★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「きみがぼくを見つけた日」

2009-10-28 00:38:03 | 映画(か行)
<T1099/2009/A184/S087>

今週は貯まってるシネマイレージ会員の鑑賞ポイントを使ってのタダ観。
主演のレイチェル・マクアダムスは、ひらりん好みの作品によく出てくる女優さんなので、
ぜひ観ようと思ってた作品。
原題は「THE TIME TRAVELER'S WIFE」。
2009年製作のSF系ラブ・ファンタジー、107分もの。

あらすじ・・・今回はMovie Walkerさんから引用させてもらいした。
遺伝子に異変をきたしているヘンリー(エリック・バナ)は、時空を旅する“タイムトラベラー”の運命を背負っていた。彼はある時間軸にとどまることなく、過去、現在、未来を瞬間移動してしまう。いつ、どの時代のどこに飛ぶのかを、自分で選ぶことはできない。ヘンリーはその秘密を抱え、常に孤独な人生を送っていた。ある日ヘンリーは、過去の世界で1人の少女と出会う。その少女・クレアは、物心ついたときからヘンリーに想いを寄せるようになる。そして心の美しい女性に成長したクレア(レイチェル・マクアダムス)はヘンリーと愛し合い、2人は結ばれると信じていた。しかし2人の前に、宿命が立ちはだかる。ヘンリーは何の前触れもなく彼女のもとから引き離され、再び会えるのかもわからなくなる。それでもクレアは、愛する人とともに生きようとする。

       

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●それにしても、タイムトラベル(TT)する度に、
スッポンポンになるって設定は、よーーく考えるとごもっともな話と、納得。
しかしその都度、服泥棒をするハメになるとは、やな展開。
●まー、でも、結構早めに結婚しちゃうヘンリーとクレア。

不在がちな夫にイライラが募るクレア・・・
こんな夫じゃ収入も期待できない・・・とも思ったけど、
クレアの実家は大豪邸に住む大富豪!!!
ここでヘンリー、やってはいけない裏技披露・・・
未来に行って、ロトの当たり番号ゲットしてきて、豪邸購入←これはいけません。
●愛する二人は赤ちゃんを欲しがるが、遺伝子異常が原因で何度も流産・・・
しかし、この頃になるとヘンリーのTT回数も増えていき・・・
違う時代のヘンリーがやって来てクレアと合体・・・見事妊娠・無事出産できたのでした。
●そんなヘンリー・・・未来の世界にはあまりTT出来ず、もしや自分は早死に???
と、不安になる。
実際、別の時代から来た自分が血まみれになってるところも目撃してるし。。。
●そして、偶然TTした先が、愛娘が10歳になった頃の時代・・・
愛娘から自分の死期を教えてもらったヘンリーだけど、
この娘も遺伝でTT出来るらしく、しかも行き先も自由自在に操れるハイパーTT少女。
●で、何で死んじゃったかというと、クレアの実父の実弾くらったのね。
大豪邸で森付きなので敷地内で狩りをするのが趣味のお父様・・・
森でゴソゴソやってた義理の息子のヘンリーを、鹿と間違えて撃っちゃったのね。
●愛するクレアを悲しませないように死期を隠してたけど、
娘の5歳の誕生日の日に事件は起きたのねーー。
あーー悲しい結末・・・・
かと思いきや、この人も未来にTT出来るようになっていて、
本人が死んでしまっても、過去のヘンリーが家族に会いにくる・・・
なーーんてことも出来るようになってたのね。
●原題は「タイムトラベラーズ・ワイフ」だったけど、
ひらりん的には「ネバーエンディング・ハズバンド」っていう印象でしたね。

★なかなか面白い設定なので、続編を・・・
いや、いっその事スピンオフで、娘を主人公にして「タイムトラベラーズ少女」に。
でもでも、TTする度すっぽんぽんになっちゃうのは、やば過ぎかーーー???

