★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「オールド・ボーイ」

2005-05-14 03:38:26 | 映画(あ行)
韓流ブームに乗っかって・・・ってわけじゃないけど・・・
去年、評判の良かった作品なので見てみようかなっ・・・って事で。
カンヌ映画祭でも審査員特別グランプリ?を獲得してるみたいだしーー。
2003年製作のミステリー・サスペンス、120分もの。
 
あらすじ
普通のサラリーマン、オ・デス。
娘の誕生日に突然、誘拐・監禁される。
15年監禁された後、突然開放される。
街で知りあった女・ミドの助けを借りて犯人探しを始める。
二人は引き合わされたように仲がよくなり歳の差カップルが誕生・・・。
そんな二人の前に、謎の男・ウジンが現れる。
「監禁された理由を5日以内に解き明かせ・・・」と。
お互いの命を懸けたゲームが始まった。

以下ネタバレ注意↓(反転モード)
これ、原作が日本のコミックらしいね。
それにしても、監禁屋があって15年も預かってるって言うのも凄い話。
真相を探っていくうち、オ・デスの高校時代の話がカギと解る。
目撃してしまった同級生の女の子とその弟の愛撫シーン・・・
おしゃべりだったオ・デスのおかげで噂が広まってしまった?
そしてその女の子の死・・・自殺??いや殺し??
謎の男・ウジンはその弟そのものだった・・
その恨みからオ・デスを15年監禁し、よからぬ催眠術をかけたのだ。
それにしても監禁中・・・まぁテレビも見れるし一室与えられてたので軟禁状態って感じだったけど・・・
性的欲求もアリアリだしーーー、
体鍛えちゃって超強くなっちゃったし・・・ヘンな監禁・・・だったね。
出所???して出会った女性にも催眠術がかかってて・・・
二人は恋に落ちる運命だった・・・のもウジンの策略。
オーーー恐っ。
そして、監禁された理由がウジンの姉の件と解り彼のオフィスに乗り込むオ・デス。
そこで衝撃!!!!の事実発覚。
彼のいま愛する女性・ミドは自分の可愛い娘だと知らされる。
ショック・・・誰にも言わないでーーーー。
自分の娘とやってしまった父親のショック・・・想像を絶します。
何でも言う事聞きます・・・
あなたの犬になります・・・ワン・ワン・ワン。
おしゃべりな舌も切っちゃいます・・・。
とウジンに切望する父親、オ・デスの姿は惨めであり超人間臭くて泣けてきます。
そんな姿を見て、ウジンの復讐は終わり、彼は自ら命を落とす。
ミドにはその事実は知られず「おじさん、おじさん・・」と呼ばれるオ・デス。
ホントはお父さんなのにーーー、、、せつなーーい。
ここまでネタバレ注意↑

真相を探るまでは結構ユーモラスな展開。
真相を突き止めてからは超衝撃的な展開。
という事で今回は
オール度・・・★★★★
ひらりんのこともオールド・ボーイと呼ばないでーーー。
 
これにて「~ボーイ」三部作は完結かなっ。
1本目「ヘル・ボーイ」、2本目「スチーム・ボーイ」も見てみてね。
でも「オールド・ボーイ」が一番インパクト強いね。
恐るべき韓国映画。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (17)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
« 「グッバイ、レーニン!」 | トップ | ★「キングダム・オプ・ヘブン」 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-05-17 01:37:57
あまりにも衝撃的、刺激的な内容で、わりと何でも真面目に考えるタイプの自分には、ショックが大きい映画でした。が、映像は、かなり凝っていて芸術的ですらあったと思います。タランティーノが大絶賛したのが、よくわかりました。劇画を映画にしたら、こうなる…って感じでしたから。
こんにちは。 ()
2005-05-17 19:19:48
TBありがとうございました。

強烈な余韻を残す映画でしたね。
TBありがとうございます! (タコ壺)
2005-05-17 22:52:51
ところどころ惜しかったとはいえ、見ごたえのある作品でした。

韓国映画=韓流=ちゃらい、と思っている人に、こんな映画もあるんだよと見せてあげたいなあ。おせっかいですが。

こんにちは (jerico)
2005-05-19 01:41:54
TB有難うございました。

移転先から張らせて頂きますね。



バグってTB重複しちゃたみたいですので、すみませんが削除お願いします。
インパクトが強すぎてビックリ。 (可愛い英子)
2005-05-21 19:20:47
何故男が15年間監禁されていたか、男に復讐しようと画策した彼の悲しみも理解出来る。

