★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「GANTZ」

2011-02-02 02:38:16 | 映画(か行)
<T1293/2011/A013/S008>


今週の平日休みは2/1ファーストデーだったので、
1本1000円で映画が観れました。
3本観たうちの1本目。
ヤン・ジャン連載中の同名人気漫画の実写化。
「映倫 PG12」指定つき。
2010年製作のスプラッター有り系SF・サスペンス・アクション、130分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められ、リビングの中央にはGANTZ<ガンツ>と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。出ることの許されないその部屋で、GANTZ<ガンツ>は死んだはずの人々に生き残るためのミッションを与える。それは“星人と戦い、そして殺すこと”だった。戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する。やがて戦いを終え部屋に戻るとGANTZ<ガンツ>による採点が行われる。星人を倒し得点を重ね、“100てん”になるとこの世界から解放されるか、好きな人を生き返らせることができると知らされ、元の世界に一時的に戻される。だが、“100てん”を取るまで戦いは終わらない。玄野は戦いに目覚め、生き抜くことを選択するが、加藤は暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する。生と死を実感しながら、その不条理な世界での戦いは苛烈を極めていく……。



ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●加藤の生まれが大田区矢口、結構うちの近所。
●当初ガンツといえばロボコンのガンツ先生を思い出し、
「ロボコン0点」とかの名台詞を思い出したけど、
本作のGANTZも採点してて、びっくりした。
●ニノの演技は上手いが、小学生の頃からいじめられっ子加藤を守っていた・・
って風には見えない。
●むしろオタク系に見えるけど、活発にガンツスーツを使いこなし始めたね。
●星人は3組。
ねぎ星人はアタマが緑で、一瞬お笑い芸人「ロバート」の馬場ちゃんぽかった。
田中星人は、一瞬どの田中???またまた芸人つながりで爆笑問題の田中かと思ったが、
歌が田中星児だったので気づいた、ダジャレだって。
最後のおこりんぼう星人は金剛力士像と千手観音から大仏に変身する2体。
千手観音の高速手さばきは圧巻だったね。
●でも、ドンドンGANTZに召喚された人たちが死んでっちゃうし、
結構血もドバドバ飛び散るスプラッタームービー。
まさか、主人公の1人の加藤まで死んじゃうとは・・・と思ったが、
PART2の予告で登場してたので、ちょっと安心。

☆加藤の動向がどうなったのか・・・
何故GANTZがあるのか・・・
玄野や加藤は生きてるの?死んでるの?・・・
~星人はなんで存在してるの?・・・とか、
謎だらけの本作。
原作未読だし、原作にない結末を用意してるって噂もあるし、
早く続編を観たい気にされてくれた。
☆岸本恵役ですっぽんぽんでガンツの前に現れる夏菜・・・
ひらりんお気に入りのあっきーなに似ているが、
巨乳じゃないと出来ない役だったので、夏菜ちゃんになったのかな?!
☆それにしても最近の邦画のCGは上手くなったね。
最初のねぎ星人のところは住宅街の追いかけっこで安っぽかったけど。
まあ、昔のウルトラマンや仮面ライダーを見ていた世代にとっては、
今の映像は、何見ても凄い上手く見えるんだけど。

ここまでネタバレ注意↑



という事で今回は・・・
ガンツ先生度・・・
GANTZの採点コメントがちょっと笑える。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「ガンツスーツがかっこいい」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« ★「デュー・デート ~出産ま... | トップ | ★「アンストッパブル」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-22 02:18:51
TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。
こんにちは(^O^)/ (どっさり)
2011-04-23 18:40:24
オレ昨日
「ANOTHER GANTZ」観たよ(^O^)/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(か行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

