濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

e-POWER車の賢い乗り方(試乗で感じた編)。

2018-07-01 18:18:28 | 乗り物・旅行・グルメ
車検からC26セレナが戻り、2日間に及ぶノートe-POWER代車生活も終わりましたが…気になったことを幾つか挙げます。


1.加減速に合ったアクセルワークを
ノートとセレナにあるe-POWERですが、所詮はハイブリッド車なので燃費の攻略が鍵です。
※電気自動車と同じ特性なのでアイミーブに乗り慣れた自分にはおよそ見当が付きましたが。
瞬間燃費計を表示させていると特によく判ります。
エンジンが掛かると燃費数値が低下、電池だけで走らせていると数値は上昇します。
流れに乗っているときはどうしようもありませんが、周りが自車一台だけの場合は燃費稼ぎができます。
エンジンが掛かっているうちに加速し、あとは惰性で走る「電車でGo!」方式の加減速が効果ありました。
これで平均燃費表示が20→23km/l...15%ほど違ってきました。
減速も急にアクセルペダルを離さず徐々に緩める操作に慣れていれば効率的にバッテリーへ回生充電して走行距離を伸ばせます。
アクセルワークは電気自動車に乗り慣れている人ならすぐ慣れます。
燃費は国道一本道での燃費表示(30.4km/l)が最高...そういうルートをよく使う場合はe-POWERの恩恵を存分に受けられます。
電気自動車だと充電を気にしなければなりませんが、それが億劫ならばEV→e-POWER買替えの余地が出ます...あとは財布との相談(爆)

2.シートアレンジは貧弱
最近のミニバンや軽トールワゴンはシートの前後スライド・リクライニングなどのシートアレンジが付き替えますが、ノートe-POWERにはありません!
もっとも立体駐車に入るコンパクトカーだから頭上空間が狭いし、後部荷室に出っ張りのあるアクアよりはマシですが。
子育てママさんは駐車場事情が良ければ、あえてマーチやノートを選ばないとみました。逆に事故に遭ったり安全性を気にしたりで軽自動車を敬遠すれば選ぶ場合もあるようですが。

3.ノーマルエンジン車との価格差
ノートだと本体価格は約50万円違いますが、装備や優遇税制等の絡みで差額は35万円程度。
ただガソリン代の差額を埋めようとすると10万キロ以上走らないと元が取れない計算。「車は乗れればいい」方にはオススメできません。
13年で乗り潰すつもりなら、年間1万キロが判断の分かれ目になります。
自身は電気自動車i-MiEVでモーターの低速トルクに魅力を感じたので選択肢としてはアリでも、経費的にi-MiEVからの買替えはしません。
逆にセレナの代替なら考えなくもないですが、走行距離が短いので微妙ですね。

4.トライバビリティ(運転性能)
普通のガソリン車だとアクセルとブレーキの操作が煩わしく感じますが、電気自動車だとアクセルを緩めれば回生ブレーキになるのでブレーキを踏む機会は少ないです。
ノートe-POWERも電気自動車と大差ない運転性能・感覚。パワートレインがリーフの転用だから大体あってます。
惜しむらくはクルーズコントロールの設定がないこと。それがあれば信号の少ない郊外一本道や高速道路の走行には助かるのですが。

5.装備・ミラー・ナビなど
今回代車として試乗したノートe-POWERにはアラウンドビューモニターが装備されていました。
自身後退時はあまりナビを見ませんが(ミラーや目視で確認する派)でも接近警報とかバックモニターは比較的見やすかったです。
自動ブレーキは試していませんのであしからず。

燃費稼ぎや経済性より、発進加速重視・ワンペダルドライブ・電動車の魅力を味わいたい…といった目的のあるの人でないと旨みは無いでしょう。
あと片道30km以上の通勤に使う人にも魅力的。年間2万キロ走るなら運転が楽なうえ6~7年で元が取れます。
電気自動車には興味があっても、賃貸や共有マンションなどに住んでいて充電設備が自宅に付けられない方には向くと思います。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Instagramの便利な使い方。 | トップ | ハッシュタグの使い方など(SN... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乗り物・旅行・グルメ」カテゴリの最新記事