しかしやった事は道徳に反するし、自分の病んだ心のはけ口にした事が許せない。

最後は何も生み出さない、彼は自分をも抹殺して苦しみから逃れた。

男は絶望の中で、記憶を抹消することで救われる。

近親相姦をテーマにしたのは厳しいが、演技は鬼気迫る素晴らしいものだと思った。

原作の日本の漫画では、近親相姦のストーリーは存在しない、オールドボーイ独自の発想。
ぞっとした (がみちゃん)
2005-05-23 15:44:00
昨夜見ました。

怖かった・・・・・

っていうか最初はぐんぐん引き込まれ・・最後はいやーーーーーーーーーなき持ちになってしまった。。



復讐劇 最悪でした。。自分に置き換えたらぞっとします。。



>これにて「~ボーイ」三部作は完結かなっ。

1本目「ヘル・ボーイ」、2本目「スチーム・ボーイ」も見てみてね。



私も興味あります。ホラーなんですか?

あと、ホラー好きでしたら、【テキサスチェーンソー】を大オススメします。是非見てね。

日記かいたのであそびにきてください。
映画・映画・映画 (wasewase)
2005-05-29 01:57:47
はじめまして。こんばんは。

「ある在日コリアンの位牌」さんから飛んできました。謎が解かれるにつれ、せつなくなる映画でしたね。TBさせて頂きます。これからも宜しくお願いします。

こんにちは (み)
2005-05-31 16:00:21
TB、ありがとうございます。



意外と、最後は、「お父さん」って言うかなぁと思ってました。
ありがとうございます。 (shino)
2005-06-01 11:40:54
はじめまして。

TBありがとうございました。

韓国映画の展開には、いつも度肝を抜かれるのですが、つい見てしまうのですよね。

「ボーイ」三部作とは、楽しい!

