★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「UDON」

2006-08-30 03:38:55 | 映画(あ行)
ウドンよりソバが好きなひらりん。
うーーーん、ユースケだし・・・
フジテレビくさいし・・・
っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・
チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・
ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・
2006年製作のコメディ・ドラマ、134分もの。

あらすじ
ビッグになるとNYに旅立った松井香助(ユースケ・サンタマリア)。
夢はすぐ挫折し、借金を背負って、実家の香川県に舞い戻る。
友人、庄介(トータス・松本) の紹介で地元タウン誌に就職。
そこで働く恭子(小西真奈美)と2人で、うどんをテーマにしたコラムを書き始めるが・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
そう、故郷の香川県は讃岐うどんの本場。
康介の実家もウドンの製麺所。
うどん屋の息子・・って言われるのがイヤ・・・・
って気持ち・・わかる●●屋の息子ひらりん。
でも、借金あるし・・って事でタウン誌でひらめいた地元のうどん屋特集コラム。
これが大ヒットして・・取材で大忙し。
嘘かホントか?地元の高校には代々ウドン部があって・・・
そこの伝統的資料も活用・・・地元のうどん屋を次々紹介・・・
なんと900件以上もあるんだってね。
映像見てると・・・
ほんと、普通の民家がウドン屋だったり・・・
あっそうそう、一杯100円くらいから・・・っていうのもいいね。
軽く一杯・・・トッピング自分で取り放題・・・みたいな。
そんな気軽さ・・・(都会人にとっては)新鮮さがウケて・・・
全国的にウドンブームに・・・。
いっぽう、険悪ムードの香助親子。
父親役は金八先生でイジワル校長役だった木場勝己って俳優さん。
ガンコ一徹・・って親父で、せっせと働き、息子の借金を勝手に返済。
そんな父親と上手くいかない香助がちょっとリアル。

ところでウドンブーム・・・
流行るものには、下火もくる・・・
あっという間にブームは去り・・・
タウン誌も廃刊に・・・
そんなある日、香助の父が急死・・・
一念発起した香助は製麺所を継ぐ事を決意・・・
しかし姉ちゃん(鈴木京香)に反対される・・・
しかし、姉婿(小日向文世)や恭子の協力のもと、親父の味を追求・・・
店を休んでる間、入口の扉に、次々と店再開のメッセージが・・・。
そう、毎日、学校帰りの子供が、怖い親父の顔色うかがいながらも・・
一杯つまんでいたウドンは・・・
みんなが待ち望んでるモノだったんだねっ。
ヘロヘロになり、横になってる香助の夢に親父が登場・・・
自分のやりたい事をやれ・・・と諭される・・・
四十九日には機材を引き上げるといって、カレンダーに印を付けといたのが誤解され・・・
当日は新装開店日と思った客が松井製麺所に押し寄せてきたぁ・・・
実家は姉婿さんが引き継ぎ・・・
当の香助は、再び夢を追い求めてニューヨークへ・・・

数年後、恭子がタイムズスクエアーを訪れると・・・
そこの巨大スクリーンには・・・
香助が「CAPTAIN UDON」となって映っていた・・・という話。

確か香川県出身の「ウッチャン・ナンチャン」の南原清隆と、松本明子が出てたね。
学校の給食時に幽霊となって出てきた香助の親父・・・
子供のおいしそうに食べる姿を見て笑う姿が印象的だったね。
途中挿入されてるCG処理のキャプテン・ウドンのシーン。
悪役は、ここにも登場か?の、寺島進・・・最近モテモテのべらんめぇキャラ。
もう1人は「アリtoキリギリス」のちっちゃいほうの石井正則
そうそう、ウドンを鼻からススって・・って芸のピン芸人、ほっしゃんもここで登場・・・笑えたぁ。
フジテレビのことだから・・・
キャプテン・ウドンもスピン・オフ企画で映画化・・・
なーーーんてことも有り得るね。

ニッポンの伝統的食文化のウドンを題材に・・・
イケイケキャラのユースケがハチャメチャの大活躍・・・
親父との確執・・・
夢の追求・・・まっ、それがキャプテン・ウドンっていうのもなんだけど・・。
思ったより、いろいろ要素が詰め込まれてて楽しめたね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は
ユースケといえば「交渉人 真下正義」。
けっして「カローラⅡに乗って」が代表曲ではありませんっ。