ここまでネタバレ注意↑
 

ひらりん的この映画の関連作は・・・
エリック・バナ・・・「ブーリン家の姉妹」でも、
今回と同じ役名のヘンリー(8世)でした。
レイチェル・マクアダムス・・・「ウエディング・クラッシャーズ」でも、
今回とおなじ役名のクレアでした。
 

という事で今回は・・・
ネバーエンディング・ハズバン度・・・
この展開なら、第二子も作れるしねーーー。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様
「クレアのところばかりタイムトラベルしに来たのは、ロリコンか運命か」

       
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

コメント (3)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
« 「かけひきは、恋のはじまり」 | トップ | ★「あなたは私の婿になる」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (SOAR)
2009-11-01 16:53:03
娘アルバが主人公のスピンオフ、思いもしませんでしたが言われてみるとなるほどです。
過去からやってきた父を迎えたり、幼少の自分に会いに行ったりと本作を別視点で描く作品、あったらおもしろそうですね。
うまい! (sakurai)
2009-11-01 22:17:58
永久夫!!うまい。
なんでしょうね。なんか反則感がありましたわ。
いない亭主なんて、普通ですが、ああやって、また過去から来るかもしれない・・・って待ってる妻は、なんかやですわ。
Unknown (みやこ)
2009-11-02 21:23:42
ひらりんさん はじめまして。
みやこです。

TBありがとうございます。こちらも宜しくお願いします。

それにしても、ドラッグで読むところが多くて笑いました。

確かに、不在がちな夫じゃ定職は無理そうで収入は見込めないですよね。(笑)
ナイスな突っ込みこれからも楽しみにしてます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(か行)」カテゴリの最新記事

