★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ダニー・ザ・ドッグ」

2005-07-03 02:38:21 | 映画(た行)
どちらかのブログに、この春~夏は「モーガン・フリーマン祭りだ」・・・とありましたが。
まさにっ。
この映画にも出演中でございます。
ひらりんが観た中では、「ミリオンダラー・ベイビー」「バットマン・ビギンズ」と声の出演(ナレーション)で「宇宙戦争」でいい味出してます。
まっ、この作品の主役はジェット・リーなんだけど。
2005年製作のヒューマン・アクション・ストーリー、103分もの。

あらすじ
冷酷な悪徳高利貸しのバートに子供の頃から犬として育てられたダニー。
番犬として、闘犬として。
常に首輪をはめられ、バートの借金取りに同行・・用心棒兼戦闘員として闘いに明け暮れる毎日。
ある日、取り立て先の骨董屋で見かけたピアノに興味を持つダニー。
そこで出会った盲目の黒人ピアノ調律師サムに優しく声をかけられ戸惑うダニー。
鍵盤の叩き方を教えられ調律の手伝いをし・・・少ーし、心が打ち解けはじめるが・・・

ここからネタバレ注意↓(反転モード)
主役のジェット・リー、セリフが少なーーい。
最初、「イエス」しか言えないのかと思ったよ。
ロクに勉強もさせてもらえず、闘う犬として育てられた中国系の役回りだからねっ。
ひらりんでも解る英語しか喋ってなかったです。
それにしても、悪徳高利貸しのバート。
コイツ不死身かっ?
ロールスロイスに乗車中、恨まれた相手にトレーラーで突っ込まれ・・・
マシンガンぶち込まれたのに死にませーーんでした。
この一件でダニーは監禁生活から開放・・・
骨董屋で出会ったサムのお家にご厄介になる事に。
お家には、サムの義理の娘も同居してて、これまたいい娘。
屈託の無い明るい性格でダニーに接する。
父娘に普通の生活の仕方を教わりながら、普通の人間性を取り戻しつつあるダニー。
この辺のシーンはアクション物のわりに、ほのぼの・笑えるシーン満載。
 
ところがある日、運悪く、町なかでバートの子分に遭遇。
ダニーを命を懸けた殺人試合に出し、金儲けをしたいバート。
上手いこと言って試合に引き込むが・・・
人間性を取り戻したダニーはバートの命令に背き、対戦相手を殺そうとしない。

またまた、サムのもとに逃げ帰ったダニーにバートの追っ手が。
金づるは殺さずに生け捕りに・・・という事で最初は拳銃なしの素手勝負。
でも、強すぎちゃって相手にならないので、拳銃もって追っかける事に。
母を殺した男がバートだと解った今、殺してやりたいと思うダニーだったが・・・
ここで殺してしまったら奴らと一緒だ・・・と、サムに言われ・・・
クビ絞めながら・・・してるうちにサムが花瓶を落としてバートはジ・エンド。

・それにしてもダニーの役は何歳ナンダ?
坊ちゃんみたいな服着せたり・・・。
・せっかくバートから逃げられたのに、同じ町に住んでたらすぐばれちゃうよね。
・脳裏にかすかに残ってたピアノの旋律・古びた写真から母の素性が解っちゃうのは出来すぎ。
・娘がキュート。最初は歯の矯正してながらも若く見えなかったけど、18歳の役でした。
・ひらりん的にはアクションシーンは合格点かな。
狭いトイレで一生懸命殴り合ってたり・・・まっ、ちょっとわざとらしいけど・・・。
ここまでネタバレ注意↑

いやいや、モーガン・フリーマン、ここでも超いい人でした。
ピアノの前に座ってる彼はレイ・チャールズかと思っちゃったよ・・・なーんて。

ということで今回は
ドッグ度・・・★★★
展開は読めちゃいますが、「モーガン・フリーマン祭り」を楽しんだ・・・って感じです。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (26)   この記事についてブログを書く
« ひらりん的映画雑感2005.6.29 | トップ | ★「オープン・ウォーター」 »
最新の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございます (ゆう)
2005-07-03 04:01:14
ヴィクトリアはキュートでしたね。彼女とダニーのシーンは全て心に残っています。もちろんサムとの場面も。心から素晴らしいと思える作品でした。この作品に出会えたことを感謝したいです。
はじめまして! (akemi)
2005-07-03 07:33:21
こんにちは。

トラバ返しさせていただきました。

モーガン・フリーマン、

盲目の役で、邪念がなく、

とってもよかったですよね!

最後の、ダニーが(あえて、ネクタイの具合を)どお?

と聞くシーンもよかった!
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-07-03 19:43:16
モーガン・フリーマンって、良い人の役しかやらないのでしょうか? ものすごい悪役の彼の演技を観たくなりましたよー。ジェット・リーは、とても実年齢に見えないのですが、さすがにアップになると「肌荒れてる…」なんて思ってはいけなかったかも。。。
こんばんは (lin)
2005-07-03 21:22:56
TBからお邪魔しましたw、まさにモーガン・フリーマン祭りですね。

この作品悪くはないのですがあまりの緩い脚本に若干萎えました。ベッソンB級路線ひた走りって感じですねw

此方からもTB返させて頂きます。またヨロシクどうぞ。
はじめまして! (あいあい)
2005-07-04 11:54:42
TBありがとうございました☆

私もTBさせていただきました~。

ダニーとヴィクトリアがピアノで連弾するシーンが私的には、かわいくてよいなぁと思いました。

バートの不死身さにはほんとにびっくりです!

いっぱい映画観られてるのですね。私も映画大好きです!またお邪魔させていただきます~(*^_^*)
映画好き (アグネス)
2005-07-04 12:17:05
TB有難うございます。

私も映画好きです。

なかなか良い感想はかけませんが・・

また、遊びにきてください。
こんにちは!! (Gouta)
2005-07-04 13:33:21
トラックバックどうもです。

もともとイラストのブログなんですが、私が映画好きなため映画のカテゴリーも始めてみました。



最近はアクション映画でも背景とか綺麗なのでいいです。

ピアノも綺麗ですし。

それに反して荒々しいアクションがよかったです。
次回は悪党モーガンを希望! (ココ)
2005-07-04 16:40:27
毎度TBありがとうございます♪

この機会にほかの作品でもTB頂きました、ご了承下さい

モーガン・フリーマン祭、まさにその通りですね!

「宇宙戦争」のナレーションもしているとは知らなかったので、彼の声が流れてきた時はなんだかまた会ったね!と他人とは思えない懐かしさを感じてしまいました(笑)

それにしてもボブ・ホスキンスが最高でした!

コメディから悪役から幅広く演じられる名優さんだと思います♪

ジェット・リーも過去の作品(アメリカに渡ってからの)に比べたらちゃんと演技できてたと思いました(笑)
こんにちわ。 (yosssy)
2005-07-04 21:26:29
TBありがとうございます~。

まぁそこそこ面白かったですネ。

ジェット・リーのアクションをもっと観たい~って気もしましたが、ドラマとしてのバランスを考えれば、ちょうど良い配分だったとも思いまス。
はじめまして (guri)
2005-07-04 21:36:21
TBありがとうございま~す

いろんな映画の詳しい内容や感想がわかっていいぺ~ジですね

これからも参考にさせていただきます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事