★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「男たちの大和/YAMATO」

2006-01-18 02:38:04 | 映画(あ行)
なんか、興行収入50億見込んでるらしいので・・・
遅まきながら観てみる事に。
ひらりん、戦争映画苦手なんだけどなぁ・・・・・・・・・・。
主演は反町隆史中村獅童
2005年製作の戦争ドラマ、145分もの。

あらすじ
2005年4月、鹿児島県枕崎漁港・・
戦艦大和が沈む海域まで船を出してくれと頼みに来た女性。
彼女は大和の乗組員・内田の娘・・・
それを知った老船乗り・神尾もまた大和の乗組員。
彼女を乗せてその海域に向かう事に・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1945年4月7日だったかな・・・
大和が沈没したのは。
戦後60年の節目・・・3000余名が戦死した大和沈没。
その生き残り兵の内田(中村獅童)は、何人もの子を養子として育てたという。
そんな話を船中でしながら・・・船長・神尾は昔を回想する・・・

神尾は下っ端も下っ端・・・入りたての少年兵15歳。
大和出航で初めて海軍兵になった。
お国のために少年にまで戦に出されるご時世だったんですね。
昭和16年に真珠湾攻撃で第二次世界大戦に突入・・
快進撃で占領地域を拡大していったけど・・・
しかし、18~19年頃には形勢逆転、
どんどん攻め込まれてきていた状況。
資源のない国が禁輸されたら、ひとたまりもありません。
(それは今現在でも同じ事だよね)
そして沖縄陥落・・・
奪回目的で大和出撃・・・しかし片道燃料しか積まない、いわば特攻出撃。
悲しすぎます。
一説には、帰りの燃料も積める手はずだったけど・・・
あえて片道燃料のみで出撃した・・・って話もある。
そう、その気迫・・いや、精神をもって戦え・・という事か。
しかし、この映画の主人公達は・・・
おおむね、そういう精神で戦え・・・でも死ぬな・・・という気持ち。
料理長みたいな役だった反町くんと、
熱血漢の獅童くん。
柔道2段同士の好敵手が少年兵の見本となって、よく面倒を見てました。
船中・戦中の集団生活では、
むちゃくちゃな上官はいるし・・・
連帯責任だし・・・
いつ誰が死ぬかわからないし・・・

沖縄到着のはるか手前で、もう既に敵機襲来・・・
護衛の飛行機が一機もない状態で防戦一方。
必死に弾を込め、ぶっ放すけど・・・
傾きだす大和・・・
内田は神尾に、「総員退避の命令が出たら、すぐに艦を降りろ」と言う。
生きる命があるから、死ぬ事が出きる・・・と言ったのか。
全員死んだら、新しい国も作れないし。
結局、船からほっぽり出され神尾も内田も助かった。
熱血漢の内田は大和初戦のレイテ沖海戦で重症を負って船を降りてたのに、
最後の出撃と知ってこっそり乗船・・・ちょっとありえなそうだけど・・・
死に場所は大和・・・と決めていただけに・・・生き残っちゃって。
死ぬも地獄・生きるも地獄だったでしょう。
だから、戦争で身寄りのなくなった孤児などを引き取ったそう。
その彼が亡くなって・・・養女の娘が遺骨を大和の沈んだ場所に散骨・・・
戦友のもとに返してあげた・・・
というお話でした。

過去にあった戦争の悲惨さは、語りついでいかなくちゃなりません。
決して美化することなく。

映画については、
戦艦大和の実寸大セットを組んだだけあって、迫力アリ。
甲板で相撲・柔道・剣道を訓練の一環としてやってる風景は日本ならでは。
戦局悪化を伝える映像が、映画ニュースみたいな映像でイマイチ。
さすがにその場面(敵が攻めてくる場面)なんかは作る予算なかったのかなっ。
唯一のヒロイン、若き日の神尾の幼なじみ・妙子を演じてた蒼井優が良かったね。
「そら」もいいけど、やっぱ「優」でしょ。
人間・・・死んじゃ、いけんよっ。

ここまでネタバレ注意↑

苦手な戦争モノ・・・なので、上手いコメントができませんでしたね。

という事で今回は
戦争ドラマ度・・・
生きてるからこそ、新しいものが生まれてくるんですね。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (21)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
« 「ジュマンジ」 | トップ | ★「THE 有頂天ホテル」 »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
申し訳ありません (はたちゃん)
2006-01-19 22:40:45
申し訳ありません。

TBを間違えて別の記事に貼り付けてしまいました・・・すいません。

TBさせていただきました。 (マキタマン)
2006-01-25 13:28:08
興行収入のためにも見にいってあげるなんて、とってもえらい!と思います。
TBありがとうございます (ミチ)
2006-01-25 19:21:37
こんにちは♪

戦争映画苦手だったんですね~。

私は戦争映画は却って義務のように見に行ってしまいます(汗)

この作品は決して戦争を美化することなく作ってあったのでたくさんの人に見て欲しいな~と思っていたら、大ヒットじゃないですか!

