★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

2010年ひらりんアカデミー賞 発表編

2011-02-26 02:38:20 | ひらりんアカデミー賞
今年もひらりんアカデミー賞発表のときがやってきました。
前年度受賞者などの写真を拝借してプレゼンターに見立て、
盛り上げちゃいます。

2010年は合計145本鑑賞(うち71本が劇場鑑賞)。
その中から厳選した作品・俳優です。


劇場鑑賞作は★印、DVD鑑賞作などは●印で表示。

今回のメイン司会をお願いしたのは・・・
ひらりん的にショックの大きかった新婚カップルの、
ペネロペ・クルスさんとハビエル・バルデムさん。
  

まずは、☆☆邦画部門☆☆から。
ノミネート作は
★「告白」
★「十三人の刺客」
★「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
●「ゆれる」
●「ROOKIES -卒業-」
こちらのプレゼンターは・・・
前年度受賞作「ヤッターマン」に主演された嵐の桜井翔さん・・・
それでは作品の発表をお願いします。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞邦画部門」
受賞作品は
十三人の刺客
に決定しました。

寸評
時代劇アトラクションみたいで殺陣のシーンが面白かったのと、残忍殿様の稲垣吾郎ちゃんが圧倒的に面白かった。このまま悪役路線に突っ走って欲しいくらいだね。2年連続三池監督作が受賞したけど、基本的にひらりんのツボにはまってる感じ。「告白」は松たか子が断然インパクトがありすぎ。予告でドッカーンの言葉は使わないほうが良かったかも。


続きましては☆☆アクション部門☆☆
ノミネート作は
★「エクスペンダブルズ」
★「グリーン・ゾーン」
★「第9地区」
★「マチェーテ」
★「パリより愛をこめて」
プレゼンターをお願いするのは・・・
前年度受賞作「スタートレック」のJ・J・エイブラムス監督。
さて・・・
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞アクション部門」
受賞作品は
第9地区
に決定しました。
寸評
「第9地区」のエビバーガー、いやエビ星人はインパクト大だった。南アが舞台というのも発想がイイ。お金をもっとかけて、続編希望。スタローンのエクスペンダブルズはアクションスター総登場が楽しめた。シュワちゃんまで担ぎ出して。ロドリゲス監督の「マチェーテ」は低予算作品だけど、ぶっ飛びシーン連発で楽しかったね。


続きましては☆☆アニメ部門☆☆
ノミネート作品は・・・
★「カラフル」
★「トイストーリー3」
★「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 http://鷹の爪.jpは永遠に」
★「借りぐらしのアリエッティ」
★「シュレック フォーエバー」
プレゼンターをお願いしたのは、
前年受賞作「サマーウォーズ」で主人公の声を担当した桜庭みなみさん。

栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞アニメ部門」
受賞作品は
トイストーリー3
に決定しました。
寸評
これはダントツだったな。予習で1と2も見たけど、完結版的にも泣ける作品。シュレックも4作目で完結編だけど、吹き替え版を見ちゃったので評価が落ちた感じ。


次に発表するのは☆☆ロマンス部門☆☆
ノミネート作は・・・
★「エクリプス トワイライト・サーガ」
★「抱擁のかけら」
★「(500)日のサマー」
★「ナイト&デイ」
★「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
プレゼンターは、
前年受賞作「オーストラリア」の主演女優のニコール・キッドマンさん。
最近は子育てもお忙しそうですね。
栄えある
「2009年ひらりんアカデミー賞ロマンス部門」
受賞作品は
「(500)日のサマー
に決定しました。
寸評
この部門も大いに迷ったよーーー。ペネちゃんの「抱擁のかけら」かデシャネルちゃんのサマーか。サマーの女ごころと夏の空がとっても面白かったのでこちらに決めました。ペネちゃんの七変化的映像は圧巻だったけどね。


続きましては☆☆コメディ部門☆☆の発表。
ノミネート作品は・・・
★「アドレナリン・ハイボルテージ」
★「Dr.パルナサスの鏡」
★「マチェーテ」
★「キック・アス」
●「亀は意外と速く泳ぐ」
プレゼンターをお願いしたのは、
前年受賞作「イングロリアス・バスターズ」の主演俳優ブラッド・ピットさん。
アンジー姐さんはお元気ですか。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞コメディ部門」
受賞作品は
キック・アス
に決定しました。
寸評
ひらりん的にはキック・アスとマチェーテの一騎打ち。よわっちいキック・アスの脇役が大活躍しすぎる展開が笑えるしシュール。マチェーテのタドタド英語キャラは笑えたけど。


続いては☆☆ドラマ部門☆☆
ノミネート作品は・・・
★「インセプション」
●「チェンジリング」
★「マイレージ・マイライフ」
★「インビクタス/負けざる者たち」
★「NINE」
こちらのプレゼンターは、
前年度受賞作「レスラー」に主演されましたミッキー・ロークさん。

「エクスペンダブルズ」もなかなか渋かったですね。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞ドラマ部門」
受賞作品は
NINE
に決定しました。
寸評
チェンジリングのアンジー姐さんの母性愛はすさまじかったけど、ニコちゃん&ペネちゃんのNINEはひらりん好みに決まってる。クルーニーのマイレージもポイント集め好きなひらりんにはGoodでした。