という事で今回は
ウ度ン度・・・
お調子モノのフジテレビ企画だから・・・
その調子で「キャプテン・ウドン」のNYロケを敢行して欲しいですっ。
 
ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (14)   トラックバック (92)   この記事についてブログを書く
« 「白い肌の異常な夜」 | トップ | 「理想の女(ひと)」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おいらも そば派です。 (yo-C)
2006-08-30 22:18:46
いつも、イッパイイッパイのユースケは、好きではないですけど!コニタンが、好きで観に行きました。(^-^)



キャプテン・ウドンが、よかったよな~・・・番外で作ればおもしろいのに(爆)

見たいなぁ (MI)
2006-09-01 00:49:43
こんばんは。

うわぁ。いいなぁ。

見たいなぁ。。。私達の近くの映画館では上映していないんです
Unknown (隠れファンのユカです)
2006-09-01 11:56:22
はじめまして。隠れファンのユカと申します。

初コメントします。

夫の転勤で引越ししてやっと落ち着いたところです。

最近インターネットを始めましたが、本当に便利ですね。

ブログもお気に入りです。

もっと早く始めるんだった、って思っています。

北陸に居ながら新居を探せるんだもの。

私もブログに挑戦しようかなぁ・・・

隠れファンのユカでした
こんにちは♪ (ゆかりん)
2006-09-06 09:21:45
キャプテン・ウドンのスピン・オフはちょっと見てみたいですね(笑)

それにしてもユースケはハマリ役だったんじゃないでしょうか。テンションもそのまま~
トラックバックありがとうございます♪♪ (heymasa21)
2006-09-07 00:45:33
四国在住のheymasaです。

と言う訳で、多少贔屓目で見てしまいました♪♪(^_^;)



けっこう楽しめてよかったです♪♪

途中のフラッシュバック的な映像はちょっともたつきがあって、イヤなんですが、

後は、けっこう楽しめたです(^▽^)



こちらからもトラックバックさせてもらいますね♪♪

TBからやってきました (雪になあれ)
2006-09-07 00:49:13
はじめまして・・・

自分もそばの方が好きなんですが、生活感いっぱいのこのUDONには魅かれますね。

松井製麺所のロケーションも好きでした。
こんばんわ (くう)
2006-09-07 01:11:23
自分はうどん派なので。。。

汁なしでショウガ乗せのうどん。食べてみたいです。

キャプテン・ウドンには、イマイチ乗れなかった私ですが、

ストーリーはほぼ満足しました♪

もう一回見たいです。

Unknown (ヒロカ)
2006-09-07 08:52:23
TBりがとうございました。
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-09 22:59:37
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