特に若い人、学生さんに見て欲しいです。
こんばんは! (ふくちゃん)
2006-01-25 20:06:11
TBありがとうございました。

戦争の悲惨さは、決して美化することなく語り継いでいかなくてはいけない。

ほんとうにその通りだと思います。この映画を見る前はへんに美化されているんじゃないかと、その点が心配でしたが杞憂でしたね。

ヒットしているとのこと、うれしいです。



「THE 有頂天ホテル」とともに、TBさせてもらいました。

はじめまして! (みぃママ)
2006-01-25 21:08:32
こんにちは。TBありがとうございました。

私も戦争映画はちょっと苦手なのですが、

男たちの大和はじっくりしっかり観させてもらいました。

やはりこの映画、皆さんが関心あるようで、

大ヒット!! 嬉しい限りですね。

試写会から暫く経つので、また劇場で観たい映画の1つです。

TBありがとうございます!! (とけい)
2006-01-26 16:59:01
はじめまして。

私も、戦争映画苦手です。

過去にあった事、まんま語り継いでいく事って、意義あるのでしょうか??

現代風にアレンジして、現代人の心に上手く入ってこないと、

過去の事実も報われない気がします。。。

かといって、アレンジにアレンジを重ねられ続けて、

原型が忘れられてしまうのもいけないのでしょうが。

難しいです。
Unknown (BOOK)
2006-01-29 14:15:31
このブログ読んでみて優しい眼差しの感じがしましたよ。



内田氏は三重県四日市市に実際にすんでおられた方です。

とても立派な方でした。



怪我してるのに艦に帰って来る話も史実です。

今の世の中で生きていると上記の話はウソに思えるでしょうね、でも史実です。

昔は『男意気に感じる』とかいろいろあって今では信じられないような情実がまかり通っていました。

現代の担当者なら後で責任を問われるのが怖くて絶対に帰艦を認めなかったでしょうね。



でも、昔はこう言う事っていくらでも有ったんです。



余りにも史実に忠実すぎてウソ臭くなる典型の映画です。

『死に方用意』の話や長島一茂の臼渕大尉の話、乗艦を殴った話・・・など映画の作り手が史実であることを知っているがために史実であることを伝えることが、疎かになったんでしょうね。





とても残念です。

Unknown (たやけん)
2006-01-30 11:34:12
こんにちは\(^o^)/

「韓国映画&韓流スターサランヘ」の管理人の「たやけん」と申します。m(__)m

私はチョン・ジヒョンさん、ソン・イェジンさん、イ・ビョンホンさんたちのファンで韓国映画を中心に鑑賞しているのですが、この作品は鑑賞に行きました。

私の祖父が第二次世界大戦に海軍として行っていまして、そのときの話を少し聞いているので、その映像をそのまま観ているような感じがして悲しさとつらさが心の底からこみ上げてきました。

鑑賞中、前半戦から号泣し通しだったのははじめてのことのように思います。

二度と戦争が起こらない世の中になることを心の底から願いたいと思います。m(__)m
TBありがとうございました。 (doll02)
2006-02-03 11:17:43
私もあまり過激な戦闘シーンの多い戦争物は苦手なんですが、「大和」は周りの評判がよかったのとTVの広告に惹かれて観て来ました。今の日本人とあの頃の日本人、同じ人種なんだろうかと思えるほどに日本は変わりましたけれど、時の流れ、時代の流れは誰にもとめることはできないものなのでしょう。

大和からの生還者やその遺族の方に取材した原作本を元にしているだけあって、作り物ではないリアリティがありましたね!泣けるシーンの多いこと。。

あと2、30年もしたらもう戦争体験者はほぼこの世からいなくなって、人間総入れ替えになってしまうんでしょうね、まだ生き証人がいらっしゃるうちに、より多くの人がこういう映画を観て欲しいなと思いました。
TBありがとうございます (子連れサラリーマン)
2006-02-03 13:54:57
TBありがとうございました。

