★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

2005-06-09 03:38:15 | 映画(ま行)
南米が舞台の映画のようです。
知ってる人は出てきません。
2004年アカデミー賞の歌曲賞は受賞している模様。
2003年製作の青春ロードムービー、127分もの。

あらすじ
1952年、アルゼンチンのブエノスアイレス。
23歳の医学生エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナは喘息持ちだが、真面目だが好奇心旺盛な青年。
29歳の陽気で口が達者な友人アルベルトと南米大陸探検の旅に出ることに・・・。
アルベルトの持つおんぽろバイクで出発するが・・・
余りに無謀な計画であり、次々と苦難が彼らに襲い掛かってくることに・・・

ここからネタバレ注意↓(反転モード)
南米と聞くと暑そうなイメージだけど、大自然はそんなに甘くありません。
南米大陸を縦に貫くアンデス山脈は超難関・・・。
おんぼろバイクは途中でぶっ壊れて廃車・・・
早々にモーターサイクルの旅じゃなくなっちゃいます。
荷物背負って歩いて峠越えしたり・・・ヒッチハイクしたり・・・
野宿もそうそう楽じゃないしーーー。
行く先々で、その土地土地の人にめぐり会って助けてもらう二人。
好対照な二人の性格が話を面白くしてるけど、どこかで頼りあってるのもよくわかるね。

アルゼンチンからチリ・ペルーと旅をして・・・
そうそう、歴史で有名な空中都市のマチュピチュ遺跡なんかも登場します。
彼らが出会った人々に影響されていく二人。
30歳になろうとするアルベルトもそろそろ定職につき、身を固めることに・・・
そんなこんなで二人の旅は約一年で終了・・・

映像はこの辺でほぼ終わるんだけど・・・
主人公のエルネストはその後、革命家「チェ・ゲバラ」と呼ばれキューバ革命で名をはせた。
「チェ・~」って呼ばれるのは、アルゼンチンの人がよく「チェ」を口ぐせみたいに使うかららしい。
情熱的で正義感が強い青年が大陸縦断旅で感じたものとは???
貧困・・・抑圧・・・差別・・・
この映画からはそれくらいしかひらりんには感じ取れませんでしたが・・・
ここまでネタバレ注意↑

主人公が医学生ということで、ハンセン病の療養所も出てきました。
当時の差別の象徴だったのでしょうか。
(そういえば「キングダム・オブ・ヘブン」のエルサレム王もハンセン病でした。)

この主人公「エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ」という男は、革命家として有名らしいね。
この映画のその後の人生も映画化されてたら観てみたいですね。

ということで今回は
青春度・・・★★★
青春時代の旅日記ですが、これがまた、その後の人生に超影響しちゃったんですね。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
« ★「フォーガットン」 | トップ | 「隣のリッチマン」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB ありがとうございます。 (まみりん)
2005-06-12 08:46:54
私も、開始早々にモーターサイクルを売ってしまったのには唖然としてしまいました~。

でも、あんな転び方を何度もしてたら、壊れますよね。っていうより、人間の方が壊れますよー。

これを観た後、ちょっと『チェ』に興味が湧いて関連本をいくつか読んだのですが・・・結局あまり解らなかったです・・・。

こちらからもTBお願いします。
Unknown (悠)
2005-06-12 09:51:22
前にみたのですが、二人が、酒は好きだぜ、ねーちゃんはきれいだぜ、エルンストなんか誘惑されてー亭主にきずかれー追い回される。チェにならなくても、青春物として楽しめました。らい病、日本では、大谷刑部だっけ、らい病やんでて、茶会で、膿が茶碗におちたのを、そのまま、石田三成が飲んだのを恩にきて、関が原では、三成の味方するってのがあります。
はじめまして☆ (gukko)
2005-06-12 20:50:42
TBありがとうございます!チェ・ゲバラのその後についてですが、『チェ・ゲバラ&カストロ』というDVDでガエル君が演じているそうですよ(私もまだ見ていないですが…)私も興味を持ったので今度見てみたいと思っています。
TB" ゜☆,。・:*:・゜★o(´▽`*)/♪Thanks! (KK)
2005-06-18 04:34:07
あの映画を観て感動して、マチュピチュへ私も行きたくなりました! あの川を泳いでわたる勇気、根性、志が、チェをあの革命家にしたんだろうなぁ。アメリカではカストロと一緒であまりよく言われてない部分もあるけれど、この映画を観てみると、彼のことを「悪者」とは言い切れない気がしてきました。



