濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

電気自動車の電費稼ぎ:最適速度は!?

2018-05-09 20:51:30 | 電気自動車
アイミーブ乗りになって早3ヶ月。
電費(ガソリン車でいう燃費)稼ぎは航続距離稼ぎでもありますから一充電航続距離の短いアイミーブM乗りの多くはエコ運転に躍起になっています。

以下は過去の内容と重ならない事項です。

1.Ecoレンジの活用
平坦な道路ならDモードでなくとも加速力は十分。Ecoレンジにすれば使用電力は相当抑えられます。
前にガソリン車がいるなら、それがハイパワー車でもない限りEcoレンジのほうがブレーキを踏むことも少なく疲れにくいです。それくらいの加速。
もちろん信号待ちから青になったとき、自分が先頭であればDレンジだと大概後続車は引き離されます(スポーツ車ならすぐ追いついてくるが)。
減速もDよりEcoのほうが効きます。回生電力がメーターに出るので乗ればわかりますが針の振れ方がEcoのほうが充電量が大きいです。
最も回生が強いのはB(ブレーキ)モードですが、急な下り坂でもない限り使うことは珍しいですね。

2.速度と電力消費との関連
電気自動車は高速道路を走ると電費が著しく悪化すると聞いています。
日産リーフでさえ100km/hで航続距離半減するといわれ、アイミーブMなら半分として50km...これではSA各駅停車ですね(爆)
ETCがついていても高速は走りたくないです。まだ途中に道の駅がある一般国道のほうが安心。
件の最適走行速度は70km/hまでなら大して悪化しません。
春に自宅からイオンモール大垣まで72km/hで走ったら50km地点で満充電から半減、電費は約10km/kWhです。
電気自動車はガソリン車と違ってアイドリングがないため停止時の電費悪化はありません。
ただ勾配や標高の高低で電費や航続距離は変わりますのでお気をつけください…EV中級者以上は充電残量や電費から高度を逆算する者も居ますので。
※高地で充電して電費を稼ぐ輩がここにも1名!(自爆)

ざっとこんなところ。
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« 化学電池各種の特性・まとめ。 | トップ | EV乗りが使うスマホアプリ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電気自動車」カテゴリの最新記事