私は戦争映画はよく観ます。

最近の戦争ものはリアリティがあり、

戦争の恐怖が伝わってきます。

この映画もかなりがんばってつくられていると思います。

実際はこんなもんじゃないでしょうが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

89 トラックバック

映画館「男たちの大和 YAMATO」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。...
映画「男たちの大和 YAMATO」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
私は基本的に『戦争反対』には賛成なのだ!(バカボンのパパみたい) でもそんな戦争反対、戦争はキライ、映画でも観たくないっていう 薄っぺらい平和主義者きどりの女性や母親連中
男たちの大和 (琴線~心のメロディ)
【2005年12月17日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:福知山スカラ座】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★ 今日(1/2)は父と映画を観に行きました。 父と映画を観に行くのは何年ぶり、いや、十数年か二十数年か、それくらい
どんな生き方をしたいですか? (女℃)
『男たちの大和』という映画みましたか? 大和は最後には沈むという運命なんですが、 それを知りながら船に乗り、戦った人々が描かれています。 ピヨだけでなく、男の方々も涙でした。{/hiyo_cry2/} 深い内容で、見ごたえも十分あります{/kirakira/} ピヨはこれを見て、『
男たちの大和4 (うさうさ日記)
今日はやっと「男たちの大和」パンフが手元にやってきました!(゜▽^_)V先週映画館に観に行ったときは売り切れだったので購入できなかったのですが昨日「THE有頂天ホテル」を観に行っていた友達が買ってきてくれましたっ!・・・でかい。パンフも大和サイズでした。パ...
男たちの大和/YAMATO (メルブロ)
男たちの大和/YAMATO 上映時間 2時間25分 監督 佐藤純彌 出演 反町隆史 中村獅童 鈴木京香 松山ケンイチ  新橋の金券ショップ街で900円で売っていたので迷わず購入。そして本日渋谷に見に行った。    やはり客層は年配の方が多かった。戦争を知らない子供は
【映画】男たちの大和 (イーヨーのミミ)
Story女がいう。「父は内田守といいます」老人はその名を聞いて、東シナ海へと小さな漁船を走らせた。少年は目を輝かせて、大和へ乗り込んだ。世界一の船・大和。訓練は厳しい。実践はもっと厳しい。仲間が怪我をする、死んでいく。乗組員たちの上陸が許可される。出...
映画「男たちの大和/YAMATO」観賞 (CHONのアポヤンド的日々)
2006年1月19日観賞 in MOVIX倉敷 「有頂天ホテル」で思いっきり笑
男たちの大和/YAMATO (とりあえずな日々(仮))
男たちの大和/YAMATO 昭和19年の春。 特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは憧れの大和を前にし目を輝かせていた。 しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。 神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んで
『 男たちの大和 YAMATO  』 (やっぱり邦画好き…)
映画『 男たちの大和 YAMATO ? 』   2005年:日 本  【12月17日全国東映系ロードショー】 監 督:佐藤純彌 脚 本:  〃 原 作:辺見じゅん 「決定版 男たちの大和(上下)」 完本 男たちの大和〈上〉  完本 男たちの大和〈下〉 音楽:
生きろ!!! 「男たちの大和 YAMATO」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_osusume/} 男たちの大和 「壬生義士伝」を読み終わった後に、この映画を観たのですが、相通じるものがあったような気がします。 男の生き様とか、生きることの意味とか。 長嶋一茂が、大和が特攻して玉砕することの意味について、 薩摩藩や長州藩は
■週末の学び12/23「大和」~男たちの大和/YAMATO必見です~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはありますか?   ●大和   以下をクリック ↓↓↓↓↓↓   http://www.jyohoku.
男たちの大和/YAMATO (大藤@日本國)
 主役が「神尾」つながりという事で、先日見た「劇場版AIR」に続き今度は映画館で「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞。冒頭シーンは呉の大和ミュージアム。戦後60年、2005年の映画ということを強調した作り。さすがに実物大の戦艦大和セットを組んだだけあって、大和艦上のシ
男たちの大和 YAMATO (ネタバレ映画館)
 愛する人を守りたい男がいた。思いをよせる男に死んでほしくないとすがる女がいた。そして不沈艦の映画を観て泣き崩れるkossyがいた。こんな不謹慎なブログ記事を書くkossyに不信感を抱く読者も・・・  「北緯三十度四三分、東経一二八度四分へ行きたいのです」と船頭を
