★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「少林少女」

2008-05-06 03:38:28 | 映画(さ行)
<2008/A066/S039>

ゴールデン・ウィークでもヒマヒマなひらりん・・・
3日連続でナイトショウ鑑賞でしょ!!!
しかも、一ヶ月無料パスをゲットの為目指せ6000マイル・・・の「TOHOシネマズ」通い。
本作のエグゼクティブ・プロデューサーのチャウ・シンチーも好きだし・・・
柴咲コウのツンデレキャラにも慣れてきたし・・・
ナイナイの岡村さんがいいキャラ出してそうだし・・・
ひらりん、ちょっと期待の一品。
2008年製作の格闘技系アクション・コメディ、107分もの。

あらすじ・・・今回は「少林少女・公式ブログ」から引用させてもらいました。
中国・少林拳武術学校――三千日の修業を終えた少女が今まさにこの地を旅立とうとしていた。「日本で少林拳を広めたい」という願いを持つこの少女のことを老師たちを心配していた。それはこの少女の体には未知数の力を持つ気が潜んでいたから。それが闇の力に落ちることを恐れていたのだ…。
彼女の名は、桜沢凛(柴咲コウ)。
日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の夢のために祖父が開いた懐かしの少林拳練功道場へと向かう。が、道場はすでに廃虚と化し、門下生も道場の閉鎖と共に散り散りに。道場がなぜ閉められることになったのか知りたい凛は兄弟子のところを訪ね歩き、自分の先生である岩井拳児(江口洋介)が町外れで中華食堂を営んでいることを知る。
中華食堂を訪れた凛は、中華食堂の店長として料理を作る岩井の変わり果てた姿にショックを受けながらも、道場に何があったのかを問い詰める。しかし岩井は「少林拳はもうやめた」と突き放すばかりで理由を答えてはくれない。凛は「私の居場所は道場です!」と店を飛び出していく。
その翌朝、朽ち果てた道場でひとり眠っていた凛をひとりの女のコが訪ねてくる。岩井の中華食堂で働いていた劉(キティ・チャン)だ。彼女は凛が店に入ってきた時に彼女を止めようとした店員のティン(ティン・カイマン)とラム(ラム・チーチョン)を軽くさばき、飛んできたチャーハンをラクロスのクロスでキャッチした腕前を見て、彼女をラクロスへと誘おうと考えていた。が少林拳を習うことを交換条件にラクロスをやることになった凛は、に連れられ、彼女が通う国際星館大学へ。そこで女子ラクロス部のメンバーに紹介された凛は、すかさず「私、ラクロスやります!そのかわり、みんなで少林拳もやろう!」とアピール。その空気読めない感じにメンバーはあきれるが、試し打ちしたボールを空高く飛ばした凛のパワーに圧倒されてしまう。そのボールを拾ってきた教務課職員・田村龍司(岡村隆史)の機転で部員として無事申請される。
そんな凛の能力を肌で感じ取っていたのが国際星館大学の学長・大場雄一郎(仲村トオル)。
常に最強であることを願い、強い者を追い求め、闘い続けてきた彼は凛に秘められた恐ろしいほどの気の力を感じ、次第に彼女と闘いたいと願うようになっていく…。


ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
最近やっと、柴咲コウのツンデレキャラに慣れてきたとはいうものの、
どう見ても「~少女」とは呼べない・・・っしょ。
日本の女は若く見えるから???世界配給狙ったタイトルなのかな???とも邪推しちゃうね。
その主人公の凛・・・
少林拳普及に一筋なので、対人関係がチグハグ・・・
ラクロス部の練習試合では、一人相撲でパスもせず、自滅・・・
人を思いやるチーム・ワークがなかったのね・・・。
そんなこんなを教えるべく、凛の少林拳の元先生・岩井が、ラクロス部のコーチに・・という展開だった。
ところでーーーー、
この大学の学長・大場雄一郎が今回の黒幕。
大学経営も、武術の勝負も勝つ為には手段を選ばぬ冷徹男・・・って感じ。
実は凛が中国修行中に実家の道場を荒らしたのもこの一味。
帰国してつおーーくなった凛と勝負する為に仕組む罠。
道場を襲い、岩井をボコボコにするが・・・
岩井は凛に、戦わずに逃げろと教える。
少林拳は戦う手段ではなく、守る手段だから・・・という事。
しかし、ラクロスメイトの中国娘・ミンミンが大場に拉致されるは、
ラーメン店は爆破されるはで、怒りの頂点に達する凛・・・。
かくして、仲間を守る為に、大場の待つ大学に乗り込むのでした。
ここから格闘シーンだけど・・・
さすが、チャウ・シンチー系・・・笑えるカンフーがちりばめられてる。
おっと、ラーメン屋で働いてためがねのオッサンとオデブの兄ちゃん・・・
二人とも少林拳の使い手で、助っ人にやってきたね・・・
二人とも「少林サッカー」に出てたしねーーー。
そして登場するのが、名脇役の岡村さん・・・
最初っから怪しい教務課職員として絡んできたけど、
実は、この大学の武術特待生の師範代みたいな地位で凛と対するのね。
ニヤニヤしながら余裕ぶっこいて、凛の顔面にカッコよくキックするけど・・・
この場面は岡村さんじゃなくて、吹き替えだったらしいね。
しかし、段々潜在能力が開花・・・怒りの「気」がムラムラで、岡村さん撃破。
ミンミンを救うべく、いろんな仕掛けを潜り抜け上階に進むと
そこで待つのは、余裕綽々の大場・・・
まっ、「気」が強いと、水の上も歩けちゃうのね・・で、水上対決したり・・・
やっぱり、宙も浮いちゃうのね。
最後は、大場の暗黒の「気」を静めるべく、抱擁する凛・・・
まっ、この辺がちょっとイマイチ・・・な結末だとは思うけど・・・
大場もすっかり、ダークサイドから立ち直り・・・
最後は岩井と一緒にラクロスの試合を応援してましたね。

とまあ、こんなお話。
柴咲コウは、一年間トレーニングしたというだけあって、
体がシャープで、少林拳の型とかも、なかなか決まってたね。
でもでも、ひらりん的にはラーメン屋のオッサン店員と一緒で・・・
ラクロス部の部員ちゃんが「かわぁいいぃねぇぇぇ」というのが一番のポイント。
マイナーな競技だけに、素人っぽい学生が部員になってる・・・
というのが、以外や以外、リアルっぽくて、良くなーーーい!!!!
あっ、ちなみに悪役の中村トオル・・・
ひらりんの大学時代の同級生です・・・隣のクラスにいたらしいけど、
お互い多忙で???学内でも遭った事はないですけど。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
岡村さん・・・「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」でも名脇役。
ひらりんオススメは「妖怪大戦争」だけど。
柴崎コウのオススメは「どろろ」かなぁ・・・続編もあるみたいだし。
 

という事で今回は・・・
ありえねーーー度・・・
ただどっちが強いかを決めたい・・っていう理由ではスケールがちっさいけど、
そのワリには、ど派手な決闘シーンだったね。
是非、岡村さん発案のスピンオフ企画は進めて欲しいですね。
それが一番、「あり得ねー」だとは思いますけど。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この作品を観てひらりん同様「これでラクロス・ブームが起き・・・・ないか」・・・と思ったあなた・・・
                  
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント (4)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
« ★「相棒-劇場版- 絶体絶命!... | トップ | ☆「最高の人生の見つけ方」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さいかい (xina-shin)
2008-05-10 05:56:21
TB感謝です。
GWから本格的に活動を再開しました。
私的には柴咲コウのおススメは『着信あり』ですかね。
この作品はもう少しはじけて欲しかった気がします。

ではでは
こんにちは♪ (nyanco)
2008-05-10 16:47:21
ひらりんさん、こんにちは!
お久しぶりです♪
TBありがとうございました。

柴咲コウがどう見たって少女には見えなかったですよね。。
「少林サッカー」が好きだったので期待しすぎてしまったせいか、
これはちょっとガッカリしてしまった作品でした。。
ところで、中村トオルと同じ大学の同級生だったのですか!
ちょっと羨ましいです~♪
Unknown (耕平)
2008-05-17 09:41:51
こんにちは!

近道って、ないようですね。

TBさせていただきました。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-01-19 22:54:47
TB有難うございました。
Yahooのレビューが炎上するほどの駄作だとの
コメントの嵐に映画館に足を運ぶのもやめてしまいました。
実際に、レンタルで借りて観たところみんなの
意見が納得の出来でした。
何故、こんな風になったのだろうかな?
素材はそろっているのに(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