ほかの二つも、ぜひ見てみますね。

衝撃的であまりにも悲しい。 (itao_chan)
2005-07-13 12:04:15
この映画、すごく衝撃的でせつなく、あまりにも悲しいですね。

主役の人生だけはまねしたくないです。

彼の心中を考えただけで、心が締め付けられるようでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

73 トラックバック

オールド・ボーイ (Cinema Review)
Oldboy ・・・・・ 公式ホームページ (監督:パク・チャヌク) ☆☆☆☆☆ ・カテゴリー: サスペンス>ミステリー>クライム ・上映時間:120 分 ・制作:韓国(2003) (日本での公開日/2004・11・6) ・ストーリー: 1988年。妻と一人娘を持つ
『オールド・ボーイ』(チェ・ミンシク/ユ・ジテ) (Rappikoの映画生活)
これからは韓国映画をしっかりチェックしなきゃ!と思ったほど衝撃の作品です。TVCMや予告編でもかなり印象的ですね。あの予告編が気になった人は期待を裏切らないので、ぜひ見てみてください。
オールドボーイ (映画館) (ひるめし。)
お前は誰だ!?なぜ俺を15年監禁した!? 中盤までよかったのに、最後の終わり方が意味不明だった。途中、目を背けたくなるようなシーンもあったけど、ぼちぼちおもしろかった。 ウジン役の人がどっかで見たことのある顔で、ウジンを見るたびに気になってしょうがなかった。
オールド・ボーイ (impression)
なんて力強い映画なのだろう。 最初からグイグイと最後まで引き込まれる。息つく暇なんてありません、この映画は傑作です。 こんな力強い作品って今までたくさん、たくさん私は映画観てきたが、そうはお目にかかれない。原作:土屋ガロン(狩撫麻礼)画:嶺岸信明によるコ
オールド・ボーイ (cococo)
DVDを購入しました。刺激的でした。原作が日本のコミックとは知らなかったのですが
オールド・ボーイ・・やっと見てきました。 (ぷち てんてん)
今日は、レイトショーで「オールド・ボーイ」が始まったのです。こちら、地方なんで遅いでしょ。しかも、一週間しかやらないし、毎晩レイトショーなんですよ。たぶん、若い人を目当てに時間を設定してあると思うんだけど、ちょっと時間が遅くてね~~、私にとっては。しか...
オールド・ボーイ (メモ)
「OLDBOY」2003年 韓国 120分 監督 パク・チャヌク 原作 土屋ガロン 嶺岸信明 撮影 チョン・ジョンフン 出演 チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン チ・デハン キム・ビョンオク カンヌ映画祭:グランプリ(審査員特別大賞)
オールドボーイ (キャバリア映画館)
2003年 韓国監 督  パク・チャヌク(JSA/復讐者に憐れみを/CUT)出 
『オールド・ボーイ』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『オールド・ボーイ』、観ました。 ごく平凡な人生を送っていた男“オ・デス”が突
オールドボーイ (Akira\'s VOICE)
復讐心に支配されて醜くなってゆく人間の虚しい物語・・
オールド・ボーイ (Cat Tail * cinema)
オールド・ボーイ プレミアム・エディション 原作:土屋ガロン 監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン 他 公式HP レビュー ごく平凡な人生を送っていた男オ・デスはある日突然誘拐され、理由も分らないまま15年間もの間監禁さ
オールド・ボーイ (Imagination From The Other Side)
土屋ガロン&嶺岸信明原作の日本のマンガを「JSA」のパク・チャヌク監督が映画化したサスペンス。2004年度カンヌ国際映画祭で「華氏911」のパルムドールに次ぐグランプリを獲得し、タランティーノから「本当はオールド・ボーイにパルムドールをあげたかった」とまで言わせ...
オールドボーイ (cube1555.com)
思いっきりネタバレあり!この映画が好きな人と、まだ観てない人、ご了承ください。オ・デスという名の男が、いきなり監禁された。なんでかは、本人も全然わからない。必ず、脱出してやると、体を鍛え、地道にお箸(なんと!)で壁を削り、15年後。もうちょっとで出られる...
オールドボーイ (CAMARO BLOG)
前から観ようと思っててなかなか拒がなかったけど、やっと観れた。 すごい重たいストーリー。 関西弁でいうと、えげつないシーンがいっぱい。 もしかしたら、SAWよりえげつないかも。 原作の匁を知らないけど、きっと劇画で描かれてそう… まぁ、作品としては良くできて.
『オールド・ボーイ』の力技 (Days of Books, Films)
韓国映画のパワーをまざまざと感じさせる作品だった。1980年代から東アジア映画を
★★★★「オールド・ボーイ」チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・... (こぶたのベイブウ映画日記)