52 トラックバック

きみがぼくを見つけた日 (LOVE Cinemas 調布)
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナ。監督のロベルト・シ...
きみがぼくを見つけた日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『別の時空へ消えてしまうぼくを、 見つけてくれたのは、きみだった─』  コチラの「きみがぼくを見つけた日」は、オードリー・ニッフェネガーの同名ベストセラー小説を映画化した10/24公開のラブ・ファンタジーなのですが、公開初日に早速観て来ちゃいましたぁ~...
『きみがぼくを見つけた日』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「きみがぼくを見つけた日」□監督 ロベルト・シュベンケ□脚本 ブルース・ジョエル・ルービン □キャスト レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン、スティーブン・トボロウ...
きみがぼくを見つけた日 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
秋には恋愛映画がお似合い―ってことで観て来ました~【story】時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんな時にどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘン...
試写会「きみがぼくを見つけた日」 (流れ流れて八丈島)
台風一過の夕焼けの中、今晩は新宿明治安田生命ホールで「きみがぼくを見つけた日」の試写会を観てきました脚本は『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンってことで「時空を超える愛の行方と運命に打ち勝とうとする恋人たちの姿が感動を呼ぶ珠玉の....
「きみがぼくを見つけた日」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
うーん、映画の脚本に対して、観客を強引に納得させようとする感じの映画でした。 いきなり、タイムトリップとか、その辺を、説明調でも良いから、若しくは、もっと分かり易く観客に伝える、そんなアプローチで見せてくれれば良かったのですけど、なーんか、取っつきにく...
きみがぼくを見つけた日 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「きみがぼくを見つけた日」監督:ロベルト・シュベンケ(『フライトプラン』) 出演:レイチェル・マクアダムスエリック・バナ(『スター・トレック』『ブーリン家の姉妹』)アーリス・ハワード(『消されたヘッドライン』『幸せのポートレート』)ロン・リビングストン....
どこか悲しい。『きみがぼくを見つけた日』 (水曜日のシネマ日記)
タイムトラベラーの男性と彼を理解し愛し続ける女性の物語です。
きみがぼくを見つけた日 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE。ロベルト・シュヴェンケ監督、レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ヘイリー・マッカン、テータム・マッカン、ミシェル・ノールデン、フィ...
きみがぼくを見つけた日/エリック・バナ (カノンな日々)
エリック・バナが演じる主人公はどうやらタイムトラベラーで時間旅行で出会った少女と恋に落ちるというラブストーリーというのは短い劇場予告編だけでも十分わかる範囲です。脚本を『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンが手がけているというのを...
[映画『きみがぼくを見つけた日』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日は公休で、映画鑑賞に適していたのだが、昼間は忙しく、夜も「ビューティー・コロシアム」を21時まで見てしまい、その後、急いで<ワーナーマイカル・村山ミュー>のレイトショーに駆け込んだ。  お客さんは、私と、どこぞのカップルだけだった^^;    ◇...
きみがぼくを見つけた日 / THE TIME TRAVELER'S WIFE (我想一個人映画美的女人blog)
「きみ読む」のレイチェル・マクアダムスとエリック・バナの、 タイムトラベル・ラブファンタジー{/kirakira/} たった1度、劇場で予告篇みちゃって気になった作品。 最近ほんとに「あなた」「きみ」「わたし」「ぼく」なんてつくタイトル多いね~ 今回は「きみぼく」なん...
きみがぼくを見つけた日 (そーれりぽーと)
時空を超えたラブストーリーと言えば、『ある日どこかで』然り、『バタフライ・エフェクト』然り、『イルマーレ』然り、俺が一番好きなタイプの映画。 しかも時間移動の複雑な設定を生かして、取り返しが付きそうで付かない不条理劇であるほど泣けて面白い。 『ゴースト ...
時間飛行~『きみがぼくを見つけた日』 (真紅のthinkingdays)
 THE TIME TRAVELER'S WIFE  クレア(レイチェル・マクアダムス)が初めてヘンリー(エリック・バナ)に出逢 ったのは、6歳の頃。彼は自ら...
きみがぼくを見つけた日 (You got a movie)
監督   ロベルト・シュペンケ キャスト レイチェル・マクアダムス      エリック・バナ  アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化したもので、脚本を『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンが担当。原題は「タイムトラベラー...
『きみがぼくを見つけた日』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
時空を旅する運命を背負うヘンリーは、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレアといつしか愛し合うようになる
