枚岡ネイチャークラブのブログ

ブログでは、日々の活動を皆さんにお伝えしています。イベントスケジュールなどクラブの概要などはホームページをご覧ください。

2019年9月7日(土)「東大阪市川中邸屋敷林保全活動」

2019-09-10 | 日記
1. 日程
2019年9月7日(土)午前9時30分~午前12時

2. 開催場所
川中邸屋敷林(東大阪市今米1-4-38)

3.参加者
8人(枚岡ネイチャークラブ4人、今米緑地保全会・屋敷林を守る会様4人)

4.活動の目的
 川中邸及び屋敷林は大和川付替に尽力した中甚兵衛生誕の地で、茅葺きの主屋(しゅおく)を中心に、その周りに江戸時代より存続する屋敷林がひろがっている。林内には落葉樹のムクノキ・エノキ、常緑樹のクロガネモチ・アラカシなどの高木にアキニレ・イスノキ・トベラ・マダケ・クスノキ・ヤブニッケイなどの亜高木、ヤブツバキ・ネズミモチなどの低木、植栽されたウメ・モモ・サクラなどが混合し、これに草本類、キノコ類、コケ・シダ類やそこに生息する小動物、野鳥、昆虫などが加わって、ひとつの生態系を構成している。この市街地のなかに残された貴重な自然を地域の「みどりの歴史遺産」として次世代に引き継ぐことをめざす屋敷林維持保全活動に参画・参加するもの。



5. 経過
9:30 秋雨前線の影響で猛暑も収束に向かっていた折、前日には35度を超える猛暑日となり今朝からも暑くなりそうな気配の中、川中邸当主代行の川中今米緑地保全会代表より開会挨拶と保全活動組織紹介、参加者の自己紹介、本日の保全活動案内と進み、主屋横離れ玄関前で活動前の元気な集合写真撮影となりました。
用意された蚊取り線香を各自携帯し、鎌や回収袋を手にいざ、屋敷林へ。



9:45 作業Ⅰやぶ蚊生息の温床となる竹林床に散乱のタケの皮回収作業に取り掛かりました。
併せて鎌による作業Ⅱササ刈りも進め、蔓に絡まった枯タケも玉切・回収処理しました。



10:30冷えた麦茶で一服の後、10:45から作業Ⅲ枯木の玉切・古竹材の叩き割り、結束作業に汗を流しました。



11:25作業終了 作業成果の結束タケ材、結束枯木材、処理残の古タケ材



11:35 飛田さん〔元枚岡ネイチャークラブ〕から生駒山系植生調査報告を受けました。調査は2000年から生駒山第1阪奈道路を北端に生駒山南端までの東大阪市、八尾市、柏原市及び奈良県側の生駒市、平群町、三郷町の各谷筋及び尾根筋踏破によるもので、草本・木本・ツル系等の在来・帰化・農業・シダ・コケ・キノコ類に分類された総計1005種が確認記録されたもので、当該結果に基づく退転種や希少種及び俳句に詠歌されている草種等も分析されている。

11:48 主屋前で集合写真

11:50 解散

6. ふりかえり
・時節に合った適切な作業内容や作業時間に設定されていた
・開始時間を事前打合わせにより計画より30分早め昼前の終了が良かった
・屋敷林は活動当初から年々きれいに整備されてきており、地道な保全活動の成果がうかがえる
・林床の実生苗等の種名が判明できスタッフと共有しつつ、子ども達にも伝えることによって自然環境の関心を高める活動に繋げたい
・定例活動外の時節にも訪れ、屋敷林の季節の移ろいを楽しみたい
・川中邸企画イベント情報については適宜、個別に提供していきたい               
コメント

2019年8月18日(日)「夏休み工作・竹のクラフト」

2019-08-21 | 日記
1. 日程
2019年8月18日(日)午前9時30分~午前12時

2. 開催場所
枚岡公園管理事務所森の工作室

3. 参加者
11人(大人1人・子ども2人・公園管理事務所職員1人・スタッフ8人)

4. 経過
いつも掲載してただいているイベント情報が東大阪市広報に掲載できなかった事情もあり1家族3人様の参加でした。(別に1人のお申し込みがあったが体調不良により欠席された)。蒸し暑い一日でしたが空調の効いた部屋で快適なイベントになりました。


9:30より受付


竹のプランターの作り方を説明しました


なれないノコギリに悪戦苦闘


だんだんコツをつかんだ!!


