★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「どろろ」

2007-01-28 03:38:55 | 映画(た行)
<2007/A21/S11>
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。
「幸せ~」はオスカー候補だし・・・
「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。
結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
2007.01.27劇場公開日のナイトショウで鑑賞。
原作は手塚治虫。
主演はぶっきーこと、妻夫木聡
共演に柴咲コウ中井貴一ほか
2007年製作のアクション系ファンタジー・アドベンチャー、138分もの。

あらすじ
とある世界の戦乱の世・・・
武将・醍醐景光は全国制覇の力を得る為、魔物に生まれ来る子の体を差し出す。
生まれてきた子は、手・足・目・耳など48箇所が剥ぎ取られていて・・
そのまま川に捨てられるが・・・
運良く、医師である寿海に拾われ、代わりになる部位を作ってもらい、一応まともな体に見えるように。
そして成長した子は、魔物を倒すたびに取られてた体の一部が戻ってくると知り・・
魔物退治の旅に出るのだった・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
いやいや、あの医者の手術は凄かったね。
魔物?が飛び交ってたり、現代医学の先の先を突き進んでる技術。
さすが、「ブラック・ジャック」も書いてる手塚治虫の原作っ。
しかし、借り物の部位なので、目玉は付いてても、見えてなかったり・・・
両手は義手をはずすと妖剣になっていたり・・・と、かなりの人造人間。
そんな彼に近寄って来たのが、コソ泥のツンデレネエチャン。
琵琶法師から聞いた話から、例の義手についてる妖剣を狙う事に。
ここで名前が決定・・・
魔物退治するのが、百鬼丸・・・これは義手に付いてる妖剣の名前から。
ツンデレこそ泥ネエチャンは、どろろ・・・これは泥棒の意味とか。
相変わらず、べらんめえ口調が似合う柴咲コウ。
もともと「どろろ」の役は、原作では男の子だったのを設定変更。
醍醐景光に父を殺された恨みを晴らすべく、中性的なこそ泥・・って事で立ち回る。
魔物退治の二人旅は、結構早回しの、ロード・ムービー。
魔物をやっつける度に噴出す鮮血を、顔面シャワーのように浴びる柴咲コウ・・
なかなか痛快。
魔物が土屋アンナだったり、「千と千尋の神隠し」に出てきた坊みたいだったり・・
いろいろ楽しめるのも、いいねっ。
もちろん、格闘シーンはワイヤーアクションありありで、迫力あり。
アクション部門は、中国のチン・シウトン監督が担当。
この人、「HERO」「LOVERS」を撮ってる人。
おっと、お話は・・・・・
次々と体の部位を取り戻していく百鬼丸だが・・・
自分の生い立ちを知ってしまう・・・
醍醐景光が父であり・・・
乱世を勝ち抜く為に魔物にこの体の48箇所を差し出した・・と。
そして、相棒となりつつあった「どろろ」の復讐の相手が自分の父・・という事。
気まずくなるが・・・復讐よりも友情・・ってとこかなっ・・。
そして向かうは、醍醐の居城。
さすが、ニュージーランド・ロケ。
ちょっと見すると、ロード・オブ・ザ・リングに出てきそうな土地に日本風のお城が。
そこで、醍醐の息子・多宝丸 に城勤めを勧められるが・・・
出会った実の母に素性がばれ・・・一瞬にして、敵に・・・
多宝丸と決闘になるが、醍醐も母も、その場に集合。
多宝丸の死に、またしても魔物に頼る醍醐。
今度は自分の命を奉げて多宝丸を生き返らせた醍醐。
自分が魔物になっちゃたが、、、百鬼丸が見事成敗。
めでたしめでたし・・・と思ったけど、まだ、体が完全じゃない。
残り23箇所らしい。
ツンツンしてた「どろろ」・・・最後までデレェーーーとはせず、
次回作「どろろ2」を予感させる終わり方でした。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
妻夫木聡の最近出演作「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」・・・
ホントほんのちょっとで、残念でした。
柴咲コウ・・・「嫌われ松子の一生」「県庁の星」「日本沈没 」にも出てたけど、
どれもイマイチだった。
今作が、一番良かったね。
続編あったら、「ツン」のあとの「デレ」を見せて欲しいね・・せっかくだから。

という事で今回は・・
ど33度・・・
最初のタイトル字題の「ろろ」の部分が「33」に見えたのはひらりんだけ??
というのは置いといて・・・、
脚本もよく出来てるし、
CGも上手く出来てるし、
アクションも迫力あった。
ひらりん苦手系俳優(中井貴一・柴咲コウ)も、なかなかイイ演技。
ちょっと、誉めすぎかなっ。
しいて言えば、
きっとTBSも他局のように、続編映画を作りたいんだろうな・的終わり方がちょっと不満かなっ。


ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
 

コメント (25)   トラックバック (121)   この記事についてブログを書く
« 「ウエディング・クラッシャ... | トップ | 「迷い婚 -すべての迷える女... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2007-02-04 08:18:18
ひらりんさん、こんにちは!