きみがぼくを見つけた日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5]甘め パイプカットした意味がまったくないのには笑った!
映画「きみがぼくを見つけた日」@全電通ホール (masalaの辛口映画館)
 今回は「テレビ朝日/cinema club」主権の試写会だ。客入りは7割くらいで非常に女性が多い。映画上映前に久保田直子アナの前説があっての上映であるのだが、これから上映する作品のあらすじをしゃべってしまうのはいかがなものか・・・・。  (CD)きみがぼ...
[映画][劇場公開]きみがぼくを見つけた日 80点 (さとうれおはオレだけか)
タイムトラベルもので主人公が同じ時間帯に二人いることもあります。 ドラえもんでのび太の宿題を片付けるために8人くらいのドラえもんが奮闘するエピソードがありますが洋画はちょっと発想が貧困なのか驚かされる場面が少なかった。 アメリカで公開日が遅れたりしてたと...
きみがぼくを見つけた日 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE公開:2009/10/24製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/11/01監督:ロベルト・シュヴェンケ出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェー...
きみがぼくを見つけた日 (心のままに映画の風景)
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、前触れもなく突然過去や未来へ飛ばされてしまう。 ある日、偶然出会ったクレア(...
「きみがぼくを見つけた日」 原作を巧妙にまとめている (はらやんの映画徒然草)
最近、小説を読んで映画になったらいいのにと思っていたら、その通りになることが多い
映画:きみがぼくを見つけた日 Time Traveler's Wife お勧めタイムスリップもの! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
タイムスリップものが好きな私!としては、見逃せないこの一作(笑) 原作も有名らしい(オードリー・ニッフェネガー) スタッフをみると、ブロデュースになんと「ベンジャミン・バトン」主演のブラピが入っている。 「ベンジャミン・バトン」は当blogとしては鑑賞したもの...
『きみがぼくを見つけた日』・・・6歳の少女が見つけたのは未来 (SOARのパストラーレ♪)
原作小説を読み終えてからの鑑賞。 この本を手にしあらすじをチェックした当初、タイムトラベラー能力を持つ男が未来の妻を過去に訪ねるという、どちらかというとSFに重点を置いた作品だと思ったのだが読んでみるとそれは設定でしかなく、むしろ希望と切なさとが交錯する...
★★★「きみがぼくを見つけた日」エリック・バナ、レイチェル・... (こぶたのベイブウ映画日記)
途中まで、あまり感情移入できなかったのですが、「待つ人生は送らないで」のシーンにホロリ・・。切なさが、最後に一気に寄せてくるようでした。いつ会えるか分からないけれど、葬式をした後も愛する人に会えるのは幸せなんじゃないかと思った。でも、もし再婚したい相手...
きみがぼくを見つけた日 (悠雅的生活)
その愛は、裏庭からやってきた
きみがぼくを見つけた日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
恋に落ちた相手はタイムトラベラ-(時間旅行者)だった。男は何の前ぶれもなく姿を消し、次にいつ現れるかわからない。 二人の愛はこの運命に打ち勝てるのか?・・・世界中でベストセラーとなった純愛小説を「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家ブルース・ジョエル・...
きみがぼくを見つけた日 (迷宮映画館)
いくらなんでも無理がありすぎると感じたのは・・・・だめかな。
『きみがぼくを見つけた日』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日は東京厚生年金会館に『きみがぼくを見つけた日』の試写会に行ってきましたー。 それにしても、大きな試写会場って本当にダメかも。 予告が流れてる間はPSPをやっている人、エンドロールになった途端におしゃべりをはじめる人、携帯電話の電源を入れる人。。。 作...
きみがぼくを見つけた日 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
タイムトラベルものにつきものの矛盾を確信犯的に散りばめる、純愛ラブストーリー。ヘンリーとクレアは特別なカップルだ。なぜならヘンリーは遺伝子の異常から時空を旅するタイムトラベラーなのだ。ヘンリーと運命的に愛し合うことになるクレアは、異なる年齢の彼と出会う...
「きみがぼくを見つけた日」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/ロベルト・シュベンケ  出演/レイチェル・マクアダムス      エリック・バナ  「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家が手掛けた物語。製作にブラット・ピットが名を連ねてます。主演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクア...
「きみがぼくを見つけた日」 (てんびんthe LIFE)
「きみがぼくを見つけた日」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 摩訶不思議なラブストーリー。 結局真髄はつかめませんでした。 このあたりがタイムスリップものの難しいところ。 全く知らなかったんだけど、エンドロールの途中、BRAD PITTというクレジット発見...
きみがぼくを見つけた日 (映画三昧、活字中毒)
■ 池袋東急にて鑑賞きみがぼくを見つけた日/The Time Traveler's Wife 2009年/アメリカ/110分 監督: ロベルト・シュヴェンケ 出演: エリック・...
きみがぼくを見つけた日/THE TIME TRAVELER'S WIFE (みやこのThinking World!)
                                        
