★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スイミング・プール」

2005-02-03 04:32:13 | 映画(さ行)
たまには非ハリウッド作品でもと思って・・・・。
選んだのがフランソワ・オゾン監督の「スイミング・プール」。
以前にこの監督の作品「8人の女たち」を見ていた。
そこにも出ていたリュディヴィーヌ・サニエという女優ちゃんがひらりん大注目。
2003年度製作の英仏合作、官能的ミステリー・サスペンス映画。

あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)
イギリスの女流ミステリー作家のサラ・モートン。
ここんとこスランプ気味・・・
出版社社長ジョンの勧めで南仏の別荘へ・・・
彼があとからやって来るのを楽しみに待ちながら・・・。
しかしやって来たのはジョンの娘・ジュリーだった。
自由奔放なピチピチフレンチ娘に苛立つイギリスおばはん。
しかし、いい意味刺激を受け、彼女をモデルに小説を書き始めるサラだが・・・

若い娘(リュディヴィーヌ・サニエ)とオバサン作家の口喧嘩は面白い。
DVDで音声をフランス語で聞くか英語で聞くか迷ってしまったよ。
(勿論字幕は日本語ですけど・・)
近頃のハリウッド映画と違い、女優さんの脱ぎっぷりがいいね。
でも、エロっぽくないのがヨーロッパ映画なのでしょう。
裸で泳いでも・・・
とっかえひっかえ乱れても・・・
ところで、この映画の面白みはオバサンが作家というところ。
プールサイドでジュリーがおこした殺人・・・
サラが書いてる小説の中での出来事かも・・・
ジュリーの身の上はサラの小説の中の作り事???
ジュリーの存在さえも小説の中での出来事かも・・・
それもこれも、最近相手にされない恋焦がれるジョンへの反抗心があってこそ。
ジョンの出版社に戻り、新作を他社に出版させたと見返すサラ。
新作のタイトルは「スイミング・プール」。

なーんて、深読みすることが出来てしまう作品です。
単純に見てても、十分サニエちゃんで楽しめますけどぉぉぉぉ。

ここまでネタバレ注意↑

親の愛に恵まれない少女の役をやらせたらフランス一いや世界一のリュディヴィーヌ・サニエちゃん。
今後注目の女優度・・・★★★★☆

ところでひらりんは「人気ブログランキング(映画)」でも頑張ってます。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

コメント (6)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
« ★「オペラ座の怪人」 | トップ | 「クリムゾン・リバー2 黙... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブログサーチ)
2005-02-04 17:25:24
ただいま、ご登録者様を募集しております。

今ならまだ登録件数が少ないので

人気・アクセス共にランキング上位は

間違いございません。

ぜひこの機会にご参加ください。



http://blog-s.s101.xrea.com/



モバイル版はこちらです。



http://1.rank-nation.jp/?blog
TBありがとうございました (かみぃ@未完の映画評)
2005-06-08 01:44:41
いろんな深読みができそうな面白い映画でした。
オバサン作家 (マダム・クニコ)
2005-06-08 23:28:23
オゾンは女性の描き方がステキですね。

オバサン作家をあんなにも美しく変身させるなんて・・・。

私はどちらかといえば、ハリウッド作品よりも、この手が好みです。

また、お邪魔させていただきますね。
薄幸少女女優 (ユカリーヌ(月影の舞))
2005-06-09 11:21:37
はじめまして。

TBありがとうございました。

こちらからもさせていただきました。



ジュリー役の女優さんの影のある

自暴自棄ぶりな乱れ方がなかなか

よかったです。

どこかせつなくて、どこかおしゃれな

不思議な感覚の映画でした。
キレイでしたね (momo)
2005-09-12 10:03:20
TBありがとうございました~。

サニエのヌードも、フランスの景色も、キレイな映画でしたね。いろいろ「?」が残る映画でしたが、楽しめました。
いかにも? (moriyuh)
2006-01-30 09:20:29
TBしたままで失礼致しました。ご訪問ありがとうございます。