少林少女 (蠍沢シネ吉の正直最近映画観てない)
 今日は柴崎コウ主演のカンフー娯楽作「少林少女」を観てきましたよ!  ここ数年のカンフーブームの発端となった「少林サッカー」のチャウ・シンチーが「ミラクル7号」なんてつまらなそうな作品を公開する今年、なんだかカンフー映画の当たり年です。  泉ピン子が...
少林少女 (Akira's VOICE)
少林拳宗教の勧誘?  
少林少女 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:本広克行 アクション監督:野口彰宏 製作:亀山千広 エグゼクティブプロデューサー:チャウ・シンチー 脚本:十川誠志 十川梨香 中国での三千日の少林拳の修行を終え、日本に帰ってきた桜沢凛。ところが祖父の道場は廃墟...
少林少女 (C'est Joli)
少林少女’08:日本・香港 ◆監督:本広克行「UDON」◆出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介◆STORY◆祖父の少林寺道場を継ぐために中国の「少林拳武術学校」に修行に出ていた凛。3000日の厳しい修行に耐え、帰ってきた凛を待ち受けていた...
「少林少女」 (KASHIWA一市民)
少林拳・・・ ラクロス・・・ 大乱闘・・・ 映画の主旨はよく分からないが、 いつもはキツめな顔の柴咲コウの笑顔の明るさに大満足。 プロデューサーのチャウ・シンチーは、 いい仕事をしたと思う。 中国での修行を終え、 日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢...
少林少女(映画館) (ひるめし。)
彼女には日本は狭すぎる。
少林少女 (そーれりぽーと)
製作陣にチャウ・シンチーの名前も並ぶ『少林少女』を観てきました。 ★★ 酷い。 チャウ・シンチー映画に敬意を込めてを“酷い”と形容する事もあるけど、この映画はストレートに酷い。 チャウ・シンチー自身は一切タッチしてないんだろうと思う程、コメディーパートに...
「少林少女」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・フジ=東宝/監督:本広 克行) ポスターが、「少林サッカー」とほとんど同じユニフォームを着た柴咲コウがラクロスのスティックを握り、タイトル・ロゴまで「少林サッカー」と
「少林少女」 (古今東西座)
チャウ・シンチーが好きで、『少林サッカー』もお気に入りの映画だったのでこの映画を観ることにした。と書いてしまうと実にあっさりしてしまうのだが、「好き」と「観ることにした」の間に、チャウ・シンチーは名前を貸しただけじゃないのか、とか、監督が本広克行なら大...
少林少女 (ともやの映画大好きっ!)
【2008年・日本/香港】劇場で鑑賞(★☆☆☆☆) 「踊る大捜査線」の亀山千広と香港を代表するコメディアクション俳優チャウ・シンチーが、共同プロデュースという形をとった日本初の本格娯楽武術映画。 祖父の少林拳道場を継ぐために、中国少林拳武術学校へ修行に出て...
劇場鑑賞「少林少女」 (日々“是”精進!)
「少林少女」を鑑賞してきました柴咲コウが1年間のトレーニングを経て、本格アクションに挑んだカンフー・エンターテインメント。少林拳を広めたいと願う女の子が、仲間を友情をはぐくみ、真の強さを知る姿をエネルギッシュに描く。ヒットメーカーの本広克行が監督を務め...
「少林少女」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
いつものファボーレ東宝で20時15分からの回の『少林少女』を観てきました。
少林少女 (ぱかぱかwin!~夢の一口馬主~)
4月は4回目の試写会に行ってきました 場所は今回初めての全電通ホール(お茶の水)です この会場、とても微妙です 400席弱という感じですが200席より後ろがメインの座席 前後段差ありで普通の映画館みたいな感じの座席 ですが前の200席はパイプ椅子です、ヒジ置...
「少林少女」お約束のストーリーに強くなり過ぎて面白くなくなった少林ラクロス (オールマイティにコメンテート)
「少林少女」は少林拳を学んだ少女が少林拳を広めようと何故かラクロス部に入部し、チームワークを学んで少林の心を広めていく中で闇のボスと対決するストーリーである。ありえない展開ばかりだが、それが割り切れれば少林の心を読み取る事ができる作品かもしれない。
少林少女 (ネタバレ映画館)
『燃えよ!ピンポン』では見られなかった鏡の間が・・・あぁ。
映画「少林少女」 (FREE TIME)
GW4連休中に映画「少林少女」を鑑賞しました。
少林少女 ( Art- Mill  あーとみる)
少林少女公式サイト http://www.shaolingirl.jp/blog/ 「少林サッカー」を見よう見ようと思いつつまだ見ていない。 代わりに、柴咲コウの「少林少女」を見ることした。 映画が始まって
少林少女 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
この映画の存在価値がどうしても分からない。柴咲コウのナマ足か?と本気で思いたくなるほどの超ダメ映画だ。物語は少林拳を広めて祖父の道場再建を願うヒロインが悪の組織と戦う活劇。アクションが低レベルなのはまだしも、ストーリーに説得力がまるでないのはいかがなも...