この映画、意外に面白かったです~♪
ちょっと魔物はトホホでしたが、夢中になって観ていました。
妻夫木君がカッコ良かったし、ひらりんさんの苦手な中井貴一は映画を締めてくれたと思います。
続編ありそうですね。。。TBSもフジに負けてられないし(笑)
こんにちは。 (masala)
2007-02-05 01:13:35
TBありがとうございます。
「どろろ」ひらりんさんは高評価ですね。
私は立体的なワイヤーアクションは良しとしますが、着ぐるみの魔物は駄目でした。
子供の魔物が出て来た時には会場から失笑まで起こってしまいました。やはり目の肥えたお客さんは騙せないですね。
続編は作るんでしょうね。
また「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
「どろろ」を観てから、長いも(とろろ)が気になる。 (あかん隊)
2007-02-05 02:19:19
ひらりんさん、こんばんは。TBをありがとうございます。なんだか、違うところからのTBだったのですが、多分こちらだろうと思うので、こちらにTBをお送りしておきますね。ヒットしているようですよ。日曜日のレイトでも、若い方々、ぞくぞくと観賞されているようでした。続編、あるんじゃないですか?(^^;)
おはようございます♪ (耕作)
2007-02-05 06:59:56
原作と舞台設定をある程度変更していて、
それなりに楽しめました。
チャチなクリーチャー達も、逆に無国籍な
世界の中では面白かったです。
続編はもっとハチャメチャにして欲しいですね(笑)
けっこう、楽しみです♪

TBは「ウエディング・クラッシャーズ」が
来ていましたけど、多分こっちだと思って
TBさせて頂きます。
こんにちわ。 (michi)
2007-02-05 08:42:00
こんにちわ。 TBありがとうございます。
本作品、手塚治虫作品というだけで、とても楽しみにしていた映画でした。
「どろろ」が実は女の子だった事に驚きです。
柴崎コウさんのシャープな顔から、少年っぽさも感じていましたし、
中性的な役どころなのかなと思っていたので。。。笑!
面白かった! (betty)
2007-02-05 16:05:52
ひらりんさん
トラックバックありがとうございます。
私もこの映画かなり気に入りましたよ。高評価です。はい。
設定は漫画的、でも人間ドラマはけっこう深くて、引き込まれてみてました。
妻夫木くんかっこよかったし、柴咲コウは敢闘賞もので好感がもてました。
着ぐるみの妖怪たちも、ユーモラスだったりグロテスクだったり、怖かったり、といろいろ、日本的なこんな特撮も楽しかったです。
こんばんは。 (hyoutan2005)
2007-02-05 19:39:54
TBありがとうございました。
違う記事のTBを頂きましたが、どろろに頂いたようなのでこちらにTBのお返しをさせていただきました。
突っ込みどころはありますが、まずまず楽しめる作品だったと思います。好き嫌いの分かれるところでしょうが、私には主演の二人が魅力的でした。
トラバどうもです。 (なかい号)
2007-02-06 14:06:38
こちらもトラバ頂いときます。

ネタバレ部分を反転表示ってのなかなかいいですね♪
原作 (もじゃ)
2007-02-06 15:27:22
こんにちは。TBありがとうございます。
原作ファンなので、この作品はちょっとダメでした。
やっぱり好きな作品だと思い入れが違いますからねぇ。
TBありがとうございました~ (こでまり)
2007-02-06 16:06:22
TBありがとうございました~
原作は未読ですが、私にはちょっと微妙な感じでした。
でも、土屋アンナの魔物には恐れ入ったっ・・・
雰囲気ありありで、こう言っちゃ申し訳ないけど、
ピッタリの配役でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

121 トラックバック

どろろ (いいかげん社長の日記)
昨日は、「どろろ 」「幸せのちから 」の公開でした。 金曜日の飲み会で、みんな「どろろ」に期待してたので、とりあえず「どろろ」を選択。 「UCとしまえん 」は、やっぱ結構人が多い。 「どろろ 」も、大きいスクリーンで7割近く入っている感じでした。
どろろ (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェック...
『どろろ』 (cinema days 『映画な日々』)
 手塚治虫の原作を映像化。  「どろろ」=”化け物小僧”  個人評価 ★★  『 映画雑感 』
どろろ (Akira's VOICE)
自分探しは永遠に終わらない!
どろろ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 巻き舌スパーク!どるろろろろろろろろろっ! 
映画 どろろ (よろず茶屋 )
公開初日、レイトショーにて。 手塚治虫先生は好きだ。原作の「どろろ」も読んだ。でも初日に観に行くほどのファンではない。 KUROがどうしても「どろろ」がいいと駄々をこねるからしょーがなく・・・ あ゛~、やっぱりDVDで十分だったよ~。 だから「幸せのち...
「どろろ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「どろろ」 監督:塩田明彦 主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一 賢帝歴3048年・・・大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけ...
どろろ (花ごよみ)
  【あなたを忘れない】を見に行くつもりが、  舞台挨拶付き(これも見たかった) ということで、人気があったのか、 かなり早めに映画館に行ったのに、 着いたらもうすでに売り切れ。  あ~~残念!!…。 近くの他の映画館では、上映していないし…。 あきらめて【...