こちらからもTBさせてもらいました。
Unknown (トミー)
2006-09-10 23:28:57
こんばんは。



キャプテン・UDONのスピンオフは

私もちょっと見てみたいですね。



まあ、2時間ぐらい引っ張られるのは

きつそうですが。

30分ぐらいの尺で

作ってくれればアリかなあと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

92 トラックバック

UDON (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本   ドラマ&コメディ  監督:本広克行  出演:ユースケ・サンタマリア      小西真奈美      トータス松本      鈴木京香 讃岐うどんの本場の香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助はビッグ になると言って家を飛び出 ...
UDON (映画鑑賞★日記・・・)
『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世 ☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグにな ...
UDON (ショウちゃんのエーガな日常)
ウドンがテーマだけに、いたずらに長い。伸びちゃったのかな? 一時間半ぐらいでチャッチャと、いい仕事してもらいたかったですね。 ユースケ・サンタマエアは本来ならば主演の柄じゃない。 そこを逆手にとれば、面白いのに、この映画では、それが成功していると ...
UDON (Akira's VOICE)
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか~し,ダシは薄味。
映画「UDON」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折し ...
スローフーズと言えば、ハイカラですけどね! (yo-Cの戦い!!)
小さいころから、いつもあるから 当たり前のように思ってた。「うどん」 昔から、西は、うどんで、東は、そばが、通説だったころからの食べ物。 小学校の夏休みに毎日うどん食べさせられて、食わなくなった時期もある。 おいらが、味にうるさくなったのは、うどん ...
『UDON』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]     2006/08/26公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】本広克行 【脚本】戸田山雅司 【出演】 ユースケ・サンタ ...
UDON (UkiUkiれいんぼーデイ)
「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」 by庄介 うっど~~~ん!良かったよ(´゜ー゜`)b こういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~! でもユースケの箸の持ち方なっ ...
「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー (オールマイティにコメンテート)
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。
UDON (ネタバレ映画館)
ソウルフードがキーワードである今作品。ウルフルズというバンド名の由来も“ソウルフル(SOULFUL)”をアナグラムしたものらしいので、トータス松本の起用もピッタリ・・・
本広克行小ネタ集 「UDON」 (平気の平左)
評価:55点 UDON 思わずニヤリとする小ネタ、キャストが満載。 ちょっと思い出せるだけでも、 佐々木蔵之助、真木よう子、与座嘉秋(ホームチーム)、ムロツヨシ、川岡大次郎など、本広克行監督作品の「サマータイムマシンブルース」の出演者がそのまま ...
『UDON』 (試写会帰りに)
『UDON』試写。毎日朝はうどん。たまに三食うどんの日もある、さぬきうどん好きとしては、観ないとマズイ!?ですね。ブームもすっかり定着し、日常となった讃岐うどん。映画『UDON』公開で第二次うどんブームが起こり、香川に再びパニックが起きないか!? それがちょ ...
映画『UDON』一丁あがり!観ないと、マズイ!8月26日 (話題のナレッジベース)
『UDON』を題材に映画が出来るなんて・・・香川の県民食「讃岐うどん」をテーマにした映画「UDON」(本広克行監督、8月26日公開)が完成した。「踊る大捜査線 THE MOVIE2」で実写邦画の興行記録(173.5億円)を打ち立てたフジテレビ、亀山 ...
UDON (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
おいしそー!うどん食べたい。 面白ー!でも豪華キャストすぎて騒がしかった。 率直な感想(笑
感想/UDON(試写) (APRIL FOOLS)
『踊る』の本広組が贈る痛快「食」エンタ! ユースケ主演の『UDON』。観たらゼ~ッタイうどんが食べたくなる8月26日公開! 映画UDON公式サイト あわせてこんなサイトも仕掛けてます、東宝×フジ×ROBOT。 うどんバラエティチャンネル 讃岐うどん屋の息子・ ...
UDON (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 小麦粉、水、塩…このたった3つの素材で無限の美味しさを創り出す讃岐うどん。人々を幸せにする讃岐うどんを題材にしたうどんムービー(?)。 田舎暮らしに嫌気がさし、うどん職人の父・松井拓富(木場勝己)と大 ...
UDON (5125年映画の旅)
ああ!キャプテンUDONが!キャプテンUDONが蛇足なんだよ!わかってるのか本広克行!そんな事しても一般のお客さんはついて来ないぞ!いや、ヒーロー大好きな俺でさえついて行けない!やるんだったらもっとちゃんとしたヒーロー物をやれ!こんな作品で中 ...
