★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ジュリー&ジュリア」

2009-12-16 03:38:04 | 映画(さ行)
<T1130/2009/A215/S099>

今週の平日休みも爆睡し過ぎで、一本のみの鑑賞。
最近活躍が目立つ新旧!女優、
メリル・ストリープとエイミー・アダムスの共演作。
ちなみに二人が共演してる「ダウト ~あるカトリック学校で~」は未見。
原題も「JULIE & JULIA」。
2009年製作のキッチン系夫婦ドラマ、123分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
1949年。アメリカ人のジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)は、外交官の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転勤でパリにやって来る。好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアは、ここでフランス料理に出あい、名門料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶことを決意。持ち前の負けん気と明るい性格を武器に幾多の困難を乗り越え、夫の愛に支えられながらジュリアは学校を卒業する。その後、家庭で誰でも作ることができる524のレシピをまとめた料理本を出版すると、アメリカで大ベストセラーとなる。それをきっかけに料理番組に出演したジュリアは、身長185cmでかん高い声、本番中に失敗しても気にしない大らかなキャラクター、そして「ボナペティ!(召しあがれ)」という決まり文句で国民的大人気となっていった……。50年後の現代ニューヨーク。作家になる夢に破れ、派遣社員として働くOLのジュリー・パウエル(エイミー・アダムス)は、冴えない毎日を過ごしていた。ある日、料理が大好きな彼女は、幼い頃から憧れていた料理研究家ジュリア・チャイルドの524レシピを365日で作り、それを毎日ブログに綴ることを思いつく。それは、自らの人生を変えたいという焦りから始めた無謀な挑戦であったが、試行錯誤を繰り返し、悪戦苦闘するジュリーのブログは、いつしか大評判になっていく……。

この人がジュリア・チャイルドさんご本人の写真

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●今回はiphoneメモ書きレビュー中心で・・・
i・・メリル・ストリープ、巨人だったなーー、185cmって設定だったんだ。
i・・妹も巨人だったので、劇場内に笑いが起こってたぞーー。
i・・旦那役のスタンリー・トゥッチも、そんなに小さくないはずだけど、上手く撮ってた??
i・・ジュリアはでかい上に、厚底パンプスみたいなの履いてたなっ。
i・・ジュリアはO型?おおらかで、言葉も通じないのにすぐにフランスに馴染んじゃって、

全然繊細さはないけど、アメリカ人らしい大胆さで料理法を確立・・・
友人関係のちょっとしたもつれとか、夫の転勤が続いたり、
出版社ともめたりしながらも、
アメリカ人向けの料理本出版にこぎつけるのねーー。
i・・結構楽天的なポジティブ奥さんなので、もしやB型かもしれないけど。

i・・一方ジュリー役のエイミー・アダムスは、たいてい一般庶民役の女優さん、
きっとA型の設定。

i・・ストレス溜まる派遣?の公務員、生き甲斐探しで料理ブログを開設。
i・・こっちも旦那の助けもあって、数をこなしブログ読者も増加。
まあ、奥さんが美味しい料理を沢山作って食わしてくれるのを、最初は邪魔しないよね。

i・・しかし、だんだん料理とブログ更新が日課・・・
いや、義務化していくのはブロガーの宿命??

