おーちゃんの 「目指せ。日本200名山!」  そして最近、いい加減な家庭菜園 (^^♪ 

日本百名山トレッカー(悪名高い?)を目指して人生後半ラストスパート!

100座完登後は、200名山を目標に!

少しだけ文化にふれたハイキング。。。

2019年01月12日 05時59分14秒 | 雑記
八王子城山ハイキング・・・・

八王子城といってもお城が残っているわけでもなく、どんなお城だったのかは
興味もなく(城マニアには申し訳ないが)存在のみ知っていました。

今回、簡単ハイキングコースで城跡を回ることになりましたが、下山後に頂いた
パンフレットを読んでみて、その一部について自分の新しい知識となりました。

「へ~」その①
時代背景 戦国時代の話。小田原北条氏の氏照により築城された関東屈指の山城。
落城時は未完成であったらしい。へ~、そうなんだ。

「へ~」その②
1590年に豊臣秀吉による関東制圧の一環で前田利家・上杉景勝軍によって
攻められ落城。へ~、そうなんだ。。

八王子の山の中が戦場となっていたとは驚きです。川中島の戦いや関ヶ原の決戦
などのように、広々とした場所が戦の場となっていたとは限らなかったようです。
ただ、歩いて登るのにも疲労するのに、このよう山の中で殺す殺されるの戦いを
していた戦国時代に生まれなくてよかった・・・・・・平和な現代に感謝・感謝。
最近、ちょっときな臭い感じもしますが、戦争は絶対に避けなければと思います。

で、城跡の一端のご紹介。


一番高所にある詰の城跡。


尾根筋に井戸がありますが、これは当時からあったものなのでしょうか。水が
なければ籠城などできませんが・・・・。詳しくは調査不足。


中山勘解由家範らの守備による松木曲輪跡。展望良し。


横地監物吉信の守備。もっとも重要な曲輪である本丸跡。本丸であるのに展望
は宜しくない。もっとも、当時は木々は刈り払われていたと思われるが。


北条氏照が築城の際、城の守護神とした八王子権現が祭られている八王子神社。


狩野一庵が守備した小宮曲輪跡。


柵門跡。


今回は立ち寄らなかったが城跡御主殿(氏照の館)の発掘によって遺構やたくさん
の遺物が発見され郷土資料館に展示されているとのことで、機会があったら見学を
してみようと思います。

少しだけ文化に触れたハイキングでした。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 八王子城山をうろうろ・・・ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事