農園日記

首都圏におしゃれでかわいい農園を作りたい!
農園開始までの楽しい道のり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サントリーニでロバ

2006-10-15 | 旅行/ヨーロッパ
10/15 アテネ→サントリーニ島《フィラ》(ギリシャ)

大きな荷物から島用に小さなバックに変えて、空港へ向かう。
荷物はホテルに預かってもらった。

ギリシャでの日程を考えた時、私は本当はクレタ島やミコノス島のも行きたくて3つ島を巡ることを考えたけど
日程的に無理だったのでサントリーニ島のみに絞ったのだ。
島へは船で行くのはどうかと思ったけど、船で行くと9時間とかかかってしまいますます日程的に難しい。
ギリシャの旅行会社にドイツ辺りからメールで連絡しいろいろ相談して全部手配してもらった。
飛行機高いよな~と思ったけど、アテネのホテルはガイドブックに載っている料金の半額程度で予約してもらったし
トータルだとお願いしてもお得感があった。
今までも旅行会社通した方が安くなったのかな??

飛行機だと30分くらいで着いてしまう。
アテネから空港まで地下鉄で行き、チェックインを無事済ませる。
そしてアテネからエクアドルに飛ぶためのイベリア航空のリコンファームをついでにする。
ついにあと数日でヨーロッパを後にする。

そして飛行機でサントリーニ島へ。
飛行機から見る海と空と島は美しく印象的。
島は基本的には荒野みたい。火山島で何度も大規模な噴火を経験しているらしい。
でもそのおかげか島の建物は真新しく白で装飾され、屋根や窓枠などは青やピンクの彩りがされてきれい。
島全体が非現実的なテーマパークみたいに見える。
赤や黒の火山特有の大地と白い家。これがこの島の人気なんだろうな。

サントリーニには紀元前3000年とかに文明が栄えたらしく遺跡もある。
火山の噴火で島の一部と一緒に文明も消えた。
アトランティス大陸の伝説はここじゃないかという説もあるらしい。へぇ~
私達が泊まる部屋からはエーゲ海と町の建物が見える。いい景色。

到着はお昼頃で、まだ時間があるのでとりあえず昼食にして名物のロバに乗ることにした。
お昼に入ったお店は明るい店員が多く、ありがとう~など日本語を楽しそうに話してくる。
チェックプリーズというと日本語では何と言うのかと聞いてきたのでお会計と教えたら
その後ずっとオカイケイ~オカイケイ~と言って楽しそうに覚えていた。
明るく笑顔なのはいいことだとしみじみ思う。
料理もギリシャ料理を頼み美味しく頂いた。

サントリーニ島の中心の町はフィラで、フィラの町は崖の上にある。
崖を下ると港があり、クルーザーなどの船が出ている。
この崖を上り下りするのにたくさんのロバがいて、これが観光の一つになっている。
是非ロバに乗ってみたかったので挑戦することに。
ちょっとロバには興味があって飼いたいな~と密かに思っていた時期もある。
まずは町から港まで下っていく。

ロバは本当は上りだけでよかったんだけど、下りも乗れるよ~と誘われつい乗ってしまった。
私は白いロバに乗せてもらい、うっちゃんは茶色いロバ。
ロバ使いのおじさんが私のロバを誘導し、その後ろにうっちゃん、最後にもう一頭ロバが連なり下る。
下りはかなり怖い。全然乗り心地はよくない。
だけどロバはきっと重いし下るのたいへんだろうなと思う。
ロバに負担をかけない乗り方を研究する。
よくわからないけど、結構力が入り疲れる。。
そして途中でUターンして登りへ。おじさんは一緒に連れてきたロバに乗っている。そういうことか…
登りの方が楽だ。でもロバは疲れている様子。
最初のところまで戻って終了。楽しかった!!
ロバは働き者だ。偉いな~。

しかし結局一番下までは行ってないので、もう一度歩いて下る。
海がきれい。かなりの崖だ。そしてがけの上には玩具みたいな家がのっかっている。
ちょっと港を見て、上までまた戻って町をうろうろする。
たくさんのおみやげ屋さんとレストランが建ち並び、観光客であふれている。

部屋に戻り、部屋の窓から夕日を眺めて島を満喫。
島にも来れてよかったな。
コメント