●美味しく作れなかったり・・・
旦那と喧嘩したりしながらも、なんとかゴールに近づくジュリー・・・
有名新聞社からも取材を受けて、いろんなマスコミからも取材以来が殺到。
●大喜びしてるジュリーと旦那の元に一本の電話が・・・
それは、まだご健在だったジュリアの関係者からで、
ジュリーのこのブログプロジェクトを、あまり良く思ってないとの事。
●ジュリアの名前を使った売名行為とでも思われたのか???
これはかなりショックな電話・・・
暇をもてあます主婦のやる気のモトとして始めた料理はジュリアもジュリーも一緒・・・
お会いしたいとも思ってたのに・・・無念。
この辺はジュリーがA型ではと推測できるところでもあります。
●ブログやってると、嬉しいコメントも凹むコメントも戴いちゃうもの。
ひらりんもA型ですが、先日イヤミなコメントいただいて、ちょっと凹みました。
●まっでも、本作のジュリーは旦那のフォローもあって見事プロジェクト完了・・
数年後、ジュリアは他界しちゃうけど、ジュリーはブログ本を出版・・・
作家になれちゃいました・・・という結末。
●ジュリアの50年前の話も実話系だし、ジュリーの料理ブログの話も実話。
今回は血液型にたとえて両者の違いを勝手に推測したけど、
性格は違えど、料理を通して自分の成長と旦那との絆を深めていった女性二人を、
上手く描いてた作品だったね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
最近も大活躍のメリル・ストリープ・・・ミュージカルの「マンマ・ミーア」もO型系?
こちらも大活躍のエイミー・アダムス・・・「サンシャイン・クリーニング」もA型系?
 

という事で今回は・・・
「ボナペティ」度・・・
話は逸れるけど、
「ポナペティ」といえば、竹内まりやのアルバムタイトルを思い出す。

こないだ観た「ニュームーン/トワイライト・サーガ」でも関連曲を思い出すし、
やはり年末クリスマスシーズンは、山下達郎夫妻の出番が増えるものなのか???
なーんて。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「ブログには凹むコメント書かないでー」と思ってるあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」 

追伸
最近ひらりんもツイッター始めました。
映画以外も呟いてるので、 
ちょっと見てみてね。

コメント (3)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
« 「俺たちチアリーダー!」 | トップ | 「ビバリーヒルズ・チワワ」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ジョー)
2009-12-17 22:01:27
まったく性格の違う二人なのに、
同じようなことを始めるっていうのは
おもしろいですね。
メリル・ストリープはますます怪物に、
エイミー・アダムスはますます一般人に
近づいていくのでしょうか??
Unknown (きこり)
2010-01-08 17:51:54
初めまして・・・TBありがとうございます。
こちらの記事からのTBいただきましたが、多分「のだめ」の方と思いますので、そちらから返させていただきます(* ̄∇ ̄*)
Unknown (ぴゅあ)
2010-05-10 21:39:05
はじめてのコメントありがとうございます^^。最高に楽しい映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