『男たちの大和 YAMATO』2005/12月18日に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『男たちの大和 YAMATO』 公式HPはこちら 2005年4月、戦艦大和沈没60周年の年、真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出
男たちの大和/YAMATO (花ごよみ)
まず戦艦大和のスケールの大きさにビックリ! 艦長260搭、乗員3300余名、総排水量七万トン  今でいえば原子力空母に匹敵するようなものを あの困窮した時代によく作ることが出来たと驚きました。   映画ではボロボロになって沈没したはずの  1/1スケールの戦
映画「男たちの大和/YAMATO」 (お気楽ぅ~)
日本映画もここまで来るとホントにハリウッド映画に引けをとらないと言っても良いのではないでしょうか! 戦争の犠牲になった人々のはかないドラマと、ド迫力の戦艦大和のシーンは一級品ですね 是非、子ども達にも見せたい映画だと思いました スケールの大きい戦艦大和セッ
・映画「男たちの大和/YAMATO」封切! (たまちゃんのてーげー日記)
2005年12月17日(土)。お正月映画がいよいよ始まりましたね。CMが沢山流れている「男たちの大和/YAMATO」も、封切りです。(オフィシャルWEBサイト(http://www.yamato-movie.jp/))長渕剛の歌も耳に残ります。。。男たちの大和/YAMATO↑こちらは書籍。2
『男たちの大和 YAMATO』 (ラムの大通り)
----この映画って、実物大の戦艦大和を作ったとか…。 まさに超弩級の戦争映画だよね。 長渕剛が主題曲を作ったりして話題になっているようだけど…。 「今年は戦後60年と言うこともあって、 フィクションも含め戦争映画が数多く作られたよね。 それらはいまの日本の置かれて
男たちの大和/YAMATO (Akira\'s VOICE)
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
映画「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。  (ブツヨク人 ~ GOのハッピー?!ライフ ブログ ~)
遅ればせながら昨日、映画「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。 監督・脚本: 佐藤純彌    原作: 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊)   キャスト: 反町隆史 / 中村獅童 / 仲代達矢 / 山田純大 / 鈴木京.
男たちの大和/YAMATO (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
子供の頃、プラモデルの軍艦シリーズで「大和」を作って遊んだのを思い出します。出来上がったら砂場の海に浮かばせて、さっそうと進水式。灰色の海に浮かぶその船の姿に幼心ながら「カッコイイ」などと惚れこみ、そんなプラスチックの船と時間の経つのも忘れるほど夢中にな
映画 「男たちの大和」 観覧 (モデル・蒔田陽一「ニッキー、まっきー」)
一日オフだったので 渋谷の映画館で 「男たちの大和」 見てきました。 公開されてもう一ヶ月くらいたつのに結構混んでいるのに以外。 途中、「日本が変わる時、犠牲がある。」というシーン。そこの長島一茂さんの 「日本が生まれ変り、目覚める時に散る。本望じ.
男たちの大和/YAMATO (色即是空日記+α)
試写会行ってきました。非常に年齢層の高い試写会でした。 泣きましたよ。。。 かなりいろんなところから賛否両論ありそうですが すごく良い映画でした。   北緯30度43分、東経128度04分、水深345mの地点に大和は眠っている。その地点に行きたいという内田とい
『男たちの大和 YAMATO』 (Rabiovsky計画)
『男たちの大和 YAMATO』公式サイト Yahoo!ムービー『男たちの大和/YAMATO』 監督・脚本:佐藤純彌  原作:辺見じゅん  音楽:久石譲 出演:反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香 、松山ケンイチ 、渡辺大 おはなし Yahoo!ムービー 2005年4月、真貴子
「男たちの大和/YAMATO」  (てんびんthe LIFE)
「男たちの大和/YAMATO」 千代田区公会堂で鑑賞 上映中から会場内はぐずぐずしている音が聞こえてきます。泣いているんだなあ。そういう私は…、今日も泣くまでには行きませんでした。物語は現在の枕崎港。一人の女性が漁船に大和の沈んだ海まで連れて行って欲しいと
映画「男たちの大和/YAMATO」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「男たちの大和/YAMATO」★★★★ ストーリー: 2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。 映画は「タイタニッ
戦艦大和に散った人達がこれからの未来を託した思いがここに (オールマイティにコメンテート)
今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。
ふくちゃんの映画日記 その28 (ふくちゃんの懸賞日記)
