La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

春よ来い

2005-02-28 21:34:44 | 身の周りの出来事など
もう2月も終わりですが、明日から3月。
春はもうすぐそこ…というわけで春の足音を聞いたような気がした一日でした。

終わり。

終わるな。

その1 夕食にウド。さわやかな香りが春を思わせる…。小さい頃は家族で山菜を取りに入ったりしましたが、ウドも時々取ってました。今日食べたのは栽培ものだろうけど、それでも春を感じる香りでした。

その2 会社にある紅梅白梅。今年も咲き出しました。どうやら紅梅の方が少々遅く咲くみたいですが。


コメント

Radio Marti

2005-02-27 22:03:45 | BCL
前回「久々に聴いてみたい」と書いたら、意外と簡単に受信できました。
Radio Marti: Feb. 26 PM9:30 7365kHz, SINPO 33333。PM9:59にはぷちっ!と停波しましたが。
しかし、どうやったらアメリカからキューバ向け放送が日本で好調に聴けるものでしょうか?

翻って近場、RTI (Radio Taiwan Int'l、台湾之聲)は不調。2/26は11605kHzはPM8:00、PM10:00ともほぼ受信不能。7130kHzは電波は弱くないものの、中国大陸からの電波の干渉(たぶんジャミング)が強くかなり聞きにくい状態。
2/27はPM8:00の日本語放送は最初SINPO = 55555と言っても言いぐらいの状態だったのが、PM8:50を過ぎると急速に悪化、ほとんど聞こえない状態でした。

お空の状態が悪いのかしら?う~ん。
コメント (2)

本日の受信

2005-02-21 22:10:56 | BCL
あ~やっと久しぶりに受信できました、この局。
2月21日PM9:55~10:00、9550kHzでRadio Havana Cuba、スペイン語が聞こえました。かなりうねってましたが、9555kHzの韓国語局がなければ結構聞けるレベル(SINPO=33333)です。ただ、隣の韓国語局、むちゃくちゃ干渉してきます。
残念なのはISは聞こえたのですが、国歌は演奏されず。あの国歌、結構かっこいいと思っているのですが。アメリカにいるころはよく聴いていました(1988年~89年、1993年~95年)が、ISはこの頃とぜんぜん変わっていません。

昨日(2月20日)にはRadio FardaがPM4:00ごろ、17675kHz // 15290kHzで受信できました。この局はRFE/RL傘下のイラン向け放送ですが、先週は同じRFE/RL傘下のR. Free Afghanistanも受信できましたし。Radio Free Asiaは中国のジャミングがガンガンかかっていますが、Farda、F. Afghanistanもジャミングなどなく、聴きやすい状態です。ただFarsi語とかPashuto語と言われてもなに言ってるか判りませんが…。

久々に受信したいのは、同じアメリカのRadio Martiです。インターネットではクリアーに聞けるのですが、やっぱり受信機のダイヤルを回さないと雰囲気が出ません。
コメント

映画の海賊版

2005-02-21 21:44:00 | 感じたこと、言いたいこと
今日のニュースで見た記事…。

「ハウルの動く城」の海賊版を売っていた男が逮捕される。
映画館で違法に録画したものをDVDで売っていたとか。

一言。すぅ~っと深呼吸して…

お前はマレーシアにいるのか?

マレーシアでは、映画館で違法に録画した映画がVCDやDVDになって、おおっぴらに売られています。
シンガポール人は、マレーシアに遊びに行ってこういう違法VCD、DVDを買ってくるらしく。
コメント

ナイアガラ

2005-02-19 21:50:21 | 身の周りの出来事など
最近のTVコマーシャルで、私が必ず振り向いたものが二つあります。
ひとつは去年の夏から秋にかけて流れた「生茶」のCM、もうひとつは現在流れているSonyのハンディーカムのCMです。

両方とも私の大好きなシンガー、大滝詠一さんの曲が流れているので、思わず反応して振り向いてしまうのですが、1981年のA LONG VACATIONからもはや20年以上経ち、それでもまったく古さを感じさせない…と思うのは私だけでしょうか。

