濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

正弦波インバーター修理(DC12V→AC100V/60Hz/1000W)

2015-10-18 07:52:32 | 電気・化学
先日壊れたインバーターを修理しました。
前回「関おもちゃ病院」で切れたヒューズを抜いたので今回ヤフオクで入手した新しいヒューズを入れただけですが…元々付いていた場所が奥まっていたため挿入に少し難儀しました。だからヒューズ交換といっても修理に近いです。


中国製の正弦波インバーターは壊れやすいという噂を巷で目にしますが…ヒューズの存在に気付いてないだけでしょうか。実にもったいない。
ヒューズを交換して12Vバッテリーに接続。極性を間違えずに接続したところ無事電源が入りました。
負荷として300W電源のWinXPタワーPCを起動させたらインバーターのファンが勢いよく回り、問題なく動作することを確認。10分程度ですが何とか使えました。
ひとまずアマチュア無線などの100Vポータブル電源は確保できました。
ただ待機電力が1A近くあり独立型ソーラー発電には使いづらく、普段は150W矩形波インバーターと併用、使い分けていくのが賢明といえます。

今後独立型ソーラー発電ワークショップを開催するときの備忘録です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 関おもちゃ病院と刃物まつり | トップ | 美濃加茂おもちゃ病院とソー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

電気・化学」カテゴリの最新記事