★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「チャーリーとチョコレート工場」

2005-09-11 03:38:29 | 映画(た行)
公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。
夜中だっていうのに、ほぼ満員。
さすがチネチッタ川崎
さすがジョニー・デップ
それともティム・バートン監督?
こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。
原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY」。
2005年製作のファンタジック・コメディ、115分もの。

あらすじ
世界一のチョコレート工場が子供5人を招待することに・・・
そのゴールデン・チケットを手にする為に世界各地の子ども達は大騒ぎ・・
勿論、工場の近所に住む、貧しい家に生まれたチャーリーも・・・
じいちゃんが昔勤めてたという謎の工場に入ってみたかった・・・
そして、偶然にも、最後の一枚を引き当て・・・
晴れて工場見学ツアーに参加するチャーリーだったが・・・

ここからネタバレ注意↓(反転モード=左クリックしたままマウスを動かしてね)
チャーリーの家族は超貧乏・・・
家は傾いちゃってるし・・父は失業しちゃうし・・
寝たきり?のジジ・ババが計四人・・食事は薄めたキャベツ・スープ・・
チョコレートは年に一回誕生日に買って貰えるだけ・・・
当たるわけありませーーーーーーーーーーーん、
でも近所にある、憧れのチョコ工場・・しかも謎だらけ・・
貧乏だけども、優しい・・暖かい家族・・
じいちゃんがなけなしのヘソクリ出してチョコを買いに行かせたり・・
励ましあって生きている一家。
そんな時、ラッキーにも道端で拾ったお金でチョコを買ったら当たっちゃった。
そんなお金でいいのかな・・まあ、いいとしよう。
貧乏な家族のためにチケットをお金に変えようと提案するチャーリー・・
いやいや家族思いの純真なお子ちゃまでございます・・・
しかし、ジジババ連中が・・・
このチケットはお金に代えられない価値があるから行ってきなさい・・・
と言ってくれる。

そして、いざ工場見学。
集まった子供5人はツワモノばかり・・・
食い気に勝るオデブなジャーマン、
負けん気の強いバブルガム娘、
何でも欲しがるわがまま娘、
ゲーム世代のハイテクBOY、
そして純真・貧乏のチャーリー・・・。
この五人の中からひとりだけ特別賞がもらえるとあって・・
四人はやる気満々なんだけど・・・

そうそう工場内はというと・・・
これがまるでTDLの「It's small world」みたいなおとぎの国。
チョコレートが流れる滝や川・・・
働いてるのは小人のウンパルンパ族の人たち。
経営者のウィリー・ウォンカ氏の案内で施設内を見学していくうちに・・
次々と子ども達が処分??されていく・・・
しかも、計画されてたように、その子にあったお仕置きの方法で・・・
ちょっと怖っ・・と思う瞬間。
まぁ、性格悪そうな子供が集まっちゃったからね・・お仕置き・・です。

そして最後に残ったチャーリーに特別賞のご褒美が・・・
それはこの工場をプレゼントするというもの・・
純真無垢な、ホントにチョコ好きな子に・・・
この工場に独りで住んでチョコ工場を継いで欲しいと・・
しかし、チャーリーは家族が大事と言って、プレゼントを断る・・
断れるとは思わなかったウォンカはショックっ・・・

彼は歯医者の息子・・・子供の頃から歯科矯正機具を付けさせられ・・
甘いもの・特にチョコは厳禁だった・・・
その反動から父とは疎遠になり・・・
独立してスイーツ販売・・チョコ工場設立・・大成功・・・
しかし従業員に産業スパイがいて人間不信に・・
今じゃ忠実な小人達を雇って操業している日々・・・
ある日、散髪してて白髪を発見・・
自分が死んだらこの工場と小人達はどうなる・・と考え・・
後継者探し=工場見学ツアーで良い子を見つけよう・・・って事にした。

見学中にもチャーリーの言葉・質問に・・・
ふと、自分の子供の頃を回想するウォンカ氏。
チャーリーに家族が大事と言われ、自分は??と・・・
二人でウォンカ氏の父の歯医者に行き、ご対面・・
厳しかったけど、陰ながらウォンカ氏の成功を見守っていた父。
やっと家族のふれあいを感じられたウォンカ氏。
恥ずかしそうに父と抱き合うウォンカ氏(J・デップ)は可愛い。