このアルバムの1曲目、「君は天然色」をラジオで聴いた時の驚き、というのは今でも忘れられません。それまではほとんど歌謡曲もポップスも洋楽も聴かなかった私が、大滝さんの曲で道を踏み外して(?)しまったわけです。当時は中学2年生だったかな。

で、今でも変わらず大滝詠一ファン。何年経ってもこれは変わっていません。お正月の山下達郎との新春放談を毎年楽しみにする人生です。

ナイアガラ(=大滝)ファンが毎年思うこと…。「大滝さん、新しいアルバム出してよ」。私もまったく同じ思いです。
コメント

午後3時から4時前後の短波受信

2005-02-13 21:51:55 | BCL
休日になると、よく午後4時前後に短波ラジオのスイッチを入れます。
この時間帯、いろんな局が受信できたりするのですが、特に欧州の局がよく入ります。

* R. Bulgaria 13600kHz: 午後4時からフランス語、4時半から英語ですが、変調が浅いのか、今ひとつ聞き取りにくいです。
* R. Vlaanderen Internationaal 9945kHz: これは午後3時半から4時までですが、イルクーツク中継なので良好に聞こえます。
* V. of Greece 9770kHz: こちらはアメリカ西海岸Delanoからの中継波。とても強力に受信できますが、ギリシャ語放送なので、何言ってるかぜんぜんわかりません。
* R. Slovakia International 13715kHz: 3月には放送が中止されるか、という話も出ている局ですが、これも良好に受信できたりします。

んじゃ他の地域は?ということですが、

* 漢聲広播電台/光華之聲 9745kHz: 台湾の第2の短波放送です。午後3時55分ぐらいから開始アナウンスと国歌(女性ボーカル)があり、午後4時から番組開始です。台湾国際放送では中華民国国歌を流さなくなりましたが、こちらはちゃんと流しています。午後5時からの台湾国際放送(11605kHz)は日によって受信状態が安定しないのですが、漢聲はほぼ毎日、いい状態で受信できます。中国からのジャミングもあまりないし。英語ではVoice of Hanと言いますが、なんかセンスないですね…。
* R. Free Afghanistan 19010kHz, 21690kHz: ちょっと早いですが、13:30からパシュトゥーン語、14:30からダリ語放送を各1時間ずつ行っています。アメリカのRFE/RLの傘下にあるアフガン向け放送ですが、19010kHzはクウェート、21690kHzはタイからの放送がどちらもそこそこの状態で受信できます。ノイズが少ないのと、変調がしっかりしているので聞きやすいです。

R. Free Afghanistanを除くと、この前の年末年始に受信レポートを送ったのですが、QSLカードが来たのはR. Bulgaria、V. of Greece、R. Vlaanderen Internationaalの3局、他局はまだ返事が来ていません。R. Free Afghanistanは今日初めて受信。レポートも今日送ったのですが、ちゃんとQSLカードを出してくれるでしょうか。

しかしこの時間帯、アジア・大洋州向け放送だけではなく、意外と欧州局の欧州向け放送が日本でよく聞こえるんですよね(上記で言えばR. Bulgaria)。何故でしょう?
コメント (3)

ハラの立つチラシ

2005-02-13 17:01:48 | 身の周りの出来事など
現在すんでいるマンション、毎日いっぱいいろんなチラシが入ってきます。
まぁ、ピザや寿司の宅配ならいいですが、腹の立つチラシも結構入っています。

一番腹が立つのが不動産屋の「○○マンションで売り手を捜しています」というやつ。このマンションができてすぐにこういうチラシが入っていたのですが、せっかく手に入れたマンションをすぐに売るような人がどれだけいるでしょうか?

次はなんと言ってもピンクチラシ。小さい子供からお年寄りまで住んでいるところに風俗営業のチラシなんぞ撒くな!