「男たちの大和/YAMATO」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:反町隆史、中村獅童、鈴木京香 他 昭和19年2月、神尾たち特別年少兵が、大和に乗組む。その威容に、10代の少年たちの目が輝く。がそれ
男たちの大和/YAMATO(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤純彌 【出演】反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケンイチ/蒼井優/長島一茂/渡哲也/寺島しのぶ/白石加代子/仲代達矢/他 【公開日】2005/12.17 【製作】日本 【ス
男たちの大和 YAMATO (CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>)
毎年、会社の取引の関係で、東映正月映画のチケット斡旋がある。一昨年は「半落ち」、去年は「北の零年」。期待するとかしないとか別に、1070円だから買った。公開初日、初回で観てきた。
「 男たちの大和 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 佐藤純彌  脚本 : 辺見じゅん主演 : 反町隆史 / 中村獅童 / 鈴木京香原作 : 辺見じゅん 箸 「男達の大和」     公式HP:http://www.yamato-movie.jp/  作家辺見じゅんが戦艦大和の誕生から撃沈、さらにひとりひとりの壮絶な生き様を克明...
☆男たちの大和☆ (Twins Familyの日記帳)
昨日は 『男たちの大和』 の試写会に行ってきました。この映画、以前からずっと楽しみにしておりましたぁ~渡哲也さんや金児憲史君の出演   も楽しみのひとつではあったのですが、いやいやいや・・・そんなミーハーな気持ちはどこかへ。男達の勇壮な姿には切なくなるば
男たちの大和/YAMATO (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の男性を中心に、大入り満員の映画館。 大和に思い入れのある方が、やはり多いんでしょうか? 私は大和と聞けば、アニメの「宇宙戦艦ヤマト」を連想する世代です。 出演者:反町隆史・中村獅童・・・(以下省略)豪華な出演者です{/kirakira/} さ
男たちの大和/YAMATO (まぁず、なにやってんだか)
夫が「男たちの大和/YAMATO」の前売券を一枚もらってきました。いつものように、「観た~い!」とまきあげ・・・じゃなかった、もらって、本日観てまいりました。夫は、昨日から海外出張していて、機内で新作映画を観ているハズだから、まぁ、いいかな(都合のいい言い訳)
「男たちの大和」 タイタニック? (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆ 映画が公開されたら確認してほしいのですが、エンドマークのあとに流れる特攻隊員の実写フィルムは一般公開でも映写されるのでしょうか。僕は、試写会で観たのですが、正直、2時間半の本編よりも、このおまけ
男たちの大和/YAMATO (映画チラシ館)
2005年 145分 監督 佐藤純彌 出演者 反町隆史、中村獅童、山田純大、松山ケンイチ、渡辺大、鈴木京香、仲代達矢、渡哲也 2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港に住む老漁師の神尾は、内田と名乗る女性に頼まれ戦艦大和が沈んだ場所へ船を出す。 そして神尾の胸に
『男たちの大和/YAMATO』 (京の昼寝~♪)
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの大和
『男たちの大和/YAMATO』 (erabu)
監督、佐藤純彌。2005年日本。戦争映画。出演、中村獅童(内田守・第七分隊四番機
戦中世代と見た『男たちの大和』 (郎女迷々日録 幕末東西)
母を連れて、見てきました。 実は見ようかどうしようか、かなり迷っていました。 なにしろ片道特攻の大和です。片道しか燃料を積んでいなかった、というのは伝説らしいですけどね。に、しましても、特攻であったことはたしかです。 悲壮美が嫌いなわけじゃあないんですけど、
「男たちの大和/YAMATO 」 (雑板屋)
人間ドラマ重視の戦争映画ってとこか。 とても丁寧に作られている気がした。 戦艦大和がかなりかっこいい!デカくて威厳があって迫力があって・・・。 広大な海に浮かぶ存在感・・・あの大和に乗れること事態がそれぞれの誇りでもあったんだと思う。 物語は現代と過去.
男たちの大和~こんな愛国心は要らない (Osaka-cinema-cafe)
試写で見たのが12月8日。 真珠湾攻撃の日でもあり(ジョン・レノンが暗殺された日でもあります)、 その日に、この映画を見るのは、日本人として何かの縁でしょうか? 映画「男たちの大和」 敗戦から60年たった、2005年四月。 鹿児島県枕崎の漁港。 一人
YAMATO (elcubanoのweblog)
前にも書いている内容だけど、未だ観に行っていない「男たちのYAMATO」は、ぜ~~~~ったいに行きます。戦争映画は全然へっちゃら。でも、今回は感慨深い映画になりそう。重く考えすぎなのかもしれないけど、大和の乗組員である彼らを送り出した恋人・家族の気持ちに浸る...
【男たちの大和 / YAMATO】 (ただの映画好き日記)
桜の咲き誇るあの春の日。 ただ愛する人を、家族を、友を、祖国を守りたい、その一心で「水上特攻」に向かい、若い命を散らしていった男たち。