どろろ (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  アドベンチャー&アクション&ファンタジー  監督:塩田明彦  出演:妻夫木聡      柴咲コウ      中井貴一      瑛太 とある時代のとある国。戦乱が続き荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は国を 治める力を手に入れるため生まれてくる...
豊洲で映画 (うつな私の毎日)
今日はお天気もいいしレディースデイなので 映画『どろろ』を観に行ってきました せっかくなので、行った事のなかった豊洲へ。 ↑よろしければココをぽちっとお願いします ↑よろしければコチラもぽちっとお願いしますm(__)m 続きはコチラ→
『どろろ』 (時間の無駄と言わないで)
原作が手塚治虫なんだから、そりゃよっぽどのコトがない限りは面白いってば。 1000円で観れたし(コレ重要)。 でも138分も使ってるくせにドラマが浅いのなんの。 回想シーンが無駄に長いし。 あと映像はもう少し何とかならなかったのかねぇ? せっかくの映画なん...
【2007-13】どろろ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
どろろ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ~~【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)。肉体を取り戻す旅に出た彼は、戦で天涯孤独の身...
「どろろ」 (かいコ。の気ままに生活)
本日 2月2日は「夫婦(ふうふ)の日」だそうで。しかし 今日から主人は上海です・・てことで またのびのび 「どろろ」観てきました!どろろ公式サイトあらすじ:武士の醍醐景光が 天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損し...
自らを取り戻す戦い (CINECHANの映画感想)
24「どろろ」(日本)  賢帝暦3000年頃、終わりのない戦国の世を憂う武将・醍醐景光は戦乱の世を治める力を得ることを魔物に申し出る。見返りは自分の子供の体48箇所を差し出すこと。  20年後、医師・寿海み仮の体と護身の妖刀を与えられた子供は見事に成長...
「どろろ」 (NAOのピアノレッスン日記)
手塚治虫の最高傑作、ついに映画化!2007年 日本映画(東宝配給)  1月27日公開  PG-12指定 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作: 手塚治虫 脚本: NAKA雅MURA / 塩田明彦 撮影: 柴主高秀 音楽: 安川午朗 / 福岡ユ...
「どろろ」:天王洲橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに、テレビ東京のスタジオがあるとは思わなかったな。 {/hiyo_en2/}テレビ東京っていえば、「どろろ」をつくったテレビ局よね。 {/kaeru_en4/}それは、東京放送、6チャンネル。テレビ東京は12チャンネル。 {/hiyo_en2/}うーん、地方出身者に...
どろろ 07025 (猫姫じゃ)
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片...
「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない (はらやんの映画徒然草)
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
映画「どろろ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス....
「どろろ」切らなければならない運命を切る時に伴う心の痛みを示したファンタジーストーリー (オールマイティにコメンテート)
「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作規模の違う作品として注目されている。
どろろ (八ちゃんの日常空間)
次の時代を彷彿させる素晴らしい映画でした。やるじゃん!アジア圏や世界配給を狙って最初から作るのでしたら、もう少しアジアの才能を集めても良かったのではないかと思いますけどね。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思...
映画 「どろろ」 を見ました (THE有頂天ブログ)
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) ■DVD:どろろ Complete BOX 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウと...
映画「どろろ」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 昨日、新宿の明治安田生命ホールにて、角川グループ連合試写会「どろろ」を鑑賞した。日曜日の昼の2時開場という事で少し早めの15分前に到着したが大して列は出来ていない、最終的に20代位の女性を中心に8割くらいの客入り。 さて映画の話、昭和42年「週刊少年サ...
どろろ (ネタバレ映画館)
ほげほげたらたらほげたらぽん!
「どろろ」と手塚治虫 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
手塚治虫原作の「どろろ」を塩田明彦監督(「カナリア」「黄泉がえり」)が映画化。原作の戦国時代とは違う場所と時代設定(何処かの国の賢帝歴3048年、いわゆるAnother Day Another Pla
「どろろ」 (古今東西座)
なんっつうか… 大味 なんだよね、この映画。 今回は珍しく原作を既に読んでいる作品の映画化。とは云っても読んだのはもう10年どころじゃない前のこと。当然細かいことまでは覚えていない状態。 戦国時代、武将・醍醐影光は天下を取れるよう魔物と契約をする。魔物の交換...
どろろ(20040127) (cococo)
原作を読んでいたが、記憶がぼんやり(いつもそうだが)していたのと、ニュージーラン
『どろろ』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
最近神戸で映画見てるえみたんでしw そこに素敵な映画館あるんだけど、その映画館の側に住めたらなぁって思うえみたんでしw 周りの建物の雰囲気も最高なのら&#63889; と、そんな話じゃ~~なく今回もその神戸で映画を観て来たの&#63893;&#63903; 最近梅田よ...
「どろろ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
タイガースの新外国人選手ライアン・ボーグルソン投手の記事が載っていた。何でも投球の度に「ガウウッ!」、「グハッ!」、「ゲハッ!」等と雄叫びを上げるという、松岡修造ばりにウザイ・・・では無く、熱い男の様だ。外見はイケメンなれど、本人曰く「気持ちを入れて普...