UDON☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。 そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですが そーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして 観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;; 前半は讃岐う ...
UDON 2006 134分 (極私的映画論+α)
 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、 ...
「UDON」 (NUMB)
 UDON オフィシャルガイド 「UDON」 ★★ (2006年日本) 監督:本広克行 脚本:戸田山雅司 キャスト: ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世、木場勝己
【MOVIE 】UDON (思いつくままに)
■観賞日:2006年8月29日 ■観賞場所:川崎チネチッタ ■感想など 香助(ユースケ・サンタマリア)は、大物コメディアンになると大見栄を切ってニューヨークへ 行くが、その夢はあえなく潰えてしまった。 やむなく地元に戻り、それまでにたまった借金を返すべく、 ...
UDON/ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 (カノンな日々)
TV屋さんの作る映画って巨額の制作費で大量に宣伝して見た目派手なわりに中身が薄っぺらいということもありがちだから過剰に期待しないようにしてました。でもこの作品はテーマが身近で素朴なこともあり、見た目はやっぱりごちゃごちゃと詰め込み過ぎではあるんだ ...
「UDON」 (俺の明日はどっちだ)
昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。 そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなっ ...
『UDON』 (ラムの大通り)
----これ『踊る』シリーズの本広克行監督の新作だよね? タイトルをわざわざローマ字にしているけど、 どんなお話なの? 「いやあ。これほどストーリーを説明しやすい映画もないね。 いま、フォーンが想像しているとおりの内容。 『『ここには夢なんかない。 ただ ...
「UDON」 讃岐うどんから始まるエンタテインメント (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「踊る大捜査線」チームが手がけ リンクを張らさせていただいている 「東野ひろあき先生」も構成に参加している ユースケサンタマリア主演の 「UDON」を試写会で観てきました。 BIGになるためNYへ飛び出していた 松井香助が、挫折し実家に帰ってくるところか ...
映画:UDON 試写会+麻布十番納涼祭り (駒吉の日記)
UDON 試写会@一ツ橋ホール+麻布十番納涼祭り 「いつもそこにいてくれる、奇跡」 うどんか蕎麦かと聞かれたら、断然うどん派の駒吉。給食の好きなメニューでもベスト5に入るしね~。でも香川のうどん屋さん(100万人:900件)が東京のマック(1200万 ...
『UDON』を観た (TV視聴室)
残念ながら、この映画を観た後に「うどん食べたい!」とは思えなかったなぁ。実は、この映画の前に、見ちゃったものがあって…。詳細は、後ほど。
『UDON』のお味は? (ミックスランチ2号)
湯気の向こうに広がる無限のハートフルエンタテイメント 本広監督のUDONを観ました。 この映画、フジテレビ色が強くて最初は観る気はなかったのですが あの3人が出ているって知って観に行きました。
UDON(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】本広克行 【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他 【公開日】2006/8.26 【製作】日本 【ストーリー】 BIG!になるため故郷の讃岐か
「UDON うどん」みた。 (たいむのひとりごと)
湾岸君ならぬ、UDON君?(ちょっとかわいいかも。)『Captain UDON THE MOVIE』是非に観たい!とは思わないけど、きっと観ちゃうんだろうなぁ(笑)ということで、「UDON」を鑑賞。”踊るシリーズ”の本広×亀山。タッグを組
「UDON」 (the borderland )
チラシには「全米メディアが早くも注目!」「ハリウッドはドーナツの映画を先んじて作るべきだ。」「UDONで今の日本を表現するとは、お手並み拝見!」などと景気のいいコメントが並びたてられてますが、全部デーブ・スペクターが考えたんじゃないのってほど、 ...
udon (It's a Wonderful Life)
うどんは特に意識した事ないけど、お昼に月2くらいで食べてるかな? 大阪のうどんは普通にオイシイですし、行列なんてしなくてもいつでも 食べられるし。讃岐うどんスタイルのお店も結構多いです。 香川で讃岐うどん食べた事って一度しか無いかなぁ。 ウ ...
UDON (りらの感想日記♪)
【UDON】 ★★★★  2006/0817  試写会 ストーリー BIG!になるため讃岐を飛び出した男――松井香助[コースケ](31才) 
UDON (skywave blog)
躁的雰囲気を楽しむ映画です。 前半は、うどんブームが作られていく面白さのコメディ。後半は、対立していた父と子の再生を描くヒューマンドラマ。げらげら笑って、最後にしんみ
映画 「UDON」 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという ...