竹のプランターと竹の一輪挿しを作成しました。残った時間でスタッフが子どもさんに竹トンボの作り方を指導しました。参加者の方々から 「楽しかった」とコメント頂きました。

12時に終了しました。

スタッフの感想です。
・9歳の女の子があれだけできるのがすごいと思いました
・道具を使うのことにすぐに慣れてきたのでナイフの使い方を教えました
・お父さんの理解がなければあそこまでできないとおもいました
コメント

2019年7月20日(土)「セミ羽化観察会」

2019-07-27 | 日記
梅雨の終盤に差し掛かり天候が心配されましたが、29人の参加者を迎え無事セミ羽化観察会を開催することができました。

1. 日程
2019年7月20日(土)午後18時30分~午後20時40分

2. 開催場所
枚岡公園管理事務所周辺

3. 参加者
40人(大人15人,子ども8人,幼児6人,公園事務所職員1人,スタッフ10人)

4. 経過
 台風接近もあり、天候も心配されたが雨も降らず無事に終了できた。 開始時刻の18時を過ぎても参加者が集まらずやきもきしたが、担当の開始時間が間違えていて、当初からの予定だった18時30分にはほとんど揃って開始できた。
参加者には観察ノートを家族に一冊提供する事にし別途希望者には、購入していただくことにした。おかげで追加の観察ノートの販売は伸びなかったが良心的な対応ができた。
受付で予約確認とともに。参加賞の缶バッジ、組み分け用折り紙、観察ノートを渡すなど多少煩雑になった気がするが、みんなで協力して対応できた。

①会長、公園管理事務所の挨拶とスタッフの自己紹介

②紙芝居は、図書館で借りた年少向けの写真の「セミがおようふくをきがえたら」をスタッフがゆっくりやさしく演じたので子どもたちも集中してくれた。

         
③セミについて学ぼうではスタッフが捕まえてきた生きたセミを渡したり、大きな写真を見せたり、鳴き声も流したりしながらでより理解が深まった。しかし、小さい子はそれぞれ生きたセミに触れたので興奮気味でその後の話に集中できない場面もあった。


④クイズはスタッフ自作の問題で解説を加えながら自在に三択問題にするなどしてアドリブも入り笑いもあって、セミについての理解が深まった。


⑤現場での注意事項                 
子どもさんの安全確保、(目を離さない。走らない。段差に注意など)と防虫対策のお願い。
トイレは保護者やスタッフが付添うなどして1人で行かない。
熱中症対策として給水は各自で十分に留意して適宜行い、体調には十分気を付ける。
観察場所は目の届く場所で、近隣への迷惑(大声、ライト・・・・)に注意する。
 セミの幼虫には触らない。幼虫を踏まない。
 セミが動きを止めるまでは明るくしない。

⑥観察開始
1).参加者を折り紙のセミでアブラゼミ(橙色・上のドングリ広場),クマゼミ(黄色・中のちびっこ広場),ヒグラシ(黄緑色・下の階段周辺)の3グループに分けて幼虫探しをスタートした。
2).幼虫探しは難航が予想されたが、間もなくドングリ広場と階段周辺から幼虫発見の報告を聞きひとまずほっとした。