不思議な感覚と?あっ!そうかが同居の映画でしたね。

ハリウッド映画にはない、鮮やかに騙されるところが好きです。



ニブイ私は2度目になんとか?理解でした。





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

52 トラックバック

スイミング・プール (ネタバレ映画館)
 いつ殺人事件が起きるんだ?!と中盤過ぎるまでイライラ感が増すばかり・・・そして、いよいよ犯人は誰だ?!と、想像力・推理力という脳内の片隅に格納されたモノを引き出すと同時に“偉大なる謎”によって奈落の底へ突き落とされたような感じ・・・  もしかして自分だ
スイミング・プール・・・フランソワ・オゾン監督 (ぷち てんてん)
こちらは、今朝は、ものすごい雪だったのです。一日降ったら、またお正月のようになっちゃう、と心配していたのですが、昼前から晴れてきて、雪も溶け始めました。良かった・・・とはいえ、家の前にはカマクラができるくらいの雪の山ができていますが。こんな雪の量は、ほ...
スイミング・プール 無修正版 (DVD通販生活)
スイミング・プール 無修正版 シャーロット・ランプリング東北新社 2005-01-21Amazonで詳しく見る スイミング・プール 無修正版 Amazon.co.jp 人気ミステリー作家サラが、出版社社長に誘われて、南仏の別荘に出向く。そこには社長は来ず、娘のジュリーがやってきた。.
スイミング・プール (befounddead)
SWIMMING POOL(2003年フランス/イギリス) 2004/11/02@早稲田松竹 この映画割と賛否両論あって、しかも賛成派はほとんどオゾン好きな気がしました。わたしはオゾンの映画って『8人の女たち』と今回見た『まぼろし』『スイミング・プール』の3本だけなんですが、わたし
『スイミング・プール』 5月15日公開 (これから映画)
『スイミングプール』 2003年 フランス 監督 フランソワ・オゾン 主演 シャ
「スイミング・プール」 (NUMB)
スイミング・プール 無修正版 「スイミング・プール」 ★★★★ 監督:フランソワ・オゾン キャスト:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ ネタバレ有
スイミング・プール (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
製作年:2003年 製作国:フランス キャスト:シャーロット・ランプリング、リュ
スイミング・プール (step by step)
「8人の女たち」のフランソワ・オゾン監督の、新作。  シャーロット・ランプリング
スイミング・プール (カタログ)
フランソワ・オゾン監督作品スイミング・プールを観て来ました。焼け石に水や8人の女たちのようなちょっとコミカルな密室劇とは一味違う、まぼろし路線のシリアスでミステリアスなお話。リュディヴィーヌ・サニエのぴちぴちの裸には誰も逆らえないという感じですが、シャーロ
無料サンプル動画 No.258 (エロ動画無法地帯)
女優名 : 橘涼子 タイトル : マイ・キューティー・ワイフ 本編 : 53...
スイミング・プール (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「しまった! 完全にヤラれたね。ラスト、めちゃくちゃ良かった。この“騙され感”、最高じゃない?」 東京2日目、オープン前から劇場前に列ができていました。まさかこんな朝から並ぶことになるなんて。上映開始の15分前に家を出ても余裕の、地元シネコンとは大違いですね(
スイミング・プール (極私的映画論+α)
フランスを代表する新旧の女優の競演・・・って書いたらシャーロット・ランプリングに申し訳ないね(^^;実年齢でランプリングが59歳サニエが25歳・・・ここ数年の活躍からみてもランプリングはまだまだ「現役」で頑張ってくれそうです  この映画・・・102分の作
『スイミング・プール』のランプリング (Days of Books, Films & Jazz)
女優で見に行く映画がある。要するに単なるミーハー。最近ならミシェル・ファイファー
スイミング・プール (映画侍)
ついにきた~!!! 2004年発表の映画作品の中で最も素晴らしい作品! フランス映画の真髄がこの映画に詰まっている。 自分的には今まで見た映画の中でもベスト10に入ります!最近大ヒットする映画(特にフランス映画において)が少なかっただけにこの映画で得た感動
スイミング・プール (Lovely Cinema)
