★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「パンダフルライフ」

2008-09-03 02:38:51 | 映画(は行)
<T835/2008/A140/S086>

今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。
6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。
その1本目。
いやーーひらりん・・・パンダには癒されるけど、ドキュメンタリーも動物ものもちょっと苦手。
ナレーターは菅野美穂
2008年製作の癒し系熊猫ドキュメンタリー、100分もの。

今回はcinemacafe.netさんの解説を引用させてもらいました。
氷河期さえも乗り越え、800万年という歳月を生き抜いたパンダ。しかしこの100年で、野生のパンダはたった1,600頭に減ってしまい、絶滅の危機に瀕している。パンダの保護に試行錯誤する人々と、そんな人間たちの一喜一憂をよそに、目の前の命をのんびりと愛しむ母親パンダ、メイメイ。中国と日本にまたがるメイメイ・ファミリーの1年を中心に、母子、兄弟、様々な愛と生命を映し出した、温かくてちょっと切ないパンダたちの物語。

ここからひらりん的レビュー・・・ドキュメンタリーの感想なので、今回はネタバレなしです。
1.ネタバレ部分の追記は2008.09.16でございます。
テレビでは、和歌山の動物園でパンダの双子の赤ちゃん誕生のグッド・タイミングなニュース報道も・・
という事で、この映画はその動物園と中国のパンダ保護センターのパンダの一年のドキュメンタリー。
2.センターの春は出産ラッシュ・・・
中には想像妊娠してたなんてパンダも・・・。

3.母パンダは双子をよく生むらしいけど、基本は強そうな一匹しか育てないのねーー。
だから、個体が増えず、絶滅の危機に・・・なるのかなっ。
そんなこんなを防ぐ為に、院の人間がこっそり入れ替えて、
二匹にお乳を飲ませたりする努力をしてるのね。
4.パンダって、4歳になると繁殖可能で・・・
だからそれまでは同世代のパンダ同士で仲良く遊んだり・・・
ムシャムシャ食ったり・・寝たり・・食ったり・・寝たり・・・

こっちも眠くなるわーーーーーーーーーーーーーー。
5.和歌山の双子パンダも4歳になり、お嫁さんもらうために中国へ・・・

6.環境の変化で暴れたり、食欲なくなったり・・・
人間でいうホームシックかなーーっ。
7.呼び名も中国名で呼ばれるけど、
いきなり世話人が中国人・中国語になってもわからんだろうね。
8.これまで仲のよかった双子パンダ・・・お嫁とりに向けて、独立の時が来るのね。
「大人の階段登るーーーーーーー」って時。
パンダは基本、個人行動らしいしーーー。
9.ところで、この作品の一番の癒しポイントは赤ちゃんパンダーーーー。
生まれたての時は灰色だったパンダも元気に黒くなり・・・

仲間とじゃれて、カメラにぶつかってくるパンダたちは一匹欲しくなるくらい。

10.いやでも、せいぜい3キロくらいまでだなー。
爪は結構鋭いし・・・
暴れたら手が付けられなさそうーーー。
全身黒く塗ったら、タダの熊になっちゃうし。
油断したら、怪我しそう・・・
草食だから、食われはしないだろうけど。

●ナレーターの菅野ちゃん・・

母親パンダを見て、母性に目覚めてはどう??
前に噂になってた稲垣吾郎ちゃんとはどうなってるの??
と、心配になったひらりんでした。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
パンダもの・・・といえば、こないだ観たアニメ「カンフー・パンダ」。


という事で今回は・・・
シロクロつけるぜ度・・・
日本の動物園でパンダの赤ちゃんうまれたの、きっと密着しゅざいしてるんじゃないの???
続編「パンダフルライフ2」作る時には、是非ナレーターは稲垣吾郎でお願いします。

余談・・・
最近の中国では・・・
北京の動物園でパンダを見てた親子の親が・・・
「パンダは国宝級の動物だから、グータラしてられるのよ。
アンタはしっかり勉強しなさい」と、子供に言ってたとか。。。



●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、「赤ちゃんパンダなら触ってみたい」・・・と思ったあなた・・・
                
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スターシップ・トゥルーパ... | トップ | ★「20世紀少年」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (sakurai)
2008-09-16 08:12:22
すっかり癒されて、3分の1は寝てしまったかも・・・。
パンダちゃんが、しっかりまた割している様子を見て、あたしも「カンフーパンダ」!!思い出しました。
でも、パンダも苛酷な歴史をたどってきたんだなと、改めて思い返しました。
パンダと人間。 (BC)
2008-09-16 21:54:17
ひらりんさん、こんばんは。
トラックバックありがとうです。(*^-^*

パンダと人間の違い、パンダと人間の共通点が興味深かったです。
こんばんわ (michi)
2008-09-22 01:06:04
TBありがとうございました。
パンダ幼稚園、可愛すぎて私が幼稚園の先生になりたい!
と思ってしまいました。

>カメラにぶつかってくるパンダたちは一匹欲しくなるくらい
いやでも、せいぜい3キロくらいまでだなー。

ひらりんサン、ウチのにゃんこ、7.5キロあります♭
太りすぎですね 汗。
小熊のようです~~笑!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事