男たちのYAMATO (Oリングテスト)
「ええのやったな。トイレ行こか。」 エンドロールが流れ出した時、 後ろに座っていたおばあさん2人の声が聞こえた。 戦争をリアルタイムで知らない私には、 この作品もこれまでに見たたくさんの戦争映画の一つに過ぎない。 15歳で死ぬの、可愛そうだくらいの
『トラトラトラ!』と『男たちの大和』 (郎女迷々日録 幕末東西)
『男たちの大和』を見まして、つい思い出しましたのが、先年、DVDを買って見ました『トラトラトラ!』と『ハワイ・マレー沖海戦』です。 『トラトラトラ!』は、日米合作でハワイの真珠湾攻撃を描き、1970年に公開された映画です。 近年の『パール・ハーバー』は、アメリカで
死に方用意~「男たちの大和YAMATO」~ (ペパーミントの魔術師)
ホントはこの映画に関してなんだかんだいうと 戦争をしらないくせに・・ってことにもなるし、 右だ左だ・・なんてことにもなるんであんまし触れないほうがいいのかなと 思いながら書いてます。とりあげといて気の利いたコメントが 書けないとは思いますが、やっぱり感想を・.
男たちの大和 YAMATO (映画君の毎日)
最近はテレビでは戦争もののドラマはあるのに、 邦画の大作の戦争映画が少ない。 でも今年になって「ローレライ」「亡国のイージス」などの 大作も公開され、自分は最後のこの映画を期待していた。 戦争は反対だがこういう映画で心を繋いでいくべきで、 アメリカの戦
File.9 「男たちの大和/YAMATO」 幻の三分間 (映写室からのつぶやき)
『ローレライ』、『亡国のイージス』…戦争を題材にした邦画が立て続けに公開された2005年、本命との前
男たちの大和/しんだらいけん ([混]ミックスランチ)
昭和20年4月6日、「水上特攻」の命を受けた大和は3000余名の 乗組員を乗せ、最後の出航をしました。 『男たちの大和/YAMATO』であります。 「宇宙戦艦ヤマト」を見て、戦艦大和のプラモを作り 海や船に憧れて育った少年としては観なくてはならない映画であります。
男たちの大和 YAMATO (井上健太郎のホームページへ       ようこそ!!)
 きっつい映画だった。。。 「死」 数えきれない「死」 数えるほどの「生」 「死」と「生」と「美」 「命」の重み。。。 「命」「生」を育んだ「母」の大きさ「愛」の深さ・・・・ 描かれたドラマ。 「戦」「艦」「人」に引き込まれていくうちに、撃墜される「飛...
『男たちの大和/YAMATO』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今日は『男たちの大和/YAMATO』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 座席数407の
『男たちの大和』 (酔いどれ雑記)
今日は、またもレイトショーにて「男たちの大和」を見に来てまーす。詳しくは、また後日。-------------------------と、いうことで、改めて感想を。泣いた、泣いた!!映画館であれほど泣いたのは何年ぶりだろう。嗚咽をこらえるのに必死で、ヒキツケを起こしたようにな...
男たちの大和/YAMATO (子連れサラリーマンの部屋)
「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。以外だったのは、若いカップルで混雑していたことです。若い人たちも観るんですね。作品は、実物大の大和のセットを使って撮影していることもあり、迫力のある戦闘シーンなど見ごたえがありました。心にぐっ!とくる場面、悲しい...
「男たちの大和/YAMATO」@よみうりホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
この映画のロケは広島で行われたらしく、家のお姉ちゃんは「セット見てきたよ~」と言ってました。開映前にあきちゃんと話しながら「今日はちょっと年齢層が高め???」なーんて言ってみました。前回の試写会「ザスーラ」は高校生とかがメインターゲットの雑誌主催の試写会
映画『男たちの大和/YAMATO』 (サムライ大将の砦)
やっと観てきた。 最初に全体の感想だけ言ってしまうと、演出はイマイチだがお得意のパターンで泣かせるシーンがあるので感動できるし、邦画にしてはかなり頑張った戦闘が見ごたえ...
男たちの大和/YAMATO (映画のしっぽ)
やっぱり何度見てもみな同じ人間なのに人と人が殺しあう戦争映画は気持ちが重すぎて
男たちの大和 YAMATO・・・・・評価額1000円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
あけましておめでとうございます。 新年の一発目は角川春樹の起死回生の一打。 実妹の辺見じゅんのノンフィクション「男たちの大和」の映画化だ。 どうもヒットしているらしい。
男たちの大和(残る桜も散る桜・・・) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
先日、罰(バチ)しか当たったことのないような私めに、ちょいと早いクリスマスプレゼント・・・。そう~なんですよ、前々から見たかった映画「男たちの大和」 (『男たちの大和』映画HPは、こちら)の試写会が当たっちゃたんですわぁ~{/choki/} で、お先にゴメンと、行って
男たちの大和!! (EasyGoing~きまぐれ日記~)