テラテラした血生臭さを感じる。鬼気迫るオ・デスのパワーが凄い!犬になったり、舌を切ったり、熱い迫力があり、爆発した男だった。イ・ウジンは姉を失ったやりきれなさ、怒りの矛先を、きっと誰かに向けたかったのだ。お喋りで人生を狂わせたオ・デス。復讐が生き甲斐だ...
オールド・ボーイ (ある在日コリアンの位牌)
タイトル: オールド・ボーイ プレミアム・エディション  2004年、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した話題作。原作は日本のコミックです。  主人公のチェ・ミンシク(「シュリ」出演)は、突然、拉致され15年間、監禁されます。誰が? 何のために? 
「オールド・ボーイ」 (the borderland)
個人的にこの秋一番の期待作、それにたがわず強烈な印象を残す復讐劇。 拉致され理由も解からず監禁されるという冒頭シーンから、見ているほうは???の連続、謎が謎を呼びかなり濃いんだけど、起承転結がはっきりしているので、見終わった後に消化不良にならない。そし
「オールド・ボーイ」は凄かった! (タコ壺)
かねてから観たかった「オールド・ボーイ」を見に行った。 物語の主人公オ・デスは突然、監禁される。理由もわからない。どのくらい監禁されるのかもわからない。監禁されたのはベッドとテレビだけの狭い部屋で、窓もなく、食事はトビラに付いた小さな小窓から差し出され
[映画]オールドボーイ (arrr@blog)
[映画] 本数:2004_58/100(目指せ年間100本!!もう無理です。多分60も危うい。) 鑑賞日:2004/11/29 題名:オールドボーイ 場所:錦糸町 ジャンル:ミステリー+サスペンス 寸評or感想: 井筒監督絶賛でしたは此方↓ http://www.tv-asahi.co.jp/tiger/ 確かに物凄く強烈。 SAW.
オールド・ボーイ (就活とか、人生とか?)
オールド・ボーイいいですよね! トラックバックさせて頂きました。
映画 『オールド・ボーイ』 (Doors open at 10 p.m.)
2003年韓国映画。 「もう観ましたよ~」という人が、多いと思うので、すっきりとネタバレで、いきなり辛口で呟きます。※まだの方、ネタバレしてます。
『オールド・ボーイ』を観た (サムライ)
理由もわからず15年間監禁された男に、謎の男がある「ゲーム」をもちかける韓国映画”オールド・ボーイ”を観た縷 タランティーノ監督が絶賛していた作品だ スピード感があって、途中で集中力が途切れることも無く一気に観たという感覚だ。 でも何.
オールドボーイ ★★★ (切腹!)
ありがとう、おじさん…観終わって映画館を出た後、口の中が不快でおぼつかなかった。殴られ、蹴られ、ボコボコにされた後の如く、ゴベッという音と共に血反吐を吐き出し、その血反吐の中に歯が何本か混ざってるんじ...
オールド・ボーイ (のんびり映画日記)
「シュリ」の北朝鮮工作員役で印象的だったチェ・ミンシクが主演で、カンヌ映画祭グランプリ受賞ということでとても楽しみにしていた映画です。 で、見ました。 期待以上のスゴさで、一瞬も気がぬけないまま圧倒されまくった2時間。見ている間、体に力が入りすぎてしまっ
『オールドボーイ』に韓国のディープサイドをみた。恐るべしキムチパワー。 (蛇の目みしん)
『オールドボーイ』をみるみるみるるるるる。 カンヌで賞取ったとかなんとか。 井筒が「むっちゃおもろい!これが映画や!」とかCMで宣伝してて萎えたんですが ストーリーがなんか惹かれるものがあったので。 パッケージにタランティーノがカンヌで絶賛!とか書いて
オールド・ボーイ (Film Rider)
オールド・ボーイ プレミアム・エディション あと味は・・・
【 オールド・ボーイ 】 ( ☆☆ つぶつぶみかん ☆☆)
【2003年 韓国 】 監督 :パク・チャヌク 出演 :チェ・ミンシク  ユ・ジテ  カン・ヘジョン 他 話題作ですね。 2004年のカンヌ映画際でグランプリ受賞作。 作品を観ようかどうか迷う時だけ 賞を頂いたかどうかも少しは 背中をおしてもらう目安
「オールド・ボーイ」 (るるる的雑記帳)
「オールド・ボーイ」を観ました(本家・fab*funにもup)。
『オールド・ボーイ』はてさて何ガロン? (凡人の自伝 ≠ ハマー)
予告通り、今回はカンヌを制した一味違うらしい韓流映画。オールドボーイです。 オールド・ボーイ プレミアム・エディション / ジェネオン エンタテインメント ISBN : B0007INYIU スコア選択: ※※※※ 初見の感想。 あぁ…確かにタランティーノのおっさんとか、
オールド・ボーイ (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → オールド・ボーイ1988年、平凡なサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は何者かに誘拐、監禁され、何と15年もの歳月を経て突然解放された。なぜこのような仕打ちを受けたのか真相を突き止め復讐すべく、すぐさま彼は行動に移すのだが…。原作は日