3).途中で、カマキリやバッタ、カタツムリ、ナナフシなどの昆虫を見つけて盛り上がるグループもあった。
4).しかし、幼虫はなかなか動きを止めず、不注意で落としてしまったこともあって羽化には時間がかかる予感がしたが、間もなく2,3体目発見の情報も聞き、何とか観察が続行できる感じになった。

5).その後、階段の脇の草むらに羽化を終えて翅の伸展を待つ個体を発見してくれた子どもさんがいて、他のグループも観察することができた。



6).その頃、背中を割って羽化を始めている個体も見つかり、みんなで交代しながら観察することができた。


特に、逆さになって脱皮している個体が反転する場面では期せずして歓声が上がり拍手も起こって感動を共有することができた。



7).それぞれの場所へ移動する途中で、発見した子どもさんや、発見したお父さんを誇りに思う子どもさんの気持ちも聞けて、それぞれ貴重な経験になったと実感できた。
8).いくつかの個体で羽化の流れを観察できたので、予定より少し早めて集合場所に戻って振り返りができたので、ほぼ全員の感想を聞けた。


9).蒸し暑い中での観察で転ぶ子どもさんもいたが保護者の方が給水も含めてきちんと掌握していただいたので事故なく終了できたのは何よりだった。
結果的には7個体も発見できた。

5. 参加者から頂いたのご感想
・楽しかった。(何人もの子どもから上がった)
・セミは家の前でも見られるが、羽化しているのを全部見られてよかった。家でも観察したい。
・セミががんばって羽化しているのを見たのでこれからはあまり捕まえないようにしたい。
・ダンゴムシやバッタやカマキリなど他の虫も見られてよかった。
・また来たい。(2名)
・羽化はテレビや映像などで見ていたが、リアルタイムで見たのは初めてだったのでとても感動した。
・子どものころ観て翅の色の美しさに感動したので子どもにも見せたいと思って参加したが、共感できて良かった。びっくりするほどきれいだった。
・人生で初めて、しかも近く(目の前)で見られて最高によかった。
・街中で見られるセミの羽化が見られて良かった。
・抜け殻はよく見かけていたが、枚岡ネイチャークラブのHPで美しい緑色の翅を見て惹かれて来たが、本当にあのままの色で感動しました。
・孫2人と息子の4人で参加した。本当に観られるのか?不安もあったが、観ることができてとてもよかった。ただ忍耐力が必要だということもわかった。
・昨年も参加したのですが、やはりとてもよかった。
・5年前にも来たので、知人も誘って案内してきたが、やはり最後の反転するところは感動しました。ありがとうございました。
・セミの力強さに感動しました。
・家族だけで観るより、こうやって大勢の人たちと一緒に観るのはより感動できてとても良かった。またぜひ参加したい。

6. スタッフのふりかえり
・今までになく和やかでとてもいい雰囲気だった。「来年も来たい」や「去年も来た」の声に元気を貰えた。
・集合時間になっても殆ど集まらず焦った。2組の欠席があったが、飛び入りの参加もあってほぼ予定通りできて良かった。時程的には今日の流れでよかった。ただ駐車場の手続きが煩雑で手間取ったのはこれからの課題となった。
・出てきてくれたセミの幼虫にまずは感謝したい。みんなで協力できたのも何よりだった。
。まずは事故なく怪我なく終了できたのは何より。全体的に落ち着いていて家庭的な雰囲気で40人が一つになって活動できたのは素晴らしかった。
・HPの案内や広報でも18時30分開始になっていたので、全体的には今日の流れで良かった、幼虫の出現時間を考えてもベストな設定だと思う。
・とりあえず4匹も発見できたので、肩の荷が下りた。「セミを学ぼう」で生きたセミを先に渡したのは失敗だった。子どもたちはそちらに夢中になってしまい、鳴き声で話も聞き取りにくくなってしまったので反省したい。
・最初に幼虫を発見できて盛り上がったが、明かりで照らしてはいけないことを再度注意されると、以後は子どもさん同士で窘め合ったりして考えながら動いてくれていて一体感が出たのは良かった。参加された親御さんなど保護者の方も熱心でしかも絶えず子どもさんに目を向けて貰えたのもとても良かった。
・最後まで幼虫が見つからなかったチームもあり、探す場所の設定に課題が残った。脱皮の最終場面の反転のタイミングをたくさんの参加者の方とともに共有できた感動は何よりだった。