今日、会社帰りに家の近くの映画館へ行ってきました☆観た映画は『男たちの大和』個人的に戦争映画は余り好きではないんですけど、一応、広島県人なので観ておかないとと思って。ビックリしたのは、レイトショーなのに人が多かった事。金曜日だったのもあるのかなぁ??映...
男たちの大和/YAMATO (A Date With Tracey)
いやー、コイツは男気ガンガンにみなぎる大傑作じゃないか♪ ナニからナニまでしっかり作られている、完成度が非常に高い超大作。 こういう丁寧な仕事ってのはやはり好感度大。 われわれ観客も観ていて実に気分がイイって感じだよ。 そんな映画は文句ナシに大好きである。
遅ればせながら「男たちの大和」 (かきなぐりプレス)
「金は出すから、観て来い」 2月10日ぐらいで上映も終わりになっている映画「男たちの大和」をひょんなことから観に行くことになった。 戦争体験者=海軍入隊者にとっては特に感慨深い作品のようだ。 偶然にもこの日、ラジオで月亭八方が、この映画の話をしていて「
「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
男たちの大和 (Let\'s enjoy!失業生活!!)
自動車学校に設置されていた情報発信テレビで、ひたすらCMしていた映画。 基本的に平和主義者なので、戦争モノはあまり好かないが、出てくる女の子の仕草がかわいらしく、長渕の魂を感じさせる歌が印象的で気になっていた。 movixがメンズデイで1000円だったので、観てきまし
男たちの大和/YAMATO (ショウちゃんのエーガな日常)
長渕剛の主題歌の日本語の発音が変。 まあ、最近の日本語の唄はぜんぶ、変ですけど。 『さしすせそ』が英語の発音を気取って『tha,thi.thu.the,tho 』になってますね。 『らりるれろ』もアトランダムに『R 』や『L 』になってます。 大和心を歌い上げるということなのに、発
【映画】 男たちの大和 YAMATO ★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 昭和19年の春。 特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、 憧れの大和を前にし目を輝かせていた。 しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。 神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、
『男たちの大和』を観る (怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】)
旬は過ぎてしまったかもしれないが、いつものシネコンに行くとまだやっていたので観ました。「ジャーヘッド」「ミュンヘン」「ナイト・オブ・ザ・スカイ」と言う選択肢もあったが、とりあえず一番古くからやっているヤツを・・・・・・。とか言っている間に、「ナイト・オ...
男たちの大和 ★★ (TRUE-TIME WEB-LOG)
>男たちの大和 長い長い逡巡と辛い辛い悔恨の日々を経て、ついに我が国も「まっとうな」戦争映画を手にする事が出来る・・・はずだった。下を向いて過去に頭を踏みつけられるのではなく、前を向いて過去を自ら受け止める事が出来る・・・はずだった。次元の異なるしがらみ
MOVIE☆男たちの大和/YAMATO (あまねさんのおきらくごくらくな日々)
反町くんも獅堂くんもそんなに好きな俳優さんってわけでもないし、どうしようかなぁ…と思って昨年末から見逃していたので、ついでに見てきました。
艦 ~「男たちの大和/YAMATO」~ (サナダ虫 ~解体中~)
佐藤純彌監督作品、反町隆史主演の、 映画 「男たちの大和/YAMATO」を観た。 1945年。東シナ海沖に沈没した戦艦大和。 乗組員である、熱き男たちの奮闘。 感想。 ①スゲェ!即効性バツグンだな、その酔い止め!! ②お母さん・・、そんなにボタモチ食えね
『男たちの大和/YAMATO』 (BEAUX JOURS)
『男たちの大和/YAMATO』を観て参りました ストーリー・・・ 鹿児島県・枕崎で生きてきた老漁師の神尾は、内田真貴子と名乗る若い女性に懇願され、東シナ海を西へと、小さな漁船を走らせていた。 「内田二兵曹……」。 神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と甦っ...
男たちの大和☆独り言 (黒猫のうたた寝)
どうも気が乗らないのは、戦争モノだったからなのか 時間が結構長いなぁ~っと思ったせいなのか 体調がいまいちだったせいか、、、 12月公開だったのに、観たのは3月1日・・・結構公開長くなってくれて ありがとーーー(ぉ 『男たちの大和』 ほんっと駆け込み鑑賞.
NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督) (サーカスな日々)
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹
男たちの大和/YAMATO (日々是桜)
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。 BLOGランキング参加中。ぽちっとご協力お願いします!m(._.)m
男たちの大和/YAMATO (Extremelife)
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と ...
男たちの大和 DVD (Helon's Enjoy Life)
