★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ヘンダーソン夫人の贈り物」

2009-09-10 03:38:35 | 映画(は行)
<T1071/2009/A156/S067>

主演のジュディ・デンチの、オスカーの主演女優賞ノミネート作品。
おばちゃんものはあまり得意じゃないけど、
舞台ミュージカルものなので、ちょっと見てみることに。
共演は、ボブ・ホスキンス。
原題は「MRS. HENDERSON PRESENTS」。
2005年製作の舞台演劇系ミュージカル・コメディ、103分もの。

あらすじ・・・今回はキネマ旬報DBから全文あらすじを引用させてもらったので、
反転モードで・・・
1937年、夫に先立たれ未亡人となったローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)は、悲しみで途方にくれる中、閉鎖されたウィンドミル劇場を見つける。ヘンダーソン夫人はすぐにこの劇場を買い、ショービジネスのプロであるヴァンダム(ボブ・ホスキンス)を雇う。ヴァンダムはミュージカルコメディを一日に4回上演するノンストップ・ショーを提案。当初は満員御礼が出るものの、すぐにライバルが真似し始めた。そして今度はヘンダーソン夫人が、舞台で女性に裸になってもらおうと言い出す。ヴァンダムは文化省の検閲官から許可が下りるか心配するが、何とかすると約束。ヴァンダムはオーディションに没頭し、踊り子たちの個性・若さ・美を要求する。一方、ヘンダーソン夫人は検閲官のクロマー卿(クリストファー・ゲスト)を訪ね、絵画と同様、動く芸術なのだと説得。裸の女性たちによる美しく華麗なレビューの魅力は、センセーショナルなヒットとなった。開戦が宣言されナチス・ドイツ軍による空襲も始まったが、ウィンドミル劇場のステージは続き、観客からその勇気と舞台魂を称える拍手が鳴り響く。だが、ついに政府は閉館するよう命令してきた。ヘンダーソン夫人が、抗議のスピーチを始めた。前の戦争で一人息子が戦死。息子は恐らく写真以外では女性の裸を一度も見ぬままこの世を去った。その無念さや戦争に赴く兵士たちが息子のような運命を辿らなくて済むようにとの願いを切々と訴えた。すべての群集がヘンダーソン夫人に共感し大きな声援を送り、ついにクロマー卿は閉館を諦める。そして、ステージが始まった。劇場には“我々は決して閉館しない”というプラカードが掲げられていた。

        

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●さすが富豪の未亡人・・・
やる事なすこと桁外れ。
●支配人選びもむかつくユダヤ人だけど、プロ意識の強いヴァンダムに即決したり、
北フランスにある亡き息子の墓地に自家用セスナで墓参りに行ったり・・・。
●お話の最初の山場は、ヌード出演の件・・・
フランスでは「ムーランルージュ」などで既に解禁になってる??けど、
お堅い国・英国では検閲がキビしーーー。
長官への説得は夫人が強引に押し切って何とかしたけど、
当の出演者たちも、実は裸になる事を躊躇してたんだね・・・英国初だし。
結局、稽古段階で、ヴァンダムを含むスタッフもスッポンポンになって、雰囲気作り。
実際は裸の芸術・・って扱いなので、動かない・・という条件付きで検閲パス。
●夫人とヴァンダムはしょっちゅう衝突しながらも、劇場は順調・・・
しかし、第二次世界大戦が勃発・・・
パリはナチスに侵攻されるし、ロンドンにも空襲が・・・
でも、劇場は閉鎖せず、
国民に勇気や希望を与える演目を見せるようになってって、
軍人さんたちが沢山実に来るようになってったのね。
●ある時、夫人は亡き息子と同じ年の軍人さんを見つけ、
トップのヌード女優(ケリー・ライリー)と引き合わせてあげたんだけど、軍人はすぐ戦地へ・・・
女優は舞台に上がる事になって、グダグダ人生や恋愛沙汰から遠ざかってたけど、
若いツバメについついメイクラブ・・・
でものちに妊娠が発覚・・・現実社会=戦時中に引き戻され、
空襲中の町に飛び出し、空爆の被害に・・・
●そんなこんなのおせっかいもしちゃってた夫人・・・
ラストの劇場前でのスピーチはその謝罪も・・・
亡き息子へ想いも熱弁した、チャーチル首相並の大演説でしたっ。
●それにしても、地下に劇場があるから安心・・・とか、何度か言われてたけど、
他の作品では、地下道で生き埋め・・・とかもあった気がするけど。