61 トラックバック

ジュリー&ジュリア (LOVE Cinemas 調布)
『マンマ・ミーア』のメリル・ストリープと『サンシャイン・クリーニング』のエイミー・アダムスが、『ダウト ~あるカトリック学校で~』以来の共演。他にも『プラダを着た悪魔』でメリルと共演したスタンリー・トゥッチ、『それでも恋するバルセロナ 』のクリス・メッ...
「ジュリー&ジュリア」:荒川三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}宅急便て、時間通りに届いて助かるのよねえ。 {/kaeru_en4/}なにごとも締め切りがあるっていうことは、いいことだな。 {/hiyo_en2/}「ジュリー&ジュリア」の主人公ジュリーも、最初に締切を決めたから、365日ブログを更新するなんてことができたんだもん...
ジュリー&ジュリア (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Julie & Julia。ノーラ・エフロン監督、メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥーチ、クリス・メッシーナ、リンダ・イーモンド。2つの実話に基づいた物語。正確に言うとJulia Childというフランス料理をアメリカに紹介した実在の人...
「ジュリー&ジュリア」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ブログをやってる現代の女の子のお話と、昔の時代のジュリアとのお話が交互に描かれていきます。 面白かったんだけど、微妙に何かもうひとつ...
『ジュリー&ジュリア』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1949年、ジュリアは外交官の夫の転勤でパリにやって来る。そこで食に目覚めた彼女は名門料理学校ル・コルドン・ブルーのプロ養成コースに通い、やがて料理本を執筆するまでになる。その50年後、ジュリーはジュリアの524のレシピを1年で制覇し、ブログに載せるという無謀な...
ジュリー&ジュリア (勝手に映画評)
実在のアメリカの料理研究家ジュリア・チャイルドの記した524のフランス料理のレシピを365日で作りブログに掲載する事に挑戦した、これも実在のNY在住の人物ジュリー・パウウェルの物語。 ジュリー・パウエルを演じるのは、エイミー・アダムス。時は2002年なのですが、ジ...
「ジュリー&ジュリア」 (或る日の出来事)
エイミー・アダムスお嬢様が出演しているので観に行った。
ジュリー&ジュリア (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
料理は食べるため。食べるのは生きるため。だが、料理とは、栄養補給や空腹を満たす以上に、生きる喜びに通じる行為ではなかろうか。映画は伝説の料理研究家と現代を悩みながら生きる女性の人生をクロスさせるという巧みな手法を取る。1949年、ジュリア・チャイルドは外交...
ボナペティ!~『ジュリー&ジュリア』 (真紅のthinkingdays)
 JULIE & JULIA  1949年、アメリカ人主婦ジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)は外交官 の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転...
「ジュリー&ジュリア」人生、ポジティブ・クッキング! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[メリル・ストリープ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月20日22:00 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “名女優”メリル・ストリープ、実在の料理家、ジュリア・チャイルドに挑戦!「ジュリー&ジュリア」(ソニー・ピクチャー...
ジュリ―&ジュリア♪Julie & Julia (銅版画制作の日々)
 Bon Appetit! “French people eat French food!Everysigle day!I can‘t get over it.”                       &nbs...
ジュリー&ジュリア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 50年の時を超え、2つの人生がキッチンで出逢った。
「ジュリー&ジュリア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Julie & Julia」 2009 USA ジュリア・チャイルドに「プラダを着た悪魔/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」「大いなる陰謀/2007」「ダウト ~あるカトリック学校で~/2008」のメリル・ストリープ。 ジュリー・パウエルに「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2...
ジュリー&ジュリア (心のままに映画の風景)
1949年、ジュリア(メリル・ストリープ)は外交官の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転勤でパリにやって来た。 食べることが大好きなジュリ...
『ジュリー&ジュリア』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Julie & Julia】 2009年/ソニー・ピクチャーズ/123分 【オフィシャルサイト】 監督:ノーラ・エフロン 出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥーチ、クリス・メッシーナ、リンダ・イーモンド