劇場鑑賞「どろろ」 (日々“是”精進!)
「どろろ」を鑑賞してきました手塚治虫の同名マンガを映像化した時代劇アクション。総製作費20億円をかけた大作。肉体を魔物に奪われた悲運の男の戦いと、彼のお供する天涯孤独な盗っ人との絆を描く。ストーリーは・・・乱世を治める力を得るため父により体の48の部分...
どろろ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 塩田明彦 製作総指揮 - 原作 手塚治虫 脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦 音楽 安川午朗 、福岡ユタカ 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、 麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団...
【感想】どろろ (dendenの特撮日記)
レディースデーに男1人で行ってやりましたよ。ははは。 映画は…よかったですよ。 アクションシーンとしては「牙狼<GARO>」みたいな感じで、主人公の妻夫木が鋼牙みたいにクールにアクションを決めるんです。 後ろから狙われても、上から狙われても、冷...
感想/どろろ(試写) (APRIL FOOLS)
な、なにこれ…。これはマズイだろーなー、な衝撃作とあいなりました『どろろ』1月27日公開。それでも客は入るんだろーなー。 どろろ 話は面白いよやっぱ。原作知らんけどサ。でもとにかくね、映像表現が、、、モノ足りな、、か、、、、った。。いやー、出てくるあや...
ただの妖怪映画ではない。『どろろ』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
映画『どろろ』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
本来親から極当たり前にもらって生まれてくるはずのものを、親の欲得のためにもらいそびれたら、子供は自分自身の力だけでそれらを手に入れなければならない。それはとても苦しくつらいことだ。その一つ一つを手に入れるためにどれほど苦しい思いをしなければならないもの...
『どろろ』 (ラムの大通り)
「もう、これは『ごめんなさい』って感じ」 ----うん?どういう意味ニャの? 「いやあ、せっかく早く見せてもらったのに、 ぼくにはまったくダメで……」 ----確か、手塚治虫の原作だよね? オモシロそうなお話じゃニャい? 「うん。この原作は子供の頃、確かテレビアニメ...
『どろろ』 ('07初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 1月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:55の回を鑑賞。{%thunder_a%}
どろろ (2007) (シネマテーク)
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
どろろ/妻夫木聡、柴咲コウ (カノンな日々)
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったらた...
どろろ (吾輩はナマケモノである。)
手塚治虫の原作漫画を見たことが無いのですが、話は良く出来ていたように思います。 妻夫木聡もTVで観る印象とは違う、陰のある青年を上手く表現していました。 48体の魔物の皆さんがウルトラ怪獣や着ぐるみ感充分で笑えましたが、ベテラン中村嘉葎雄が軽くなりがちな演...
『どろろ』-テーマは◎だけど他はもうひと頑張り? (アジアンリミックス)
『どろろ』(★★★☆☆) 2006年/日本 監督/塩田明彦 脚本/NAKA雅MURA、塩田明彦 出演/妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、杉本哲太、麻生久美子 他 TBSと東宝が約20億円の制作費をかけて制作したアクションエン
どろろ (ちわわぱらだいす)
あまりにも↑(幸せのちから)が面白くなかったので 何年かぶりに映画をはしごしちゃったよ~ こちらは満足しました&#63893;&#63899; 原作はほとんど知らないんだけど。。。 うさぎは楽しみました~&#63889; 子供はPART?がありそうだねって言ってるけど...
どろろ (そーれりぽーと)
手塚治虫の漫画『どろろ』を映画化。 っつうても、手塚作品の中では妖怪漫画ブームの頃にあやかって書かれたマイナーな妖怪漫画だから、俺自身も読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから観てきました。 ★★★ ★2個半って先日観た映画にも付けたばかりだし、ど...
どろろ (Ossan's Blog)
監督 塩田明彦 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、中井貴一、原田芳雄、土屋アンナ 時間 138分 体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸(妻夫木聡)は、 魔物を倒すと1箇所ずつ体が戻ってくる。 体の...
どろろ~続編希望♪♪ (シネマでキッチュ)
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) あっら~面白かった♪ 塩田監督、確信犯なのかしらあ。 「ギブス」の「月光の囁き」のフェチ・ヤバイ塩田監督が戻ってきたかな~♪ 全身ギブスみたいな百鬼丸って・・・ちょっとフェティシズムくすぐるわよ。 なーんていうような、邪...
「どろろ」完成披露試写会 (てんびんthe LIFE)
「どろろ」完成披露試写会 東京国際フォーラムホールCで鑑賞 舞台挨拶の登壇者は塩田監督、アクション監督程小東(チン・シウトン)、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、土屋アンナ。司会はTBSの久保田アナ。質問と応えの掛け合いが微妙に下手で面白かった。たぶん、質問...
「どろろ」、公開 (Mugen Diary)
1月27日に公開される「どろろ」の情報を。昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された、手塚治虫の最高傑作とも言われている怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。 出演:妻夫木聡(百鬼丸役)、柴咲コウ(どろろ役)、中井貴一(醍醐景光役)他紹介がシネマトゥデ...
