農園日記

首都圏におしゃれでかわいい農園を作りたい!
農園開始までの楽しい道のり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フクロウは世界中で幸せの象徴?

2006-09-05 | 旅行/ヨーロッパ
9/5 アヴィニョン→ディジョン(フランス)

今日も昨日のパン屋さんへ行き、朝食を買って電車に乗る。
今日も4時間の移動。(それにしても相当移動してるな~)
アヴィニョンはなんだか思ったより観光しなかったけど、気持ちの良いところだった。

電車の車窓から見える景色には、葡萄の幼木が多いみたい。
この木はどこに行くんだろう。ここに植えられるのかな。
その他ひまわり、小麦、トウモロコシなどが見える。こちらは一気に同じものを植えて育てているみたい。
野菜はあんまり見ないけどどこで作っているんだろう。
少量多品目で作物を作ったりするのは日本だけなのかな??なんて考えているうちにディジョン到着。
暑い。。日差しも強く、まぶしい。

ホテルに荷物を置いて、もう一度駅へ向かう。
明日はちょっと冒険して、車で移動することにしたのでレンタカーを借りるためレンタカー会社へ。
おじさんがすごいいきおいで話してくる。怖い。。おどおどしながら(私だけ)車を借りることに成功。
夕方もう一度手続きに来ることになって、それまで街を歩く。

ディジョンはかつてブルゴーニュ公国の首都だったところらしく、その宮殿や教会などを見て回る。
ノートルダム教会には柱にフクロウが彫られていて、右手で金製品をさわりながら左手でフクロウを触ると幸せになれるらしい。
私たちの結婚指輪は、金も少し入っているのでそれで二人ともさわってみる。
これで幸せになっちゃうかも~と嬉しくなって(単純。。)ディジョン名物のマスタードを購入しフラフラと街を歩いた。

すっかり適当に観光するようになった。
最初は気合い入れて調べて全部見て、お金払って中に入って…という感じだったけど、今日は全部外観のみ。
それくらいでちょうどいいかも。ここぞという時に気合いはとっておかないと。

そしてレンタカーを予約し、美食の街と噂のブルゴーニュ料理を食べに行く。
私たちはお酒が弱いので、ワインは頼まなかった。。
もったいないと思ったけど、ここで生まれたというキールというお酒を頼む。
カシスとワインかな?おいしい!きっとこれ、ワインがうまいからだ!
とワインも頼もうかと思ったけど1杯でお酒は十分だった。。残念。
料理は、サラダ、卵料理、鶏のワイン煮などを頼む。おいしい!
実はなかなかおいしい料理に出会えなかったけど、これはおいしいな~。
満足して帰宅。

オランダ観光局のHPで調べたサイトからコンタクトをとった果物を作っている農家に泊まれることになったしだいたい目星がついてきた!良かった!!

明日は初のレンタカー。
うっちゃんは早々に眠っている。明日はよろしくお願いします!!
コメント (4)