濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

ロバのパン屋@美濃加茂市・里山公園

2018-06-10 11:30:02 | 乗り物・旅行・グルメ
本日は美濃加茂市の里山公園へ出かけました。旧名は日本昭和村
昭和ノスタルジーを追い求める自分のオアシスです。

今回ここを訪れたのは、昔懐かしい蒸しパンを買うため。
若い人は知らないと思いますが、昭和中期~末期に軽1BOXに蒸しパンを載せた移動販売車が日本各地を回っていました。
己の小学生時代、ロバのパン屋を見かけたら買いに走ったものです(笑)
この蒸しパンはふわふわで柔らかく、お菓子感覚で食べられていました…戦後の食糧難の時代、子供にビタミンの豊富な蒸しパンを食べさせようと、岐阜県出身の饅頭職人がこの蒸しパンを開発、京都を中心に全国フランチャイズチェーン店を展開!最盛期には加盟者が150店もあったそうです。
…しかし時代の趨勢でパン屋が乱立、各地の経営者も高齢化などで廃業…ロバのパン屋は減少、現存店舗は本部を含めて今や5件に。絶滅危惧種です!(爆)
とはいえ岐阜や京都は生き残り、こうして日本昭和村時代から今に至るまで「昭和の名アイテム」としてここ美濃加茂市のぎふ清流里山公園で売られています。

営業しているのは土日祝限定と思われます。
ただ悪天候や他のイベントと重なるなどして臨時休業する場合もありますので「ロバのパン岐阜」で検索してからお求め下さい。

己の買ってきた蒸しパンとCDの証拠写真はこちら。

…己の直勘で選んだのに、店員いわく売れ筋ばかり買ってしまった(爆)
早速食べたところ、昔と変わらぬあのフワフワ感がたまりませんでした(笑)口の中でとろける食感もグーです。
さらに無添加で栄養豊富というビタミンパンらしさも損なっていませんから、これはマイフェイバリット!

ビタミンパン連鎖店本部に登録されているロバのパン屋は現在、岐阜・京都・徳島・高知の4府県のみ。
以前は福岡などにもあったそうですが後継者難で廃業になったとか。
岐阜県の店舗は移動販売で愛知・三重にも出向いていますが、焼き立てが食べられるのは岐阜市と美濃加茂市だけ。
移動販売の圏内は拠点から車で一時間なので致し方ないでしょう。現状だと東濃と飛騨はどうしようもありません…欲しいなら休日に美濃加茂の里山公園でどうぞ。
その里山公園も昭和村時代は移動販売車が来たらしいですが名称変更とともに入れなくなったとか。許可の取り直しになったそうです。
ジャンル:
パン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チタンニオブ酸リチウムイオ... | トップ | 1990年・急行のりくら3号の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乗り物・旅行・グルメ」カテゴリの最新記事