どろろ ジャパンプレミア (メルブロ)
どろろ 上映時間 2時間18分 監督 塩田明彦 出演 妻夫木聡 柴咲コウ 瑛太 原田美枝子 中井貴一 土屋アンナ 評価 6点(10点満点) 会場 国際フォーラム ホールC(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 魔物との契約により、体の48箇所をとられた百鬼丸...
百鬼丸。 (ひょうたんからこまッ!)
『どろろ』(2007年・日本/138分)【TOHOシネマズ六本木(初日舞台挨拶付き)にて鑑賞】公式サイトネタバレアリ男は己の野望の為に我が子の体を魔物に与えた。一族の栄華存続・天下統一と言う名目の前には、我が子への愛さえも枯れてしまうのか。この世に生を受けた...
どろろ (ぷち てんてん)
というわけで、このどろろです。手塚治虫さんの漫画を実際に知っている人はどれくらいいたのかしら。小さいお子さんも見ていたけど、長いから(138分)途中、飽きている子もいたなあ。でも、魔物が出てくるともぞもぞするのが止まって、スクリーンにクギづけになっていた....
「どろろ」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
内容は予告どおり。それ以上でも以下でもなく、予告そのまんま。 キャッチコピーでデカイこと言い過ぎ! むしろ東宝の恥だろ。 妖怪は、日曜朝の戦隊物レベルでちゃちいし、 CGは子供だましだし、 ストーリー展開も眠いです。 映画館どろろ予告にて散ッ々、 「日本は本物...
どろろ (5125年映画の旅)
魔物によって体の四十八箇所を奪われた姿で生まれてきた百鬼丸。親に捨てられた彼は奇術師に拾われ、造られた仮の身体を与えられる。それから20年、百鬼丸は奪われた身体を取り戻すための旅にでる。立ち寄った町で彼は、自分の身体に仕込まれた刀を狙う泥棒・どろろ...
どろろ (have a heart to heart talk)
今日公開の映画「どろろ」を見てきました。 妻夫木くん、かっこよすぎです(*゜▽゜ノノ゛☆ もともとさわやか好青年ってキャラですが、実はハンサムだったんだなあ。 そして陰のある役で新たな魅力UP!! 妻夫木くんが演じる百鬼丸は魔物を倒すたびに奪わ...
どろろどろろー (ネヤガワ・デイドリーム)
いつの間にか2月じゃないかー1日なので映画の日だ。1000円。 大日のマイカルへ行ってきた。何気にオープンしてから初めてだった。チャリンコで30分もかからない。安かったので靴を買った。映画館はガラガラだった。大阪とか心斎橋とかと違って、この手のシネコンは...
『どろろ』 完成披露試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろ(柴咲コウ)は百鬼丸の...
【MOVIE】どろろ (思いつくままに)
■感想など ・・・ピノコ? 生まれたての百鬼丸(妻夫木聡)と、育ての親の寿海(原田芳雄)が作った 体の部品を観ていたら、同じ手塚治虫原作の「ブラックジャック」に 出てくるピノコを思い出してしまいました。 アクションシーンは結構見ごたえありでした。チャンバラも...
どろろ (Tama blog)
映画「どろろ」今週土曜に公開するけど 主演の二人の顔ぶれを見ると、 ドラマ「オレンジデイズ」を思い出す あのドラマは面白かったけど、この映画は 面白いのかなぁ~[:?:] そうそう土屋アンナも 出演するみたいだ、土屋アンナの 「下妻物語」も面白かったけどね...
どろろ (何書☆ねくすと)
評価:◎ 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  戦乱の世、終わることのない血で血を洗う争いの中、醍醐景光とゆー武将は
2007-01:どろろ (正咄 その弐(旧七転八倒映画館))
2007年の正月映画が揃いも揃って魅力的な作品が無く、正月第2弾のラインナップにかなり期待していた。その中の一つがこのどろろであった。原作は手塚治虫の漫画でこれは小学校の頃に友人から借りたものを読んだ記憶がある。今回このどろろが映画化されると聞いて真っ先に...
どろろ (エリ好み★)
身体の48ヶ所を奪われ、「もののけ姫」のコダマみたいな姿で産まれてきた百鬼丸がちょうどお腹のチビ(4ヶ月)みたいで、観に行くことにしました{%heart2_a%}
映画:どろろ 完成披露試写会 (駒吉の日記)
どろろ 完成披露試写会(国際フォーラムC) 「化け物小僧って意味だぞ---どろろ」 公式ブログのキャンペーンで当選しました♪でも関係者中心のため一般客は3階席まで追いやられてしまいました・・・早くから並んでいれば2階席だったのでしょうか・・・ま席ま...
【どろろ】柴咲コウとストーリーが邪魔なんでぃ!ぺんぺん! (見取り八段・実0段)
まだ公開して間もないのでネタバレしませんが。。。CGを期待して行ってはいけません。ストーリーを期待して行ってはいけません。柴咲コウを期待して行ってはいけません。私は、妻夫木くんを見に行ったんだよ。たぶんね~。こんなに綺麗で、こんなにカッコいい妻夫木くんを...
