枚岡ネイチャークラブのブログ

ブログでは、日々の活動を皆さんにお伝えしています。イベントスケジュールなどクラブの概要などはホームページをご覧ください。

2019年6月16日(日)「生駒草花ハイク」

2019-06-23 | 日記
初夏に咲く花を中心に観察し「ぬかた園地」アジサイ園を目指してのハイキングを楽しみました


1. 日程
2019年6月16日(日)午前9時30分~16時 

2. 開催場所
枚岡公園管理事務所前~双子塚~ぬかた園地~枚岡公園管理事務所前

3. 参加者
28人(大人15人,小学生3人,5歳児1人,公園事務所職員1人,スタッフ8人)

4. 経過
9:30 会長あいさつとスタッフ紹介、今日の流れの説明と安全面についての話をしました

9:40 体操


9:43 公園事務所横から登り始めました。登ってすぐの分岐でニホンリスの姿を一瞬垣間見ました。中展望までの間でムラサキシキブ(花)、ヒマラヤスギ(球果)ハナニガナ、コナスビなどを観察。中展望では色づいた果実をつけたヤマモモや大きなエノキの樹皮を観察。東大阪市や大阪市内の展望も楽しみました。ゆっくりのペースで進みポイントを絞っての説明をしました。

ムラサキシキブ


エノキ


10:40 双子塚手前の丘でお茶休憩をとりました。コマユミ、ハナイカダやオカタツナミソウ、クララ、クマノミズキなどを観察。昨年あった大きなネムノキは昨年の台風で倒れて伐採されてました。たくさんあったクヌギやアベマキも伐採されやけに空が広く感じました。
双子塚からは、木陰となり歩くのも少し楽になりまたが、道が狭く立ち止まっての観察は難しくなりまた。また、アジサイ祭りの開催日とあってたくさんの登山客が前から後ろからこられましたが、前方や後方の指示によりスムーズに避けることができました。テイカカズラ、オカトラノオ、ナルコユリ、ハエドクソウ、アワブキ、ムラサキニガナ、ツルアリドオシ、ドクダミ、イヌツゲ(花)などを観察しました。



クマノミズキ


ハエドクソウ


オカトラノオ


ムラサキニガナ


ツルアリドウシ


12:10 予定の昼食場所の「らくらく登山道」に出ました。ササユリ4輪がほとんど色を失った状態で迎えてくれました。トンネルの上の笹やぶの中には下見時にきれいに咲いていたササユリも枯れかけていて残念でした。ハコネウツギやイワガラミはちょうど盛りでした。



ナルコユリ


イワガラミ


12:35 少し忙しかったのですが「ぬかた園地」へむけて出発しました。心地よい風が吹き、園地まで近いこともあり皆さんゆっくりとおしゃべりをしながら進みました。クサイチゴとヤブヘビイチゴの見分けを楽しみながら、アジサイ園に30分ほどで到着。途中ハキダメギク、ヤマゴボウ、ノバラ、ネジキなどを観察しました。

13:10 トイレ休憩の後、アジサイ観察。昨年より一日早いだけだが今年のアジサイの色づきは3割ほどでした。代わりにヤマボウシの白い色がとてもみずみずしかったです。恒例のアジサイクイズをはさみながら、シチダンカのあるキリの広場まで行きました。行きも帰りも階段を使い時間短縮をしました。

ヤマボウシ


アジサイクイズ




14:00 トイレの前まで戻ってきました。ここで参加者一人が生駒山経由で帰られました。
14:55 タタラ山で休憩しました。
15:45 無事公園事務所まで下りてきました。振り返りをし、本日の観察した植物の資料を渡して解散しました。

5. 参加者の感想
・説明がわかりやすくてよかった。
・今まで素通りをしていた植物にこれからは目をとめたい。
・勉強になった。
・ちょうどよいペースでよかった。
・生駒にこんなに花があるなんて思わなかった。
・初めての山歩き、ついていけてよかった。
・写真での資料をもらえてよかった。
・景色がきれかった。花の名も覚えられた。アジサイもきれかった。
・イチゴが美味しかった。
・子どもたちと4人と参加してお世話をおかけしたが子どもたちも楽しんでいた。途中で立ち止まって見るのがよかった。
・声も後ろまで聞こえていた。
・生駒山を再発見した。また来たい。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年5月26日(日)「新緑の... | トップ | 2019年7月20日(土)「セミ羽... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事