オールド・ボーイ ( . . . Favorite)
オールド・ボーイ プレミアム・エディション 올드 보이 序盤から興味を引く内容で、グイグイ引き込まれていきます。 それに主役の3人チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘギョンの演技も最高。 - こっからネタばれ有 -
オールド・ボーイ (ハードでルーズな生活)
試写会でオールド・ボーイを観た。狩撫麻礼のファンであるなら,すぐに察しがつくように,このブログのタイトル「ハードでルーズな生活」は,彼の原作による『ハード&ルーズ』(作画:かわぐちかいじ)をもじったもの。狩撫麻礼はとても好きな原作者の一人だ。 となれば
DVD『オールド・ボーイ』 (みかんのReading Diary)
オールド・ボーイ プレミアム・エディション(2003/韓国) 2004年度カンヌ国際映画祭グランプリ作品。 ごく平凡な人生を送っていたオ・デスはある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。理由も分からぬまま15年監禁され続け、突如解放される。復讐を誓うデ
オールド・ボーイ (PICO*THEATRE)
何のための復讐か。誰のための愛なのか。憎しみに終わりはあるのか。好き度:★★★★★「すごいものを観てしまった…」と思いました。流石韓国、R-15だけあって暴力描写がすさまじいです。これだけでもう凹む人もいそうです。個人的にトンカチにブルブルしました…。怖い
映画::オールド・ボーイ (Creative*Company)
理由もわからず、15年間監禁された男の物語。俺がこの映画を知ったのはナインティナインのオールナイト...
「オールド・ボーイ」 (映画・映画・映画)
 ご存知、2004年第57回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した、我が日本が世界に誇る(?)「マンガ」が原作となった作品です。チェ・ミンシクがいい、ユ・ジテがいい、カン・ヘギョンもいい。役者の演技がこれだけ良くて、脚本も構成もしっかりしてい
『オールド・ボーイ』 (み 映画&ビデオ・DVD 記録)
2003年/韓国原題:OLD BOY製作総指揮:キム・ドンジュ製作:イム・スンヨン監督:パク・チャヌク脚本:ファン・ジョユン/イム・ジュニョン/パク・チャヌク原作:土屋ガロン/嶺岸信明撮影:チョン・ジョンフン美術:ユ・ソンヒ音楽:チョ・ヨンウク衣装:チョ・サンギョン
オールド・ボーイ(2003年) (Bell Epoque)
 最近、映画ファンと話をすると、たいがい韓国映画の話題になる。そしてそのとき、非常に頻繁に遭遇するのが、「とにかくすごい話」というフレーズだ。  とても信頼している映画友だち、りでぃあさんがイ・ビョンホンの『甘い人生』のことを話してくれたときも、そうだっ
最近見た映画→「オールド・ボーイ」 (まだ★大丈夫)
やはり劇場公開時見とけばよかったと後悔。過酷な映画ですが素晴らしいデキ。主演も監督も大変なエネルギーと美意識を持っていなければここまで到達できなかったはず。韓国映画と日本映画の差はここまで開いてしまったんですね・・・原作が日本匁なのでちょっとサビシイです.
オールド・ボーイ (AML Amazon Link)
オールド・ボーイ
オールドボーイ(OLD BOY) (映画と音楽な私)
~雨の中突然誘拐された一人の男,  開放されたのはなんと15年後だった  この男はなぜそんな目にあわされたのか?~ 結構楽しめるストーリ ちょっと以外(でもない?(^^;)な展開がおもしろい そんな作品です(^-^) なぜこのような目にあわされるのか... なにも聞かされず.
オールド・ボーイ (mumble to oneself...)
色んな意味で、衝撃的な映画です。。。 日本の漫画を元に、韓国の監督が映画化したんですって。 後から知ったんですが、タランティーノ監督が絶賛したとかで、2004年度のカンヌ国際映画祭グランプリを獲ってます。 ----------- フツーの酔っ払いサラリーマン、オ・デス
オールド・ボーイ (いつか深夜特急に乗って)
「オールド・ボーイ」★★★★(盛岡フォーラム3) 2003年
【映画】オールド・ボーイ (としの備忘録 ~最近物忘れが激しい)
オールド・ボーイ見ました。 韓国映画勢いあるなー、原作は日本の漫画とのこと。テンポ良くて面白いけど、エグいし痛い、後味も悪い。
■「オールドボーイ」■他人にススメてはいけない映画(7) (他人の迷惑カイリー・ミノーグ)
ショッキングな映画だ。韓国映画のレベルの高さがショッキング。日本の漫画が原作だが、日本で映画化されていたら、こんな面白くはなかっただろう。(主人公は竹中直人あたりか?)しかし、娘のいる父親(ボクもその一人だが...)には特に内容がショッキングなので、お勧...
オールド・ボーイ (猫姫じゃ)
