Hiro’s Diary (あしあと)

『TEAM DU BON TEMPS』に所属。 チーム名の意味は、フランス語で『楽しい時間』なんですよ。☆ミ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白山登山

2012年07月16日 | 登山
    





今日は、初めての白山登山です。
先週からは、危うい天気の予報でしたが、何とか持ち直してくれそうな感じ…。
でも、山の経験のある方に言わすと、雨かもとも言われてました。
一応、雨に備えての装備は万全ですが、なるべくなら晴れてほしいですね。

出発は3時となり、タクヂさんが車を出してくれることになりました。
さて、着替えなどや冷蔵庫に入れておいたものなど、忘れ物がないかの最終チェックのため、2時起きです。

ほぼ、準備ができたところで、フレディ・Mさんからお呼出しの電話が鳴ります。





タクヂさんの車は、ルーフに荷物を積めるので車内は広いですね。
さて、今日のメンバーは、フレディ・Mさん、マッチさん、タクヂさん、まきちゃんさん、壺さん、あわらさん、MA310さん、MA310さんの息子さんのマーくん、そして私の9人です。



MA310さんとマーくんの親子、そしてマッチさんは現地集合です。





まだ、薄暗い中、市ノ瀬に到着。
しかし、駐車場は満杯の車にビックリでした。
いったい、皆さんは前日に出てるんだろうか?
一般の皆さんにとっては、3連休ですからね。
前日の天気も悪かったせいもあり、混雑も考えられますね。

MA310さん親子とも遭遇しましたが、マッチさんがまだでした。
朝一番のバスを見送ろうかと思っていたら、何とかギリギリセーフでした。

待ってる間に、ポツ、ポツと雨も顔を覗かせます。





3台目のバスに乗り、イザ出発~。
ところで、ここでYAMAさんと遭遇。
知ってる顔も見て、『あれ?』、『あれ?』と驚いていた様子です。





『白山国立公園 別当出合登山口』で、記念撮影。(撮っていただいた方、ありがとうございます。)





この鳥居をくぐって、いよいよ登山開始です。





初っ端から、こんな素敵な吊り橋が…。
し、しかし、これって、凄く揺れるんです。(ゆりかごみたいに。。)
しがみつきながら、なんとか向こう側に到着でした。





最初は、ちょっとばかり、石がゴロゴロしていて足元に注意が必要でしたが、登るにつれ道は歩きやすくなります。
しかし、まだこの辺は蒸し暑いですね。
登るに連れ、汗が吹き出します。










中飯場で一休みです。
まだ、ホンの少し歩いただけなのに、暑さのせいか早くも疲れが…。







タクヂさん、自転車の上りも速いのですが、登山の坂も速いんですね。
やっと、追いつきましたよ。





『甚ノ助避難小屋』に到着です。
聞く所によれば、新しく立て直したそうです。
昔のを知らないだけに…。
上の方にある戸口は、雪が積もった時に出入りする入り口だそうです。





まきちゃんとマーくん。
ここまで来ると、流石に涼しいですね。
でも、霧が出始めて視界が悪くなって来ました。
持ってきた、チョコレートをつまみ補給します。





汗も引いてきたので、寒くならないうちに上り始めます。
室堂まで、2kmの地点まで来ました。
相変わらず、視界は悪くなる一方です。













そんな中、道の脇には高山植物が可愛く花を咲かせています。





視界が悪くて気づかなかったのですが、絶壁です。
いやぁ~、後ろから押されたら滑落まちがいなしですね。







そんな中、マーくんはスタスタと歩いていきます。





途中で、延命水の出る湧き水の箇所を直してる方がおりました。
なんでも、散歩がてらに来て、こうして直しているそうです。
ホント、有り難いことですね。
『飲みますか?』と聞かれましたが、まだ作業中だったので『帰りに来ます』と言ってこの場を去りました。
『ありがとう』という感謝の気持ちでイッパイでした。





またまた、種類の違う花が…。







上を見あげれば、結構、急じゃありませんか?