UDON (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 …うど~んん(江守徹調で。観ていない人には分かりずらいですがイントネーションが絶妙)  ということで月曜にバイトが休みだったので「UDON」を観てきましたよ~。  NY。  松田香介(ユースケ・サンタマリア)はコメディアンを目指してはるばるN ...
うどんが食べたくなる。『UDON』 (水曜日のシネマ日記)
讃岐うどんをめぐる物語です。
UDON・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
お昼ご飯にたまたま讃岐うどんを食べ、そのままフラフラと劇場へ。 私をこの映画に誘ったのは、間違いなく「UDON」の力だ(笑 「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、故郷の香川県とソウルフード「讃岐うどん」への
『UDON』 6P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:6P 1/2くらいの確立で当たるFMTOKYOの試写会がまた当たりました。いつも平日でしかも突然ハガキがくるので、行けた試しがあまりないのですが、今回は土曜日だったので、会社の先輩と見にいってきましたぁ。 【STORY】 成功を ...
映画『UDON』 (日記帳)
今日、と言うかさっき観てきました。 (なんとなくカテゴリーは“うどん”にしてみた{/face_warai/}) 映画『UDON』です。 いやぁ、良かったです。 さすがは『踊る大捜査線』を生み出した人たちの映画って感じがして、笑いあり涙ありのスピード感あり飽きさ ...
【劇場鑑賞90】UDON (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
一杯100円の奇跡が始まる
UDON (雪になあれ)
UDON 今の自分にとって、このロケーションはタイミングが合いすぎてました。 そして『うどん』をテーマにこれだけの映画を作るからには、相当なスタッフと心意気が必要でしょう。 ありきたりな親父と息子の葛藤も鼻につくこともなく、ラストまで一気 ...
「UDON」を見たら、やっぱり行きたい香川県♪♪ (くいしんぼうでおたくな日記)
先週の土曜日、くいしんぼう仲間(←ココ肝心!!)の波平さんと一緒に、「UDON」を見ました隣の県やから、かなり親近感!!(笑)オープニングの「瀬戸大橋」でまずは笑ったよ!!(^_^;)だってね~、「踊る大捜査線」並みのカッコ良さだよ♪♪「レインボーブ ...
UDON (BLACK&WHITE)
これを観たら絶対うどんが食べたくなるだろうなと思ったのに 帰り際私の取った行動は・・・うどん粉を買っていました。 ああやって揉んで踏んで伸ばして作ってみたい!となってしまったわけです。 讃岐うどんのようには
【UDON】うどん屋を探すなら煙突を探せ (見取り八段・実0段)
人口100万人の香川県内にあるうどん屋の数は約900軒。だそうである。これは、東京にあるマクドナルドの数よりも多いそうで。。。うどんは好きだが、特に食べ歩くほどではなく、「うどんをテーマにした映画を見てね」と言われても、別に興味も湧かず。。。と ...
『UDON』   一杯のうどんが奇跡を起こす!! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
1週間編集部?UDON オフィシャルガイド ? メディコム・トイReal Action Heroes CAPTAIN UDON ? 出演■ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、升毅、要潤、片桐仁、木場勝己、小日向文世、鈴木京香  他・・・ 監督■本広克行
うどんどんどん、どどんどんどん… (キャスポ)
「UDON」観ました。劇中で小倉さんが、「僕はうどんより、そば派なんだけど…」
UDON (三度の飯より映画好き)
我が故郷のソウルフードは何だろう…。独活かな?それは名産か…。 正直言って、「あーうどん食いてえなー」という気持ち以外に残ったものはあまりありませんでした。とはいっても決してつまらないわけではないのですが。ほとんどのエピソードが実話を基にして ...
UDON (映画館で見たい映画)
大物になる夢を抱え、アメリカへ飛び出していった男が 夢破れ帰ってきた故郷で出会った、一杯の讃岐うどん。 UDONは誰もが必ず持っている『ソウルフード』を通して 主人公が知る仲間や家族との絆を描いた物語です。 コメディアンを目指してアメリカへと飛び立った ...
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
映画『UDON』の舞台挨拶へ行ってきた。監督は、OD・踊るシリーズでおなじみの本広克行監督。本広作品の舞台挨拶はこれで4回目の参加σ(●゜∇゜●)は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』にエキストラ出演してるし、誕生日も監督と一緒だ ...
UDON (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て「面白そうだな。ちょっと泣けそうだし。」と思い、「UDON」を観に行ってきました。 泣く予感がしていたにも拘わらず、ハンカチ類を持たずに映画館に来てしまいました・・・大丈夫なのか? この映画は泣かせるツボがあって、すっかりそれにはまり ...
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
映画「UDON」納涼イベント試写会@八芳園 (POP中毒者の酒記(裏の裏))
“踊る”の亀山Pと本広監督による今週末公開の試写イベントに行ってきました。家に届
UDON (rumble::place)
本広監督の最新作『 UDON 』を観てきました。何度か香川に讃岐うどんを食べに行
「UDON」 (塩ひとつまみ)
この映画を観たあとに うどんが食べたくなるとは聞いていましたが…
祭りのあとに。~「UDON」~ (ペパーミントの魔術師)
