ

2005-09-18 10:02:16 | 身の周りの出来事など
シンガポールに出張しているうちに、日本は秋が近づいています。
まだセミは鳴いてますが、もう微々たる物。今日は湿度も低く快適です。
シンガポールは高温+多湿+スコールだったので、いっそう日本が快適に感じます。

で、問題は秋になるとスズメバチの活動が活発になる事。
うちの近くには小さな山(と言うか公園になってる)があるので緑が多いのですが、ここからスズメバチが出動しているのでしょうね。もうすでに、かなり飛び回ってます。

昨日はスズメバチに刺されて死亡した人が出ているし、私たちも気をつけなければ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長かった…

2005-09-18 06:19:13 | トラベル
9月1日から17日まで、またシンガポールに出張してました。今年だけで6回目です。

今回は14日の帰国予定が延びて、17日帰国になってしまいました。昔住んでた国(街)とは言え、長丁場の出張は疲れました。

この出張のせいで総選挙にも行けず、事前投票もできず、非常に残念でした。

さて今回のシンガポールですが、中秋節が近いのであちこちで月餅を売ってました。Ngee Ann City (高島屋の入っているビル)では地下2階の催事場で月餅フェア、ちょっと高級なホテルでも月餅、レストランでも月餅…。

そういえばシンガポールに赴任した年、ADSLの申し込みをしたら月餅をくれたよなぁ…。私は卵黄入りの月餅が好きなのですが、あまり周りの人には人気ないようです。

家には、夏休みの旅行で買ったドリアン月餅が余ってるはず。まだ食べられるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社民党の言うことにゃ…

2005-09-04 22:54:41 | 感じたこと、言いたいこと
9月11日は衆議院選挙…ですが、今回は投票にいけません。海外出張中ですので(期日前投票もできなかった)。

選挙戦真っ只中、各党の主張があちこち飛び交っている中で、社民党の主張ですが…。10年前から言っていることが全く変わってない。
「護憲」。
それしか言うことないのかね?と候補者に聞いてみたくなります。
テレビで福島瑞穂が出てくるたびに、必死になって「護憲」「護憲」と訴えていますが、「もう聞き飽きた」というのが感想です。

で、もっと聞いてみたいのは「護憲」だの「平和」だのというのは、社民党の外交姿勢と食い違わないか?ということです。
社民党は旧ソ連、中国、北朝鮮に友好的な姿勢を採ってきました。今も(ソ連はありませんが)基本姿勢は変わりません。しかし、中国も北朝鮮も独裁国家です。中国共産党も朝鮮労働党も独裁政党です。このような国家・政党と「友好」を保つ政党が、日本国内で「護憲」だの「平和」だのを叫んでも、どちらが本当の社民党の主張か疑ってしまいます。実際に前回の衆議院選挙では、社民党は北朝鮮の拉致事件に関連して大幅に得票を減らし、土井たかこも選挙区で落選しました(比例区で復活)。

今回は辻本清美をもう一度担ぎ出してきましたが、彼女とて「拉致事件解決よりも北朝鮮への謝罪・賠償と国交」を訴えていた人です。確かに人気はあるのでしょうが、こんな人を(しかも有罪が確定した人を)担ぎ出して、果たして社民党が本当に民主主義、平和を守る気があるのか、私は大いに疑っています。

あと1週間で選挙。どのような結果になるか楽しみです。
社民党はともかく、郵政改革に反対した(反対しかしなかった)人・政党がどうなるのか…。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加