濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

小さな旅館にEV充電設備をつけるなら。

2018-09-22 14:50:00 | 乗り物・旅行・グルメ
自身昭和情緒を好む旅人、低圧受電の旅館・民宿に泊まる機会が多いですが、生憎大半は充電設備がついていません。あっても充電コンセント1つ。設備的に一般住宅に毛が生えた程度です。
これでは電気自動車が複数台来ても、引込幹線の容量が小さく経営体力も少ないため対応は難しいです。
そこで、1晩で2台まで充電できるEVコンセント充電回路を設計しました。
想定条件は低圧受電10kW前後、ピーク時の容量余裕4kW以上、電灯回線は100/200V、玄関前の駐車スペースは2台以上。
※画像は充電回路の概略図(電気工事士向け)前者が自宅、後者がそれをベースにした本題の2台切替型です。

問題は料金設定。電力会社との契約は大概1kWh=30円、宿の経営面から利用料金は1時間125円が妥当。充電コンセントにタイマー設置なら時間制にする他ありません。
電力会社により昼間が高くて深夜が格安なプランもありますので、それと併用して早期に工事費回収することも考えるべきでしょう。
車種別にアイミーブMは10.5kWhで4時間500円、リーフ初期型24kWhは8時間1000円、後期型30kWhは10時間1250円…など。テスラ等55kWh以上なら一泊占有2000円が妥当
充電前に残量を確認して逆算すれば3kWhごとに端数切り上げ…自分ならこの方法で勧めます。残量が半分以上あればアイミーブMは2時間、リーフ初期型は4時間、リーフ後期型は5時間になります。
大抵の宿はチェックイン16時~チェックアウト翌10時で18時間。駐車スペースが2台分あれば電磁接触器2台で充電コンセントを切替えれば2台とも充電できます(ただし1台8時間まで)。
※パナソニックの市販品11時間タイマーは「時間になれば切」「時間になれば入」があるので2回路を切り替えられます。ただし電磁接触器の制御コイル定格は100V必須。

問題は経営者の年齢…高齢だと何事にも慎重、工事費5万円以下でもいい返事は来ません。経営が苦しく費用が出しづらい事情があるでしょう(電気工事士の常連が格安工事するなら話は別だが)。
ただ常連として頻繁に利用すれば可能性もあります。EV仲間を複数連れて話をすれば動きやすいですが、同時に充電器争奪戦も起きるでしょう(爆)
成功すれば宿は充電インフラの付加価値で利用率も上がり、多少値上げしても利用者は離れないでしょう。宿泊客もチェックインすると大概チェックアウトまで車に乗らず、時間を有効に使えます…それだけ旅館とEV充電は相性イイですね。

過去泊まった旅館に付ける事も夢見ていますが、EVコンセントのみならず充電ケーブルも要手配です。ヤフオク売価1万2千円前後の中古品で充分でしょう。
EV系SNSに情報が載れば利用客は増え、宿の経営にも貢献するはずです。じゃらん等予約サイトにも記入すれば宿泊客の注目を得やすく口コミ評価も上向くはずです。
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
« プラレール旧型動力ユニット... | トップ | 災害時に車から電源供給 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乗り物・旅行・グルメ」カテゴリの最新記事