 劇場公開で話題となった、辺見じゅんの原作を佐藤純彌監督が映画化した戦後60年記念作品、戦艦大和の壮絶な運命を描く「男たちの大和」のDVDが2006年8月4日に発売されます。
くろがねの城 (Butterfly Stroke)
と言っても「マジンガーZ」の話じゃないですよぉ(そっちが分からんか?笑) 夏休みの時期、当地に遊びに来てくれる人や一時帰国してた同僚たちが仕込んできた本やDVDをいただいたり、借してもらったりで、日本漬けの日々であります。  一番嬉しいのは ...
『男たちの大和/YAMATO』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]     2005/12/17公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 迫力度[:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】佐藤純彌 【脚本】佐藤純彌 【音楽】 久石譲 ...
男たちの大和/YAMATO (小部屋日記)
(2005/日本)【DVD】 華々しく散る・・・しかし男達の心は故里に、家族に、愛するものたちへの思いでいっぱいだった・・・ さきほど観た「出口のない海」と違い、派手な演出。 現代人には命をかけるほどの思いはあるのか・・・ 世界最大と言われた戦艦大和の最後 ...
『男たちの大和/YAMATO』 (ママのTSUTAYA(ツタヤ)レンタル映画DVD鑑賞)
『男たちの大和/YAMATO』 久々の邦画。実はあまりみるつもりではありませんでした。 父が借りてきたのでたまたま一緒に見た感じ。 感想を簡単に言うと 『えっ?イメージと違う聯』です。 お金はかなり掛かっていそうだし、前評判もなんか ...
男たちの大和 YAMATO (夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記)
 男たちの大和 YAMATO 映画館のあちこちですすり泣く声が聞こえてきた。 題名が実によい。男たちと銘打ちながら、実は、女たちの話だったなと思った。 蒼井優、白石加奈子、高畑淳子、余貴美子、寺島しのぶ、鈴木京香。彼女たちの役所はどれも重要だ。蒼井優 ...
『男たちの大和』 (sweet* Days)
男たちの大和 / YAMATO CAST:仲代達也、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井優、中村獅童、反町隆 他 STORY:2005年4月、内田真喜子(鈴木京香)という女性が鹿児島県枕崎の港を訪れ、昭和20年に戦艦大和が沈んだ場所に連れて行って欲しいと漁師の神尾(仲 ...
男たちの大和 / YAMATO (奥様的部屋)
戦闘シーンは圧巻男たちの大和 / YAMATO 「戦艦大和」の乗組員達に対する鎮魂の想いや、銃後の女性達の悲しさ、などは伝わって来たし、映画としてどうこういう以前に、今まで(恥ずかしながら)「宇宙戦艦ヤマトのモデルで世界最大級の戦艦」という程度しか知らな ...
男たちの大和/YAMATO(DVD) (ひるめし。)
守り抜くと、誓った。死なないでと、祈った。
男たちの大和/YAMATO (mama)
2005年:日本 原作:辺見じゅん 監督:佐藤純彌 出演:反町隆史、中村獅童、鈴木京香、仲代達矢、長嶋一茂、渡哲也、奥田瑛二、寺島しのぶ、蒼井優、松山ケンイチ 昭和20年4月、東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港を内...
男たちの大和/YAMATO (Yuhiの読書日記+α)
 戦後60周年記念作品として、反町隆史、中村獅童、鈴木京香、渡哲也等が出演の戦争スペクタクル・ドラマ。実寸大の大和を建造しての撮影ということでも、かなり話題になった作品ですね。 2005年4月、鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで...
真・映画日記『男たちの大和 YAMATO』 (CHEAP THRILL)
4月10日(火)◆407日目◆ 会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。 日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。 わりと評判がいいだけに意外。 ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、 逆に見てみたくなった。 早速、T...
男たちの大和/YAMATO(2005) ~何でローマ字表記なの? (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 '''あらすじ'''  '''1945年4月7日、戦艦大和沈没――戦死者、2740名'''  '''北緯30度43分、東経128度04分、長崎県男女群島女島南方176キロ、水深345m&#...
男たちの大和/YAMATO (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コレはいい意味で、学校のイベントなんかで映画鑑賞に行くのに、最適な映画でしょうね。  最近、”いい意味で”ってつけたら、なんでも許されると思っている節がありますが、コレは含みなくそぅ思ってます(*'-'*)エヘヘ  邦画好きさんの感想にありますように、戦...