最後に腹が立つのは、チラシを玄関ホールの椅子の上に捨てて行く住人。何考えとんじゃ?玄関ホールは公共の場所だぞ!責任持って自分の部屋まで持って帰れ! (興奮)

以外と少ないのが政治・政党関連のビラ。どこぞのマンションでは、中に入り込んで各戸の玄関脇の新聞受けにビラを撒いてた人(共産党関連)がつかまったりしたそうですが、まぁどの政党もまじめにやってるんだから、集合ポストにいれるぐらいならいいかな、と思っています。
コメント (2)

尖閣諸島問題

2005-02-11 19:29:11 | 感じたこと、言いたいこと
先日、日本政府が尖閣諸島の灯台を国家管理の下に置いたとの報道がありました。当然の様に中国・台湾からクレームがありましたが、旧正月のためか、あまり激しい反応ではありません(旧正月が終わったあとどうなるかわかりませんが)。

私自身は尖閣諸島も北方領土も竹島も日本の領土だと思っていますし、一切譲歩すべきとは思っていません。今回の日本政府の措置は、今まで曖昧だった政府の立場を明確にする意味で、評価できます。

実は台湾や中国は、正式には沖縄を日本領とは認めていません。最近の中国は領海侵犯を平気で行ったりしていますし、国民党統治下の台湾は、米軍政下の沖縄で独立運動を支援したり、琉球王国亡命政府を基隆に置いていたりしたので、やはり警戒してしまいます。

しかし洋の東西を問わず、領土問題というのはナショナリズムに火をつけ、国内世論を統一する絶好のネタです。フランスだったかドイツだったかの政治家で「右翼から共産主義者まで、この国境線を認めない」と言った方がいましたし、領土問題になると、どこの国でも反政府運動家まで黙ってしまいます。
国家の成立要件は国土・国民・政府ですので、国家の存立を危うくする可能性のある領土問題は、ナショナリズムに火をつけやすいのでしょう。

日本の世論は、領土問題でもそこまで過激な反応はありません。今回、たとえ中国や台湾が騒いでも、日本側が大騒ぎする事はないと思います。しかし、中国や台湾で変にナショナリズムが爆発しないといいのですが
コメント

ロイヤル・セランゴール

2005-02-11 18:21:49 | 身の周りの出来事など
ロイヤル・セランゴールはマレーシアの錫細工のブランドです。元々クアラルンプールも錫の集積所が発展した街とのこと。確かマラッカのショッピングセンターにもロイヤル・セランゴールのお店がありました。シンガポールでもチャンギ空港やDFSでも売っていました(マレーシアの方が安かった)。
で、このロイヤル・セランゴールのジョッキが当たりました
キリンビールのキャンペーンで当たったのですが、実は私としてはボヘミアグラスがほしかったのです。ただ、応募するときに間違えてロイヤル・セランゴールに丸をしたのが1枚だけあって、それが大当たりしました。
あ~あ、これでボヘミアグラスは当たらないだろうなぁ…。

でも考えてみたら、うちには一つもなかったんですよね、この錫細工。うちの実家のためにはシンガポールでせっせと写真立てを買ってましたが…。
という事で、まぁ一つぐらいあってもいいかな?
コメント

サッカー

2005-02-11 16:05:10 | 感じたこと、言いたいこと
ワールドカップ最終予選、日本対北朝鮮の試合は、ご存知のとおり2-1で日本が勝ちました。
風邪で体調が悪かった(会社も休んだ)のですが、2点目が入ったときには興奮してしまいました。
しかし本当にヒヤヒヤした試合運びで、素人の私が見ても、日本チーム細かいミスが目立ちました。
とりあえず勝ってホッとした、さらに観客も大きなトラブルもマナー違反もなく、二重にホッとしました(中国とは違う)。

さて、今回のサッカーの試合結果、北朝鮮のテレビ・新聞・ラジオで報道するでしょうか?と言うのも、北朝鮮は負け試合の報道をしないケースが多いからです。きっと、負け試合は国威発揚の役に立たないからでしょう。
北朝鮮もプロパガンダ用に日本語放送を行っています(朝鮮の声・旧朝鮮中央放送)が、日本語アナウンサーがスポーツ大会の結果を報道するとき「○○競技会でわが国の選手が2位をしました」と、変な日本語を使っていたのを思い出します。今は直ったのかな?
コメント