「どろろ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
★★「どろろ」妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子... (こぶたのベイブウ映画日記)
いやぁ、妻夫木くんが美形で良かった!主演が他の人だったら途中で寝ていましたよ!内容は、一貫性のない世界観、微妙な妖怪たち、中だるみな展開と、途中で飽きてしまった・・。無駄に長いし、安っぽいし、新鮮味はないし、勢いやセンスも感じられなくて子供だまし。雑な...
どろろを観たよ (レッツビギン!とにかくブログをはじめてみたよ!)
月末まで有効なタダ券があったので、31日にどろろを観て来ました。そんなわけで、感想を書いてみます。ほんのりネタバレがありますので、観るまでは絶対に内容は知りたくないんだ~!!!という人は注意してください。#僕は昔はこのタイプでしたwさて、ググってみたら...
【 どろろ 】 (もじゃ映画メモメモ)
失われた体を取り戻すため旅する百鬼丸と彼の刀を奪うべく同行する盗人どろろの冒険活劇。手塚治虫原作コミックの実写映画化。 いきなりキャスティング発表からネタバレになってしまっていた...どろろ役柴咲コウ。つーか、オトナだし!...原作知らない人はどうでもいい...
映画 「どろろ」 (ようこそMr.G)
映画 「どろろ」 を観ました。
「どろろ」(13) (映画とワンピースのこでまり日記)
おもしろかったけどぉ・・・’07 日本 138分監督・・・塩田明彦出演・・・妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 原田美枝子 原田芳雄戦国の世、武将・醍醐景光は力を欲し、我が子の肉体48箇所を48の魔物に捧げた。20年後、その子・百鬼丸は自分の体を取り戻すべく...
「どろろ」試写会 (ロハな生活)
さすがに話題作だけあって会場は熱気むんむん! 2階までほぼ満席でした{%exmark2%}
どろろ (kaoru@感想色々♪ぶろぐ♪)
本当に映画になったんだ(←まだ信じてなかったのか) どろろ どろろが柴咲コウってのはどうなんだろう。 百鬼丸に妻夫木君は……うーん。 色々な悲惨なものを背負っているが、見た目は爽やかにしたかったのか? (原作も爽やか系?・笑……だしなー) 成長した...
どろろ、観てきました (TURBOLILY)
原作も知らずに予告編を見ただけの状態で観てきました。半分以上がミスチルの歌が聞きたかったから(爆)それなりに面白かったですよ。でも途中端折った感がすごく分かってしまって残念でしたね。終わりも尻すぼみでしたし…いっそのこと主役二人のラブストーリーにしちゃ....
どろろ (UkiUkiれいんぼーデイ)
醍醐の城って ハウルの城以上に、微妙なバランスで建ってた! 今から40年前に手塚治虫氏は、すでに現代の人々へ向けての警鐘とも取れるようなメッセージを含めてこんな作品を書き上げておられたのですね。 自身の欲のままに、我が子を魔物に差し出す父親・醍...
『どろろ』 (Antique)
見てきました~{/kaeru_en4/} {/hikari_blue/}監督 塩田明彦 {/hikari_blue/}キャスト  妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団ひとり 、中村嘉葎雄 、原田芳雄 、中井貴一 {/hikari_blue/}ストーリー  戦国の世...
どろろ 観た!! (せるふぉん☆こだわりの日記)
ワーナーのレディースデイで映画を見てきました。 公開直後から評判がイマイチな感
映画「どろろ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を...
どろろ・・・・・評価額800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー
レイトで『どろろ』観てきました♪ (ANNE'SHOUSE-since1990-)
『どろろ』監督:塩田明彦出演:妻夫木聡   柴咲コウ   中井貴一   瑛太手塚漫画の『どろろ』が映画になった事と、    ゴヒイキの妻夫木聡が主演している事もあって、観てきましたよ~思ったよりスピード感があって面白かった“百鬼丸”の妻夫木聡と “どろ...
どろろ (future world)
手塚治虫原作のどろろ~~そういうマンガがあることは知ってるけど、読んだことないしストーリーも知らない。。。 なので、どろろは主人公・・ってことは妻夫木クンがどろろだと、映画予告が公開されるまで思ってました。。 予告編で柴咲コウが「オイラがどろろだいっ...
どろろ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
「PG-12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ~~子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...
「どろろ」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
これって…どろろ2あるんですか? どろろ 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 塩田明彦 原作 手塚治虫 脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦 音楽 安川午朗 、福岡ユタカ 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ
どろろ観てきました。 (掘り出しモンみっけた!!)
手塚治虫の作品の中でも 好きな「どろろ」が映画になると 聞いていたので 前から観たいと思っていました。漫画はもちろんのことゲームも買ってクリアしていたしね。朝イチで 映画館に行ったら 自分も含めて5人。はっきり言って 貸し切り状態。今までで 最高は自分...
どろろ (TRIVIAL JUNK Blog)
コレも原作は幼少時にむさぼるように読みましたねぇ。もっとも20年近く前のことなんで、残念ながら詳細までは覚えてないのですが。 <公式ページ> さて、最近は昔の名作漫画を引っ張り出してきて映像化するのが流行りですが、脳裏に浮かぶのはキャシャーンやデビルマ...