今、ハリウッドでも「チェ」というタイトルで映画脚本が練られていますが、それも楽しみです。「オーシャンズ11」の監督で、ベニチオ・デル・トロがチェ役で主演!!
はじめまして。 (auntspoon)
2005-06-20 23:53:31
TBありがとうございます!

とても中身の濃いブログですね~。

また遊びに来ます☆
男の旅 (みつこ)
2005-08-03 21:50:35
こんにちは。TBさせてもらいました。

こういう映画を観ると、男の人がうらやましくなってしまいます。こういう旅は男2人じゃないとできない気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(ま行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

68 トラックバック

ネットで似顔絵を (MOONの似顔絵エッセイ)
ウエルカムボードは今や結婚披露宴の必須アイテムとなっているようだ。 自分たちらしい結婚パーティーにしたい、という二人の意思の一つの 表現手段として、ウエルカムボードは定着した感がある。 「ウエルカムボードに自分たちの似顔絵を入れたいね」という欲求もごく自然な
モーターサイクル・ダイアリーズ (Imagination From The Other Side)
世界中に多くの信奉者を持つ革命家チェ・ゲバラ。 そのチェ・ゲバラが医学生時代に友人と1台のバイクで南米を縦断した日々を綴った日記を映画化した青春ロードムービー。 主演は「アモーレス・ペロス」「天国の口、終りの楽園」「ドット・ジ・アイ」などに出演し、人気...
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (おりくの覚書)
DVD買おうかな~と思ってたけど、「スカイキャプテン」買ったのでレンタル。ガエル君の笑顔、いいですね~。ある家に寄ったエルネスト(ゲバラ役のガエル)が、家の主人の話を聞いて、奥さんに微笑みかけるシーンがあるんですが、その笑顔が自然で…カワイイ。私にも微笑みか
『モーターサイクル・ダイアリーズ』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『モーターサイクル・ダイアリーズ』、観ました。 23歳の医学生のエルネストは、親友
『モーターサイクル・ダイアリーズ』(監督ウォルター・サレス) (多字騒論)
日本ヘラルド映画 2004年 ★★★★★  映画を観終わったら、感想を書かずにはいられなくなった。そんな作品がこれ。かなり眠いんですが(笑)  この映画は、キューバ革命の英雄チェ=ゲバラの若き日の物語。医学生時代の1952年にゲバラは南米大陸の放浪の旅に
映画: モーターサイクル・ダイアリーズ (Pocket Warmer)
邦題:モーターサイクル・ダイアリーズ 原題:THE MOTORCYCLE DIA
モーターサイクル ダイアリーズ (新・あんたの思った通りだよ、諸岡さん)
レイトショーで観てまいりました、「モーターサイクル ダイアリーズ」。 えー・・・恥ずかしながら、僕が「チェ・ゲバラ」と言う人を知ったのは「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」を介してでした。 彼らのライブをテレビで観ていたところ、ステージに飾られ...
モーターサイクル・ダイアリーズ (Extremelife)
伝説の革命家としてその名を世界に轟かせることになるチェ・ゲバラが学生時代に行なった南米大陸縦断の旅を、彼が残した日記を基に映画化した青春ロード・ムービー。情熱的で正義心に溢れた青年が、親友と共に大自然を疾走し、様々な人々との出会いを通して人間的な成長を...
モーターサイクル・ダイアリーズと、チェ・ゲバラについて (ポコアポコヤ 映画倉庫)
モーターサイクル・ダイアリーズやっと見ました。結局レンタルになってしまいましたが、レンタル開始当日に朝行って借りて来ました♪いや~~良かったです!予想以上に私の好みの映画でした。こんな↑ポスターを発見、これは絵でしょうかね?顔が別人の様ですが(^^;この映画
モーターサイクル・ダイアリーズ (海を見ていた)
 今日はいいものを見せて貰いました。金髪外国人のサラリーマンが、自転車ヘルメット
モーターサイクル ダイアリーズ (ゴネの独り言・・・・・・・)
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ他 監督:ウォルター・サレス 製作総指揮:ロバート・レッドフォード、ポール・ウェブスター、レベッカ・イェルダム カリスマ的な人気を誇る(た?)革命家、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セル
『モーターサイクル・ダイアリーズ』 (京の昼寝~♪)