「きみがぼくを見つけた日」 (みんなシネマいいのに!)
 自分の意志に関係なくランダムに時間移動してしまう男と彼を愛してしまった女性の運
【きみがぼくを見つけた日】 (日々のつぶやき)
監督:ロベルト・シュベケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 「子供の頃に母親と車に乗っていたヘンリーは事故の直前に時を超えた。戻ってきたヘンリーの前に現れたのは大人の自分。それ以来タイム
『きみがぼくを見つけた日』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE TIME TRAVELER'S WIFE】 2009年/ワーナー/110分 【オフィシャルサイト】 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ジェーン・マクリー...
きみがぼくを見つけた日 有楽町朝日ホール 2009.10.16 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観てきました あらすじ:時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、あ...
きみがぼくを見つけた日 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月30日(金) 14:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『きみがぼくを見つけた日』公式サイト フリーパス鑑賞2本目。 「ベンジャミンバトン」な雰囲気。普通でない人間のドラマ。これは恋愛中心。 ...
きみがぼくを見つけた日(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
とりあえず時間確保できたんで、上映時間の都合で「きみがぼくを見つけた日」を選んでみたよ。 ( → 公式サイト  ) 出演: 上映時間:110分  時空を移動してしまう特異体質のヘンリー(エリック・バナ)。 どこへどの時代に飛ぶのか自分でも選...
『きみがぼくを見つけた日』 (『映画な日々』 cinema-days)
幼少の頃、目の前で母を亡くした少年が、 過去と未来を瞬時に行き交うタイムトラベラーとなり、 恋人と巡り逢い家庭を築く迄の数奇な運命を...
きみがぼくを見つけた日(2009) (銅版画制作の日々)
原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 11月10日、MOVX京都にて鑑賞。ラブストーリーはどうも苦手ですが。エリック・バナ が出演しているということもあって鑑賞しました。共演はレイチェル・マクアダムス 。何処かで観たと...
「きみがぼくを見つけた日」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; 原作本「タイムトラベラーズ・ワイフ」は出版された当時に読んでいてとても面白くてハマってしまった記憶はあるのです。物語の前半については結構ちゃんと覚えているのに、不思議な事にエンディングがどうしても思い出せなくて…。でも、...
【機内上映】「きみがぼくを見つけた日」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
切なさとありえなさのせめぎ合い。本作のタイムトラベラー・ヘンリーは、自分の意思で時空を飛び回るのではなく、てんかんのような発作が元で過去や未来に飛ばされてしまう。しかも衣服は飛ばされないため、行った先ではいつも全裸。警察などから常に追われるという理不尽...
きみがぼくを見つけた日 (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
オフィシャルサイト ひねりの利いた設定で一組の男女の切ない恋を描き世界的ベストセラーとなったオードリー・ニッフェネガーの同名小説を「ミュンヘン」のエリック・バナと「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス主演で映画化。自分の意志に関係なくランダム...
映画 The TIME TRAVELER'S WIFE 「きみがぼくを見つけた日」をみて。 (salonsystemの社長のブログ)
映画 The TIME TRAVELER'S WIFE                           を見ました。邦題が「きみがぼくを見つけた日」とありました。直訳す...
きみがぼくを見つけた日 (Blossom)
きみがぼくを見つけた日 THE TIME TRAVELER'S WIFE 監督 ロベルト・シュヴェンケ 出演 エリック・バナ レイチェル・マクアダムス     ア...
きみがぼくを見つけた日  (こんな映画見ました~)
『きみがぼくを見つけた日 』 ---THE TIME TRAVELER'S WIFE--- 2009年(アメリカ) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演: エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、 ブルックリン・プルー ヘンリー(エリック・バナ)がクレア(レイチェル・マクアダムス)と初め...
きみがぼくを見つけた日  (to Heart)
原題 THE TIME TRAVELER'S WIFE 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 110分 原作 オードリー・ニッフェネガー 『きみがぼくを見つけた日』(ランダムハウス講談社文庫刊) 脚本 ブルース・ジョエル・ルービン 監督 ロベルト・シュヴェンケ 出演 エリック...
映画評「きみがぼくを見つけた日」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ロバート・シュヴェンケ ネタバレあり
映画 きみがぼくを見つけた日 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画&nbsp; &nbsp;  タイムトラベラーを夫に選んだクレアの日々は &nbsp; 夫が別の時間に飛ばされてしまうので寂しい毎日。 &nbsp; 夫のヘンリは、飛ばされる時間帯が自分で選べないので &nbsp; 飛ばされ...
「きみがぼくを見つけた日」(2009年、アメリ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「きみがぼくを見つけた日」(原題:TheTimeTraveler'sWife)は、2009年公開のアメリカのSFファンタジー/ドラマ/ロマンス映画です。オードリー・ニッフェネガーの同名小説を映画化したもので...