どろろ (頑張る!独身女!!)
感動ありつつ、笑いあり。見せ場あり。そんな作品でした。
どろろ (□■Honey March■□)
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}       2007 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 出演:妻夫木聡/柴咲コウ/瑛太/原田美枝子/杉本哲太/麻生久美子他 戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、...
どろろ (ケントのたそがれ劇場)
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の衣装や
どろろ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿オスカー> 新しくできたバルト9に行こうとしたら、ヒトがいっぱいで。 しかし興収一位の映画とは思えないほど客席が少ないですな、新宿の映画館は2館とも。 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作:手塚治虫 脚本:NAK...
どろろ (Tama blog)
映画「どろろ」今週土曜に公開するけど 主演の二人の顔ぶれを見ると、 ドラマ「オレンジデイズ」を思い出す あのドラマは面白かったけど、この映画は 面白いのかなぁ~[:?:] そうそう土屋アンナも 出演するみたいだ、土屋アンナの 「下妻物語」も面白かったけどね...
どろろ (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
柴咲コウのどろろ? そりゃまぁ どろろは女の子なんだから女優が演じて悪い事ないさ、 でも ちょっと イメージが違うんじゃない? というのが   絶対観たい! という気を起こさせない理由だった・・・ 夫が 月曜デートに この映画を選ばなければ観なかったかもしれない...
『どろろ』感想 (一紅八緑)
                   『どろろ』 監督:塩田明彦 原作:手塚治虫 主演:妻夫木聡・柴咲コウ・瑛太・原田美枝子・中井貴一・杉本哲太・土屋アンナ・中村嘉葎雄 ・原田芳雄他。。。 指定:PG-12 【感想】 まず、 前半、大分グロかったです。後半の方...
「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
どろろ (ray’s home)
 映画「どろろ」を見ました。  柴咲コウ、妻夫木聡の人気若手スター共演ということで、さらにニュージーランドロケ、原作は手塚治虫という話題性もあり。  「マリー・アントワネット」よりはかなり好感が持てました。柴咲コウの頑張りが何といっても印象的。男言葉...
映画どろろ観たよ (ぱるぷんて海の家)
「どろろ」観てしまいました。 3週連続1位と言うのも誇張じゃない、確かに満席に近い状態です。 漫画の実写版なので若年層が多いのかと思っていたが、中高年やどろろには興味なさそうなお婆さんグループなどもいて人気の層の広さを思わせます。 確かに手塚治虫の原...
まだオンナにはなんねーぞっ!~「どろろ」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。→http://www.dororo.jp/ キャー、もうキャーキャーキャー♪♪♪ なんてカッコいいんざんしょ。 ブッキーのブッキーによるブッキーのための映画で もうファンの方はぜ~~~ったい見て見て見てといいたいくらい 惚れ惚れでございました。 どっちか...
どろろ (いろいろと)
手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である  出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太
どろろ (機械材料加工学?)
どろろ オリジナル・サウンドトラックサントラ、Huun-Huur-Tu 他 (2007/01/24)トイズファクトリー この商品の詳細を見る 以下ネタバレ。 ってかこのブログ、基本ネタバレです。 ご注意を。 48の体のパー
どろろ (sigh.)
今頃かっ!なんですが、見てきました~
どろろあらすじ (超どフリーなブログ)
室町時代末期、武士の醍醐景光は天下取りの代償としてオノレの子を生贄として48体の魔神に差し出す。その結果赤ん坊は体の48箇所を欠損した体で生まれ、化け物としてそのまんま川に流され、ホらられてまう。医者・寿海に拾われた赤ん坊は彼の手により義手や義足を与えられ...
どろろ (超どフリーなブログ)
時代劇で妖怪物、ちうごっつう特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なんやよりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊の孤児が主人公ちうことで、差別問題やらなんやらビミョーな問題がようけ地上波...
「どろろ」香港映画かと思った(笑) (毎日が映画記念日)
原作マンガが大好きなのと、めいほあさんのブログ記事に背中を押されて、 観に行ってきました。話題作の「どろろ」。
「どろろ」鑑賞 (BIGLOBE平社員ブログ)
およよ。 石塚です。
映画「どろろ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
ご存知の通り、日本漫画界の重鎮、故「手塚治虫」の数ある作品の一つ。 父、醍醐景光が、48匹の魔物と交わした約束のせいで 体中48か所を失ったまま生まれた百鬼丸。 育ての親につけてもらった手足や目や耳、 仕込みの刀を使って魔物を退治し、体を取り返していく。...
映画「どろろ」■柴咲コウの貢献度大! (映画と出会う・世界が変わる)
映画「どろろ」の成功の最大の要因はどろろを演じた柴咲コウであろう。彼女が持っている中性的魅力がこの映画で見事に発揮されたというべきであろう。それに比べると百鬼丸を演じてる妻夫木聡は、あまりにも凡庸である。柴咲コウが、泥んこ顔が似合う間にシリーズ完結を期...
