濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

EV急速充電器番付!?

2018-07-20 19:10:00 | 電気自動車
自身アイミーブMで県内各地へ出向き、急速充電器の特性が大体わかってきました。充電の速さは電流に比例します。
そこでEV充電器を大相撲の番付に例えました(所詮お遊びですのであまり真に受けないでください)。
横綱  125A
 ハセテック50kW、東光高岳50kW、JFE50kW
大関  100A~124A
 日産44kW(他社の40kW機種も同等と思われる)
関脇 75A~99A
 ニチコン以外の30kW機種(新電元、東光高岳)
小結 60A~74A
 ニチコン30kW、東光高岳25kW、JFE50kW[電池非稼動状態]
前頭筆頭 50A台
 各メーカー20kW(ニチコン以外)
前頭中位 40A台
 ニチコンの20kW(表題の画像がそれ)
前頭下位
 6kW普通充電器(リーフtoホーム等)
十両   3kW普通充電器
(車載用200V充電器では一般的)
[小売店・ショッピングモールの複数並列もこの系統が多い]
序の口~幕
 100V普通充電器(1kW)

…この例えだと、日産は大関級、三菱は関脇~小結、岐阜県の道の駅は大概前頭クラスといえます。
電気屋目線だと横綱は高圧受電必須なのですぐ判っちゃいますが。

JFEの充電池内蔵機種は普段「横綱」でも電池が切れると「小結」になってしまいます。そこが注意点!
道の駅飛騨金山で充電したら電流値67A、充電池が動いてないと推測。
日産の充電器は相手によって等級が変わります…リーフ相手は110A「大関」でもアイミーブM相手は125A「横綱」に!!(爆)
その意味では次の場所で優勝すれば横綱になる大関かもしれませんww
ニチコンの充電器は400Vでなく500Vでの電力値を表記するためか電流が8割しか流れません…EV充電系アプリの口コミで遅いと陰口叩かれるのもその事情を知らない方が多いからでしょう。

普通充電は遅いもの、経路充電ではあまり使いません。目的地充電であれば積極的に使いますが…ショッピングモールなど小売店に限られます。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« ムーンライトながら号東京行... | トップ | ハンバーガーといえばマクド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電気自動車」カテゴリの最新記事