■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』) ■製作総指揮 ロバート・レッドフォード ■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲ
モーターサイクル・ダイアリーズ 【傑作青春映画。お気に入りの台詞はあった?】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「美しいダイヤは隠せば隠すほど奪いたくなる」 恋に夢中だったゲバラの台詞。こんな殺し文句がするりと出てくるところにゲバラのカリスマ性をかいま見る?? この映画を観るまで私のチェ・ゲバラについての知識は、何年か前に読んだチェ・ゲバラの伝記小説と、SNKのビデオゲ
モーターサイクル・ダイアリーズ (Akira\'s VOICE)
チェ・ゲバラとなるきっかけとなった旅を,ラテンの心地良いリズムに乗せて描くロードムービー。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (the borderland)
「チェ・ゲバラ?、う~ん聞いたことあるなぁ。ところで誰?」 「キューバでカストロと一緒に革命起こした人だよ。」 「そうそう、そうやったね・・・(へぇ、そうだったんだ。)」 これぐらいのチェ・ゲバラ初心者の私でも楽しめる作品です(^^; 映画の冒頭と最後
モーターサイクル・ダイアリーズ (amapola)
静かな映像のなかに情熱を感じる上質な映画。
■THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル・ダイアリーズ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■モーターサイクル・ダイアリーズ/THE MOTORCYCLE DIARIES (原題:Carnets de voyage) ●1952年、医学生時代の23歳のゲバラが年上の友、アルベルトと南米をバイクで旅する際に綴った日記「THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル南米日記」と、共に旅したアル
■インディベンデント・スピリット賞授賞式 (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
The 20th IFP Independent Spirit Awards ■アカデミー賞の発表前に、独立系映画のアカデミー賞とも言われるインディベンデント・スピリット賞の授賞式が、サミュエル・L.ジャクソンをホストに26日、ハリウッドで開催された。受賞の模様は簡単ながら、以下に!
■トラベリング・ウィズ・ゲバラ ~モーターサイクル・ダイアリーズ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
トラベリング・ウィズ・ゲバラ TRAVELING WITH GUEVARA 『モーターサイクル・ダイアリーズ』 もう一つの“偉大なる旅<グランド・ジャーニー>   額にしわができた今、銀髪になった今、分かっているとも 人生は一吹きの風に過ぎない 熱を帯びた眼差しは、影をさ
映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (小仙の徒然日記)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」  \" The Moteorcycle Diaries\" \"Diarios de motocicleta\"(IMDb)(映画での言語はスペイン語です!) 感動しました。考えさせられもしました。とにかく、観て良かったー! ホントに非の打ちどころがない。感激して、泣けてきちゃ
モーターサイクルダイアリーズ (Rabiovsky計画)
モーターサイクルダイアリーズ 今日見ました。 私の周りそしてメディアでも面白いよって言う感想が多いのですが、 私は普通の映画だったなぁ~です。 特にクスコのあたりから急にドキュメンタリータッチになるんだけど そこがすごく違和感があってずーっと引っかか
映画鑑賞感想文『モーターサイクル・ダイアリーズ』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 チェ・ゲバラの著作『モーターサイクル南米旅行日記』と親友アルベルト・グラナードの著作を下敷きに制作された映画『THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル・ダイアリーズ』(原題は『Diarios de motocicleta』)を観たよ。 監督は『CITY OF GOD/シティ・オ
モーターサイクル・ダイアリーズ (いきることでせいいっぱい ~ I Just Only Lives!! ~)