ジュリー&ジュリア その後 (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
日本でもついに上映スタートしたらしい、映画「ジュリー&ジュリア」 (記事リンク) 。 おいしそうなお料理をめぐり、別々の時代を生きるジュリー・パウエルとジュリア・チャイルドの二人の女性が 描かれた楽しい映画です。 この映画の原作となったのは、主人...
~『ジュリー&ジュリア』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ノーラ・エフロン監督・脚本・製作、メリル・ストリープ、エイミー・アダムス主演。
【機内上映】「ジュリー&ジュリア」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
あたたかい映画に政治は無用。米国の一般家庭にフランス料理を広めたジュリアと、ジュリアの料理レシピすべてを再現した経過をブログで綴ったジュリー。料理に情熱を注ぐことで自らの人生を切り拓いた二人の女性を重ね合わせて描く温かく元気の出る映画。M.ストリープとA....
ジュリー&ジュリア (古今東西座)
著名な料理研究家ジュリア・チャイルドが共著したベストセラー本『Mastering the Art of French Cooking』(要はフランス料理本)に掲載されている全524レシピを365日で作る、というコンセプトでブログを始めたジュリー・パウエル。このブログが注目され、後に本になりベ...
ジュリー&ジュリア  Julie and Julia  (映画の話でコーヒーブレイク)
ちょっと古い話ですんませ~ん。 「TOHOシネマズの日」って毎月14日は1000円で映画が見れるこのサービス、前々から知ってはいたけど、 うまく予定が合わず、今月初めて利用させていただきました。           「コルテオ」見るのに交通費かけて東京さ行くなら、...
ジュリー&ジュリア (だらだら無気力ブログ)
アメリカの一般家庭にフランス料理を紹介した料理本を出版した料理研究家の ジュリア・チャイルドと彼女の料理本に掲載されている524レシピを1年間の 期限で毎日再現するさまをブログに綴ったOLジュリー・パウエルの2人の 物語を描く。1949年、外交官のポールがパリ...
『ジュリー&ジュリア』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:JULIE&JULIA監督・脚本・製作:ノーラ・エフロン出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ、リンダ・エモンド(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 22本目)公式サイトはこちら。<Story>1949年、ジュリア....
『ジュリー&ジュリア』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:JULIE&JULIA監督・脚本・製作:ノーラ・エフロン出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ、リンダ・エモンド(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 22本目)公式サイトはこちら。<Story>1949年、ジュリア....
ジュリー&ジュリア/ JULIE & JULIA (我想一個人映画美的女人blog)
料理で人生が変わる{/hikari_blue/} またまた実話の映画化 監督は「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」のノーラ・エフロン。 近年は、トラさん&リサ・クドローの「ラッキー・ナンバー」やメグ・ライアン「電話で抱きしめて」、 ニコール・キッドマン&ウィル・...
ジュリー&ジュリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『Bon Appetit!』  コチラの「ジュリー&ジュリア」は、「ダウト~あるカトリック学校で~」で共演し、揃ってオスカーにノミネートされたメリル・ストリープとエイミー・アダムスが再共演した12/12公開のバイオグラフィー・コメディなのですが、観て来ちゃいました...
『ジュリー&ジュリア』:時を越えて繋がる、これが私ノ道なのよ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
これは上手く映画化したもんだ。 二つの時代の二つの原作を交互に織り交ぜ、一本の映画にするとは! さすがはハリウッド。
なーんかスッキリしない。『ジュリー&ジュリア』 (水曜日のシネマ日記)
1949年に実在した料理本の執筆者ジュリアと彼女の料理本のレシピに挑戦するジュリーの物語です。
ジュリー&ジュリア (映画的・絵画的・音楽的)
 「ジュリー&ジュリア」を、日比谷のシャンテ・シネで見ました。  今年もメリル・ストリープの映画を2本見て一層のファンとなったところ(「マンマ・ミーア!」と「ダウト」)、本作品が今年最後の公開というのですから見に行かずにはおれません〔来年2月には『恋する...
「ジュリー&ジュリア」 理想の夫婦 (はらやんの映画徒然草)
ボナペティ! 2009年、最後の劇場観賞はこちら「ジュリー&ジュリア」です。 予
『ジュリー&ジュリア』 ('09初鑑賞193・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 12月30日(水) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:40の回を鑑賞。
Julie & Julia / ジュリー&ジュリア (Akasaka high&low )
伝統的な80年代の作り方をリピートするNora Ephron(ノラ・エフロン)による伝説的な料理人Julia Childと彼女の料理全てをブログで再現する現代の女性Julie Powellの映画がJulie & Julia(ジュリー&ジュリア)。 ロブスターをボイルするシーンで"Pycho Killer"を使い、...