室堂の入り口の到着。





こんな道を通って行くと…。





室堂に到着です。
ホント、マーくん泣き言言わずによく頑張りました。





『白山室堂ビジターセンター』の中に入ると、テルテル坊主が…。
ホント、晴れて欲しい。





ちょっとばかり休憩と補給を取り、寒さ対策にレインウェアに着替えます。





『白山奥宮』の鳥居をくぐり、山頂を目指します。





途中で、中々珍しいクロユリを発見。






ガスで見えないんですが、『高天ヶ原』だそうです。
山頂までは、あと500mですね。





こんな、道を通り。





山頂手前には、『白山奥宮』があります。





無事を祈って、お参りです。





ヤッターーーーッ。
山頂の、『御前峰』です。
晴れてたらどんなに良かったかなぁ~。
また、晴れた時に来てみたいですね。

しかし、風が強いです。
帽子を飛ばされそうでした。





なはは、ガスで見えないからいいんですが、落ちたら大変です。
見えてたら、もっと足が竦んだでしょうね。





みんなで記念撮影です。





さて、ここからお池巡りとなるんですが、この通り残雪が残っています。









それと凄い強風が吹き荒れてました。









池はいくつもあるんでしょうが、ガスが少々晴れて見えたのはこれくらいでした。





こんなに可愛らしい花が…。





標識も雪で埋まっています。





室堂に戻る時、クロユリの群生が…。





さて、室堂でお昼ごはんです。
よく歩き、登ってお腹はペコペコでした。





今日持ってきた、おにぎりとビー○。
今朝までキンキンに冷やしたのを持って来ました。
保冷袋に入れてきましたが、まだ冷たいです。







マッチさんからは、チェリーと暖かいコーヒーを頂きました。





そして、フレディ・Mさんが持ってきた『マルちゃん正麺』。
なんと、5食分。。。
これを、皆さんに作って頂きました。





山で食べる、熱々のラーメン、やっぱり美味しいや。
ビールもススム君。







そんなことしてたら、まわりのガスが晴れてきました。





鳥居の前で、集合写真。
マッチさん、号令で。

『お控えなすって!』





先ほどの写真とは雲泥の差です。
青空も広がり、ホントに綺麗でした。
もう、夏がやって来ましたね。

















この素晴らしい景色を眺めながら帰り道となります。





朝方、延命水の水の出を直してたところ。
水も沢山出ていて綺麗ですね。
コップに取り、ゴクゴク…。

『ん、旨い』

これで長生き出来るんでしょうね。
あっ、お土産に持って変えれば良かった。
今度来た時は…。







やはり下りは速いですね。
トントンと跳ねながら降りられます。
トレイルランだったら、こんな感じなんでしょうか?





甚ノ助避難小屋に寄り、休憩です。
ここで、カメラの電池切れになってしまいました。
朝来た時とは、全然違うのでタクヂさんにお願いして写真を一枚。(ありがとうございま~す。)





途中、休憩にて…。
後ろのタクヂさん、私の腕が邪魔みたいで、苦労していたみたいです。(すみません。)


まきちゃんと話しながら降りてる途中、『あっ、山ガールや』と何か凄いものでも見つけた様子。
そう、まきちゃんのレベルは若くて綺麗な女子なんです。
いきなり、『hiroさん、先頭変わって!』って…。

あ~、やっぱ違うわ。

僕が思ってた山ガールは、山に詳しい女の人と思ってましたが…。


そんなこんなで、無事到着でした。

さて、タクヂさんの車に戻り、着替えて帰る用意…。
そしたら、マッチさんが…。

『バッテリー、上ったみたい…。』





タクヂさんにお願いして、バッテリーつないでもらいました。
バッテリ上がりだけでよかったね。







帰りに、『観山洞』に寄ってもらい、家へのおみやげ…。
定員さん、『あれ? 昨日来られた…。』
『自転車ですか? ん? 格好が違う?』
と聞かれてしましました。

お茶を召し上がっていってくださいと、およばれになることに…。
もう、顔を覚えられたかなぁ?

無事、自宅に到着。
山シューズの泥を落として…。
どうせ、ランの格好してるし…。
ランのシューズに履き替えて、6kmほど走りました。

山は楽しいですね。
白山だからですかね?
また、行きたくなりました。
次は、秋ごろに行きたいですね。



白山 32km?(おそらく。)

ラン  6km

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グッチさん・ちねりんさん、... | トップ | 峠を通って福じへお食事に。 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですな(^-^) (ちゃりんこ法師)
2012-07-19 06:48:27
どうも~、ちゃりんこ法師です!