初めて彼女を見たとき、元社会党の党首土井たか子をひとまわり小さくした顔のように思えた女流作家のサマ・モートン。(おたかさん、ごめんねー)やぼったい色のコートを着て口を“へ”の字にまげてなんて暗そうな顔をしているんだ!こんな彼女を2時間あまり見続けるのか・
スイミング・プール Swimming Pool (ネコと映画と私)
今日も映画館はナビオTOHOプレックスでした。 ここは映画の花道で席予約できるんですけど、予約したら当日はチケット売り場に並ばなくても、インフォメーションですぐにチケットGETできるみたいです。 知らなかった…もっと早く言ってよ~。いっつも並んでたわ。 スイ
スイミングプール (ARts60 brog)
ある夏の日、イギリスの女流ミステリー作家サラ(シャーロット・ランブリング)は出版社社長ジョンの勧めで彼の南仏の別荘に出かける。プール付きの別荘の明るい太陽の下で創作にとりかかろうとすると、突然社長の娘と名乗るジュリー(リュディヴィヌ・サニエ)が現れる。
スイミングプール (ヘフレレ)
シャーロット・ランプリング、58歳。カレンダーガールに出たほうが良かったような気がする。彼女は売れっ子ミステリの作家で英国人という設定。(「トスカーナの休日」のダイアン・レイン演じる作家よりは面白い作品を書いていそう)気分転換に担当編集者がフランスに持つ...
スイミング・プール (とりあえずな日々(仮))
スイミング・プール 無修正版 イギリスの女流ミステリー作家のサラ(シャーロット・ランプリング)は出版社社長の薦めで南仏にあるという彼の別荘に出かけた。そこで執筆活動をしていたサラの元へ彼の娘を名乗るジュリー(リュディヴィーヌ・サニエ)が現れて…。フランソ
スイミング・プール:最後に仕掛けられた「罠」 (ビールを飲みながら考えてみた…)
「8人の女たち」のリュディヴィーヌ・サニエが見事な肢体を披露する、フランソワ・オゾンのミステリー。この映画の予告編のイメージとは大きく裏切られるかもしれないが、「オゾン監督からあなたに届くミステリアスな一通の招待状」の言葉通り、単純なサスペンス映画とは一味
「スイミング プール」 ミステリ作家の謎(R-18) (映画侍、ぶった斬り!!!)
きれいな女の裸は男なら誰でも見たいものだ。興味深いことに女も美しい女の裸を見たがる。なぜなら女の裸は美しいから。(トートロジーになっております。やや舞い上がっております。) つまり、人間は女の裸が好きなのだ(?)。
『スイミング・プール』 (TOY COZY MUSEUM 別館)
いや〓、ウツクシイハダカっていうのを久々に堪能しましたね〓。リュディヴィーヌ・サニエ・・・・初めて知る名前の女優でしたが...
【映画評】スイミング・プール (未完の映画評)
避暑地のプールを舞台に繰り広げられる幻惑的な女のミステリー。
「スイミングプール」 (Rabiovsky計画)
「スイミングプール」 公式サイト 監督:フランソワーズ・オゾン 出演:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ この映画、ほとんど期待してなかったんだけど、これがなかなかいいんです! 監督 スランソワーズ・オゾンの作品は「8人の女たち
「スイミング・プール」 (千の天使がバスケットボールする)
ロンドンの売れっ子ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)は、近頃スランプに落ちて焦燥している。やり手の出版社社長ジョンのすすめにのって、彼の所有している南フランスのプールつきの別荘へやってくる。眩しい陽光もサラにとっては所在なげで、彼がくるのを
スイミングプール ★★★★ (マダム・クニコの映画解体新書)
 創作のスランプに陥った女流作家の再生物語。 仕事を発注してくれる出版社の社長の愛人でもあるミステリー作> 家サラは、彼のプール付きの別荘でエデイプス・コンプレックスを乗り越え、再起を図る。彼の娘ジュリーの部屋で、書き物と写真を見つけたサラは、それをヒントに
スイミングプール (月影の舞)
「スイミングプール」    2003/    出演: シャーロット・ランプリング, リュディヴィーヌ・サニエ, その他    監督: フランソワ・オゾン 女流ミステリー作家が主人公のサスペンス。 解釈がどうにでもとれるので、観る人それぞれに ゆだ
映画鑑賞感想文『スイミング・プール』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『SWIMMING POOL/スイミング・プール』を観たよ。 監督・脚本は『8人の女たち』のフランソワ・オゾン(Francois Ozon)。 出演はシャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling)とリュディヴィーヌ・サニエ(Ludivine Sagnier)。 すべて現実に起きたこと、という
