濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

パソピアIQ(HX-20)を分解!

2016-12-31 14:56:56 | 電子・IT
当ブログにおいて時折「IQでポエム」関連のヒットが見られるので、我が家のMSX・パソピアIQ(HX-20)を分解してみました。
まずは分解前の画像、上面と後部のみ。左右は写していません(爆)

とりあえずネジで簡単に開きました。開けるとこんな感じです。

続いて各部分を撮影。まずは電源関係です。

電源はAC100Vからスイッチを経て電源トランスで変圧、電源基板で直流へ変換してからメイン基板へ。
なぜか電源基板に、HX-20のオプションであるRS-232C端子や基板をつけるための穴が開いていました。おそらくRS-232C基板を買ったところで恐怖の半田付けが待っているので取り付けは簡単ではなさそうです。

メイン基板。ROMは東芝製であろうと推測されるも、CPUはSHARP製のZ80A…なぜだろう!?
RAMやロジックICなど小さなICもなぜか日立製が使ってありました…半導体の東芝かと思いきや、期待を裏切られた感じです(爆)

スロット1部分のアップ。小さなリミットスイッチは電源が入っているときにスロットにあるカセットを抜き差しするとリセットが掛かるようになっています。いわゆる保護装置ですね。
こ゜パソコンにはリセットスイッチはないので、リセットしたければスロット1に何も挿さずにこのスイッチを押せば使えそうです。

こちらは映像・音声出力部。スカスカな基板ですが、RGB21端子がないこの機種では使っていないだけかもしれません。
特筆すべきはPSGステレオ出力切替スイッチがあるくらいでしょうか?
今となっては使い道のないRFモジュレーターが乗っています。

ざっとこんな感じです。撮影が終わった直後、早速元に戻しました(笑)

ちなみにこのHX-20のROMに入っているワープロソフト「漢字君」の通信機能ですが、RS-232C機能を内蔵していないと使えないようです。試しにアスキー製MSX-SERIAL232を挿しても「通信機能:できません」と出ただけですので外付けには対応していないことが判りました。
「漢字君」を単体で持っているユーザー様のレポートが欲しいですが…RS-232C内蔵機種じゃないとダメでしょうね(例:東芝HX-22/23F,ビクターHC-90/95,ヤマハYIS805,三菱ML-G30など)。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オフグリッドソーラー発電量2... | トップ | クルマDEチャージャー-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電子・IT」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事