コメント

2019年6月16日(日)「生駒草花ハイク」

2019-06-23 | 日記
初夏に咲く花を中心に観察し「ぬかた園地」アジサイ園を目指してのハイキングを楽しみました


1. 日程
2019年6月16日(日)午前9時30分~16時 

2. 開催場所
枚岡公園管理事務所前~双子塚~ぬかた園地~枚岡公園管理事務所前

3. 参加者
28人(大人15人,小学生3人,5歳児1人,公園事務所職員1人,スタッフ8人)

4. 経過
9:30 会長あいさつとスタッフ紹介、今日の流れの説明と安全面についての話をしました

9:40 体操


9:43 公園事務所横から登り始めました。登ってすぐの分岐でニホンリスの姿を一瞬垣間見ました。中展望までの間でムラサキシキブ(花)、ヒマラヤスギ(球果)ハナニガナ、コナスビなどを観察。中展望では色づいた果実をつけたヤマモモや大きなエノキの樹皮を観察。東大阪市や大阪市内の展望も楽しみました。ゆっくりのペースで進みポイントを絞っての説明をしました。

ムラサキシキブ


エノキ


10:40 双子塚手前の丘でお茶休憩をとりました。コマユミ、ハナイカダやオカタツナミソウ、クララ、クマノミズキなどを観察。昨年あった大きなネムノキは昨年の台風で倒れて伐採されてました。たくさんあったクヌギやアベマキも伐採されやけに空が広く感じました。
双子塚からは、木陰となり歩くのも少し楽になりまたが、道が狭く立ち止まっての観察は難しくなりまた。また、アジサイ祭りの開催日とあってたくさんの登山客が前から後ろからこられましたが、前方や後方の指示によりスムーズに避けることができました。テイカカズラ、オカトラノオ、ナルコユリ、ハエドクソウ、アワブキ、ムラサキニガナ、ツルアリドオシ、ドクダミ、イヌツゲ(花)などを観察しました。



クマノミズキ


ハエドクソウ


オカトラノオ


ムラサキニガナ


ツルアリドウシ


12:10 予定の昼食場所の「らくらく登山道」に出ました。ササユリ4輪がほとんど色を失った状態で迎えてくれました。トンネルの上の笹やぶの中には下見時にきれいに咲いていたササユリも枯れかけていて残念でした。ハコネウツギやイワガラミはちょうど盛りでした。



ナルコユリ


イワガラミ


12:35 少し忙しかったのですが「ぬかた園地」へむけて出発しました。心地よい風が吹き、園地まで近いこともあり皆さんゆっくりとおしゃべりをしながら進みました。クサイチゴとヤブヘビイチゴの見分けを楽しみながら、アジサイ園に30分ほどで到着。途中ハキダメギク、ヤマゴボウ、ノバラ、ネジキなどを観察しました。

13:10 トイレ休憩の後、アジサイ観察。昨年より一日早いだけだが今年のアジサイの色づきは3割ほどでした。代わりにヤマボウシの白い色がとてもみずみずしかったです。恒例のアジサイクイズをはさみながら、シチダンカのあるキリの広場まで行きました。行きも帰りも階段を使い時間短縮をしました。

ヤマボウシ


アジサイクイズ




14:00 トイレの前まで戻ってきました。ここで参加者一人が生駒山経由で帰られました。
14:55 タタラ山で休憩しました。
15:45 無事公園事務所まで下りてきました。振り返りをし、本日の観察した植物の資料を渡して解散しました。