スイミング・プール (いつか深夜特急に乗って)
「スイミング・プール」★★★★ 2003年フランス イギリス
スイミング・プール (MOVIE SHUFFLE)
『SWIMMING POOL』 フランス・イギリス/2003 監督:フランソワ・オゾン 出演:シャーロット・ランプリング リュディヴィーヌ・サニエ チャールズ・ダンス     ジャン=マリー・ラムール マルク・ファヨール ミレイユ・モセ 受賞:ヨーロッパ映画賞/女優賞(20
「スイミング・プール」(ネタばれです) (お土産日和・おもてなし帖)
「8人の女たち」で、名だたるフランス女優陣をお好みに料理したフランソワ・オゾン監督の作品です。カンヌでも話題になった「ミステリー」なので、シャーロット・ランプリングがどのように「謎解き」をするのか、楽しみでした。ランプリング演ずるイギリスの推理作家であ...
映画『スイミング・プール』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
去年の公開時に観たときはミステリーというよりはミステイク・・・。幻想と現実の区別なくヒントもなしで絵としては綺麗な映画だったがミステリーと呼べるものではない。 ・・・だが今回あらためて観て、ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)のスラン
スイミング・プール (Cinema-Absolutism)
スイミング・プール  2004/フランス  ★★★★★ 監督 フランソワ・オゾン 出演 シャーロット・ランプリング / リュディヴィーヌ・サニエ ■あらすじ■  人気警察小説シリーズを書く中年イギリス人女性作家サラは、愛人でもある編集長の勧めで、南仏にある
スイミング・プール (Rohi-ta_site.com)
DVDでシャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ出演の「スイミング・プール」を観ました。 ●ストーリー ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)は初めての創作活動の行き詰まりや有能な新人作家にばかり目を向けている出版社社長ジョン(チャー
映画「スイミング・プール」 (Pesche Diary)
「スターウォーズ」を見てから、映画熱が再燃しています。 毎日「あー、何か映画見たいーーー」と思い、BSデジタルやWOWOWやスカパーでやってる映画をHDDに録画してみるものの、見る時間が無くたまる一方…。 これじゃいかん!と、昨日は仕事が休みだったので、.
■☆■「スイミング・プール」青い煌きのプールで何かが起きる(*^... (■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ)
刺激的サスペンス~「スイミング・プール」久々に面白い映画に出会いました!監督:フランソワ・オゾン「8人の女たち」など『ピーター・パン』のティンカーベル役でハリウッド・デビューを飾った、サニエの若く挑発的な魅力と、ランプリングの成熟した大人の女の色香の調...
「スイミング・プール」 (雑板屋)
官能小説的作品だと感じた。 噛み締めてじっくり味わうようなミステリ。 セリフが少なく、登場する人物の表情や心理描写をどこまで感じ取れるか?で評価も変わる気がする。 映像の美しさは絶品!妖艶なエロスと、自然の美しさと静寂な雰囲気に陶酔できれば、十分に楽し.
スイミング・プール (Aloha Days)
「スイミング・プール」(2003年/フランス・英) 監督 フランソワ・オゾン 出演 シャーロット・ランプリング     リュディヴィーヌ・サニエ他 観てからしばらく時間が経ってしまったけど、とても印象に残ってる作品 今でも始めからラストまで思い返すことができて、観
スイミング・プール (Blossom Blog)
スイミング・プール
オゾン監督の 『スイミングプール』 (- HOW STYLE - プジョーのblog)
フランスきっての鬼才が描く、静かで不気味な衝動・・・フランソワ・オゾン監督『スイミングプール』プールの蒼とサイドの白、そしてチョこんと置かれているイスの紅、トリコロールを連想させる色使いが全篇に散りばめられていて、もうとにかく画面が美しい。そんなことを考.