★主演のジュディ・デンチは、これぞ「英国のおばちゃん」って感じだね。
まあ、今回は「ばあちゃん」・・・って感じだけど、
口が達者で行動力があって、トラブルメーカー???な未亡人。
親友のばあちゃんとの作戦会議とかも笑えるし・・・
1人になるためにボート漕いでみたり・・・
一種お騒がせばあちゃんを上手く演じきってました。
★対するボブ・ホスキンス・・・
マフィアの親分・・・みたいな役ばかりを目にしてたけど、
今回は芯のある舞台演出家でカッチョ良かった。
妻がいるのを公表してなくて、ヘンダーソン夫人に怒られた逆ギレしたり・・・
ヌード女優陣に反撃食らって、フルチンにさせられたり・・・
結局、反目しあってた夫人の意思をしっかり汲み取り、
夫人の死後も劇場を続けたらしい・・・というダンディさが良かったね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
舞台演劇場モノは・・・「輝ける女たち」「今宵、フィッツジェラルド劇場で
 

ということで今回は・・・
ミュージカル度・・・
最初はおばちゃんの傍若無人ぶりが笑いを誘うが、
後半は、結構、勇気と感動を与えるフィナーレが用意されてて、
ついつい胸が熱くなったよーーー。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観てひらりん同様
「ジュディ・デンチは、<ザ・英国おばちゃん>だ」

と思うあなた・・・
           
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 「100万ドルのホームラン... | トップ | 「カレンダー・ガールズ」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