☆☆ミュージカル部門☆☆
今年は該当作品が少ないので未発表

さてさて☆☆ホラー部門☆☆の発表といきましょう・・・
ノミネート作は・・・
★「ソウ・ザ・ファイナル 3D」
●「ホステル2」
●「ダークマン」
★「ゾンビランド」
★「バイオハザード IV アフターライフ」
プレゼンターは、ホラー映画「ホステル」にも出演経験のある
三池崇史監督にお願いしましょう。
結構怖い顔ですし。
「2010年ひらりんアカデミー賞ホラー部門」
受賞作品は
ゾンビランド
に決定しました。
寸評
ひらりん的にはホラーコメディは大好きなのでゾンビランドはツボ。ゴーストバスターズ出てきて無駄死にさせちゃうし。後は、DVDで見たダークマンが安っぽいけど雰囲気あって面白かった。


さてさてお次は☆☆名画部門☆☆
ノミネート作品は・・・
●「パリの恋人」
●「マンデラの名もなき看守」
●「太陽の帝国」
●「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」
●「不思議の国のアリス」
プレゼンターをお願いしたのは、
前年度受賞作「ヘンダーソン夫人の贈り物」で主演されたジュディ・デンチさん。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞名画部門」
受賞作品は
博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
に決定しました。
寸評
博士の~はスタンリー・キューブリック監督作で皮肉たっぷりのSFサスペンスコメディ。パリの恋人のオードリー・ヘプバーンは可愛い。大洋の帝国はスピルバーグ監督の初期作でガッツ石松や笑点の山田隆夫が出てる。 


お次に参りましょう。。。☆☆ファンタジー部門☆☆です。
ノミネート作は・・・
★「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
★「アリス・イン・ワンダーランド」
★「ラブリー・ボーン」
★「Dr.パルナサスの鏡」
★「かいじゅうたちのいるところ」
プレゼンターは、
前年度受賞作「アバター」のジェームズ・キャメロン監督。

こんなお顔の方だったんですね。青くなくて良かったです。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞ファンタジー部門」
受賞作品は
「アリス・イン・ワンダーランド」
に決定しました。
寸評
アリスは原作はイマイチ理解できないお伽の世界だけど、ティム・バートンワールドにはぴったりだったね。ハリポタはパート2も見なくては。パルサナスは俳優仲間の絆を感じた出来だったね。ラブリーボーンのシアーシャ・ローナンちゃんはラブリー過ぎだった。


☆☆フラット・パック部門☆☆
今年は該当作品が少ないので未発表

続きましては☆☆「映像部門」☆☆
ノミネート作は・・・
★「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
★「トロン・レガシー」
★「インセプション」
★「十三人の刺客」
★「ソウ・ザ・ファイナル 3D」
プレゼンターは、
ジョージ・ルーカス監督にお願いしましょう。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞映像部門」
受賞作品は
「インセプション」
に決定しました。
寸評
2010年は3Dが台頭してきたにもかかわらず、映像化しずらい夢の中の世界を2Dで表現したのは素晴らしかった。ヤマトの波動砲はカッコ良かったが使いすぎ。トロンは3Dさまさまだったね。


あとは俳優部門の男優賞と女優賞です。
まずは☆☆男優部門☆☆のノミネート者は、
レオナルド・ディカプリオ・・・「インセプション」「シャッター・アイランド」
ジョセフ・ゴードン・レヴィット・・・「(500)日のサマー」「インセプション」
ロバート・ダウニーJr.・・・「アイアンマン2」「路上のソリスト」「シャーロック・ホームズ」
ジェイソン・ステイサム・・・「アドレナリン・ハイボルテージ」「エクスペンダブルズ」
ダニー・トレホ・・・「マチェーテ」
ジャッキー・チェン・・・「新宿インシデント」「ベストキッド」「ダブルミッション」「ラスト・ソルジャー」
プレゼンターは司会を務めてる前回受賞者のハビエル・バルデムさん。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞男優部門」
受賞者は
「ダニー・トレホ」
に決定しました。
寸評
マチェーテにまさかの主演であの快演。マチェーテには何か賞をあげたくて、男優賞になっちゃいました。しかし、他の男優さんもなかなか幅広い演技で好感が持てたね。特にジャッキー、4本も見てたなんて。


続きまして☆☆女優部門☆☆
ノミネート者は、
ヒラリー・スワンク・・・「アメリア 永遠の翼」「フリーダム・ライターズ」
ヘレン・ミレン・・・「終着駅・トルストイ最後の旅」「消されたヘッドライン」
ジュリー・クリスティ・・・「アウェイ・フロム・ハー」「ニューヨーク、アイラブユー」など
ペネロペ・クルス・・・「抱擁のかけら」「NINE」
上野樹里・・・「亀は意外に速く泳ぐ」「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
プレゼンターをお願いしたのは、
前年度の受賞者のメリル・ストリープさん。
栄えある
「2010年ひらりんアカデミー賞女優部門」
受賞者は
「ペネロペ・クルス」
に決定しました。
寸評
ひらりんアカデミー賞では常連のペネちゃん。今年見た二本は完璧だったね。ベテラン女優さんのノミネートが入るなんてひらりんもちょっと大人になった?気分だけど。 


恒例の特別賞は その2のページで発表


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お待ちしてました☆ (kira)
2011-02-27 11:15:34
邦画部門、「告白」人気だけれど、どっちも好きな監督なんだけど
「十三人の刺客」に決定がうれしいっす♪
あの殺陣のシーン、ゾクゾクしましたから~
「キック・アス」まだ新宿でやっているのに・・時間が取れません。
評判いいですよね~。みたいなぁ・・☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。