オールド・ボーイ   原作は、日本の漫画なのね。 おもしろいんだケド、なんかねぇ、、、 ラストまではほんとに、引き込まれて見てしまいましたが、 最後の方は、よくわかんないわ。 自分の記憶を消したってこと?? みんな救われない、、、 映画としては、絵も
映画鑑賞感想文『オールド・ボーイ』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 トンカチって武器になるよな。『OLDBOY/オールド・ボーイ』を観たよ。 監督は『JSA』パク・チャヌク。出演はチェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン。日本のコミック(土屋ガロン)の映画化です。 こりゃフランス映画だ。というのがさるおの感想。韓国映画.
『オールド・ボーイ』 (2003/韓) (アントニオの木)
『オールド・ボーイ』   原作:土屋ガロン 監督:パク・チャヌク チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン     突然15年間もの間監禁された男。 なぜ監禁されたのか、誰に監禁されたのか。     凄い! 凄まじい!   時折垣
オールド・ボーイ (SmallTalk)
『オールド・ボーイ』(2003年/韓国 原題:OldBoy)を見た。カンヌ国際映画祭グランプリを受賞、ハリウッドでのリメイクも決まっている、ということで、前から見たいと思っていたもの。これは・・・予想以上にスゴイ作品でした。あえて、“スゴイ”という言葉を使ったの...
君は目をそらさず見れるか?~「オールドボーイ」 (絵描人・花小金井正幸デイズ)
15年の監禁から突然解放された男。 日本漫画原作、韓国ムービー「オールドボーイ」をレンタル。 不快、痛快。痛快、不快。ドギツイ感情。 史上最悪の敵。 死ぬ以上の苦痛。激痛。 原作漫画を遥かに超える、超激辛キムチ味。 「映画はハッピーエンドに限る。派」
映画を見たで(今年99本目)-OLD BOY- (デコ親父は減量中)
監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン 評価:98点(100点満点) 2004年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したこの作品。 今更見たのか、と言われそうですが、そうです、今更見ました。 もの凄いインパクトです
オールドボーイ(11月2日号) (韓国エンタメ!KoreaKorea)
「日替わり韓国情報ビビンバ」火曜日は韓国エンタメコンテンツのご紹介の日。 本日は
オールド・ボーイ (シネマ~ニャ。)
2003年 韓国 【出演】 チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン 【あらすじ】 妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日にいきなり誘拐され、狭い部屋に監禁されてしまう。理由も知らされないまま監禁
オールド・ボーイ 「ネタバレ有り」 (ゲイを晒す♪)
去年のカンヌ映画祭のグランプリを受賞した韓国映画「オールドボーイ」を観た。原作は意外なことに土屋ガロンと言う日本人のようだ。公開時からかなり話題のあった映画だけに、DVDがリリースされた後も貸し出し中が続いた状態で、その人気ぶりが伺えた。 映画の内容は理由も
OLDBOY (NEVER MIND )
OLDBOY  親しくしてもらっているブロガーさん数名が記事にしていて気になっていた作品。韓流ブームと言われているが、そんな枠を越えてます。タランティーノが好きというのも頷ける内容、そして描写。 ・・・・過激な表現が幾つかあるので、心臓の悪い方にはお薦めできな
映画「オールドボーイ」 (韓流に流されまくり!!)
ラブコメを楽しめないのでこの映画を観てみました。ただただすごい!!すばらしい作品です。なんだかずるずる作品に吸い込まれてしまった。 普段このようなミステリーとかサスペンスみたいな映画は観ないけど、観てよかった。何がすごいかといったら、オ・デス役のチェ・ミン
CINEMA●STARR 「オールド・ボーイ」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 パク・チャヌク 出演 チェ・ミンシク、ユ・ジテ、他  妻子持ちのサラリーマン、オ・ジスは、飲んだ帰りに誘拐され、15年間監禁される。釈放されたオ・ジスは、復讐と監禁された理由を知るために、見えない敵に戦いを挑む。  いてて・・。ストーリーも過激な.
オールド・ボーイ (カフェビショップ)
オールド・ボーイ 復讐という名のガソリンが人を突き動かす。 復讐ってやり遂げたところで、何かあるわけでもないんですよね。 復讐すること、そのものが目的であって、完遂されたところでどうにもならん。 気分が晴れるわけでもないし、失ったものが戻ってくることもな
【DVD】オールドボーイ (イーヨーのミミ)
STORY雨の日、電話ボックスの前で攫われた。窓の絵がかかれた小さな部屋。毎食、餃子がおかず。テレビは友達で、教師で、色々な話をしてくれる。だけど、問いかけには答えてくれない。妻が死んだ。テレビは色々なことを教えてくれる。監禁されていて、妻を殺すどころでは...