5. 参加者の感想
・説明がわかりやすくてよかった。
・今まで素通りをしていた植物にこれからは目をとめたい。
・勉強になった。
・ちょうどよいペースでよかった。
・生駒にこんなに花があるなんて思わなかった。
・初めての山歩き、ついていけてよかった。
・写真での資料をもらえてよかった。
・景色がきれかった。花の名も覚えられた。アジサイもきれかった。
・イチゴが美味しかった。
・子どもたちと4人と参加してお世話をおかけしたが子どもたちも楽しんでいた。途中で立ち止まって見るのがよかった。
・声も後ろまで聞こえていた。
・生駒山を再発見した。また来たい。

6. スタッフの振り返り
[よかったところ]
・思った以上に列が延びずによかった。疲れた頃に花の説明があってよかった。
・後ろの方だったので参加しやすかった。たくさんの方が通られたけど参加者がすんなりと避けてくれた。うまくいった。
・参加者に恵まれた。みんな元気であった。コンパクトにまとまっていた。時間もちょうどよかった。
・暑くなく登りやすかった。コースもよかった。
・昨年の反省をもとに「ウォーク」から「ハイク」に変えてよかった。
・電話を受けたときにきちんと8km歩けるか、中級ハイキングだと確認をしておいたのがよかった。
[改善すべきところ]
・これ以上人数が増えたときの対応。班を2つにするか。
・子どもたちを前にすればもっとスムーズだった。
・ちょっと列が長くなった時の工夫も必要。
・どう頑張っても15時に帰ってくることは無理なので、時間を9:30~16:00と初めから設定しておく。
[その他]
・参加者のほとんどの方が市政だよりを見ての参加者であった。
 
コメント

2019年5月26日(日)「新緑の山を歩こう」

2019-06-07 | 日記
お天気に恵まれた中で、春の枚岡公園を、草花を中心に観察しながら巡り歩き、自然に親しむことが出来ました

1.日程
  2019年4月26日(日)午前9時30分~午後2時35分

2.開催場所
  枚岡公園

3.参加者
  11名(大人1人 公園事務所職員1人 スタッフ9人)

4.経過
9:00枚岡公園事務所前にてスタッフ集合・準備をしました 

参加いただいた方に枚岡公園MAP・ルートタイム表・野草しおり・昆虫しおり(公園管理事務所より)・生物調査票をお渡ししました


続いて挨拶・ルート説明・注意事項説明・準備体操を行いました
①熱中症対策
・各自水分補給を心掛ける
・体調不良になった場合は、早急にスタッフへ申告。
②蛇・虫対策
・草むらに入らない。
・草花・葉に触れる場合は、毛虫に注意。
・虫よけスプレー使用。
③ケガ対策
・走らない


9:30出発
ウツギの花が開いていました


可憐なオカタツナミソウ


ハナイカダの実


興味のある草木をパチリ


10:20中展望、11:05額田山展望台北を経て額田山展望台に11:20到着 


12:00に桜広場に到着。昼食、休憩をしました。

12:40に出発。豊浦橋から眺めるイロハモミジの新緑に堪能


たくさんのキアシドクガの白くひらひらと舞う姿が美しかったです
    

13:30 枚岡展望台、14:25 椋ケ根橋を経て 14:25管理事務所に戻りました
ふりかえり風景

       
5.参加された方の感想
いつも一人で山歩きして、「これ何だろう?」と思うことが多かった。今日たくさんのことを教えてもらって、頭の中が いっぱいになりました。

6.スタッフ振り返り
・参加者一人で寂しかったが、良い面もあった。
・一人のペースに合わせて、ゆっくり草花が観察できた。
・参加者が、草花に興味を持った方で満足されていた。
・参加者が複数、子供さんが参加されていた場合と今日のように一人のペースに合わせた場合とでは、進め方が違うことがわかった
・毛虫とメマトイに悩まされた
コメント