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 チェ・ゲバラの青春時代のドキュメンタリー映画。 チェ・ゲバラはキューバ革命を行った活動家なんだけど,それについてはほとんど知りません(笑) なのに「なんでこの映画?」と思うかもしれないけど,単純にバイクで南米を縦断する
モーターサイクルダイアリーズ(9/28 恵比寿) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『華氏911』をガーデンシネマに見に行ったときに、予告で流れたこの作品。 なんとなく、気になったので、試写会に応募してみました。 この試写会、普段の営業が終わった後に開催されるためか、平日の火曜なのに、夜21時開始という勤め人には過酷なスケジュールで行われ
モーターサイクル・ダイアリーズ (tekitou9999ブログ)
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版ガエル・ガルシア・ベルナル ウォルター・サレス ロドリゴ・デ・ラ・セルナ ミア・マエストロアミューズソフトエンタテインメント 2005-05-27by G-Tools モーターサイクル・ダイアリーズ公式サイト 劇場公開の時から観たかったのだ
モーターサイクル・ダイアリーズ (三島の活動)
平凡で単調な映画だ これがたいていの人の意見だな きっとハリウッド映画やアイドルが主演する日本映画ばかり観ている人は たいていこう思うはず。。。 基本的にチェ・ゲバラが好きだ。だから偏った意見かもしれないが この映画好きだ。 とても人間的なドラマで装
モーターサイクル・ダイアリーズ (I LOVE CINEMA +)
The Motorcycle Diaries 若き日のチェ・ゲバラの旅の回想録を元に映画化された作品。 監督はセントラル・ステーションのウォルター・サレス。 オフィシャルサイト バイクを駆って10,000?を走破する計画でエルネストとアルベルトはブエノスアイレスを出発。
モーターサイクル・ダイアリーズ (Cat Tail * cinema)
監督:ウォルター・サレス 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ 公式HP 2004年*イギリス=アメリカ合作*127分 レビュー 23歳の医学生エルネストは、親友アルベルトと共に中古のおんぼろバイクに駆って南米大陸を縦断
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (るるる的雑記帳)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。
モーターサイクル・ダイアリーズ (三島の活動 コメントかいてね★)
平凡で単調な映画だ これがたいていの人の意見だな きっとハリウッド映画やアイドルが主演する日本映画ばかり観ている人は たいていこう思うはず。。。 基本的にチェ・ゲバラが好きだ。だから偏った意見かもしれないが この映画好きだ。 とても人間的なドラマで装
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (思い込み感想文)
1952年、23歳の医学生エルネスト・ゲバラと29歳の生化学者アルベルト・グラナードは、ブエノスアイレスを起点にバイクで南米大陸横断の旅に出発する。。。。 革命という言葉にまだロマンがあった時代の革命家チェ・ゲバラは、この旅を通してどのように現実と向き合い、そし
最後に『モーターサイクル・ダイアリーズ』 (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
私が今日の最後に選んだのはコレ、モーターサイクル・ダイアリーズ。 静かな感動を味わえそうだなぁと、期待しつつ着席。 ・・・間抜けです、この二人。 お気楽極楽なムードでノートン500でブルブルと旅立っていく。 ちょっとしたカーブでコケる。水に落ちる。すべる・・
モーターサイクル・ダイアリーズ (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → モーターサイクル・ダイアリーズ1952年、喘息持ちだが“フーセル(激しい心)”の異名を取る23歳の医学生エルネストは、7歳年上の陽気な友人アルベルトとバイク旅行に出発する。本でしか知らない南米大陸を、自分の目で見たいという好奇心からの冒険
モーターサイクル・ダイアリーズ (Loplop)
6月19日写真追加(先週火曜日のブエノスアイレス) 今回は映画です。 モーターサイクル・ダイアリーズ 日本ヘラルド映画 2004年 製作総指揮は長年この企画を温め続けてきた名優ロバート・レッドフォード。 カリスマとしての神話性ではなく、一人の青年ゲバラの成長をあり
