★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年ひらりんアカデミー賞 発表編 その2

2011-02-26 02:45:04 | ひらりんアカデミー賞
ここのブログの1ページあたりの文字制限は10000字らしいですが、
目いっぱい使ってしまったので、
ひらりんアカデミー賞は2ページ目に突入。
1ページ目はこちら

さてさて、残りは毎年恒例の特別賞。
●子役賞・・・
クロエ・グレース・モレッツ・・・「キック・アス」のヒットガール役がぶっ飛び少女殺し屋で凄過ぎ。主役を喰う活躍でスピン・オフ希望だね。
芦田愛菜・・・「ゴースト もういちど抱きしめたい」でゴーストやってたけど、この子のシーンが一番泣けた。
 

●助演賞(男)・・・
稲垣吾郎・・・「十三人の刺客」で極悪暴君を演じて、アイドルSMAPのイメージをぶっ壊した演技。このまま悪役路線を突っ走って欲しい。


●助演賞(女)・・・
ミシェル・ロドリゲス・・・「マチェーテ」に出演。出る作品で毎回壮絶な死が待ってる!彼女ですが、本作は死んだかと思ったら復活してた・・・というロバート・ロドリゲス監督マジック有りでびっくり。


●ワースト映画・・・
「GOAL!3 STEP3 ワールドカップの友情」・・・これは酷かった。2作目までの主人公が脇役になるとは。1作目は楽しかったのに、ドンドン劣化した典型。サッカーシーンも合成がミエミエでかっこ悪い。


●おバカ映画賞・・・
「紀元1年が、こんなんだったら!?」・・・フラットパックのジャック・ブラック主演ですから。おバカ映画だからって嫌いってワケじゃないんですよ。


●監督賞・・・
ロブ・マーシャル監督・・・「NINE」で、ニコール・キッドマンとペネロペ・クルス、ケイト・ハドソン、マリオン・コティヤールなどを共演させて、見事個性を引き出してたね。

↑この画像、かっこいいね。

今年のひらりんアカデミー賞はこんなところで終わりです。
いやーーーーーーーーーーー、疲れたっ。
ひらりんアカデミー賞も、なかなか為になる・・・と自画自賛。
是非、映画鑑賞のご参考に・・・。

・・・ここもお願い!!!
ひらりんは「人気ブログランキング(映画)」でも頑張ってます。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 2010年ひらりんアカデミ... | トップ | 「17歳の肖像」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひらりんアカデミー賞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

2010年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2010年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ年々洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、これは邦画の力が上がってきた成果なのでしょうねぇ(笑) 群を抜いて良かったと感じた洋画は残念ながら少なかったですが、 今年は惹き付けられるような洋画が上映...
2010年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2010年ベストシネマ15(邦画編)   またまた今年もまとめるのが遅くなってしまいました・・・。 昨年は年間95本(洋画40本、邦画55本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 一昨年が87本でしたから、少し伸びましたが100本達成とまではいきませんでした ...
2010年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
なんでしょうねぇ、この一年の経つ早さは。この間モチを食ってたと思いきや、またモチを食う時期ですよ。毎年こんなことを書いてますよ。この調子だと、体感時間5年くらいで赤いチャンチャンコを着る羽目になるんじゃないでしょうか。 それはさて置き、年間ランキング。“...
2010年マイベスト10♪シネコン編 (銅版画制作の日々)
今年も後残すところ後数時間となりました。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか?さて鑑賞した作品は、何と昨年を上回る数になりました。我ながら驚きです。大晦日の京都は例年にない大雪です。実は今年最後の映画鑑賞に出かけるつもりでしたが、この状態ではシアタ...
ブログ納め2010 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今年は、特に後半、だいぶサボりがちではありましたがw 皆様のオカゲで、当ブログもなんとか大晦日を迎えることができました。この記事をもちまして、2010年のブログ納めとさせ ...
-2010年-私の好きな作品 (to Heart)
今年もあとわずかとなりました! 年々、劇場鑑賞も、お家鑑賞も激減してしまってはいるのですが、 今年も1年を振り返り、心に残った作品、感動した作品をピックアップしてみました。       【劇場鑑賞 洋画】劇場鑑賞は全部で35本でした。 こうしてみると、我なが...
2010 My Favorite Movie 映画一般 (カノンな日々)
今年劇場で観賞した韓国映画を除く外国映画は全部で139作品でした。さらに再鑑賞をしたのが6作品になります。今年は昨年末に公開された『アバター』によって火がついた3D映画の流れ ...
とらねこのオレアカデミー賞 2010年 (レザボアCATs)
いつもに増して、去年はなんだか、1年があっという間でした。ホント早かったなあ。 前回は、どれもこれも甲乙付けがたい大好きな作品ばかりで。10位に絞るのも、1位を選ぶのも、考えに考えた末の結果だったのです。 今回はあんまり観ていなかったので、ベスト10が割とスン...
2011年英国アカデミー賞 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨日は英国アカデミー賞の発表があったなんて・・・・ うっかり知らずにすぐ近くで映画を見ていた私。 1駅行けばレッドカーペット会場に出くわしていたのにぃ~
2010☆ベスト&ワースト映画 /2010 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
今年で13年目となりました☆独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 映画の出来の良さではなく、面白かったもの、好きというのを重視  対象となるのは 2010年に公開またはDVD化された作品(来年公開のはランキングに入れず) 劇場にて 115本 (試写...
2010年の映画ベストテン and more. (Akira's VOICE)
ベスト&ワースト,他いろいろ! 
2010年ベスト・ワーストな作品、ランキングはちょっと無理スペシャル (映画鑑賞★日記・・・)
2010年も残すところ僅かでございます。こんなワタクシの2010年映画ランキングを楽しみにしてくださる方がいらっしゃるのはうれしゅーございます! しかしどの作品も素晴らしいので順 ...
2010年の映画を振り返る (メルブロ)
 いつも訪問していただいているみなさま、あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました、今年も宜しくお願いします。  では、毎年恒例もう7回目になるメルブロ映 ...
2010年を振り返って<映画> (はらやんの映画徒然草)
恒例ですので、今年劇場で観た映画の振り返りをしたいと思います。 今年は劇場で観た
2010年の3本【外国映画編】 (古今東西座)
早いもので、もう2010年のラス前記事になってしまった。なんだか「年の瀬」って意識が年々薄れていくような気がするけど…ブログを始めてから、その年公開された外国映画3本を選ぶ記事が12月30日の恒例にしている。なので今回も同様に2010年の3本を選んでみたい。実は3本...
2010年外国映画ベスト10 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年から劇場公開の作品で、12月31日までに見たものから選択する。俺度が基準。今の気分で付けるので、上半期のベスト10と順位に変動が出ている。 10位  ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い   酒ではなくて、薬でぶっ飛んだのだが・・・。 9位...
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
2010年my映画ランキング <総合編> (NiceOne!!)
さて部門別が終わりましたので、いよいよ総合ランキングです。部門別Part1 <アジア映画・日本未公開映画>部門別Part2 <邦画編>部門別Part3 <洋画編>※ 全体の「今年の映画...