GANTZ (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタ...
佐藤信介監督 「GANTZ」  (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
公開初日の今日、仕事帰りに観てきました。 公式サイト⇒http://gantz-movie.com/index.html ふ、不思議な客層でした。 若い女の子とオタクっぽい男子が入り乱れてて… これは原作が好きで気になって観にきてる原作ファンと… 嵐の二宮和也ファン 松山ケンイチフ...
GANTZ 前編 (Akira's VOICE)
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!  
GANTZ (映画鑑賞★日記・・・)
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
【GANTZ】 (日々のつぶやき)
監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多  生き残るために星人と戦い、そして殺すこと 「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ちた酔っ払いを助け、加藤を助けようと手を出し
せっかくの不条理さも台無し「GANTZ ガンツ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー+原作漫画との違い (カゲヒナタのレビュー)
今日の映画感想は「GANTZ」です。 個人的お気に入り度:4/10 一言感想:きゃくほんか 0点 もっとがんばってくだちい あらすじ 線路上に落ちた酔っ払いを助けようとしたした加藤勝(松山...
GANTZ (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 130分 PG12 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之 欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像...
劇場鑑賞「GANTZ」 (日々“是”精進!)
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也...
「GANTZ」 存在意義を見つける戦い (はらやんの映画徒然草)
例によって原作未読ですが、「GANTZ」を観てきました。 よく考えたら今年に入っ
『GANTZ』 このスーツを見よ! (映画のブログ)
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...
GANTZ (食はすべての源なり。)
GANTZ ★★★★☆(★4つ) 面白かった~ ホント楽しかったです。満足!! 原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる! 二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。 びびりつつも、戦闘にはまっていく今時のゲーム世代の男...
GANTZ  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮 和也  松山ケンイチ  吉高 由里子  夏菜 【ストーリー】 就職活動中の大学生・玄野計は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢か....
「GANTZ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~なぜ、戦うのか~2010年  日本   PG12指定   (11.1.29公開)配給:東宝       上映時間:128分監督:佐藤信介原作:奥浩哉     「GANTZ」 ~週間ヤングジャンプ連載脚本:渡辺雄介音楽:川井憲次出演:二宮和也・・・・・・・・・・・....
GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ (労組書記長社労士のブログ)
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん~(ノ_<。)ビェェン 日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった~v(...
映画「GANTZ(part1)」~フリーター、星人と戦う。 (子育てパパBookTrek(P-8823))
映画「GANTZ(part1)」を観てきました。 田中星人との戦いなど、それなりに面白いけど、映画版『デス・ノート』や映画版『20世紀少年』には負けてるかな・・・。 駄作とまでは言わないけど、驚くほど...
『GANTZ』 (だらだら無気力ブログ)
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製...
GANTZ (★ Shaberiba )
2部も見たいと思えたので「よし!」ですー(笑)
映画『GANTZ』 (闘争と逃走の道程)
 人気コミックの実写映画化。謎めいたストーリー、独創的な世界観、ハードなアクションが売り物らしい。僕は読んだことないけど。 Sound of GANTZサントラ バップ 2011-01-26売り上げランキング : 1064Amaz...
映画「GANTZ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された...
映画「GANTZ」 (FREE TIME)
話題の映画「GANTZ」を鑑賞しました。
No.238 GANTZ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
映画レビュー 「GANTZ」 (No Movie, No Life (映画・DVDレビュー))
GANTZ 【公式サイト】  【allcinema】 ご存じ、奥浩哉原作のコミックスの映画化。2部構成の今回は1部目。就職活動中の玄野計(二宮和也)は、小学校の同級生だった加藤勝(松山ケンイチ)を地下鉄...
GANTZ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
GANTZ (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
人気コミックの映画化です。原作は以前から気にはなってたのですが、読んでないです。メジャーな漫画はすぐ巻数が増えるので、機を逸するとなかなか読み始められない・・・就職活動...
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!...
『GANTZ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 GANTZ 』 (2011)  監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...
なるほどPG12な「GANTZ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
線路に落ちて電車に轢かれた玄野と加藤。死んだと思いきや、不思議な部屋にいた。そしてGANTZという謎の球体に過酷な戦いを強いられていく…… 監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ
GANTZ (2ちゃんねる映画ブログ)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1296263399/1 :名無シネマ@上映中:2011/01/29(土) 10:09:59 ID:0OBY63a8 前編1月29日~公開中!(後編4月23日全国東宝系ロードショー公開予定) 欧米でも高...
GANTZ (銀幕大帝α)
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 地下鉄のホームに偶然居合わせた幼馴染みの玄野計と加藤勝は、....
GANTZ (いやいやえん)
原作は確か7巻くらいまでしか読んでません。 星人との戦いはバラエティに富んでいてなかなか面白く、独特の世界観も良かったし、導入からすぐ異世界に引きこまれるスピード感もいい。二宮和也さんを私があまり好きではない事を差し引いても、まあ良くできてるほうかと...
GANTZ (のほほん便り)
随分、賛否両論。厳しい意見も多かったみたいですが、人気コミックの原作を、今をときめく人気の実力俳優さん達… 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、夏菜 といった顔ぶれで映像化、というだけで、個人的には充分、満足でした。 原作のもつ、魅力でもあるエグさ...
GANTZ : 観たいなぁ、ハリウッド版(1) (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、お騒がせして申し訳ありませんでした。今後は、気をつけて運営していきます。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 GANTZ 【製作年】 2011年 【製作
映画 GANTZ (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で2週連続放送されていた映画「GANTZ」。いつものようにX95で録画し、PSPに転送して鑑賞しました。‘み’は全てではないものの原作漫画をそれなりに読んでいて予備知識はあった ...