自転車、ランと来て、今度は、登山ですか(笑)
何とも、精力的ですねェ~。
でも、登山は、楽しそうな気がしますわ。
写真を観てると、そんな気がします。

今更云うまでも無い事ですが、改めて、hiro大先生の行動力には、もぅ脱帽の一言ですな
少し、その行動力と元気を分けて頂きたいモンです

Unknown (koukeihaya)
2012-07-19 07:41:59
お疲れ様でした。
サイクルジャージで見慣れている皆さんですが
山ファッションもよくお似合いですね。
気心の知れた仲間との登山は楽しかったことと思います。

自転車にあれだけはまっているhiroさん
充実感や達成感の強い登山にもどっぷりつかりそうですね。
Unknown (フレディ・M)
2012-07-19 07:50:41
月曜日はお疲れ様でした~

普段自転車であれだけ走り込んでいるメンバーばかりだったので、
体力的にはなんの心配もしていなかったのですが、
予想通り皆さんすいすいと2702mを登りましたねぇ~

あれだけたくさんの登山客が歩いているルートですから、道に迷うことはないでしょうが、
後ろで歩いていてちょっと心配に・・・


白山、いいお山でしょ?
何度行ってもどの季節でも素敵な風景が見れますよ
次回もっと快晴の時にチャレンジしたいですねぇ~
あ!頂上からの眺めはガスっていたからわからなかったでしょうが、
岐阜県側は非常に険しく切り立っているので、
脚がすくむどころの騒ぎでは・・・

ぜひ秋にも行きましょう
Unknown (マッチ)
2012-07-19 13:53:08
綺麗な写真と勇ましい自転車青年達・・・
素敵な登山を経験しました・・・
とっても 楽しかったですね~

是非又ご一緒に・・・でも 今度はもっとゆっくり・・はぁ無理か
可也の驚き・・・ (ysphotos)
2012-07-19 15:00:38
30年も前の記憶だと駄目だね~
此処まで変わっていますか~
先ず登山者のスタイル、ニッカボッカなんて誰も居ないね~

室堂と言い、頂上の標識と言い、甚之助ヒュッテと言い、もう記憶すら役に立っていません、変わらないのは山容だけなのかも、今は上れないのでとても懐かしく拝見しましたよ、有難うございまいた

それだけ僕は若いつもりの老人なんですね~
Unknown (taizo)
2012-07-19 23:10:45
行きたかった・行きたかった・行きたかった~~~

何で僕が仕事の日にこんな楽しそうなイベントが行われたのでしょう


これは是非、連れて行って貰わねばなりません

次回の白山登山は・・・



素敵な写真、たくさんとありがとうございます
Unknown (タクヂ)
2012-07-19 23:19:03
先日は本当にお疲れ様でした~(^^)
いやぁ、僕が早めに歩いて進んでいたのに、後ろからhiroさんに追いつかれて「やっと追いついた♪」と声をかけてきた時には、本当にビクッ!!っとなりましたよ(笑)
hiroさんも十分健脚で、さすが日頃のトレーニングのおかげだな~っと思いました(^^)
 
しかし帰宅後にランを6kmですか・・・orz
僕にはそんな元気もなかったです・・・orz
さすがhiroさん、凄すぎます!!!!!!!!(TT)
Unknown (ふみまま)
2012-07-19 23:37:36
白山の魅力が伝わってきます!楽しそうでいいな~(*^^*)
次回、休みがあえば、参加したいです!
Unknown (MA310)
2012-07-20 04:51:31
お疲れ様でした♪

えっー!?
帰ってから走ったの?
ヘムタイじゃん。

僕はまだ筋肉痛が残ってますが、やっと人並み以下くらいの歩き方が出来るようになりましたw
Unknown (Fuomi)
2012-07-20 06:32:10
素敵な写真集~(*´∀`*)
特に花と青空がなんともきれいですね

山にもマラソンにもハマったら、トレランも(笑)

目指すは…UTMFですね?
トレランシューズをぽち…( ̄▽ ̄)b

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事