goo

「休眠抵当」をご存じですか?

不動産に関する登記で「休眠抵当」というものがあります。
明治時代に登記されたような古い抵当権で、「債権額 金150円」などと現在の貨幣価値では考えられないような金額が登記されています。
現在の所有者より遙か以前の所有者が設定したものです。
自分の土地に休眠抵当が付いていても全く認識していない人がほとんどで、相続登記などの際に指摘すると、「初めて知った」と多くの人が言われます。

この休眠抵当は、売却するとか借金の担保にするような場合に、買い主や銀行などから「抹消してくれ」と言われる可能性があります。
また、自分が買い主の場合は先々のことを考えると、売り主に抹消してもらうべきです。通常の売買契約書では売り主に抹消義務を定めています。

抹消の方法は、通常の抵当権抹消とは全く別物で、数種類の方法があります。その中からケースに応じて最適な方法を選択します。
具体的方法を記載すると非常に長文になるので省略しますが、どの方法にしても素人では難しいので司法書士に依頼することになります。
抹消に要する期間も、通常の抹消に比べると長くかかりますので、依頼する場合は早めに依頼すべきです。費用も通常の抹消より多くかかります。

「訳の分からない登記が付いている」という方は休眠抵当かもしれませんので、相談されたら良いと思います。

当事務所は、いつでも相談無料です。

********************************
 相続に関するご相談は、お気軽にどうぞ
  困難な相続でもあきらめずに!!
  司法書士・行政書士 平 瀬 清 文
  宮崎県都城市久保原町9-3-20
  TEL 0986-22-5708
 
平瀬司法書士・行政書士事務所http://hirase.biz/index.html
********************************

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 建物は無くて... 相続放棄につ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。