今朝の新聞だったか、香川県庁のビルで UDONの文字を浮かび上がらせて映画の宣伝をしてる写真が載ってた。 香川ロケで話題になったセカチューを越えて ご当地での観客動員はすごいことになってるみたいだけど 意外に全国レベルで見ると自分らほどじゃないのねと 援 ...
小西真奈美さんの似顔絵。映画「UDON」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
◎キャスト ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本(ウルフルズ)、升毅、 片桐仁(ラーメンズ)、要潤、小日向文世、木場勝己、鈴木京香ほか。 上映時間:2時間14分 えっ上映時間2時間14分? 体感時間としては3時間近かった(笑) 本広監督、踊る ...
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
UDON (メルブロ)
UDON 上映時間 2時間14分 監督 本広克行 出演 ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 評価 7点(10点満点)    一ツ橋ホールでの試写会。なんと邦画4連続鑑賞だ。  言うまでのなく、観賞後はうどんが食べたくなるので ...
UDON (future world)
つまらないというわけでもないし、面白いというほどでもない・・・テレビの「ドラマスペシャル」にもってきてもいいんじゃないかな。。 じゃあ何故観に行った・・・?予告を観てると何だかうどんが美味しそう、数年前の香川県旅行で食べたうどんが美味しかった ...
UDON (Black Pepper's Blog)
「踊る大捜査線」チームが日本人のソウルフード「うどん」をテーマに挑んだ娯楽大作。
『UDON』 (cinema days 『映画な日々』)
 ソウル・フードとして香川県の讃岐うどんを取り上げ、  ブーム作りと頑固親父と放蕩息子の確執を描く  個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』
「UDON」試写会にて 監督舞台挨拶 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先週ファボーレ東宝で行われた「UDON」の試写会に行ってきました。
UDON (ガブ飲み生活♪)
映画ファーストデーの本日、ユースケサンタマリア主演の「UDON」を観てしまいました。 タイトル通り「讃岐うどん」がテーマの映画{/silver/} 前半は「うどん」ブームへの道のりが、勢いがあって笑いもふんだんに、なかなか面白い映画{/face_warai/}だったので ...
四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」 (トミーのエンタメ日記)
香川県名物のさぬきうどんをテーマにした本広克行監督の最新作、「UDON」を観てき
UDON (ももママの心のblog)
うどんが食べたくなる映画。邦画は苦手だけど、麺類好きな私には必須かと。ユースケ・サンタマリアって、元々バンドをやっていたとは知らなかった。どうりで歌が上手い。演技も器用。主役をやるにはちょっと小粒だけど、なかなかヤルね。
UDON (はむきちのいろいろ日記)
讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、編 ...
『UDON』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) ...
第132回 「UDON」 ★★★ (映画生活(独断と偏見))
踊る大捜査線の本広&亀山の最新作。 ストーリー:BIGなお笑い芸人になるためにNYに飛び出たうどん屋の息子である主人公松井(ユースケ・サンタマリア)。しかし、夢半ばにして挫折し地元香川に帰ってくる。 しかし、父親は大見得をきった息子に一喝。 とりあえず ...
『UDON』鑑賞ヾ(☆‘∀‘☆) (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『UDON』鑑賞レビュー! 観ないと、マズイ! 笑いは、消化を助ける!? 世界が「うどん」に 恋をする! ★review★ 本作は、"ソウル・フード=UDON"をテーマに 香川県丸亀市出身の本広克行監督が 故郷に錦を飾る作品!? ...
UDON (かわいいコックさんの TALK TO)
エキブロの新機能・ガイジンTBはじきが追加されましたので、 9/13 本日TBを開放いたしました。 遅がけの夏休みの連休をいただきやした。 その午後を(サラリと流した御仁もいたけども)ツルっと過ごしやした。 踊る大捜査線、スペーストラベラーズな ...
UDON ~ “いつものアレ”が無償に食べたくなる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ “いつものアレ”が無償に食べたくなる ~ 「踊る大捜査線」チームが新たに挑んだこの作品。日本のソウルフード“うどん”をテーマに、ブームと笑いと日本ならではの哀愁を盛り込んで踊る大捜査線と同様、絶妙のエンターテイメントに仕上げています。主演は ...
『UDON』 (ねこのひたい~絵日記室)
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX-メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
UDON (雑感記~diverse interests~)
車のオイル交換に行き、 ちょうど映画の上映時間に間に合うように終わったので、 『UDON』を観て来ました。 笑えるシーンは少ないですね。 笑いを求めて行っては×ですね。 どちらかと言うと、ウルウルしちゃいました。 『踊る~』シリーズに出演していた俳 ...
UDONを観てきました。 (GANの不定期日記)
