濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

e-POWERなら売れそうなクルマ!

2018-07-28 14:44:06 | 乗り物・旅行・グルメ
先日E26セレナの代車で乗ったノートe-POWERの率直な感想は「売れて当然!」。
原因はエコカーにありがちな盲点を突いたこと…100%EVであるリーフやi-MiEVにひけを取らないスタートダッシュ、電力回生のアドバンテージでもあるワンペダルドライブなどが評価されているので間違いあるまい。
ただ既にアイミーブがある我が家はすぐ買うほどの車ではなく、セレナの代替候補にはなっても数年後の事情が判らず保留中です。

日産のe-POWER技術は現在ノートとセレナに搭載されていますが、他の日産車にも搭載されればいいと思います。
5ナンバー限定で数車種ピックアップ。

1.キューブ
言わずと知れた日産の定番5ナンバーサイズ5人乗りミニバン。モデル末期で次期モデルの噂もあります。
当然モデルチェンジするならe-POWER対応は目に見えています!
以前キューブe-4WDに乗ったとき、動力性能に不満は感じず、扱いやすいサイズで荷物もそこそこ積めたので文句はありません。
キューブキュービック(7人乗り)がe-POWERで出てくるなら、トヨタ・シエンタやホンダ・フリードの激戦区に突っ込むこと間違いなし!問題は寸法を長くしないと7人乗りでは快適性に難有りでしょうか?以前のモデルもそれが元で短期間で発売中止になりましたし。
燃費と動力性能がモノを言うサイズのため、セレナに同じく電池容量と搭載場所に一工夫必要と考えられます。
当然ノートe-POWERに同じく4WDモデルも設定されるでしょう。

2.ウィングロード
今年生産中止になったモデルですが、5ナンバーサイズのステーションワゴンとして貴重なので復活させて欲しいです。
これもe-POWERを設定すればノートに同じく売れるのではないでしょうか?
立体駐車場に入る多目的車としてのニーズは高いと思います。
問題は電池搭載スペースや車重・バランス…色々ありますがノートよりは何とかしやすいのではないでしょうか?

3.ラティオ
今や不人気のセダンタイプで日本では発売中止ですが…3BOXゆえ万一の事故時に乗員を守ってくれる性能は高いです!
5ナンバーサイズのセダンにエコカーが設定されていないというのはなぜですか!?
以前レンタカーで乗ったとき、動力性能に若干不満を感じた割に音や振動が大きく、800km走ったら疲れました(爆)…だめだこりゃ!
作り込みが甘いかもしれないが、逆によく1.2Lのエンジンでこれだけ重たい車両を動かしたもんだと思った。
サイズが5ナンバー枠で立体駐車に入るから素性はいいですが、これにe-POWERがついたら話題になりそうです。むしろこれでセダンの新たな魅力を発信して欲しい!!
トランクルームなど電池搭載スペースに余裕があるので何とかしやすいと思います。
問題は価格設定…各種部品が安くなってからでしょうか?(今作ると多分200万超)

番外編:パイクカー各種(Be-1,PAO,エスカルゴ...など)
80年代の日産が出した数々のパイクカー(個性的なクルマ)、いずれも台数限定あるいは期間限定ながらデザイン性の優れた車種ばかりでした!
今の日産に欠けているのは、そういうクルマを出す勇気…逆に今e-POWERで出せば話題になり買う人も少なくないと思います。
[Be-1 e-POWER]として現代の技術で復刻させれば大人気でしょう!
ただ商用車(バン)のエスカルゴは耐久性の問題でe-POWERにはならないかもしれませんがw
…そのうち光岡自動車がビュートを[NOTE e-POWER]ベースで作ってきそうです(爆)

恐ろしく夢物語を語ってしまった…キューブ以外は実現性に難有りですが、今の日本車に足りないモノを語ることは決して悪くはないでしょう。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« EV充電ガンの操作方法 | トップ | 地元の自治会の夏祭り。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乗り物・旅行・グルメ」カテゴリの最新記事