ジュリー&ジュリア (そーれりぽーと)
『ダウト -あるカトリック学校で-』のメリル・ストリープとエイミー・アダムスが料理系映画に挑戦? 料理家の映画という印象だけで美味しそうなのと名女優の再共演を楽しみに『ジュリー&ジュリア』を観てきました。 ★★★★ うわ、これは映画好きだけじゃなく、ブロ...
ジュリー&ジュリア(映画館) (ひるめし。)
50年の時を超え、2つの人生がキッチンで出遭った。
「ジュリー&ジュリア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Julie & Julia」 2009 USA ジュリア・チャイルドに「プラダを着た悪魔/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」「大いなる陰謀/2007」「ダウト ~あるカトリック学校で~/2008」のメリル・ストリープ。 ジュリー・パウエルに「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2...
ジュリー&ジュリア (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月2日(土) 16:15~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『ジュリー&ジュリア』公式サイト 今年の劇場鑑賞第一弾。 1948年くらいにフランスで料理の勉強をし、料理本を出版したメリル・スト...
ジュリー&ジュリア (ここにあるもの)
【2010年記念すべき1本目】は、年末に観納められなかった『バグダット・カフェ』とか、 調子に乗って、早稲田松竹でやってる『2001年宇宙の旅』もいいなぁなんて思ったけど 実家に帰って引きこもり気味な正月休み、 まさか電車に乗ってお出かけなんてするわけない。 ...
映画:ジュリー&ジュリア JULIE & JULIA ベスト10入りも止むない...なぜかと言えば。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
飛行機内でみた映画その2、ジュリー&ジュリア JULIE & JULIAです。 (遊びではあるが)年末の2009年映画ベスト10で、この作品が最後にランクインした。 それには「明確」な理由がある。 もちろん作品自体のテーマともいえる、「人生」、特に「夫婦」の有り様...
「ジュリー&ジュリア」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; メリル・ストリープとエイミー・アダムスが再び共演。と言っても、二人が生きる時代が違うので一緒に登場するシーンはありませんが、素晴らしい女優の共演にお腹いっぱい、大満足の映画でした。1940年代後半、外交官の妻としてパリに渡っ...
ジュリー&ジュリア~笑う角には福がある? (Osaka-cinema-cafe)
去年に公開された映画です。 去年のうちに見たかったですが、間に合わず今年と なりました。 ほんわかと良い気持ちになりました。 前作「奥さまは魔女」からもう4年も経ったんですね、 「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の 女性監督ノーラ・エ...
ジュリー&ジュリア (映画道)
1949年、ジュリア・チャイルドは外交官の夫ポールの任地パリで、芸術的なフランス料理の洗礼を受ける。好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアは、大胆にも名門料理学校コルドン・ブルーのプロ養成クラスに飛び込むのだった。それから半世紀を経たニューヨークで、ジュ...
ジュリー&ジュリア (勝手に映画評)
実在のアメリカの料理研究家ジュリア・チャイルドの記した524のフランス料理のレシピを365日で作りブログに掲載する事に挑戦した、これも実在のNY在住の人物ジュリー・パウウェルの物語。 ジュリー・パウエルを演じるのは、エイミー・アダムス。時は2002年なのですが、ジ...
ジュリー&ジュリア (2009) (Chocolat Noir 76)
笑って、ホロッとして、ポジティブになれるとても良い作品でした!二人の女性の実話を組み合わせて作られたというストーリーは、女性にとってはとても共感できるものではないでしょうか。ご主人の仕事でパリに住むことになった専業主婦のジュリア・チャイルドと、50年後の...
【ジュリー&ジュリア】 (日々のつぶやき)
監督:ノーラ・エフロン 出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ  50年の時を超え、2つの人生がキッチンで出遭った。 「1949年、ジュリア・チャイルドは外交官の夫ポールとパリにやってきた。フランス料理に魅せられたジュリアは
【劇場映画】 ジュリー&ジュリア (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1949年、ジュリア・チャイルドは外交官の夫ポールの任地パリで、芸術的なフランス料理の洗礼を受ける。好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアは、大胆にも名門料理学校コルドン・ブルーのプロ養成クラスに飛び込むのだった。それから半世紀を経たニュ...
ジュリー&ジュリア (Diarydiary! )
《ジュリー&ジュリア》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - JULIE JU
ジュリー&ジュリア (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