今日は、仕事が休みだったので、予告どおり、この前公開された映画「UDON」を観てきました。 今回は、たまたま、都内の「はなまるうどん」に食べに行ったら、特別割引券が置いてあったので、それをGETし、使いました。(当日料金より300円割引) 午前の回に、家の近 ...
UDON (マボロシログ)
UDON監督:本広克行出演:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/他「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷...
UDON (欧風)
映画観まくり週末、土曜は八戸フォーラムで「フラガール」、「時をかける少女」、「アオグラ」。日曜日はイオン下田TOHOシネタウンで「ラフ」と「出口のない海」を観てきました。 そしてトリを飾ったのが、「UDON」。これに関しては、以前、「UDONのU ...
UDON <ちょっぴりネタバレ> (HAPPYMANIA)
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなん ...
UDON…の記事&予定の無いGW近況報告 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日よりGWも後半{/usagi/} とはいえ、何の予定もございません{/namida/} 天気がいい{/kaeru_fine/}からどこか行楽地にでも出かけたいけど、テレビ{/tv/}観ていて、渋滞{/cars_red/}{/cars_train/}{/cars_red/}{/cars_red/}と人ごみ{/face_hekomu/}の映像みせられると腰...
DVD『UDON』 (みかんのReading Diary♪)
UDON スタンダード・エディション (2006/日本) オススメ♪ 成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子が現れる。香助は恭子や地元の...
UDON (夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記)
映画を語りまくりましょう! - livedoor Blog 共通テーマ UDON 監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア , 小西真奈美 , トータス松本 , 鈴木京香 収録時間:134分 レンタル開始日:2007-03-07 Story「躍る大捜査線」シリーズ...
UDON [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「UDON」         (本広克行:監督/戸田山雄二:脚本)  UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  一言に集約するなら、  「おいしいうどんが食べたくなる!」映画です^^  ほんとにおいしそうなんですよ...
「UDON」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助(ユースケ・ サンタマリア)は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし 夢半ばで挫折し、借金を...
UDON (B-scale fan's log)
2006年 本広克行監督 ユースケ・サンタマリア主演     共演 小西真奈美、トータス松本、鈴木京香 『ニューヨークでの成功を夢見ていた松井香助は、  夢破れ故郷香川に戻ってきた。借金を返済するために、  友人の紹介で地元の情報誌で働くうちに、  地元の名産...
UDON 07207 (猫姫じゃ)
UDON 2006年   本広克行 監督  亀山千広 制作ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 (リンク先は「ハミ尻」) 升毅 片桐仁 要潤 小日向文世 木場勝己 う~ん、、、結局、納得させられてしまった、、、終わりよければす...
UDON (真性ひできちんこショボーン↓)
ウドゥン!ヾ(゜д゜)ノ゛ うどんを題材にした映画ってのは初めてじゃねーかな? ラーメンを題材にしたのはよくありそーだがwww 前半は、うどんを全国的なブームにしようと奮...
映画評「UDON」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・本広克行 ネタバレあり
UDON (Yuhiの読書日記+α)
 タイトルが面白いな~と思って、ずっと気になっていた作品。見てみると、本当に「うどん」だらけのお話なんですね~。あちこちのお店の美味しそうな「讃岐うどん」ばかり見せられると、ものすごく食べたくなってきましたよ~{/ee_3/} <あらすじ>  ニューヨークでコ...
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタマリア...
「UDON」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「UDON」 讃岐うどんをザルで食いたくなる。   【公開年】2006年  【制作国】日本  【時間】134分  【監督】本広克行 【音...
UDON (いやいやえん)
ああ…美味しいうどんが食べたい!!この映画をみたとき、おそらくみんな同じ事を思うはず。 夢をあきらめた香助が実家のうどん屋に帰ってくる。タウン情報誌編集者の恭子と出会ったことから、故郷の讃岐うどんに魅入られはじめ…。 ありがちなヒューマンドラマではあ...
【映画感想】UDON(ユースケ・サンタマリア×小西真奈美)[2009-124] (映画+小説+家族=MyLife)
讃岐うどんのテーマに描かれた映画、その名も『UDON』。 映画としての面白みはまったく有りませんでしたが、讃岐うどんはラーメンなんかのブームとは違っていて、地元にしっかり根を生やした地域文化の一つなんだなぁ、なんてことは理解できました。 ラーメン、讃岐うど...