恵方巻き

2005-02-06 22:40:51 | 身の周りの出来事など
節分の日、しっかり食べました。しかも丸ごと1本。
帰宅が夜遅かったのですが、夜11時ぐらいに1本丸ごと…。食べ終わるまで一言も発さずに食べました。

さすがにこれ1本食べると、オカズはお腹に入りませんでした(味噌汁だけ飲んだ)。

恵方巻きって、確か初めて食べたのが高校の頃。一応関西人ですが、それまで恵方巻きって知らなかったです。

今、妻に聞きました。この前食べた恵方巻き、1本800円だそうで…。妻と二人分で1600円。
まぁたまにはいいけど…
たっか~い。
コメント

ビザ免除

2005-02-06 18:22:00 | 感じたこと、言いたいこと
愛知での万博の期間中、台湾と韓国からの観光客には日本のビザが免除されるとのこと。
中国は、台湾パスポート所持者へのビザ免除について不快感を示しているようですが、中国と比べれば、その経済発展=所得の違いから、台湾パスポート保持者へのビザ免除は当然でしょう。
アジアで裕福な国といえば、日本、ブルネイ、香港、シンガポール、台湾、韓国、といった順番になります。香港、シンガポールパスポート所持者へのビザはすでに免除されています。
そういえば、シンガポール、香港は経済発展もさることながら、通貨の信用が高く、国外に持ち出してもある程度交換性があります。台湾、韓国の通貨はまだそこまで信用はなさそうですが…(日本の銀行では、台湾元、韓国ウォンは原則交換してくれないですし)。
このへん…国家の信用…がやはりビザ免除の基準のひとつになっていたのではないでしょうか。

さて思い出してみると、私が初めてアメリカに行った時(1981年)はまだ、アメリカ入国時にはビザが必要でした。留学していたとき(88年)、観光・単純商用に限りビザが免除になる「パイロットプログラム」の第1陣に日本が入っており、観光客はビザがいらなくなりました。そのとき「やっと日本もアメリカにビザ免除されるほどの経済力になり、それを認められたんだなぁ」と思いました。

日本政府のビザ免除決定も、台湾、韓国も十分な経済力をつけた、というひとつの証でしょう。
コメント

RAE, Buenos Aires

2005-02-05 12:45:45 | BCL
RAEと言えば地球の裏側、アルゼンチンの国際放送"Radio Argentina al Exterior"です。
このRAE、昔から日本語放送を行っていて、月曜から金曜の11710kHzで日本時間の午後7時から放送されています。
過去一度QSLカードをいただいているのですが、昨日、本当に久しぶりにRAEを受信しました。と言うのも、送信機の出力が余り大きいものではないらしく、日本では受信できない日がけっこうあるのです。また、周辺の周波数では中国や北朝鮮から強力な放送が入ってきます。そのせいでRAEの放送がつぶされたりしています。
昔と全く変わらない放送開始時のアナウンス、各国語での局名紹介の最後に日本語で「みなさんいかがですか?」と女性の声で始まるアナウンスを久々に聞いて、懐かしくなりました。
もっといい状態で聞きたいなぁと思う反面、やっぱり弱い電波を苦労して拾うのも捨てがたい、と矛盾した気持ちになります。
コメント

久しぶりの…

2005-02-01 23:50:17 | 身の周りの出来事など
久しぶりに届いたのは、台湾に住んでいる友達からのクリスマスカードでした。
シンガポールに住んでいた頃の住所に出していたようですが、幸い、その部屋に同じ会社の人が住んでいたので、出張者の手を介して私の手元に届きました。
今日、返事を書いたのですが(受け取ってから3週間は経ってるな…)、また連絡が取れるのがうれしいです。
肩の脱臼は災難でしたが、こういうちょっとした「いい事」があると、今年はいい年になるのかな、と思ってしまいます。もう年明けから1ヶ月も経ってしまいましたが。
コメント