モーターサイクル・ダイアリーズ (燃え立つような緑。)
今日はビデオ屋で、「モーターサイクル・ダイアリーズ」というDVDを見つけました。 このタイトルはバイク乗りとしては見逃せないぞっ! というわけで、思わず借りて観てしまいました。{/bikes/} 内容はキューバの革命家チェ・ゲバラの若い頃の旅行記が淡々と描かれています
Diarios de motocicleta★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
邦題:モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries) 『医学生のエルネストは親友アルベルトとともに本でしか知らない南米大陸の縦断旅行に出る。それは、1台の中古バイクにまたがる金も計画も無い旅だった。 』 director ...Walter Salles(Paris, je t\'ai..
Diarios de motocicleta★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
邦題:モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries) 『医学生のエルネストは親友アルベルトとともに本でしか知らない南米大陸の縦断旅行に出る。それは、1台の中古バイクにまたがる金も計画も無い旅だった。 』 director ...Walter Salles(Paris, je t\'ai..
モーターサイクル・ダイアリーズ (cube1555.com)
てゆーか、チェ・ゲバラって誰?という、無知な私が、実話だったとも知らずに観た映画。・・・お恥ずかしい(^^;若者二人がボロボロのバイクで南米横断の旅に出て、そこで出会う人々の優しさや、貧しさや、差別に向き合う。というか。エルネスト・チェ・ゲバラを演じてる俳...
彼らと一緒に、人生を変える旅に出る (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 なぜか人は皆、旅が好き。日常から逃れたい、のんびりしたい、新しいものが見たい、体験がしたいなどいろんな理由があるんだろうけど
モーターサイクルダイアリーズ (920の娘)
飯田橋ギンレイホールでエターナル・サンシャインと2本立てで鑑賞。 当時医大生だったチェ・ゲバラが友人とバイクで南米縦断を決行。 革命のきっかけとなったエピソードも随所に散りばめられている。 詳しい内容やレビューはここやここやここでどうぞご覧下さい。 南米の壮大
ガエル・ガルシア・ベルナル Gael Garcia Bernal 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),30 October 1978,Guadalajara, Jalisco, MexicoAlatriste (2005) The Science of Sleep(2005) The King(2005) バッド・エデュケーション Mala educacion, La (2004) モーターサイクル・ダイアリーズ Diarios de motocicleta(2004) Drea
モーターサイクル・ダイアリーズ (cinema note+)
「グランツーリズモ」という言葉はこの旅を語源としているらしい。ゲバラに絶大な影響をもたらしたこの旅は、意外に普通の若者の普通のツーリングって感じである。劇的な出会いがあるわけではないし。でもゲバラの心に火をつけた旅と思うと実に興味深い旅ではある。出発時は
モーターサイクル・ダイアリーズ (しーの映画たわごと)
モーターサイクル・ダイアリーズ しー 評価 65点 下知識なく見たこの作品は、若者二人の青春バイク旅行記くらいにしか映らなかった。 アルゼンチンから南米を巡るバイク旅。行く先々での出来事は特につながりもなく、完全に内輪の世界。見ててもこの映画は何を
モーターサイクル・ダイアリーズ(ネタバレ) (ColobaMilkBar)
  モーターサイクル・ダイアリーズ若者がただの好奇心だけで出た旅。オンボロバイクに二人乗り、少しのお金と冒険心。そんな気持ちだけで始まる旅。男の人って羨ましいなー。バイクは基本的に苦手ですが、こーいう姿を見ると羨ましい気持ちになる。な、感じで始まる旅も...
乙酉年文月四ノ壱 モーターサイクル・ダイアリーズ (週刊電影報告)
モーターサイクル・ダイアリーズ@新文芸坐 2004/イギリス・アメリカ/ウォルター・サレス/Diarios de motocicleta  医学生のエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は大学を休学し友人の化学者アルベルト(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)とともに