ヘンダーソン夫人の贈り物 (Blossom)
ヘンダーソン夫人の贈り物 MRS. HENDERSON PRESENTS 監督 スティーヴン・フリアーズ 出演 ジュディ・デンチ ボブ・ホスキンス     ウィル...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (映画大好き)
2005年 イギリス 出演 ジュディ・デンチ、ボブ・ホスキンス、ケリー・ライリー、ウィル・ヤング、クリストファー・ゲスト、セルマ・バーロウ ★スティーヴン・フリアーズ監督が実話をもとに描くドラマ。 1937年、イギリス。第二次世界大戦前夜、未亡人になったヘン...
映画評「ヘンダーソン夫人の贈り物」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年イギリス映画 監督スティーヴン・フリアーズ ネタバレあり
「ヘンダーソン夫人の贈り物」 (It's a wonderful cinema)
 2005年/イギリス  監督/スティーヴン・フリアーズ  出演/ジュディ・デンチ      ボブ・ホスキンス  ジュディ・デンチってどんな役でもできるんだなあ、とつくづく感心しました。「アイリス」では痴呆症、「ラベンダーの咲く庭で」では年若い青年に恋を...
『ヘンダーソン夫人の贈り物』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 やっぱり嫌だよ、戦争は。 『ヘンダーソン夫人の贈り物』 原題:"MRS.HENDERSON PRESENTS" 2005年・イギリス・103分 監督:スティーヴン・フリアー...
『ヘンダーソン夫人の贈り物』(2005) (【徒然なるままに・・・】)
第二次大戦の足音が忍び寄りつつある頃、資産家の夫を亡くしたヘンダーソン夫人は老後の楽しみを探していたが、趣味の充実や慈善事業への参加も、何れも心を満たすものとはならなかった。そんな時に閉鎖された劇場を買い取ることを思いつく。やり手のヴァンダムをオーナー...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (悠雅的生活)
戦禍の下の、輝く風車。
ヘンダーソン夫人の贈り物/ジュディ・デンチ (カノンな日々)
レディスデイだったこともあってBUNKAMURAル・シネマはほぼ満席状態。ここはいつも年齢層高めな劇場ではあるんだけど、今日は特にマダムがいっぱいで、分厚いコートを着込んでる方が多いからかタンスの防虫剤の匂いがいっぱいでさらにキツイ香水が混じって気分悪くなりそ...
映画 【ヘンダーソン夫人の贈り物】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヘンダーソン夫人の贈り物」 イギリスで初めてヌードレビューを上演した、実在の劇場のオーナーをモデルにしたお話。 1937年、夫をなくしたヘンダーソン夫人(ジュディ・デンチ)は莫大な遺産を受け継ぐ。夫人はウィンドミル劇場を買い取り、支配人にヴァン...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (シャーロットの涙)
贈り物シリーズに魅かれるこの頃・・・{/hiyob_hat/} こちらの贈り物は・・・愛と勇気がもたらす熱いステージ♪ ローラ・ヘンダーソン…大富豪の夫人であるなら、彼女の親友のようにもっと女性らしいブルジョワ的な道楽に現を抜かすようにも思えるのだけど、彼女は不器用...
「ヘンダーソン夫人の贈り物」 Mrs Henderson Presents (俺の明日はどっちだ)
第二次世界大戦前夜、夫に先立たれ未亡人となったローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)は、残された遺産と時間を持て余し、通りすがりで見つけたロンドンのウエストエンド、ソーホーにある劇場「ウィンドミル」を買い取る。 そして支配人としてオランダ系ユダヤ人ヴ...
ヘンダーソン夫人の贈り物♪実話に基づく感動の物語 (銅版画制作の日々)
  京都シネマにて鑑賞した『ヘンダーソン夫人の贈り物』、これは実話の物語ですヘンダーソン夫人にはジュディ・デンチ先日観た「007/カジノロワイヤル」ではボンドの上司Mを演じていました。そして共演はボブ・ホスキンス、「コットン・クラブ」や「未来世紀ブラジル...
『ヘンダーソン夫人の贈り物』('08初鑑賞38・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 3月16日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。{%ワンピースwebry%}
『ヘンダーソン夫人の贈り物』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:MRS HENDERSON PRESENTS) ----この映画、全然知らないニャあ。 「実は、この映画の物語については プレスにきれいにまとめてある。 あれこれボクが言う...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヘンダーソン夫人の贈り物 デラックス版実話に基づいたこのイギリス映画は、軽やかながら、静かな反戦の思いが込められた、上質のバックステージものだ。第二次世界大戦前夜、富豪の未亡人ヘンダーソン夫人が、ロンドンの劇場を買い取り、女性のヌードを見せる奇抜な興行...
『ヘンダーソン夫人の贈り物』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2005年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:103分  原題:MRS HENDERSON PRESENTS  配給:ジェネオンエンターテイメント  監督:スティーヴン・フリアーズ  主演:ジョディ・デンチ      ボブ・ホスキ...
ヘンダーソン夫人の贈り物 Mrs.Henderson Presents (映画!That' s Entertainment)
●「ヘンダーソン夫人の贈り物 Mrs.Henderson Presents」 2006 イギリス Pathe Pictures,BBC Films,103min. 監督:スティーヴン・フリアーズ、脚本:マーティン・シャーマン 出演:ジュディ・デンチ、ボブ・ホスキンス、ウィル・ヤング、クリストファー・ゲスト他 ...
「ヘンダーソン夫人の贈り物」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Mrs Henderson Presents 」2005 UK 主演のヘンダーソン夫人に「007/カジノ・ロワイヤル/2006」のジュディ・デンチ。 劇場の支配人ヴィヴィアン・ヴァンダムにボブ・ホスキンス「メイド・イン・マンハッタン/2002」。 劇場のスター、モーリーンにケリー・ライリー...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (2005) MRS. HENDERSON PRESENTS 103分 (極私的映画論+α)
 これもまた「戦争映画」なんですよね(^^;
ヘンダーソン夫人の贈り物 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人生は決して色褪せない。愛と勇気に満ちたヘンダーソン夫人の贈り物_実話に基づく感動の物語。 ウィンドミル劇場へようこそ! 1937年第二次世界大戦前夜、莫大な遺産を受け継ぎ未亡人となったヘンダーソン夫人は、ウエストエンド地区ソーホーにあったウィンドミ...
ヘンダーソン夫人の贈り物 (夫婦でシネマ)
この映画は、ヘンダーソン夫人演じるジュディ・デンチの魅力全開といった感じで、ジュディの出演した映画は色々観ましたが、こんなお茶目なジュディは初めて見ました!
ヘンダーソン夫人の贈り物 (黒猫のうたた寝)
ジュディ・ディンチ主演のこの作品なかなか洒落た風味のステキな映画でした。『ヘンダーソン夫人の贈り物』夫が亡くなり未亡人となったミセス・ヘンダーソンこれからは、何でもやりたい放題よ~っと未亡人友達に唆され・・・手を出したのは劇場経営だったりして。支配人と...
『ヘンダーソン夫人の贈り物』 (Sweet*Days**)
ヘンダーソン夫人の贈り物 デラックス版(2007/11/21)ジュディ・デンチ;ボブ・ホスキンス;クリストファー・ゲスト;ケリー・ライリー商品詳細を見る ...
映画「ヘンダーソン夫人の贈り物」 (<花>の本と映画の感想)
ヘンダーソン夫人の贈り物 監督  ティーヴン・フリアーズ 出演  ジュディ・デンチ;ボブ・ホスキンス;クリストファー・ゲスト;ケリー・ライリー 2005年   1937年...