★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「俺たちダンクシューター」

2008-08-10 03:38:27 | 映画(あ行)
<T821/2008/A126/S076>

今週の週末レイトショウは、
8/9は、3の倍数の日なので、アホな映画を観る事に。
アホといえば、ひらりんお気に入りの「フラット・パック」な作品・・・
今回の「俺たち~」シリーズといえば、主演はウィル・フェレル。
原題は「SEMI-PRO」。
「映倫 PG-12」指定付き・・・これはたぶん、主人公がお下劣歌謡を歌ってるからだよね。
2008年製作の3の倍数(アホアホ)系スポ根・コメディ、90分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんより引用させてもらいました。
1970年代、ミシガン州フリント。NBAに対抗してつくられた新興のバスケットボールリーグABAに所属する“フリント・トロピックス”のオーナーは、かつて『Love Me Sexy』が大ヒットした地元出身の一発屋シンガー、ジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)。オーナー兼監督兼選手として全権を振るう彼は、試合前に自分の歌謡ショーを開き勝敗そっちのけで客寄せパフォーマンスに明け暮れるなどやりたい放題。当然成績は万年下位。そんなある日、経営難に苦しむABAがついにNBAに吸収されることが決まる。しかも、今期の最終成績で上位の4チームだけを残し、あとは全て強制的に解散ということに。チーム消滅の危機に直面したジャッキーは、NBAで優勝経験を持つというモニックス(ウディ・ハレルソン)を招聘しチームのテコ入れを図るのだったが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.邦題は「俺たちダンクシューター」だけど、
主演のウィル・フェルは長身なのに、ダンクしません・・・いや、出来ません。
2.生き残りのためチーム強化と観客動員増を目指すが・・・
ジャッキーは強化より宣伝部長向き。
3.移籍してきたモニックスの目当ては、現在地元に在住の元カノ。
 
こんな長髪で軟派なウディ・ハレルソンは珍しい・・・けど、
NBAではベンチ・ウォーマーも、優勝経験ありのベテランという重要設定。
モニックスのコーチにより、チームワークがアップ・・・
ゲーゲー、吐くまで練習して・・・ビリから連勝街道まっしぐらーーー。
4.それにしてもトロピックスの試合は面白すぎ・・・

ゲーム内容ではなく、会場演出がっ!!!
125点以上取ると入場者全員にハンバーガーみたいなもののタダ券配ったり・・・
ロングスローコンテストには賞金1万ドル・・・
余興でチアガールが寝転んだ上をローラースケートで飛んでみせたり・・・
クマと決闘までする、アイデアマンのジャッキー・ムーン。

5.順位は5位まで浮上・・・あと1勝というところでリーグの方針変更・・・
やっぱりNBA入りはナシになるトロピックス。
6.最終戦はやる気をなくして、黒人有望選手をトレードに出しちゃうジャッキー。
でもなんとか、最後はパッとやろう・・って事で、会場は大盛り上がり。

7.「自称セクシー男・・でも実はマザコン」という役が多いウィル・フェレル・・・
今回も亡き母親の天国からの忠告?お告げ?で復活・・・するところがあほらしいが・・・
8.バスケ用語はよく知らないけど、直接リングを狙うんじゃなくて、
シュートした球を空中で味方がチャッチして、そのままダンクorシュート・・って言うの??
そんなプレーが効奏して同点間近。
9.最後はジャッキーのフリースロー・・・
このシーン・・・FSが苦手なシャック(シャキール・オニール)を思い出したけど・・・
さすがウィル・フェレル・・・婆ちゃんシュートで決めちゃいました。


とまあ、こんなお話だったかな。
さすが「フラット・パック」な作品・・・アホ丸出し。
ひらりん的には大柄なヴィンス・ヴォーンあたりを相手選手として出したりしてたら、もっと笑えたのにっ。
でも、音楽も文化も当時の70年代風・・って感じで、
ディスコ音楽みたいで、いい雰囲気・・・。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
「俺たち~」シリーズを紹介しとくと・・・
俺たちニュースキャスター
俺たちフィギュアスケーター
ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」・・これだけニセモノ・・・
同じ配給会社が邦題付けた、悪しき例。
ちなみに、原題は、全く「俺たち~」じゃありません・・・
けど、爆笑シリーズになりつつあるので、次回作の邦題にも・・・是非!!!
 

という事で今回は・・・
フラット・パック度・・・
この連中の作品は、こっそりや変装で誰かが出てくるパターンも楽しみたいところ。
今回は、えっ何で硬派のウディ・ハレルソンが出てるの???という驚きはあったけど。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「次回も是非{俺たち~シリーズ}が見たい」・・と思ったフラット・パックなあなた・・・
                     
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「カンフー・ゾンビ」 | トップ | 「ゾンビーノ」 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白いですよね~ (sakubinn)
2008-08-26 11:00:23
アホアホ系スポ根・コメディ面白いです。
アホアホ系銀盤コメディも好きですが

TBありがとうございました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事