「少林少女」 (みんなシネマいいのに!)
 亡き祖父の少林拳道場を継ぐため、中国で修行していた凛が、三千日の厳しい修行を終
「少林少女」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
強引なストーリー展開はスルーします。内容がナイ!ツッコミところが多すぎる! なんとなんと、米米CLUB元ダンサーで今話題の辺見えみりの元カレでもある竹下宏太郎も出演! エンドクレジットで気付いたものの、時既に遅し… 友達は、ブルースリーの人だったと言うけれ...
少林少女 (シネマ大好き)
試写会に誘って頂いて「少林少女」を観た。 凛(柴咲コウ)は、中国での3千日の修業を終え、少林寺拳法を広めるようと祖父の道場に帰って来たが、道場は廃墟になっていて、先生の岩井(江口洋介)は中華料理店の店長に、兄弟子たちもそこの店員になってしまっていた。...
イオンりんくうで「少林少女」を見ました。 (かなやす日記)
今日、イオンりんくうで「少林少女」を見ました。 内容は、中国の少林寺で少林拳を取得した女性が日本に戻ると、実家の道場がつぶれていて、どうしようかと悩んだときに、中華料理店で知り合った友人にラクロスをすすめられ、大学のラクロス部に入り、最初はラクロスにな...
少林少女 (夫婦でシネマ)
柴咲コウだけが頑張っているおバカなカンフー・アクション映画。
少林少女 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月26日 公開 コントロールが悪いのは凛ではなく・・・この映画です。 勢いだけで作っちゃいけませんて亀山サン! これはどぉしたもんでしょう。 1年間、体の基礎作りからしてきたという柴咲コウの努力もぶち壊し。...
「少林少女」 「量産」の弊害 (はらやんの映画徒然草)
「少林サッカー」のチャウ・シンチーがエグゼクティブ・プロデューサーということで公
少林少女 (映画通の部屋)
「少林少女」SHAOLIN GIRL/製作:2008年、日本 107分 監督:本
★少林少女(2008)★ (CinemaCollection)
彼女に日本は狭すぎる。上映時間107分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/04/26ジャンルアクション/コメディ/格闘技【解説】「踊る大捜査線」の本広克行監督&亀山千広プロデューサーと「少林サッカー」のチャウ・シンチーが強力タッグを組み、柴咲コウを....
少林少女 (Diarydiary!)
《少林少女》 2008年 日本映画 少林拳の道場を継ぐために中国で三千日の修行を
【少林少女】一緒にラクロスやろう!? (映画@見取り八段)
監督 :本広克行 製作総指揮 : 亀山千広、チャウ・シンチー 柴咲コウは、非常に目力のある女優である。 その目には意志の強さが感じ...
少林少女 (5125年映画の旅)
少林寺での修行を終えた少女リンは少林拳を普及させるために故郷の日本に帰ってきた。しかし実家の道場は既に潰れており、兄弟子達も離れ離れの状態。大学に通うミンミンと友達になったリンはラクロス部に誘われるが、少林拳の事ばかり考えてチームプレーを行う事が出...
『 少林少女 』 (やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ])
映画 『 少林少女 』 [公開情報] 日本【2008年4月26日公開】[ 上映劇場 ](102分) 監督:本広克行 脚本:十川誠志 十川梨香 【キャスト】 柴咲コウ 仲村トオル キティ・チャン ティン・カイマン ラム・チーチョン 岡村隆史 江口洋介...
少林少女 (メルブロ)
少林少女 208本目 2008-14 上映時間 1時間47分 監督 本広克行 出演 柴咲コウ 仲村トオル キティ・チャン ティン・カイマン ラム・チーチョン 岡村隆史 江口洋介 評価 4点(10点満点) 会場 新宿バルト9  本日は休日だというのに、午前3時出社と...
『少林少女』('08初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆--- (5段階評価で 2) 4月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:20の回を鑑賞。{%顔文字ファイトhdeco%}
一緒に少林拳やらない? (CINECHANの映画感想)
118「少林少女」(日本)  祖父の道場を継ぐために中国にある?少林拳武術学校?で修行をしていた凛。三千日の厳しい修行を終え、?日本に少林拳を広めたい?という想いを胸に帰国した凛だったが、彼女を待っていたのは廃墟と化した道場とすでに少林拳をやめてしまった兄...
少林少女・・・・・評価額650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年はカンフーが来ているのだそうな。 言われてみれば「カンフーくん」やら「カンフーパンダ」やら「カンフーダンク」やら、その手の映画が...
少林少女 (放浪映画人)
監督:本広克行 2008年公開(日本/香港) この作品では、エグゼクティブプロデューサー として「少林サッカー」の監督チャウ・シンチーさんが参加しています。 ですから、「少林サッカー」や「カンフーハッスル」の雰囲気が充分に味わう事が出来る作品に仕上がっていま...