スイミングプール(DVD) (ひるめし。)
見る女 見られる女 CAST:シャーロット・ランプリング/リュディヴィーヌ・サニエ 他 ■フランス/イギリス産 102分 これミステリー映画らしいのですがラストまでそんな風には思えなくて・・・ でも最後の最後で「えぇぇぇぇ~~!!これで終わり!?」って思ってしまっ
スイミング・プール (39☆SMASH)
『スイミング・プール』 あらすじ 『『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が、対照的なふたりの女の駆け引きを描いたサスペンスミステリー。作家のサラが執筆活動をしていた別荘にひとりの美女が訪ねる。最初は彼女を嫌っていたサラだが、次第にその不思議...
スイミング・プール (My Color)
今回は、映画『スイミング・プール』です。 欲求不満(?)で堅物な人気ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)と毎夜違う男を家に連れ込む自由奔放なジュリー(リュディヴィーヌ・サニエ)という対照的な女の駆け引きを描いたサスペンス・ミステリー。 観る
映画「スイミング・プール」は必見、かも? (小さなことを喜ぼう!             ~女40歳の「ちょいハピ」な日々~)
最近、TBCのCMに出ている、飾り気のない清潔な感じの女優さんを、みなさんはどの程度ご存じだろうか。 CMの最後に彼女が言う「TBC」の発音から、英語を母国語としない人であることは察しがつくのではないかと思うが、──たとえば、「8人の女たち」は観たけど「
WOWOWを観て2。 (My Favorite Things)
劇場にぜひ観にいこうと思っていたのに、気づいたら終わっていたり、WOWOWも何度も逃し、もう絶対縁無いな?なんて思っていたら、やっとチャンスがめぐってきて、今回はVにとっておきました。 それはスイミング・プール。 フランソワーズ・オゾン監督の映像美がなんともい
『スイミング・プール』’03・仏・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじイギリスの人気ミステリー作家のサラ(シャーロット・ランプリング)は出版社社長の勧めで、南仏にある彼のプールつきの別荘に出かけた。サラが執筆を始めた矢先に、社長の娘を名乗るジュリーリュディヴィーヌ・サニエ が現れた。サラは、奔放にふるまうジュリー...
スイミングプール (とにかく、映画好きなもので。)
 ミステリー作家のサラが、執筆の為に社長の別荘に招かれる事に・・・    そこは、自然に囲まれた美しきフランスの別荘。  執筆には、最高の環境でした。  そこに、社長の娘ジュリーが現れ、奇妙な共同生活が行われる。  美しい肢体を武器.
『スイミング・プール』 (*Sweet Days*  ~movie,music and etc...~)
スイミング・プール 無修正版 CAST:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ ロンドンのミステリー作家サラ(シャーロット)は集中して小説を書くために、出版社のジョンに勧められてフランスの片田舎にあるジョンの別荘へ行く。のどかな風景の中
スイミング・プール (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    飛び込んだ『女』の泉、開け放したエロスの扉  
スイミング・プール (ファンシーファンシーゲリラ)
評価:85点 原題 SWIMMING POOL(イギリス・フランス) 監督 フランソワ・オゾン 脚本 フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム 出演 シャーロット・ランプリング
真・映画日記『スイミング・プール』 (          )
10月17日(水)◆596日目◆ まいった。 文章講座「ひとこと塾」の課題(「アウト」「セーフ」「プレッシャー」から一つ)が書けない… 終業後、東武線の新越谷駅の構内にあるスタバで2時間も苦闘。 ネタが浮かんでは消える。 帰宅後、気分転換の意も含めてオゾン...
スイミング・プール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「スイミング・プール」もKaz.さんのご紹介で観ましたぁ~♪なかなか上質な大人のミステリーといった感のあるフランス映画です。  あたしはフランソワ・オゾン監督の映画は「まぼろし」しか観た事がないのですが、現在公開中の「ぼくを葬る」も良さ気だし、...