モーターサイクル・ダイアリーズ (Saturday In The Park)
2003年 イギリス&アメリカ合作 監督:ウォルター・サレス 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル     ロドリゴ・デ・ラ・セルナ     メルセデス・モラーン     ミア・マエストロ 革命家・指導者としてその名を世界に轟かせることになるチェ・ゲバラが学生
旅をした証-モーターサイクル・ダイアリーズ- (日常と映画の関係)
ふたりは、ポンコツのバイクで旅に出る。 最果てから最果てへ。 冒険心だけが全ての頼り。 キューバ革命の指導者チェ・ゲバラは23歳の医学生だったとき、まもなく30歳になる親友と、故郷アルゼンチンから南米を北上する、長い長い旅をした。 若さならではの行き当たり
モーターサイクル・ダイアリーズ (Matsuno-FC Blog)
☆『モーターサイクル・ダイアリーズ』を7日に恵比寿ガーデンシネマで観た。これは若き日のゲバラが南米大陸をバイクで横断し、そこでの人々の出会いによって、ゲバラの何かが目覚めていく作品である。その過程において、のちに革命家となるゲバラがどのようにして生まれ
モーターサイクル・ダイアリーズ (いつか深夜特急に乗って)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」★★★★(盛岡フォーラム3
The Motorcycle Diaries【モーターサイクルダイアリーズ】 (ikoikoi blog【続・煎こい通信】)
観てよかったです。 あんな旅を気心知れた親友としてみたいなーとも思いました。 あ
『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観ました (ちょっとひといきスタッフルーム:転職サイト【人材バンクネット】)
今日は月曜日ということもあり、仕事を早めに切り上げ、『モーターサイクル・ダイアリ
モーターサイクル・ダイアリーズ (とらちよ日記)
ラテン・アメリカの英雄チェ・ゲバラの若い頃の話。ゲバラという人を知らない私にも充分楽しめた。そしてゲバラという人を知りたくなる映画。この映画では彼の人となりは分かっても、彼の足跡は分からないから。前半はぼっちゃんのお気楽青春ロードムービー。正直バイクに...
「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2003・イギリス/アメリカ)いや~、いい映画でした~☆映し出される南米の雄大な景色がとても美しくて心洗われました~。思わずバックパック一つ(!)で旅に出たくなる気分にさせてくれるような、そんな青春ロード・ムービーでした。...
キューバ・リブレ (aRt de ECO [アール・デ・エコ])
? クラブで働いている頃から、好んで飲むカクテルは、ラム(ハバナクラブ)&コーク。 別名、「キューバ・リブレ」 味も名前も大好きだ。 ラムとライムで、ライミング(韻を踏む)。 次から次へと流れる、言葉と、この場、 滑らかに口はまわるが、アルコールで頭
モーターサイクルダイアリーズ(DVD) (ひるめし。)
遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル/ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 他 ■イギリス/アメリカ産 126分 チェ・ゲバラって人は名前も何した人かも全然知らないのに借りてきてしまった。だって・・・ガエルくんが見たかったんですもん。
モーターサイクル・ダイアリーズ-映画を見たで(今年146本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
製作総指揮:ロバート・レッドフォード 監督:ウォルター・サレス 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル 、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 、ミア・マエストロ 、メルセデス・モラーン 、ジャン・ピエール・ノエル 評価:92点(100点満点) 公式サイト 2時.
モーターサイクル・ダイアリーズ (ひげのオヤジの独り言)
キューバ革命の指導者となるチェ・ゲバラとその親友の若き日の放浪旅行を描いた映画。 モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 ゲバラも友人のアルベルトも、この旅で成長して、それぞれの人生を見つけていく。といってもゲバラの思想を伝えるための堅苦しい映画でもないし