「オールド・ボーイ」 (雑板屋)
復讐・・・あだをかえすこと。あだうち。しかえし。 言葉の意は容易に理解できるが、本物の復讐はなかなか実現しないし実行できない・・と思う。 けれど、そこは漫画と映画の世界!永く根を持つ復讐心が復讐心を招き入れ、泥と沼の復讐の愛憎劇と化す。 人を憎み続ける.
<オールド・ボーイ[R-15指定]>  (楽蜻庵別館)
2003年 韓国 121分 監督 パク・チャヌク 製作 キム・ドンジュ 脚本 パク・チャヌク  ワン・ジュヨン    イム・ジュンヒュン 撮影 チョン・ジョンフン 音楽 イ・ジス  チェ・スンヨン    シム・ヒョンジュン 出演 オ・デス:チェ・ミンシク   
オールド・ボーイ (映画鑑賞★日記・・・)
突然、理由も分からず拉致・監禁された男・デス。15年後に解放された彼は、知り合った女性・ミドの力を借りて復讐を決意するが、そこには想像を絶する策略が隠されていた。 ひゃーっこっこれはなかなか面白かったです。私が今まで見た韓国製作ものとしては、一番良かった
オールド・ボーイ (Addicted to the Movie and Reading!)
オールド・ボーイ/OLDBOY 2003年/韓国/120分 監督: パク・チャヌク 出演: チェ・ミンシク/ユ・ジテ/カン・ヘジョン 公式サイト DVD情報はコチラ 平凡なサラリーマン、オ・デス。酔って暴れた帰り道、彼は突然何者かに拉致され、監禁されてしまう。衣食住に
オールド・ボーイ (ミケの映画生活)
期限はわずか5日間。 評価:♡♡♡ 2004年12月1日鑑賞(名古屋・TOHOシネマズにて)。予告で見て、サスペンスっぽかったので行ってきました。 内容:1988年、ある雨の夜。平凡なサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は酔って暴れ、警察の
オールド・ボーイ (映画かよ!)
製作年度・製作国・上映時間 2003年・韓国・120分 監督 パク・チャヌク 出演 チェ・ミンシク 、ユ・ジテ 、カン・ヘジョン 、チ・デハン 、キム・ビョンオク他 STORY カルト的人気を誇る
「オールド・ボーイ」 (ぱんだりあん)
STORY 突然何者かに拉致され監禁された男、オ・デス。 理由もわからないまま15年もの間監禁されたオ・デスは ある日突然開放される。 監禁された理由を求めて、オ・デスは犯人を追い詰めていく。まるこ’sコメント 衝撃的なストーリー! 残酷な描写が多くて、見て...
オールド・ボーイ (39☆SMASH)
『オールド・ボーイ』 あらすじ 『妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日にいきなり誘拐され、狭い部屋に監禁されてしまう。理由も知らされないまま監禁は続き、その間食べる物は与えられたが、外を見ること...
オールド・ボーイ (BLACK&WHITE)
【OLDBOY】2003年/韓国 監督:パク・チャヌク   出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、キム・ビョンオク いきなり拉致され一室に監禁された男。 誰が何の
オールド・ボーイ ~ ソウを彷彿させるトリックバイオレンス ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ ソウを彷彿させるトリックバイオレンス ~ 韓国映画でありながら、原作は日本で連載された同名コミックの映画版。簡単に言ってしまうと、15年間不法に監禁された男の復讐の話です。 2004年のカンヌ国際映画祭で見事グランプリも獲得したほどのこの作品、『キル・...
オールドボーイ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
どんでん返しの衝撃度とストーリーの斬新さは超弩級。役者の演技は超一流。しかし。人にお勧めするのをためらう映画ナンバーワンだ。なぜなら,後味の悪さが半端じゃないから。観賞後は人によっては再起不能なほど落ち込んだり,吐き気をもよおしたりするかもしれない。...
オールド・ボーイ (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
       = 『オールド・ボーイ』 (2003) = ごく平凡なサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は、ある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。 理由も分からぬまま15年も監禁され続け、突然解放される。 復讐を誓うデスの元に現れた、謎...
オールド・ボーイ (mama)
OLDBOY 2003年:韓国 原作:土屋ガロン、嶺岸信明 監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、キム・ビョンオク 妻と一人娘を持つ平凡 ...