★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「THE 有頂天ホテル」

2006-01-18 03:38:14 | 映画(さ行)
三谷幸喜が監督・脚本のドタバタコメディ映画。
豪華キャストに目がテン・・状態。
ホテル・アバンティでのカウントダウン・パーティが大変な事にーーーー。
2005年製作のコメディドラマ、136分もの。

あらすじ
年末・年始を祝うカウントダウン・パーティを行う高級ホテル“ホテルアバンティ”。
その準備には余念がないが、宿泊客には訳アリの客がいろいろ・・・
従業員もいろいろ・・・
人生いろいろ・・・
ハプニングだらけの新年前2時間の攻防なのでした・・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
ひらりん的には豪華キャスト過ぎて書き出すのが大変っ。
役名書くのも面倒なので役がらと俳優名で書いときますね。
支配人は、ニンニン伊東四朗・・ニンニンつながりの香取慎吾もベルボーイ役で出演。
この支配人、「パーティ命」のホテルマン・・白塗りのお顔で途中逃げ回ってます。
副支配人の役所広司がまとめ役・・・ホテルの一切がっさい面倒見てます。
でも見栄っ張りなところも・・・
別れた奥さん夫妻が宿泊してくるが、ホテルマンに転職した事を隠して対応。
その旦那が鹿学会?のマン・オブ・ザ・イヤーを受賞・・授賞式をホテルで行うんだけど・・・
ダンナの愛人=娼婦の篠原涼子がロビーでうろちょろしてる・・・。
携帯の待ち受け画面はダンナの振り振りダンス。
厄介者の娼婦はホテルに篭城してる汚職国会議員・佐藤浩市と出会い・・
その元愛人の客室係は松たか子
客室係が部屋掃除してるととある会社の社長の愛人と間違えられ・・・
その息子に手切れ金を差し出される・・・
その社長は津川雅彦だったかなっ。
他にも、死にたがりの大物演歌歌手・西田敏行がオチャメだったり・・・
パーティに出演の芸能プロダクションの社長が1・9分けの唐沢寿明だったり・・・
その所属の歌手がYOUだったり・・・
「踊る~」シリーズで活躍した寺島進だったり・・・
従業員では・・・
役所を補佐するアシスタント・マネージャーがアンパンマン・戸田恵子だし・・・
やけに真面目な筆耕係がオダギリジョー・・っていうのも絶妙だし・・・
川平慈英のウェイター役は、ハイテンションそのままだし・・・
古畑任三郎つながり?でアリキリ石井は探偵役だし・・・
まーーーっ、とにかく各人いろいろエピソードが盛りだくさん。
それが、グルグル回って展開してるから、
ひらりん的にはこれ以上の説明は省略っ。

一つ一つの話はテンポがいいし、笑える。
しかし、年末の切羽詰った状況だとはいっても話を詰め込みすぎぃぃぃぃぃ。
誰か一人をドバッと目立たせてパーティで有頂天気分にさせる・・・
のかと思いきや・・・
ごちゃごちゃいろんなトラブル・ハプニングの中で・・・
一瞬巡ってきた有頂天になるチャンスをモノにした人が、たまたま1人。
仕事を取る為に部屋で待ってろとか芸能プロ社長に言われ・・
歌いたくもない演歌を歌えといわれていた歌手・YOU。
仲間の計らいでカウントダウン手前にジャズを披露・・・
支配人がやるはずだった大役の年末カウントダウンをも発声。
見事、年末年始の有頂天ガールになったのでした・・・って事かな。

途中まではちゃめちゃだったので、どんなラストが待ってるのか期待したけど・・・
思っていたより地味な結末。
でも、この映画の感心するところは
エンドロールが短く、テレビのようにスッキリ終わったところ。
これなら、スッキリした気持ちで家路に帰れます。

ここまでネタバレ注意↑

さすがは三谷幸喜・・・
出演者より目立ってる・・ってどういう事??
 
という事で今回は
きりど・っきりどっきり度・・・
期待しすぎると、それほどでも・・・って気になっちゃうけど・・・
確かに楽しめます・・・笑えます。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (46)   この記事についてブログを書く
« ★「男たちの大和/YAMAT... | トップ | 「四月の雪」 »
最新の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
THE有頂天ホテル (Hiro)
2006-01-21 00:05:30
松たか子と麻生久美子の組み合わせ

麻生久美子はちょっと損な役回りでしたね。
三作中、一番笑えました (でんでん)
2006-01-21 09:55:53
ひらりんさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



ボクは過去の三谷監督作品で一番笑えました。

今までなら映画の利点が活かせなかったけど、今回は場のつなぎ方、演技の掛け合い、そしてテンポが良かったです。笑いも噛み合ってましたしね(^^ゞ
筆耕士になりたい (COO)
2006-01-21 15:45:38
唐沢寿明、オダギリジョーのヘアスタイル。

特殊メイクというべきでしょうか^^

ホテルで働いてみたくなりましたよ。
超盛り♪ (たましょく)
2006-01-22 02:27:21
 TBありがとうございますm(_ _)m



 アレだけの登場人物とエピソード

1度では、堪能しきれないと感じな

がらも、三谷作品の王道を行くよー

な作風に満足♪
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-22 08:50:04
こんにちは♪

なにか残るものがあるかと聞かれればハテナ?ですが、これだけ客席が一体感をもって笑うことが出来る作品は貴重だと思います。

隅々まで演出が行き届いていて目が離せませんでしたね~。

三谷組の役者のチェックにも忙しかったし、一度では把握しきれないかも!?
TBありがとうございます (kaza)
2006-01-22 12:40:28
はじめまして。



反転モード、面白いですね。

見たい人は見るっていう。



フリフリは自分も見たくなりました。

次回作にも勝手に期待です
TB有難う御座います♪ (このみ。)
2006-01-22 12:58:41
いやー、面白かったですね!

ゲラゲラ笑って、すっきり爽快。

私はYOUがお気に入りです。
エンドロール (メビウス)
2006-01-22 13:04:10
こんばんわ♪TB有難うございました♪



三谷作品のエンドロールは確かに短いっ!(笑

自分もエンドロールは最後まで観る方ですが、あんまり長いとちょっとげんなりしてしまう事がありますし、簡潔簡略に終わらせるエンドロールの方がくたびれることも無いですしね~
TBありがとうございます。 (trichoptera)
2006-01-22 17:12:26
確かにちょっと詰め込みすぎかもですね。

お腹いっぱいでした。

TBありがとうございます (ゆかりん)
2006-01-22 18:06:33
こんばんは♪

ホント楽しかったと思える作品ですね。

とにかくあの大勢の役者さんのキャラクターがしっかりしてて驚きました。

きっと何回見ても楽しめますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事