「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た (lifeisjourney.)
最近ようやく見ました。「モーターサイクル・ダイアリーズ」ストーリー)1952年、アルゼンチンのブエノスアイレス。後に革命家チェ・ゲバラとして知られることになる、まだ当時は無名の23才の医学生エルネスト(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、理想と向学心に燃え、7才...
「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (Bodhi Tree Book Club)
モーターサイクル・ダイアリーズ 「モーターサイクル・ダイアリーズ 」を観ました。 よく街で「チェ・ゲバラ」のTシャツを着た人を見かけますが、教科書の歴史レベル以外の事は知りませんでした。
モーターサイクル・ダイアリーズ (グレート・タカの徒然なるままに…)
革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたロードムービー。 チェ・ゲバラという人物が、どのような人物なのか良く知らずに見た。 単純に青春物のロードムービーのつもりでDVDを借りてきたから… どうやらゲバラはキューバ革命の英雄らしい。 この旅が革命家として目覚める
モーターサイクル・ダイアリーズ (真っ赤なメガネの言うことには)
モーターサイクル・ダイアリーズ 2004年 キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と1台のバイクで南米を縦断した日々をつづる。彼自身の日記を映画化...
モーターサイクル・ダイアリーズ ~ 自分の生き方をも左右するチカラ ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 自分の生き方をも左右するチカラ ~ キューバ革命を指揮した指導者 チェ・ゲバラの青春ロードムービーであるこの作品。 それまで、ぜん息持ちで女好きでダンスが下手な、どこにでもいそうな一青年が、旅を通して今まで知らなかった世界に触れ「何かをしなければ」.
モーターサイクル・ダイアリーズ/ガエル・ガルシア・ベルナル (文学な?ブログ)
若き日のチェ・ゲバラを描いた映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、南米大陸をバイクで旅するロードムービーです。主役のガエル・ガルシア・ベルナルが情熱溢れるゲバラを見事に演じています。この映画依頼、彼の映画を観たくてアルゼンチン映画にはまりま ...
映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観た (旅に、グルメに、読書に、映画……週末ライフの過ごし方)
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。 若かれしチェ・ゲバラは、親友とともにおんぼろのバイクで南米大陸を 縦断する冒険の旅に出る。旅でいろいろな人とふれあいながら、南米の 実情を目
モーターサイクル・ダイアリーズ (たくみちゃんですよ~)
  [[attached(1)]]  [[attached(2)]]  [[attached(3)]]  [[attached(4)]]  [[attached(5)]]  [[attached(6)]]  [[attached(7)]] ||<#FFFFFF' style='font-size:26pt;width:560px;text-align:center'``モーターサイクル・ダイアリーズ|| ...
【DVD】モーターサイクル・ダイアリーズ (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 映画「チェ 39歳 別れの手紙」の予習 ▼感想 チェ・ゲバラのターニングポイントを見届ける ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1952年、喘息持ちだが“フーセル(激しい心)”の異名を取る23歳の医学生エルネスト(ガ...
青春回帰 19 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」  政治的無垢の頃のチェ・ゲバラ。     【原題】THE MOTORCYCLE DIARIES  【公開年】2003年  【制...
モーターサイクル・ダイアリーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、カリスマ革命家チェ・ゲバラの若き日、アルゼンチン時代、医学生時代に行った南米横断旅行を綴った本人著の「モーターサイクル南米旅行日記」をベースに、旅のパートナーであったアルベルト・グラナードの原作を映画化...