料理というキーワードでつながった50年の時を隔てたの女性二人が、夫の協力のもとに自分の道を切り開く感動の物語だ。メリル・ストリープの演技は名人の域に達している。ブログの表現方法が文字だけだというのも、基本に帰る意味で重要だ。
『ジュリー&ジュリア』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
ずっと観よう、観ようと思っていたのに時間があわずに観られなかった『ジュリー&ジュリア』。 新宿武蔵野館での最終上映日だったと思われる2/4にやっとのことで観てきましたー。 料理とブログを題材にしている映画、とっても興味深い感じで観られました。 *********...
ジュリー&ジュリア (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジュリー&ジュリア’09:米 ◆原題:JULIE & JULIA◆監督: ノーラ・エフロン「ユー・ガット・メール」「めぐり逢えたら」◆出演: エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ、リンダ・エモンド ◆STORY◆1949年、ジュリア・チャイルドは...
ジュリー&ジュリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1961年、本格的なフランス料理を誰でも家庭で作れるようなレシピ集としてアメリカで出版し、その後のアメリカの食卓に大革命を起こした実在の女性、ジュリア・チャイルドの人生と、彼女のレシピによって人生を変えられた50年後のOLの二人の実在の女性の人生を交...
「ジュリー&ジュリア」 JULIE & JULIA (俺の明日はどっちだ)
・ I'm Julia Child. Bon appetit! メリル・ストリープ扮する“ 助手のいない一般のアメリカ人 ”のためにフランス料理本を著した伝説の料理研究家ジュリア・チャイルド。 そしてそのおよそ半世紀後にそんな彼女が記した524にものぼるレシピを一年間365日で作ろうと心...
ジュリー&ジュリア (2ちゃんねる映画ブログ)
【料理ブロガー/Julie】 ジュリー&ジュリア 【Julia/料理研究家】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1260462674/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/12/11(金) 01:31:14 ID:fqUFHYpu 50...
ジュリー&ジュリア (ぴゅあ 映画レビュー)
カテゴリ 人間 製作年 2009年 製作国 米 原題 JULIE & JULIA 時間 123分 公式サイト http://www.julie-julia.jp/ 監督 ノーラ・エフロン 出演 ジュリア・チャイルド:メリル・ストリープ ジュリー・パウエル:エイミー・アダムス ポール・チャイルド:...
DVD:ジュリー&ジュリア コンテンツの誕生を×2でみせる。これを評価しない総てを疑え! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
飛行機内でみた映画、ジュリー&ジュリア JULIE & JULIAを今度はDVDで。 年末の2009年映画ベスト10で、この作品が最後にランクインした作品ということもある。 それには「明確」な理由があった。 <もちろん作品自体のテーマともいえる、「人生」、特に「夫婦」...
映画『ジュリーとジュリア』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-67.ジュリーとジュリア■原題:Julie&Julia■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:123分■鑑賞日:12月28日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■予告編□監督・脚本・...
『ジュリー&ジュリア』 2人の対立は解消できるか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  映画化に当たって、原作と原作者を批判的に取り上げるとは、ノーラ・エフロン監督も難題に挑んだものである。  し...
ジュリー&ジュリア (2009) (voy's room)
&nbsp; ニューヨークで暮らす派遣OLのジュリー(エイミー・アダムス)は、料理人のジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)が50年前に試みたように、フランス料理をマスターしようと決意。ジュリアの遺した有名料理本の全レシピに挑戦する。そして、料理の深い...
『ジュリー&ジュリア』 (『映画な日々』 cinema-days)
ジュリー&ジュリア 料理研究家の50年前の仏料理本から 524レシピを365日で再現するOLの物語。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Julie & Julia
ジュリー&ジュリア (悠雅的生活)
「ボナペティ」
映画評「ジュリー&ジュリア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ノーラ・エフロン ネタバレあり
ジュリー&ジュリア (RISING STEEL)
ジュリー&ジュリア / JULIE & JULIA 2009年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督・製作・脚本:ノーラ・エフロン 製作:ローレンス・マーク エイミー・ロビンソン エリック・スティール 製作総指揮...
ジュリー&ジュリア (いやいやえん)
メリル・ストリープさんとエイミー・アダムスさん共演。 料理ものなので、実に美味しそうに思えてくる!ここで真似して作ろうといいたいところだけど、私料理はからっきしなんですもん、食べる専門。 フランス料理って敷居が高く思えちゃうんだけど、そうでもないと...