「どろろ」切らなければならない運命を切る時に伴う心の痛みを示したストーリー (gooブログ版) (オールマイティにコメンテート(gooブログ版))
27日公開の映画「どろろ」(PG-12指定)を鑑賞した。 この映画は手塚治虫原作の映画で 体の48箇所を魔物に獲られて、 その体を取り戻す為の48の魔物を 倒す旅をしているストーリーである。 手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、 その中でも制...
「どろろ」 (さっぽろシネマパラダイス)
手塚治虫の同名漫画を妻夫木聡、柴咲コウ主演で映画化した冒険活劇大作。 失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なスケールで描き出す。 監督は「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛...
『どろろ』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
天下を望んだ父親の野望の代償として、身体の四十八箇所を魔物に奪われて生まれた百鬼丸。医師・寿海に拾われた彼は、義手・義足や人工の臓器を与えられて成長、やがて旅に出る。左腕に仕込まれた妖刀で魔物を一匹退治する度に、奪われた己の肉体を取り戻していくのだ。 ...
どろろ 感想。 (A little black butterfly)
面白かった。 原作マンガを読んでいたので、よりいっそう面白かったと思う。 まぁ若干『グロッ』とか『ビックリしたぁ』って思いましたが。 あの同じ顔の女の子。そして、アゲハチョウの幼虫くずれは・・・・・・
213.『どろろ』みちゃった!(^^)! (徒然なるままに・・・?)
{/kaeru_rain/} 皆様、こんばんは~~(^-^)/ 今夜は、公開当時 そしてDVDリリースされたここ数日の 番宣のハゲしさに思わずッッ レンタルしてきた『どろろ』です。 じつはこの『どろろ』・・・ スカパー!の「日本映画専門ch」で原画アニメ版を観ていたsoratukiです...
どろろ (Cafe de MOSSA)
DVDにて。 正直普通以下。 総製作費20億円かけているようには到底見えなかった。 序盤(特に中井貴一の演技)はそこそこ引き込まれた。 ただ序盤がずいぶん長いなって思っていたら、 中盤でダイジェストみたいな展開になってダレてしまった。 原作やらキャスト陣はいいもの...
どろろ (Sato's Collection)
見ました。 巨匠、手塚治虫原作。 えー、原作を考えなければ単純に楽しめました。 っていうか、たぶん原作を知らない人をターゲットに作られてるんじゃないかな? それとも作った人間が知らなかったとか・・・ 物語の内容上、途中魔物倒しで時間がかかるのはしょうがない...
「どろろ」 (青いblog)
http://www.dororo.jp/ 「どろろ」公式サイト 原作ファンとしてはこのキャスティングが許せなくて映画館に観に行かなかったのですが、DVDになったので鑑賞
どろろ (CHIBISHIRO の 楽しく♪花嫁修行)
オイラはどろろだっ!!!テンテン♪ってなわけで今頃ですみませんが【どろろ】鑑賞しましたほとんど10万円以下のバッグを探しました♪COACHは3万円以下ですよ      実は妻夫木聡にあまり魅力を感じない私・・・。だから【どろろ】を観るの...
どろろ (今日の出来事)
やっと『どろろ』を見ました。 はるか昔か、遠い未来か定かではない時代。 とある病んだ賑わいのある街の酒場で 錨の模様の衣服をまとった青年百鬼丸(妻夫木聡)が 躊躇いもせずに突然舞台で踊る歌姫を斬りつけた。 すると歌姫は蜘蛛のようなヤシガニのような奇妙な...
どろろ (minaの官能世界)
 他に観たい作品があったのだが、「どろろ」が気になって仕方がないので、朝一番の上映を観に行ったのは今年2月の劇場公開時のことである。今回、DVD鑑賞したのを機会に感想を少しだけ・・・・・・。  原作は、手塚治虫の漫画である。  学生時代によく通っていた漫...
【映画】 どろろ (REAL LIFE)
キャスト、あらすじ(goo映画より) 監督:塩田明彦 原作:手塚治虫 出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子    中井貴一、杉本哲太、麻生久美子    劇団ひとり、土屋アンナ、中村嘉葎雄 戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から...
「どろろ」DVDにて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
DVDで『どろろ』を、見ました。
映画評「どろろ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・塩田明彦 ネタバレあり
どろろ (* miss.chibi cafe *)
オイラはどろろだっ!!!テンテン♪ ってなわけで 今頃ですみませんが『どろろ』鑑賞しました! ほとんど10万円以下のバッグを探しました♪ C...
どろろ (真性ひできちんこショボーン↓)
身体の48箇所をバケモンの奪われた百鬼丸が、 自らの身体を取り戻すべく48体のバケモンを倒すお話。 てか、百鬼丸てフランケンシュタ...
どろろ  - 懐かしの手塚作品の実写化 - (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 月曜の夜は、TBS系の月曜ゴールデンで、「2008夏の映画スペシャル(1)」と銘打った「どろろ」を観ていた。私が子供のころ、「週刊少年サンデー」に連載されていた手塚治虫の漫画が原作であり、私たちの世代には懐かしく思う人も多いと思う。調べてみると、少年サンデー...
『どろろ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...