そんなわけで、チャーリー一家にも次々と幸福が訪れ・・・
工場はチャーリーが引き継ぐ事になり、めでたし・めでたし。

相変わらず、ヘンな役を見事にお茶目にこなすジョニー・デップ。
家族愛を知らなかった彼は「ペ・ペ・ペァ・・」・・・
「ペアレンツ」=「両親」が素直に言えなかったんですね。
チャーリー役のフレディ・ハイモア君は今注目の子役。
ネバーランド」(2004) と「トゥー・ブラザーズ」(2004) に出演。

ファンタジックな映像とは裏腹のウォンカ氏の怪しい性格・・・
彼の曲がったところを心温かいチャーリー家族が直してあげたんですね。
ここまでネタバレ注意↑

T・バートンXJ・デップXF・ハイモアは超ステキに仕上がってました。
T・バートン監督・関連作品は・・・
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ビッグ・フィッシュ」 など、
J・デップ出演作品は・・・
ギルバート・グレイプ」や「シザーハンズ」など。

という事で今回は
チョコレー度・・・★★★★☆
「原作」知らず・「リメイク前」知らずでも納得・素敵なお話。
予告編の段階では「TMレボリューション」??ぽかったけど・・・
この役はやっぱりジョニデにしか出来なかったね。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (195)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゲーム」 | トップ | ★「銀河ヒッチハイク・ガイド」 »
最新の画像もっと見る

195 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハジケテましたね・笑 (さおべぃ)
2005-09-11 11:13:53
バートンもデップも、「本領発揮」でしたね^^。

一度ハマルと癖になるのが「バートン×ジョニデ」♪

私はすっかりヤラレテます・笑。

トラックバックさせてくださいねー。



TBありがとうございました。 (pretty_kitten)
2005-09-11 18:50:55
私も「原作」知らず・「リメイク前」知らずでしたが、

良かったですね。

ティムは「It's a small world」が嫌いなので、あんな感じになったようで。

この作品、ディズニーがやらなくて良かった。と思ってしまった。
バートン×デップ待望論 (でんでん)
2005-09-11 19:06:03
ひらりんさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。夜中だっていうのに、ほぼ満員。



ウチの映画館も田舎だっていうのに一回目から入りが良かったです。いまだに残る「シザーハンズ」効果、一般層にもバートン×デップ待望論があるのでしょうか。でもそれって映画ファンにとっても嬉しいですけどね(^^ゞ
TBありがとうございました (ミチ)
2005-09-11 19:21:01
こんにちは。

私も原作・前作知らずですが、とても楽しめました。

あのウンパ・ルンパの踊りが、歌が、目に焼き付いて離れませーん。
TBありがとうございました (優空)
2005-09-11 20:11:31
 こんばんは!実はT・バートンの映画見るの初めてだったのですが、【チャーリー~】はまりました!

 あのクレイジーな感じがたまりません!映像美みほれぼれ
TBありがとうございました (さとちん)
2005-09-11 20:15:05
TBありがとうございました(^^)

川崎は満員でしたか。

みなとみらいも満員でした。

109シネマズで見たのですが、マイカルで見るとメガスターとのコラボで、410万個の星空が見られたようです。

ざんねん。

ま、映画の雰囲気とプラネタリウムはちょっとミスマッチな気がしますが。

TB感謝! (モンキィ!)
2005-09-11 20:21:27
はじめまして&TBありがとうございました。

ネタバレ感想とっても楽しく読ませていただきました。

ナイトショーでご覧になられたとか。

眠気も一気に覚めますね。(笑)

私も寝不足でフラフラの中どうしても公開日に観たくって頑張りましたが、映画が始まったとたん眠気も疲れも吹っ飛びましたよ♪

まぁ、観終わった後は笑い疲れてしまいましたケド…。
TBありがとうございました (雷霧)
2005-09-11 20:23:03
普段混んでいない映画館が珍しく混んでいて何事かと思ってました;

ガラス製のエレベーターは実現されないかなぁw
初めまして^^ (ママ)
2005-09-11 20:29:06
TBありがとうございます



私はネットでチケを取り、無事観れました。

地方(かなりの地方)なので、あんまり混雑はしていませんでしたが、それでも普段よりかは混んでたかな?

子供連れだったので、今度は一人で字幕を観ちゃおうかなと思っています
はじめまして (モモノコマチ)
2005-09-11 20:39:54
TBありがとうございました!



TOHO CINEMAS府中も満員でしたよ~。

落ち着いたらもう一回観に行きたいなと思ってます。



あ~、やっぱり歌っちゃうな~。

ウィリウォンカッ♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事