濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

おもちゃ病院でミニ四駆を!?

2018-09-30 20:02:04 | おもちゃ病院
少年時代はプラモデル製作が趣味だった自分の発想です。
この際、プラモデルやミニ四駆の製作講座でも実施してはどうだろうか!?と思いました。

昨今の日本は技術離れがひどく、将来の技術立国としての構図が危ぶまれている気がします。
実際、ミニ四駆やプラモデルを作って遊ぶ男子小学生は珍しくなってきましたし。
そのためか昔ほどプラモデルが玩具店に並んでいません。ミニ四駆は何とか並んでいるものの昔ほど品数ありませんし。
背景にゲームの隆盛があるのは判っています…しかしその代償として子供の視力低下が問題化しているのは明白!!(爆)

かくなる上は自分もプラモデルやミニ四駆の世界に足を突っ込み、おもちゃ病院が暇なときに組立講座を平行して行うことも考えるようになりました。
ミニ四駆ならばパーツの組み換えで色々カスタマイズできますし、所詮「おもちゃ」に属するので活動上も問題なしと判断。
単三型乾電池2本で動き、価格も千円前後、パーツも抱負で格安、おもちゃドクターにとって有用な部品も数知れず。
そうくればミニ四駆を常備するおもちゃ病院があってもおかしくはありません。ついでに市民講座にしてもイケそうです…おもちゃ病院とコラボさせれば更にパワー増幅w

問題はサーキットコースの価格と置き場。安くても1万円、保管場所も結構取ります。
ただ、提案しようにも実物がないと説得力ないのがこの世界の常。悩みどころです。

問題はラップタイムの測定…しかしこれも自宅にあるMSX2パソコンで簡単なハードを作成してミニ四駆のコースに取付ければ測定可能です。手元にある使わないジョイパッドを分解してそこから端子を取り出せば何とかなりそうです。
MSXマガジンが手元にあるので測定ソフトも打ち込み可能。これで一気にパソコン教室も実施できるか?
ジャンル:
ビジネススキル
コメント   この記事についてブログを書く
« プラレールひろば美濃白川(案) | トップ | 萩原おもちゃ病院参加表明201810 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おもちゃ病院」カテゴリの最新記事