La voz y La Luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

KFBS 11,650kHz

2008-04-19 20:50:59 | BCL
今日は夕方から断続的にラジオをつけています。
途中でループアンテナの電池が切れて、あわてて取り替えたりしましたが…。

さて、PM8:00からFEBCの12095kHz(Hmong White)を聴きました。最初はSINPO=43333ぐらいだったのですが、徐々にコンディションが悪化、番組終了時には33232ぐらいになっていました。

その後、11650kHzのKFBS (Russian)にダイヤルを合わせたのですが、最初の10分で聞くのをやめました。というのも、PM8:30の番組開始時はSINPO=54444ぐらいでなかなか強力に聴けていたのですが、PM8:37にストーンとコンディションが悪化、CRIの英語放送が浮き上がってきたためです。
このCRI、ウルムチ中継らしいですが、かなり強力に聞こえています。なかなかソフト路線で、カントリーっぽい曲なんかを流しています。

しかし、なんと言うか、どのバンドでも中国の放送・ジャミングだらけです。
他国、他人の批判には耳を貸さず、自分に都合のいいことだけ大声で怒鳴り散らす、という中国政府、共産党要人の態度がそのまま電波の世界にも持ち込まれているみたいです…。
コメント   この記事についてブログを書く
« ノイズ削減取組 | トップ | 長野の聖火リレー終わる! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

BCL」カテゴリの最新記事