少林少女/柴咲コウ (カノンな日々)
これってフジテレビ映画ですよね?本広さんだもんね。だから、たぶん内容もフジテレビってことで、お菓子付きの鑑賞ォ(笑)。 出演はその他に、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 +++ちょいあらすじ
少林少女 評価:★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
感想/少林少女 (EDITOREAL)
あれ、ギャグじゃないんだ!? 『少林少女』4月26日公開。中国で3000日もの修行を終え、少林拳を日本に広めるべく帰国した桜沢凛。しかし故郷の道場は見る影もなくなっていた。かつての恩師である岩井を訪ねるも相手にされず、なぜかラクロスの助っ人を始めることに。そん...
少林少女 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
柴咲コウちゃんが とっても可愛い みんみん役のキティ・チャンもとっても可愛い 後、ラクロスのユニフォームも 可愛らしいこれくらいかなぁ  印象に残ったのは (@T▽T)ラクロスなのか 少林拳なのか どっちさ凛ちゃんは ラクロスのチームに入って特訓するけ....
映画感想≪少林少女≫ (キネマ徒然草)
いや~何か凄いものを観てしまったような気がしますよ、ホント。。 <b>≪少林少女≫★</b> 監督:本広克行 脚本:十川誠志 十川梨香 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介 いやー、もう<b><font color=&q...
少林少女 (ケントのたそがれ劇場)
★☆  一体この映画は、いくつの作品をパクっているのだろうか。『燃えよドラゴン』、『マトリックス』、『少林サッカー』、『トム・ヤム・クン』、『ドラゴンボール』、『カンフーハッスル』ときりがない。 まあどのみち荒唐無稽な映画だから、パクリであろうとパロデ...
少林少女 (真性ひできちんこショボーン↓)
「少林サッカー」、「カンフーハッスル」に続いて。 「ありえねーカンフー映画」シリーズ第3弾ですかね?(゜∀゜;) 今回は、少林拳を広...
「少林少女」観てきました(´Д`) (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「少林少女」 監督:本広克行 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 中国、少林寺で三千日の修業を終えた少女がいた。 彼女の名は桜沢凛。 日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の...
少林少女 (Sato's Collection)
見ました。 実はこちらも国際線の中で途中まで見たのですが、やはり最後までみたいとレンタル。 監督は本広克行。 出演は柴咲コウ, 仲村トオル, キティ・チャン, ティン・カイマン・・・ サイトの評価は結構辛口ですが、う~ん。 しょうがないですかね~。 『少林サッカ...
【映画】少林少女…おじいちゃんは井荻麟!?リンちゃん繋がり? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
雨{/kaeru_rain/}です。昨日は晴れだったのにねぇ… 昨日{/kaeru_fine/}はお仕事だった私{/face_acha/} まぁソレも比較的上手く進行出来て{/up/}夕方には帰宅{/face_warai/} チャンとした時間に夕食{/silver/}食べて映画{/tv/}でも観ながらまったりしていた夜23時台…上...
No.153 少林少女 (気ままな映画生活)
主人公、桜沢凛(柴咲コウ)が修行を終えて日本に戻り 少林拳の普及に努める。 ところどころ、「少林サッカー」をベースにしている感じだし、 荒唐無稽なアクションも、CGもそこそこいいけど・・・ なぜか、しっくりこない。
映画評「少林少女」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆★(3点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・本広克行 ネタバレあり
『少林少女』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ中国・少林拳武術学校――三千日の修業を終えた少女が今まさにこの地を旅立とうとしていた。「日本で少林拳を広めたい」という願いを持つこの少女のことを老師たちを心配していた。それはこの少女の体には未知数の力を持つ気が潜んでいたから。それが闇の力に落ち...
少林少女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】祖父の道場を継ぐため中国の少林拳武術学校に修行に行っていた凛(柴咲コウ)が、3000日の厳しい修行を終え帰国すると、道場は潰れ、兄弟子たちは少林拳を辞めてしまっていた。単独で少林拳を広めようと決意した凛は、ひょんなことから大学のラクロス...